人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ひつじフェスタの牧場にて

ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20472675.jpg
1

先日の日曜日、愛知牧場に行って来ました。
そこには、こんなウールの織物がぶら下げられていました。



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20483774.jpg
2

こちらが原料提供者さんのおひとりです・・・って、まだ若そうだから違うだろうなあ。^^



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20540641.jpg
3

こちらでは、染色されたウールが販売されていました。



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20535040.jpg
4

顔の黒い羊さんもいましたよ。



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20475123.jpg
5

こちらはウールでできた編みぐるみのウサギさん。



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20543447.jpg
6

10月9日(土)と10日(日)は、愛知牧場の「ひつじフェスタ」だったのですね。^^
このフェスタ、アイボクのウェブサイトでもあまり触れられていませんでした。
たまたま私は現地で告知を見て知っていましたが、時節柄、あまりたくさん来場者が来ると困るからなのかも。



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20502708.jpg
7

こちらは"Fleece Of The Year"に入賞したアイボクの羊さんたちです。
毛並みが良いのですねえ。^^



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20502147.jpg
8

毛並みが良いのもそのはず、ここの羊さんたちのウールはCovered Woolなんです。
羊さんたちが服を着ているのは、良質なウールをとるための工夫らしいです。^^



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20503099.jpg
9

でも服を着てない子もいました・・・服を着せてもらえなくて寂しそうでしたよ。(;・∀・)



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20480845.jpg
10

服を着た羊さんから採取されたウールを、スピナー(紡ぎ手)さんがスピニングホイールで紡いでいきます。



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20535652.jpg
11

これはアイボクで撮れたウールかどうかはわかりませんでしたが、さまざまなウール製品が売られていました。



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20544144.jpg
12

親戚筋の山羊さんもたくさん友情出演してましたね。



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20550904.jpg
13

全然親戚筋ではないエミューも混じっていました。(;・∀・)



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_20492848.jpg
14

この日は羊さんたち、たくさん食べ物をもらえて喜んでいました♪

さて、せっかく紡ぎ車が登場しましたので、懐かしのメロディーをば。
Blood, Sweat & Tears - Spinning Wheelをどうぞ♪
MJQの、と言ってもManhattan Jazz Quintetの方で活躍したトランペットのルー・ソロフ、この頃から上手かったです。^^








愛知県日進市 愛知牧場にて
SONY α7c
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
Adobe Lightroom Classic



ひつじフェスタの牧場にて_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by j-garden-hirasato at 2021-10-12 06:05
ひつじフェスタ、楽しそうですねえ。
カメラ小僧には、堪らない企画です。
ひつじは、性格の大人しそうだから、
餌をあげたり、人との触れ合いも叶うのですね。
衣装を着せられている子、着せられていない子、
違いは何でしょうね。
古株から着せられた?
Commented by voyagers-x at 2021-10-12 06:09
おはようございます ‼️
羊さん達、可愛いですね
この程よいモコモコ状態が微笑ましい光景に見えます
洋服着せてもらって、可愛がられているのでしょうね
実際に体の羊毛は少しどす黒い汚れた感じ
手で触ると少し脂っぽかったりしますね^^;
羊は紙好きでしたっけ?む?あれはヤギでしたね^^;
Commented by getteng at 2021-10-12 07:39
blackfacesheep2さん
貴兄のHNはアイボクの黒面羊から得たものなのですか?
Commented by houbow at 2021-10-12 09:02
ヤギのぶちは初めて見ました。
Commented by jyuujin at 2021-10-12 09:53
10枚目の道具、見覚えがありますよ子供の頃我が家にも
ありました・・・アハハ 齢がばれますね。
Commented by pikorin77jp at 2021-10-12 11:43
染色されたウール 素敵ですね!籠に入っていると全部欲しくなります。奥様 買われましたか?
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-12 13:29
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ひつじフェスタ、たまたまアイボクで写真を撮っていた際に告知を発見し、楽しみにして出かけましたが、良かったですよ。
衣装を着せられている子、着せられていない子、その違いがよくわからなかったんですよ、現場で聞いてくるべきでした。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-12 13:31
voyagers-xさん、こんにちは。^^
アイボクではあまり羊さんを撮ったことが無かったので、今回の企画は楽しみにしていました。
服を着せてもらっている羊を見るのは、初めてでしたね、羊毛が柔らかくなるように、ってことなのかなあ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-12 13:39
getteng さん、こんにちは。^^
私のHNの由来は、英国ヨークシャーに棲むSwaledale Sheepなんですよ。
冷たい強風が吹きすさぶ環境でも生き延びるしぶとい羊さんにあやかりたいと思ったのです。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-12 13:40
houbow さん、こんにちは。^^
ヤギのぶち、私も初めて見ました。
ワンコみたいでしたよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-12 13:41
北の旅人さん、こんにちは。^^
おお、紡ぎ車、子供の頃にお宅にありましたか。
ご自宅で羊毛を編んでいらっしゃったのでしょうか。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-12 13:43
pikoさん、こんにちは。^^
染色されたウールも、様々な色彩があって楽しかったですね。
相方は同行しなかったのですが、同行していたら買っていたかも。^^
Commented by movin0 at 2021-10-12 19:50
あはっ!黒顔羊さんもいますね(^^♪
天然のウールを産直で生産しているんですか。
面白い企画ですね!
羊さんっておとなしそうなんですね。
Commented by iwamoto at 2021-10-12 20:55 x
もちろん、羊師匠は招待されたんですよね(笑)
糸車を回せば上に行ったり下に行ったり、
そう人生も良いときもあれば悪いときもあるさ。
生きてくってことは血と汗と涙、ですね。
Commented by harupita at 2021-10-12 23:02
(*^^)vこんばんは。

愛牧でこのようなイベントがあったのですね。
秋桜の種まきが遅くて今年は開花も
遅いというのは見たのですが
イベントは現地の告知だったのですね。
愛牧には黒顔の羊さんもいるのですね。
いつもお花畑と馬しか見てない気がします。
黒顔羊さんここが好きな理由の一つですね。
良質なウールのための服を着ているのですね。
ウールが様々売られているのですね。山羊さん
エミューさん
愛牧で楽しい時間過ごせましたね。
フォト撮影も楽しいですね。
Blood, Sweat & Tears - Spinning Wheel
題名は知りませんが聴いてみたらなつかしい
気持ちになりました。葉流
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-13 08:09
movin0さん、こんにちは。^^
どこの牧場でも黒顔羊さんは人気のようですね、「羊のショーン」の影響なんでしょうか♪
羊さんは、おとなしくてかわいい生き物ですね、不器用そうなところがなんともたまらんです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-13 08:12
iwamoto師匠、こんにちは。^^
羊がいるところなら、野を超え山を越え愛に出かけます・・・日本では貴重ですね。
さすが師匠、よくご存じで・・・What goes up must come down, Spinnin' wheel got to go 'roundですもんねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-13 08:15
葉流さん、こんにちは。^^
アイボクのウェブサイトを見ても、全然「ひつじフェスタ2021」が見つからないんですよね、ダメ元で行ってみました。
到着して「めえ~、めへへへ~え」と言う鳴き声が聞こえてくる方向に歩いて行ったら、ちゃんと開催してましたよ。^^
by blackfacesheep2 | 2021-10-12 05:00 | Snap | Comments(18)