人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

赤・青・白、ときどき緑とシロクマ

赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_13440368.jpg
1





赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_13435999.jpg
2





赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_13441851.jpg
3





赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_19081854.jpg
4





赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_19084009.jpg
5





赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_19083113.jpg
6





赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_13442990.jpg
6





赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_13444584.jpg
7





赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_13444151.jpg
8

名古屋市美術館で開催中のフランソワ・ポンポン展を見てきました。
フランソワ・ポンポンは、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍した彫刻家です。

ロダンをはじめとする有力彫刻家たちの下彫り職人として長年キャリアを積んだ方だそうです。
ポンポンさんは、67歳を超えてから動物彫刻家としての歩みを始めました・・・すごい遅咲きのアーティストですね。

彼の代表作の《シロクマ》は、単純にして優美な形状をもち、それまで存在しなかった独創的な動物彫刻で一世を風靡しました。
ある意味、アール・デコにも影響を与えたような気もします。
同じくロダンの工房で働いたブランクーシ同様、後世の彫刻に与えた影響も大きいんじゃないでしょうか。

シロクマだけでなく、ヒョウ、シカ、イノシシ、ニワトリ、ペリカン、ミミズク、さまざまな動物がいました。
動物が好きな人も、アール・デコ系の造形が好きな人も楽しめる美術展で舌ね。^^

写真撮影OKの豊田市美術館と違い、名古屋市美術館は撮影NGなので、入口と出口に置かれたシロクマを撮って帰ってきました。
赤と白と青が際立つ展示会だったので、ナゴビ内部の赤と白と青も撮って来ました・・・緑もあるけどね。^^



赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_19082313.jpg
9




名古屋市中区栄2丁目17−25 芸術と科学の杜・白川公園内 名古屋市美術館にて
SONY α7c
SONY FE 40mm F2.5 G
Adobe Lightroom Classic


赤・青・白、ときどき緑とシロクマ_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ


Commented by voyagers-x at 2021-10-09 05:33
おはようございます ‼️
素敵な光と影の写真ですね
いろいろな所に実は魅力的な光と影は潜んでいるのかもしれませんね。
ちゃんと意識してみないと目から入ってきた認識に至らないのかも^^;
彫刻家の美術展......素敵な作品に出会えそうですね
やっと今の年齢になって......熊の木彫りの素敵さが僕は理解できそう笑

Commented by j-garden-hirasato at 2021-10-09 08:25
可愛い彫刻、好きですねえ。
67歳を超えてから動物彫刻家とは、
勇気をもらえます。
下彫り職人という職業もあるのですね。
知りませんでした。
しっかりした下地があったからですね。
ポンポンとはユニークな名前ですが、
本名なのでしょうか。
県内の美術館にも、巡回してくれないかなあ。
Commented by getteng at 2021-10-09 08:27
blackfacesheep2さん
撮影OKの美術館とNOのそれがありますが、どうしてなんでしょうね。
当地では民間の「ひろしま美術館」はOKですが、
現代美術館はカメラを持っているだけで注意されますからヤになりますと、ったく!
Commented by jyuujin at 2021-10-09 09:05
美術館巡り、写真店巡り、しばしご無沙汰です
何しろ札幌の街中へはしばらく出かけていません(汗)
そろそろいいかな~と・・・♪
感染者が毎日 20人以下になりましたから・・・はい

あ、それと紅葉は来週が見ごろだとか? 畑仕舞いを早く済ませて
本来の楽しみに、戻りたいですね・・・はい
Commented by harupita at 2021-10-09 10:36
こんにちは(*'▽')
名古屋市美術館で開催中のフランソワ・ポンポン展
彫刻家なのですね。67歳になってから。。動物彫刻家に、
下彫り職人として長年キャリアを積んだとはいえ、67歳から始めるというのは素晴らしいですね。
撮影は禁止なのですね。赤と白の目立つ会場だったのですね。彫刻を見に行くことがあまりないので
新鮮な感じがします。
撮影が許される場所が増えるといいですね。
フランソワ・ポンポン・・って名前もユニークですね。
Commented by hoshigaoka at 2021-10-09 11:31 x
こんにちは!

ポンポン展に行かれましたか!
この展覧会、ポスターとかで見かけて気になっていました!
シロクマなど動物の彫刻で有名な人なんですね。
来月中旬まで開催してるんですね、これは観てみたいですね^^)
Commented by iwamoto at 2021-10-09 12:59 x
つい先日、わたしも。
リサ・ヴォートの写真展で シロクマを撮りましたよ。
彼女は英語の先生? 写真家でもあるんですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-09 14:29
voyagers-xさん、こんにちは。^^
秋の良く晴れた日は、素敵な光と影が出現するので、写欲を掻き立てられますね。
芸術の秋とはあまり関係ないですが、面白そうな美術展があるとついついふらふらと入っていってしまいます。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-09 14:32
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
私が67歳になって何か新しいことを始められるかと考えると・・・これは凄いですよね。
もちろん彫刻をずっとやってらっしゃったので、テーマを変えただけとも言えますが、励みになるアーティストですよね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-09 14:34
getteng さん、こんにちは。^^
美術館での写真撮影の可否、それぞれの美術館のアートに対する考え方の違いなのでしょうか。
豊田市美術館はとても寛大な美術館なので、よその美術館にいくと「せこいなあ」などと悪態をついてしまいがちです。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-09 14:36
北の旅人さん、こんにちは。^^
私が出かけていく美術展は、幸いなことにそれほど密になることはなく、助かっています。
おお、北海道ではもう紅葉が見ごろになりつつあるのですか・・・愛知県はまだ30度を超える日もあり、半袖です。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-09 14:38
葉流さん、こんにちは。^^
名古屋市美術館は、私の知る限り、撮影に関しては一番うるさい美術館ですね、トヨビとはえらい違いです。
フランソワ・ポンポン、可愛らしい名前ですよね、日本語での語感は良いですが、悪い意味になる言語もあるのかなあ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-09 14:40
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
ポンポン展、先日のムーミンコミックス展に行ったときに知り、ぜひ行ってみたいと思いましたよ。
アール・デコとかあのへんのミニマル系の彫刻が好きな人にはきっと気に入ると思います、ぜひどうぞ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-10-09 14:41
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
へえ師匠もリサ・ヴォートの写真展で シロクマを撮りましたか。
って、知らない人なので、これからググってみてみます。(;・∀・)
by blackfacesheep2 | 2021-10-09 05:00 | Art | Comments(14)