人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち

錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17152764.jpg
1





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17151809.jpg
2





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17154004.jpg
3





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17154955.jpg
4





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17162625.jpg
5





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17155259.jpg
6





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17161188.jpg
7





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17155730.jpg
8





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17160185.jpg
9





錆ふぇちの心に刺さる小渡の赤錆たち_d0353489_17234168.jpg
10

豊田市北部の小渡町、かつては矢作川の水運の中継地として栄えました。

でも林業が頭打ちとなり、過疎化する一方となってしまいました。

そのせいか、街のいたるところに錆ふぇちのハートに刺さる赤錆がたくさんありましたよ。(;・∀・)




愛知県豊田市小渡町にて
Commented by voyagers-x at 2022-08-12 06:11
こんにちは ‼️
どんどん本格化してきています、サビに関するフェチ度
こちらのブログで素敵なサビをたくさん拝見してるので^_^;
最近はなんとなく写真に撮るなら、中途半端なサビはダメだなと
徹底的に進行した錆がやっぱり素敵だなと思い始めています
Commented by getteng at 2022-08-12 06:38
blackfacesheep2さん
老生もこのところカルシウム不足です。
お盆の間、近場の鉄分をかじってきましょう。
Commented by j-garden-hirasato at 2022-08-12 06:42
過疎地の錆物件ですか。
錆の後ろに潜む寂しさ、虚しさが倍増して、
ちょっと胸が締め付けられる作品群ですね。
長野の中山間地でも、錆物件、多いんだろうなあ。
Commented by 3740s at 2022-08-12 07:45
いいですね。

一枚目が!
Commented by houbow at 2022-08-12 08:41
鐡という字のように頑丈、恒久のはずの鉄が
実はあっけないものだと知らされます。
鉄筋コンクリートなんて安心できないもののひとつですねぇ

私のIRカメラ一台昇天です。
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 12:21
voyagers-x さん、こんにちは。^^
赤錆物件が面白いのは、どれ一つとして同じ錆がないことでしょうね♪
徹底的に進行した錆、簡単には見つからないですね・・・でも、海辺に行くとご機嫌な赤錆物件が豊富ですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 12:23
getteng さん、こんにちは。^^
鉄分補給は時々必要になりますね、赤鏥大量発生地帯に出かけたくなります。
瀬戸内海沿岸にも、潮風に吹かれた逸品がたくさんあるんじゃないでしょうか♪
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 12:25
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
都会で盛赤錆物件はお目にかかれますが、過疎地の方がはるかに豊富ですね。
長野の中山間地なら、さらに赤錆物件のバリエーションは豊富だと思いますよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 12:26
3740s さん、こんにちは。^^
この両国橋、かなり歴史が古そうです。
もう少し涼しくなってきたら、この橋を撮るために再訪したいなあ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 12:29
houbow さん、こんにちは。^^
鉄製品は頑丈ですが、錆びてくるとあっけないですね、RC製の建物も、意外に寿命は短いようです。
おやおや、IRカメラが一台昇天しちゃいましたか・・・オークションサイトで後継機を見つけるのでしょうか?
Commented by photofloyd at 2022-08-12 12:45
錆の世界・・・これが楽しいのはカメラ撮影愛好者しかいないでしょうね・・・そのほかは思い当たりません。
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 12:52
photofloyd さん、こんにちは。^^
アマチュアフォトグラファーなら、多かれ少なかれ、赤鏥ふぇちですよね。
女子カメさんでもしかり、です・・・赤錆名所で可憐なフォトグラファーによく出会いますもんね。^^
Commented by houbow at 2022-08-12 13:53
二台ありましたから今は残りの古スペクトル一台でやってます。
それがね、ごみが付いたのでクリーニングしたんですよ。
昇天した方は中にゼラチンフィルターが仕込んであったんですが、あれはエタノールで溶けるんですよ。
内部ゼラチンフィルター機をお持ちの方は要注意ですね。
Commented by iwamoto at 2022-08-12 15:39 x
5と10が好みです。 素晴らしい色だし、構成も好き。
シュティールの看板ですね、いつごろのものなんでしょう。
看板があるってことは、この地域で使われていたのですね。
チェンソーという言い方も味があります。
Commented by harupita at 2022-08-12 22:19
こんばんは

確かに風鈴寺よりも
赤錆さんが濃く深く
刺さる小渡の街ですね。

赤錆好きの黒顔羊さんが
毎年通うのは
焼きそばの他にこの赤錆ですね。

橋脚はガツンと来ますよね。
私も来年も赤錆さんに
逢いに行きたいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 22:43
houbowさん、まいどです。
なるほど~、ゼラチンフィルターはエタノールで溶けるんだ・・・
私のSONY a6000(改)はすっぽんぽんで何もつけてないので、時々エタノールで掃除しています。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 22:46
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
5と10、師匠の世界観に近いでしょうか、写真なんだけど写真的ではないグラフィックな撮り方ですね。
シュティールの看板、かなり古そうでしたね、こんなハイカラなブランドの赤錆び看板をここで見るとは思いませんでした。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2022-08-12 22:47
葉流さん、こんにちは。^^
私にとっての小渡は、風鈴時の存在もありますが、赤鏥に会えると言うのもありますね。
特に両国橋は見事です、今度、これだけ狙って撮りに行こうかと思っています♪
by blackfacesheep2 | 2022-08-12 05:00 | Rusty Scene | Comments(18)