人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

晩秋の午後に鬱屈する縦構図

晩秋の午後に鬱屈する縦構図_d0353489_20000148.jpg
1





晩秋の午後に鬱屈する縦構図_d0353489_20001124.jpg
2





晩秋の午後に鬱屈する縦構図_d0353489_20001998.jpg
3





晩秋の午後に鬱屈する縦構図_d0353489_20001730.jpg
4





晩秋の午後に鬱屈する縦構図_d0353489_20000487.jpg
5

縦構図の写真ばかり5枚で組んでみました。

昔は縦構図写真が多かったんですが、最近は横構図の方が圧倒的に多くなってきました。

この傾向、Saul Leiter師匠の研究をしていた時に始まったような気がします。

彼の作品は縦構図が多く、その真似をして縦構図写真を撮っていたのですが、あまりにひどいと自己嫌悪になりました。

しばらく縦構図を封印して横構図ばかり撮っていたら、縦構図の写真が激減してしまいました。(;・∀・)

もう少しバランスよくできないものかと、我ながらその不器用さに唖然とします。(-_-;)




名古屋市東区東桜にて
SONY α7c
Tamron 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)
Adobe Lightroom Classic



晩秋の午後に鬱屈する縦構図_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ




Commented by voyagers-x at 2021-11-09 05:51
おはようございます ‼️
晩秋って言葉はいつ頃使う言葉なのでしょうね
晩秋の光は素敵ですね
他の季節にはない優しさがありますね
今日の写真に入り込んでいる光
あー、本当にいい感じですね
特に2枚目の写真なんて、超素敵な光
影が素敵な味わい出してくれていますね
朝起きると音楽聴きながらブログ巡回します
今Air PodからABBAの歌声が聴こえています^^;
Commented by j-garden-hirasato at 2021-11-09 06:46
晩秋の雰囲気、
よく表現されていますね。
もうすぐ、冬か…、と思うと、
ちょっと切なくなってきますが…。
自分は、縦構図が圧倒的に多いですね。
でも、縦横、あまり意識していないかなあ。
芸術性を追求しているわけでもなく、
ただ撮りたいものを撮っているだけ…。
技術が向上しないわけです。
Commented by jikomannte at 2021-11-09 08:08 x
今回は1、3枚目に惹かれました。
見てる方も縦構図を意識せずに、自然に感じました。
Commented by getteng at 2021-11-09 09:04
blackfacesheep2さん
Saul Leiterの写真って、そんなに縦構造が多かったですか。
その点は意識して見ていなかったですね。
Commented by pikorin77jp at 2021-11-09 09:19
おはようございます。秋の陽射しの色 凄くステキです。午後の夕方でしょうか?Saul Leiterの写真集 いただいているので また開いてみます。
Commented by harupita at 2021-11-09 10:26
おはようございます。
縦構図。。私もまたソールライターの写真集
見直してみました。
縦構図が多いですね。
晩秋の午後に鬱屈する縦構図・・
2枚目と5枚目が特に好きです。
横構図は安定感がありますが
縦構図は切り取りが難しく感じます。
同じ場所を二つの構図で撮ってみると
その印象は大きく違いますね。
久々にブログに戻ってきました(*^^)v葉流
Commented by jyuujin at 2021-11-09 12:12
横構図写真は、周囲の状況を写し、縦構図は写真は、被写体の
本質を写すものらしいですね(もちろん受け売りですがね)
そういえば、風景写真は横構図が、ポートレートは縦構図が多いような?
Commented by lapie-fr at 2021-11-09 13:07
おはようございます
今朝のイッチ好きはヌメロ3かなあ
迷いますっです

あめ色になった木製の用具だち、、、いいなあ~

Commented by iwamoto at 2021-11-09 13:16 x
永遠のテーマですね。
悩むならスクエアに、とは言ってもね、というところです。
比率の問題もありますね。

カンヴァスの場合は、
Fというのは、フィギュア。 人物と言って良いでしょう。
Pはペイサージュ、英語ならランドスケイプ。 風景ですね。
そして、風景に加えて「海景」というM、マリンがあります。
0号サイズで比較すると、F/180by140、P/180by120、M/180by100(単位はミリメートル)
縦の構図でも、比率が小さければ、取り組みやすいかな、と思っています。
Commented by NullPointer09 at 2021-11-09 15:13 x
私は縦構図が好きです。
ときには27:9という比率だったりします。
「何でそんなヒョロ長い写真にするの?」と訊かれます。
でも、日本画には西洋画に比べ縦に長い作品が普通に存在しますね。
柱絵という極めて細長い様式もあります。
決して奇を衒っているわけではないのです。

Josef Koudelka氏の「chaos」にも、縦構図で同様な比率の写真が
多く含まれていますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 17:42
voyagers-x さん、こんにちは。^^
晩秋って言葉は、10月下旬から11月いっぱい、黄紅葉がある季節を指す言葉、と感じています。
ABBAですか、なつかし~、スウェーデン人なので、英語で歌ってるのに英米とは違う肌合いの国籍不明のグループでしたよね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 17:44
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
晩秋が素敵に見えるのは、もうすぐ冬だからなのかもしれませんね、紅葉が色のない季節に入る直前のお祭りなのかも。
縦構図が多い人は、Saul Leiterさん同様、写真のセンスがある人が多いと思いますよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 17:46
純さん、こんにちは。^^
そうですね、写真を見ていて縦構図なのか横構図なのかを意識させないのがベストなのでしょうね。
なかなかそういう風には撮れないんですよねえ。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 17:47
gettengさん、こんにちは。^^
はい、Saul Leiterの写真って半分以上、縦構図なんですよ。
人間の目が横についているので、縦構図は緊張感を生み出すようですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 17:49
pikoさん、こんにちは。^^
秋の陽射しの色って、特に遅い午後にはそこはかとなく寂しさが漂っていて惹かれますよね♪
Saul Leiterの写真集、ぜひご覧になってくださいな、秋の午後にはよく似合います。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 17:51
葉流さん、こんにちは。^^
Saul Leiterさん、縦構図が多いんですよ、そうそう、横構図は安定的ですが、縦構図は緊張感が出ますよね。
昔は斜め構図が多くて、何が何でも傾けないと気が済まないタチでしたね。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 18:26
北の旅人さん、こんにちは。^^
なるほど~、横構図写真は周囲の状況を写し、縦構図は被写体の本質を写す・・・納得です♪
英語だと横構図をLandscape(風景写真)、縦構図をPortrait(肖像写真)と呼ぶ場合がありますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 18:27
らぴさん、こんにちは。^^
3枚目、赤鏥の浮き出たバケツって、大好物ですね、見つけたら100%撮ります♪
あめ色になった木製の用具だち、新品には出せない味わいですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 18:29
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
そうそう、真四角なら悩むことはない・・・ってこともないんですよね、あれはあれで独自の小宇宙になります。
へえ、カンヴァスのアスペクト比は、F、P、Mとあるのですか、初めて知りましたよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 18:35
NullPointer09さん、こんにちは。^^
27:9とはかなり細長い短冊みたいな構図ですね、日本人は細長い絵に馴染みがあるのかもしれません。
うちの写真塾の作品展でも、極端に細長い写真を数枚並べて展示する人がいますね。
Commented by movin0 at 2021-11-09 19:34
楯構図のオンパレードもいいですね(^^♪
私は去年まで殆ど横構図でしたが今年からインスタグラムを初めて最近は楯構図も半分位撮るようになりました。
インスタはスマホの回転機能が効かないので楯構図の5:4もしくは1:1が最も大きい画像でインパクトがありウケがいいです!
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-09 21:54
movin0 さん、こんにちは。^^
なるほど、そもそもスマホアプリのインスタグラムだと、横構図は相性が悪く、スクエアか縦構図ですよね。
写真を掲載するメディアによって、版型が変わると言うのはありますよねえ♪
Commented by photofloyd at 2021-11-10 11:35
遅いコメントになりましたが・・・
私は縦構図が意外と好きです。
昔、昭和30年代後半に、メインカメラがOlympus Pen Fのころが長くありまして、あのハーフ・カメラは普通に構えると縦構図ですので、次第にのめり込みました。
その後、35mmは意外に短く、ミノルタ67使用となり、アレは縦位置横位置自由のリボルビングバックでしたので、相変わらず縦位置多用しました。ハッセル時代も長かったんですが、あれはスクエアで・・・意外に横というより縦構図と共通性を感じました。
 縦構図の不安感と緊張感がいいですね・・横構図の典型は黄金図形でしょうが、落ち着きすぎます。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-11-10 12:23
photofloyd さん、こんにちは。^^
ハーフサイズカメラ、6x4.5カメラの一部は、普通に構えると縦構図になりますよね、Super Ikontaもそうです。
私が気に入っていたアスペクト比は、ロクナナなんですよね、56mm1x 69mmで、スクエアに近い安定感のあるサイズでした。
by blackfacesheep2 | 2021-11-09 05:00 | Lights & Shadows | Comments(24)