人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

イノシシが跳梁跋扈する神社

イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09181203.jpg
1

天に向かって吠える動物像・・・
鼻や牙、顔貌から判断して、これはイノシシですね。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09182850.jpg
2

このイノシシは、この神社にいました。
狛犬ならぬ狛猪ってことのようで、上の子は口を開いている阿形の狛猪でした。


イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09234364.jpg
3

こちらは口を閉じている吽形の狛猪です。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09185718.jpg
4

手水舎にも、龍の代わりにイノシシがおります。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09192531.jpg
5

入口に付近にもイノシシ。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09190619.jpg
6

こちらはよだれを流すイノシシ。(;・∀・)



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09185169.jpg
7

絵馬もイノシシでしたねえ。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09184352.jpg
8

可愛らしいイノシシ人形も飾られていました。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09194383.jpg
9

イノシシの人形のコレクションも豊富です。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09192164.jpg
10

こんなにイノシシが大量に置かれた神社って、初訪問です。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09191045.jpg
11

こちらのイノシシの右側に描かれた人物が、この神社の主神です。



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09214113.jpg
12

この神社の主神、和気清麻呂です。
自らの危険を顧みず、天皇の座を奪おうとする僧侶・道鏡の野望を砕く神託を奏上し、「忠臣の鑑」とも称された方です。
王朝の万世一系という神勅を命懸けで守った和気清麻呂にちなみ、この神社は「護王神社」と名付けられています。

和気清麻呂が宇佐へ配流された際、道鏡が送り込んだ刺客に襲われましたが、突如現われた300頭の猪によって難事を救われました。
この伝説から、1890年(明治23年)から狛犬の代わりに「狛猪」が置かれたのだとか。

この護王神社は「いのしし神社」とも呼ばれ、亥年の参拝者は例年よりも増加する傾向があるのだそうです。
ちなみに私の姓には、このいのししにちなむ漢字が使われており、それでこの神社にはぜひお参りしたかったのです。^^



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_09282876.jpg
13

和気清麻呂は、京都が1100年の都となるきっかけを作った人でもあるようです。
延暦11(792)年、和気清麻呂61歳の時、見晴らしのいい船岡山の丘の上から、桓武天皇と共にのちの京都市街を眺めていました。

思うところを忌憚なく述べろ、という桓武帝のお言葉に清麻呂は静かに上申しています。
「長岡の新都は十年たってもいまだに功成りません。
四神相応のこの山背こそ約束の地。
平安の世を築くことの出来る建都にふさわしい、そんな場所なのではないでしょうか」

平安遷都は実行され、延暦15年に造宮大夫に任命された清麻呂は都造りの最高責任者となっています。
命尽きる3年後の延暦18年までの間、平安京の完成へと、清麻呂は晩年の情熱をすべて傾けて取り組んだのだとか。
護王神社は小さな神社ですが、調べてみたらとても興味深い神社でした。




京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385 護王神社にて
SONY α7c
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
Adobe Lightroom Classic



イノシシが跳梁跋扈する神社_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by voyagers-x at 2021-11-17 06:09
おはようございます ‼️
猪は🐗......
神社にとって何か神聖な動物の一つになるのでしょうか
それともこの神社の元々の成り立ちや歴史上の人物に関係する何かが......
Commented by j-garden-hirasato at 2021-11-17 06:47
以前、猪の狛犬(狛猪)の存在を知って、
無性に見たくなって、行ったことがあります。
もうずいぶん前のことですね。
写真を拝見していて、
また、行きたくなってきました。
Commented by getteng at 2021-11-17 08:37
blackfacesheep2さん
狛犬ならぬ狛猪とは珍しいですね。
「宇佐神宮」は老生の故郷・大分中津に隣接する宇佐のことでしょうか?
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-17 09:49
voyagers-xさん、こんにちは。^^
はい、この神社の主神の和気清麻呂を守った猪たちにちなんで狛猪が設置されているようです。
天皇を護った和気清麻呂と、その和気清麻呂を護った猪、明治時代の10円紙幣に描かれていたそうですよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-17 09:54
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
おお、この護王神社、かつてご訪問済みでしたか、狛猪はユニークですもんね。
この近くには京都御所、京都府庁など、見ごたえのある場所が多数ありますので、ぜひまたご訪問くださいな。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-17 09:57
gettengさん、こんにちは。^^
狛犬ならぬ狛猪、和気清麻呂ゆかりの神社には必ずいるんだそうです。
そうそう、「宇佐神宮」とは大分の宇佐ですよね、古来より霊験あらたかな神託で有名な神社だとか。
Commented by iwamoto at 2021-11-17 10:46 x
8のお人形さんは可愛いですが。
庭で、穴を掘られていて、太い足跡があればイノシシだなと思います。
細い足跡とフンでシカだなと思います。
実際にイノシシは見ていませんが、シカは遭遇します。

和気清麻呂を猪が救った。 初めて知りました。
イノシシの凄いところとして、泳力が高いことがありますね。
彼等は、どこでも泳いでいけます。
Commented by photofloyd at 2021-11-17 11:28
どこもかしこもイノシシなんですね
可愛いと言えば可愛いですね・・・
猪突猛進というイノシシはほんとに可愛いですが、実際に野生のイノシシに出会うと怖いかも・・・
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-17 11:52
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
おお、お住まいではイノシシやシカがやって来ますか、さすが伊豆、野生が濃いのですねえ。
そうそう、イノシシって泳ぎが得意なんだそうですね、豚の仲間とは思えない意外性に満ちたイキモノです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-17 11:53
photofloyd さん、こんにちは。^^
こんなにイノシシばかりいる神社は生まれて初めて訪問しました。
そうですよね、実際に野生のイノシシに出会ったら、怖いだろうと思います・・・身近な猛獣ですからねえ。
Commented by lapie-fr at 2021-11-17 13:43
イッチ好き、ヌメロ11
人物イラストが入り込んでていい味の写真 ^^

特徴満載の神社ですね
イノシシ、、、怖いらしい
ウチのゲートのあたりにも出没し木に体当たりですよ
穴も掘ってた、、、
早朝は出歩くのが危険と聞いています

Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-17 17:38
らぴさん、こんにちは。^^
人間が入ると、たとえそれがイラストだったとしても、写真の活きが良くなるような気がします♪
おお、フランスにもイノシシは出没するんですか、豚の仲間だと思って舐めてかかるとえらい目にあう猛獣ですよね。(-_-;)
Commented by yattokamedagaya at 2021-11-17 17:56
これが噂の狛猪。皆新しく見えてリアル系なんですが
初代はもういないんですか。拝殿前がそうかな?
全てSD版のように、頭でかくて可愛くなってるので。
手水の、にやけてよだれ垂らしてるのはご勘弁を(笑)。

Commented by jyuujin at 2021-11-17 18:10
「阿吽」のイノシシって珍しいですね・・・
というか、イノシシが跋扈している神社も初めて知りましたよ。
Commented by izumi-suzuki at 2021-11-17 20:07
和気清麻呂とイノシシの逸話は聞いたことがあったのですが、それにちなんで猪がご神体を護っている神社があるなんて初めて知りました。
一枚目の上を向いて咆哮しているい狛猪さんのアップには圧倒されちゃいました。勇猛な様子で立派な猪さんですよね。
猪のよだれでお手水するのは躊躇しちゃいますけれど・・・・
10枚目は多重露光?とても面白い撮り方で、雰囲気出ています。
Commented by harupita at 2021-11-17 20:54
こんばんは

狛犬が狛猪なのですね。
それに猪関連のものばかりで
猪愛に満ちた神社ですね。
エピソードを読んでなるほどです。
京都の寺社仏閣は多すぎてほんの一部しか
行っていないのでここは全くしりませんが
和気清麻呂は名前はしっています。
京都が1100年の都となるきっかけを作った人
なのですね。
こんなにたくさんの猪に逢える神社
調べると奥深いですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-18 10:21
yattokamedagaya さん、こんにちは。^^
どのイノシシが古いのか、ちょっとよくわかりませんでしたが、拝殿前のペアはフルそうでしたよ。
わはは、竜ならともかく、イノシシの口から水を出すアイデアはちょっといかがなもんか、って感じですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-18 10:22
北の旅人さん、こんにちは。^^
私も「阿吽」のイノシシは初めて見ました。
ここ以外でも、和気清麻呂由来の神社では、狛犬の代わりに狛猪が一般的らしいですよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-18 10:25
izumi-suzuki さん、こんにちは。^^
戦前は和気清麻呂は天皇を護った忠臣として人気が高く、イノシシと一緒に祀られることが多かったようですね。
10枚目は多重露光に見えますが、ガラスケースに反射した外部の風景の映り込みなんですよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-18 10:29
葉流さん、こんにちは。^^
今まで狛犬の代わりの狛羊や狛兎は見たことがありますが、狛猪って初めてでしたね♪
和気清麻呂は信念を貫き通した剛毅な人だったようですね、ブログをやってるといろんなことを勉強します。^^
by blackfacesheep2 | 2021-11-17 05:00 | Japanese Landscape | Comments(20)