人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター

国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19074171.jpg
1





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19074980.jpg
2





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19075227.jpg
3





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19212737.jpg
4





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19081980.jpg
5





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19084661.jpg
6





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_20075723.jpg





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_20080813.jpg
8





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_20114965.jpg
9





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19082471.jpg
10





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19083210.jpg
11





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19084849.jpg
12





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19084057.jpg
13





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19105786.jpg
14





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19110587.jpg
15





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19125142.jpg
16





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19105952.jpg
17





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19110815.jpg
18





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19113461.jpg
19




国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_20082589.jpg
20





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19113968.jpg
21





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_20151550.jpg
22





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19130092.jpg
23





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19131569.jpg
24





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19130254.jpg
25





国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_19105423.jpg
26

今年は「あいちトリエンナーレ」の開催年です。
でも、前回の2019年の「あいトリ」 は、美術監督の選択ミスにより、黒歴史となってしまいました。

ケチの付いてしまった名前を使いたくなかったのでしょう、今回からは国際芸術祭「あいち2022」とリネームされました。
7月30日から10月10日まで、名古屋市の愛知芸術文化センターと有松地区、一宮市と常滑市で開催されます。

初日の7月30日(土)に、一宮に行って七夕と一宮会場を見ようかと思っていたのですが、新コロ第七波が怖くてキャンセル。
人の少ない8月2日(火)に愛知芸術文化センターに出かけました・・・空いてました♪

今回のテーマは"STILL ALIVE" 「今、を生き抜くアートのちから」です。
ポストコロナの時代、見通しの立たない時間のなかで、その現実に向き合い、不確かさのなかから未来を生み出す・・・

このテーマは愛知県出身で世界的に評価されるコンセプチュアル・アーティスト河原温の《I Am Still Alive》に着想を得たものだとか。
1970年代以降、電報で自身の生存を発信し続けた《I Am Still Alive》シリーズは、最初の部屋に展示してありました。

このテーマに基づいて、硬質な作品が多かった印象ですね。
政治プロパガンダとなってしまった前回とは異なり、今回はアートに集中して鑑賞できる作品が多く、見ごたえがありました。
チケットはネットでの前売りでフリーパス(2,500円)を購入しましたよ、次はどこの会場を見に行こうかな。^^

このフリーパス、スマホに保存したQRコードを見せるだけで入場できると思っていたら、大間違いでした。
チケット販売所で、紙のチケットに引き換える必要があるのです。(;・∀・)
5月のKYOTOGRAPHIEの際には、Eチケットとしてスマホをかざすだけで入場できたのに・・・愛知県、遅れてます。(-_-;)




名古屋市東区東桜1丁目13−2 愛知芸術文化センターにて
SONY α7c
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
Adobe Lightroom Classic



国際芸術祭「あいち2022」- 愛知芸術文化センター_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by voyagers-x at 2022-08-04 05:59
こんにちは ‼️
どの写真も......ものによっては普通のものなのに
普通のものに見えないですね
ちゃんと感覚を刺激して揺さぶってくれます
芸術というのは奥が深いですね
無造作に置かれてる様なものが実は考え込まれて配置されていたり
バリエーションいっぱいで、色々な方向から感覚を揺さぶってくれる感じが素敵です
Commented by j-garden-hirasato at 2022-08-04 06:57
「あいちトリエンナーレ」、
国際芸術祭「あいち2022」と名前を変えて、始まりましたか。
何か、面白みのない名前になってしまいましたね。
でも、展示されている作品は、なかなか見応えがありそうです。
愛知県に住んでいたら、フリーパス買うんですけどねえ。
第7波も来ているし、
今年も見れないでしょうか…(涙)。
Commented by 3740s at 2022-08-04 07:42
芸術文化センター
ゆったりした展示空間のように見えますね。
コロナ禍の時期で鑑賞者も少ないのでしょうか?
20
お気に入りに。
Commented by houbow at 2022-08-04 08:49
アートってアートとしてこしらえたからアートなんでしょうねぇ。
道端に転がっていていたら誰かアートとしてみるものでしょうか
時によくわからなことがあります。
Commented by getteng at 2022-08-04 08:58
blackfacesheep2さん
悪戯大好きの老生は、6番目のロ-プを突然引っ張ったら、どういう展開になるか想像しておりました。
Commented by photofloyd at 2022-08-04 09:48
「1」「5」は手持ち撮影ですか・・頑張りますね ^^
「16」「25」は、モノクロで見たいですね
いろいろと見ごたえあって・・・
Commented by harupita at 2022-08-04 11:32

こんにちは。
黒歴史で名前を変えて政治色を払拭した
新しい国際芸術祭「あいち2022」- なのですね。

あの時は豊田市美術館の展示が
新聞で覆われて見えないように展示してありましたね。

それにしてもこの暑い愛知で
お元気ですね。家から出るのもなんだか
クラクラしそうな軟弱な葉流です。

一枚目とか5枚目とか人がアートの一部のようですね。
フリーパスを紙チケットに引き換える、、

京都からかなり出遅れているんですね。
愛知、このような企画なのに、残念です。
Commented by floreta2 at 2022-08-04 12:15
スローシャッターですか?
素敵なシーンばかりで お勉強になりました。
人が過ぎるタイミングとか絶妙ですね(*´艸`*)
24番みたいに 上からぶら下げたら キッチンも片付きますね(笑)
Commented by iwamoto at 2022-08-04 12:47 x
出直しなのですね。 ま、通ってきた全てが歴史ってことだと思いますが。

説明している写真にあれこれ言うものではありませんが、
7の作品のザラザラと右上の仄かな青、面白いです。
個人的に、9のオレンジ。 とても懐かしいです。
オレンジのアンプ、友人が使っていました。
そのアンプでファイアバードを弾いてました。

写真として気に入ったのは、23です。 美しいですね、これは自信あるでしょう(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 15:12
voyagers-x さん、こんにちは。^^
現代美術って、普通のものでも普通に見えないところが楽しいですよね、脳に汗をかきながら見て来ました。^^
美しいだけのものと違って、普段つかっていない感覚を使って体験できる、そういう面白さに満ちてますね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 15:15
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
長年親しんだ「あいちトリエンナーレ」、名前を変える必要があったのかどうか・・・ちょっと姑息ですね。
今年は新コロ第七波も物騒ですが、異常な熱波もあって、今回はエアコンの効いた芸文センターから始めました。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 16:14
3740s さん、こんにちは。^^
はい、芸術文化センターはアトリウムがあって広々とした会場ですね。
ウィークデイとは言え、あまりの鑑賞者の少なさに驚きましたよ、やはり第七波の影響でしょうか。
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 16:16
houbow さん、こんにちは。^^
創作者がアートと言えばアートになっちゃうのでしょうねえ。
100年以上前に、マルセル・デュシャンが「泉」を出展したあたりから、その傾向は始まっていたのでしょうね。
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 16:17
gettengさん、こんにちは。^^
わはは、悪戯大好きなんですか♪
6番目のロ-プを突然引っ張ったら・・・警備員が飛んできそうですね。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 16:20
photofloydさん、こんにちは。^^
今回はすべて手持ち撮影ですよ、1/8秒は効かないと言われるα7cの手振れ補正でも無問題で止まりますね。
「25」は、今まで何回となく白黒フィルム写真でも撮っていますね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 16:22
葉流さん、こんにちは。^^
そうそう、2019年は豊田市でも「あいトリ」が開催されましたよね、いわくつきの展示があって、やれやれでした。
芸文センターはエアコンがよく効いていて、外気温が40度近くても快適な場所でしたね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 16:23
フロちゃん、こんにちは。^^
アートと一緒に人物も入れて臨場感を出そうと言う姑息な意図です・・・肖像権があるので、1/8秒でブラしました。^^
あはは、24番、面白いインスタレーションでしたね、モダンアートには生活雑貨がよく登場するので楽しいです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-04 16:26
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
2010年はあまり見てなかったのですが、2013年からは毎回全ての展示会場を回って来ました。^^
オレンジのアンプ、あの絵文字は人気がありましたね、この横にはフェンダー・ツインリバーブが置いてありました。(;・∀・)
Commented by hoshigaoka758 at 2022-08-04 20:56
こんばんは!
「あいち2022」始まりましたか!
前回の政治プロパガンダに利用されたトリエンナーレは酷いものでしたが
今回は美術的にまともな作品が多そうで写真を撮るのも楽しそうですね。
フリーパスで2500円はお得ですね。是非観に行かねば。
そうそう、確か金山でのバンクシー展も
QRコードからチケットに換えて入館したような記憶があります^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-05 17:18
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
3年ぶりに名古屋がアートの街になりますね、2019年の「あいトリ」が不完全燃焼だっただけに、期待しています。
そうそう、フリーパスで2,500円はお得です、今日は有松に行きましたが、普段入れないお屋敷に入れましたよ♪
by blackfacesheep2 | 2022-08-04 05:00 | Art | Comments(20)