2018年 01月 23日 ( 1 )


2018年 01月 23日

真冬の病院

d0353489_1733082.jpg





d0353489_17335479.jpg





d0353489_195374.jpg





d0353489_1952030.jpg





d0353489_1953454.jpg

昨日まで入院していた愛知県がんセンター中央病院です。
午前中に行われた血液検査で退院OKをいただき、午後にはここを後にしました。
みなさま、ご心配いただき本当にありがとうございました。

さて、退院の際に、Lumix GX7MK2のフォトスタイルの一つ、「L.モノクローム」で病院を撮ってみました。
昨日の名古屋市、雪こそ降りませんでしたが、私が退院した午後1時半ごろは摂氏4度ぐらいと冷え込んでいました。
そうなると寒々しい写真が撮りたくなる・・・早速このJPGフォトスタイルを選んでみました。

私は普段はRAW撮り専門で、カメラ固有のフォトスタイルは使わない派です。
現地での撮影が40%、撮影後のAdobe Lightroomでのポストプロセスが60%と言うスタイルなので、画質劣化の少ないRAWの方がありがたいからですね。

でも写真友達で全日本味噌煮込写真家協会ドイツ支部長のアムゼル師匠が、このGX7MK2に搭載された「L.モノクローム」にご興味がおありなようなので、試してみました。

この「L.モノクローム」の"L"って言うのは、"Leica"の"L"なんでしょうかね。
つまりライカのレンズで撮った白黒フィルム白黒写真テイスト、と言うコンセプトなのかもしれません。

最初の4枚は「L.モノクローム」の撮って出しJPGです・・・昔の銀塩白黒フィルムっぽい写真が出来上がりました。^^
うむ、シャドウが重いのにつぶれにくい微妙な階調が楽しいです・・・これはなかなか使えるかも♪

どのフィルムに似ているかと言うと、ILFORD PAN F PLUS 50の描写に似ています。
ミドルからシャドウ側が分厚くエネルギーを感じさせる描写、ハイライト側にかけてはメリハリがあるけど飛ばない、って印象ですね。
使用したレンズがLumix G 20mm/F1.7と言う画角57度のレンズなので、Tessar 3.5/40の付いたRollei 35で撮った雰囲気になりました。

しかし、最後の1枚だけは、同時記録で撮っておいたRAWから再現した”Blackfacesheep's L Monochrome"です。
この「L.モノクローム」をAdobe Lightroomで再現するために、下記をファインチューンしてみました。
 ●コントラストスライダーを下げて、銀塩フィルム写真っぽい軟調にする。
 ●明瞭度スライダーはやや上げ気味にして、コントラストの低下を補う。
 ●ローキー風味にするために、シャドウ側をややブーストしたトーンカーブを作成する。

このセッティングに、私の好みで周辺減光を加え、スプリットトーニングでハイライトにシアン系、シャドウ側にセピア系をすこーし加え、粒状感を盛ったプリセットも作ってみました。
下記のリンク先にそのプリセットで処理した写真を貼っておきますね。

これは”Blackfacesheep's Winter Monochrome"としてプリセット登録しておきました。
そうすれば、Lumix GM5やSONY α7IIなど、他のカメラでも使えますし、Neopan 100 Acros で撮った白黒フィルム写真にも適用可能です・・・って、そりゃ本末転倒かも。^^;

名古屋市千種区鹿子殿1番1号 愛知県がんセンター中央病院にて
LUMIX DMC-GX7MK2
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
この残照の病棟を這い回る光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

”Blackfacesheep's Winter Monochrome"バージョン
[PR]

by blackfacesheep2 | 2018-01-23 05:00 | Snap | Comments(20)