人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

東からやってきた堅い食品

東からやってきた堅い食品_d0353489_16344410.jpg
1

東に住む友人ブロガーさんが、素敵なプレゼントを送ってくださいました。
この薄茶色のまあるい物体ところんとした物体2個です。



東からやってきた堅い食品_d0353489_16291534.jpg
2

上の薄茶色の丸い物体を包丁で切ってみましたが、包丁の刃が簡単に入って行かないほどの堅さでした。
これ、実はパンなのですよ・・・「パン祖のパン」なんだそうです。

江戸時代後期の幕臣で伊豆韮山代官、江川太郎左衛門(英龍)が創始した兵糧パンだそうです。
江川太郎左衛門は、国防上の観点から、パンの効用に日本で初めて着目して兵糧パンを焼きました。
日本のパン業界から、彼は「パン祖」と呼ばれており、江川家の地元伊豆の国市では「パン祖のパン祭り」が例年開催されています。



東からやってきた堅い食品_d0353489_16514955.jpg
3

堅く焼き上げてあるので、賞味期限は約1年もあるそうです。
そのまま食べると歯が欠けそうなほど堅いので、スタバで買って来たカフェラテ+エスプレッソショットに浸して食べてみました。
小麦の滋味がじっくりと味わえる美味しいパンでした♪



東からやってきた堅い食品_d0353489_14032310.jpg
4

また、コロンとした物体は、Google Lensさんに聞いてみたら、どうやら栃の実のようです。
ググってみたら、栃の実を食べられるようにするには、皮むきやあく抜きなど、かなり手間がかかりそうです。
そこまでして食べようという意欲もなく、このままオブジェとして飾っておく可能性が大です。

「パン祖のパン」も栃の実も、今まで見たことのない食品でした。
なのでついつい写欲を掻き立てられ、思わず写真に撮ってしまいましたよ。
iwamoto師匠、素敵な贈り物をどうもありがとうございました♪




愛知県みよし市三好ヶ丘にて
SONY α7c
SIGMA 105mm F2.8 DG DN MACRO Art
Adobe Lightroom Classic


東からやってきた堅い食品_d0353489_22054560.png


Commented by j-garden-hirasato at 2021-11-14 07:54
賞味期限1年って、そんなパンがあるとは…。
包丁の刃が簡単に入って行かないほどの硬さ、
昔の人は、そういうモノも食べられるくらい、
歯が丈夫だったのですね。
自分は、とても食べれません。
Commented by getteng at 2021-11-14 09:29
blackfacesheep2さん
自衛隊用の缶詰にも採用されているのですかね?
戦前は当地は兵糧を作る糧秣工場がありました。
そこがカルビ-の発祥の地にもなっております。
近々、撮りに行ってきます。
Commented by jyuujin at 2021-11-14 11:01
google- lensって便利ですよね・・・
畑仲間のKさんが山でキノコを採ってきましたのでスマホで
撮って調べようとしたら、構図が悪かったのか? Kさんの
はいているいる、ジーンズに反応し、そのメーカーやら価格
などが出てきてわらったことがありましたよ・・・アハハ
Commented by harupita at 2021-11-14 17:07
こんにちは。
「パン祖のパン」・・一年持つなんて
凄いですね。
う~ん
歯が丈夫とは言えない悲しいお年頃なので
トライは難しいパンですが
工夫されて生み出されたのですね。
小麦の滋味がじっくりと味わえる美味しいパン
黒顔羊さんの食レポで満足します(#^.^#)
栃の実煎餅は食べたことありますが
あの栃の実も手間暇かけて煎餅の中に
入ったのかもしれませんね。
Commented by iwamoto at 2021-11-14 19:21 x
150円のモノを、いかに安全に安価に送るか、という問題に。
厚みがありますからね。
で、家人が現物を持って郵便局で質問。
定形外郵便が良いでしょう、ということになりました。
この度は、了解無しに送って失礼いたしました。
スマホの画面はピカピカです。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-14 19:48
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
私もこのパンの賞味期限を調べて、思わず二度見してしまいましたよ、さすが兵糧です。
私も加齢で歯は悪くなるばかり、飲物なしでは食べる自信がありませんねえ。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-14 19:49
getteng さん、こんにちは。^^
なるほど、これだけ賞味期限が長かったら自衛隊用の缶詰にも採用されているかもしれませんね。
へえ、戦前は広島に兵糧を作る糧秣工場があったのですか、そこがカルビ-の発祥の地とは・・・人に歴史あり、ですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-14 19:51
北の旅人さん、こんにちは。^^
google- lensって便利なんですが、まともな回答を得るためには、的確な質問が必要ですよね。
写真を撮るときも、他のものが画面に入らないように気を付けて撮らないといけないし、一発で正答が返って来るとは限りませんもんね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-14 19:57
葉流さん、こんにちは。^^
乾パンの缶詰は20年前に賞味期限が過ぎたものでも食べられると聞いたことがありますが、焼いたままで1年も凄いですよね。
栃の実は縄文文化の繁栄の一要因だったときいたことがありますよ、でんぷんの長期保存が可能だったんだとか。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-14 19:58
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
定形外郵便って、結構便利なんですよね、相方もテディベアなどの手芸品を安価に送るときに愛用しています。
おお、猫の手とフクロウ、無事に到着しましたか、何よりです♪
by blackfacesheep2 | 2021-11-14 05:00 | Foods & Dining | Comments(10)