人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

通常より三割ほど饒舌に自己主張する伝統

通常より三割ほど饒舌に自己主張する伝統_d0353489_15002396.jpg
1





通常より三割ほど饒舌に自己主張する伝統_d0353489_15010164.jpg
2





通常より三割ほど饒舌に自己主張する伝統_d0353489_15035255.jpg
3





通常より三割ほど饒舌に自己主張する伝統_d0353489_15003870.jpg
4





通常より三割ほど饒舌に自己主張する伝統_d0353489_15032237.jpg
5





通常より三割ほど饒舌に自己主張する伝統_d0353489_15002932.jpg
6

足助の「三州足助屋敷」では、昔ながらの職人芸を見ることができます。

敷地内の土蔵では、傘張や桶作りなど、昔ながらの手仕事が興味深いです。

でも、あまりここにやってくる人々は多くなく、この時も私一人でした・・・もったいないです。




愛知県豊田市足助町にて
SONY α7 III ILCE-7M3
Sony Zeiss Sonnar T* FE 55mm f1.8 ZA

Commented by voyagers-x at 2021-08-28 06:01
おはようございます ‼️
日常生活の中に綺麗なちょっとさた明かりがあるといいなと思う事がありますが。
1枚目の灯、素朴で綺麗で素敵ですね。
そっと枕元にでも置いて、明かり楽しみながら眠りたいです^^;
Commented by harupita at 2021-08-28 06:34
足助屋敷
いいですよね。
足助自体が大好きなのですが
三州足助屋敷は
また特別に好きで、以前は通い続けて
いました。
通常より三割ほど饒舌に自己主張する伝統
↑確かにそうですね。
足助屋敷の中に入ると
伝統工芸などが語りだしますね。
小学生の社会見学には
良く遭遇しますよ。
そのせいで、私も孫たちを連れて行きたい場所
ナンバーワン。
一枚目の和傘の照明、綺麗ですね。
Commented by floreta at 2021-08-28 08:02
おはようございます。
入館料は300円なのでしょうか 気軽に昔ながらの山の生活が見れていいですね。
あすけ 足助と読むのですか 拝見していると昔の方が現代生活と比べてみると豊だった感じがします。
こちらの建物も興味がありまねぇ
#1の傘のランプカワ(・∀・)イイ!!
カラフル餅花大好きです。私も見つけたら撮ります(笑)
Commented by houbow at 2021-08-28 08:18
おはようございます
六枚目の飾りは私のふるさと諏訪では稲花といったと思います。小正月に飾りどの家でもやってました。
(それかどうかわかりませんが)
昔の明かりの色を想像します。
Commented by j-garden-hirasato at 2021-08-28 08:24
和のデザイン、和みますね。
一枚目は、唐傘お化けみたいでオモシロいです。
土人形も細工が細かいですね。
土蔵で手作業も見れるなんて、
素敵です。
行きたい先候補にリストアップです。
Commented by getteng at 2021-08-28 09:28
blackfacesheep2さん
現代人は斯様なもにはあまり興味がないのでしょうかね?
大事な文化、大切に遺してほしいものです。
Commented by jyuujin at 2021-08-28 10:25
いつも、タイトルの表現に感心しております(写真もですが)
「三割増の饒舌な自己主張する伝統」ですか、なるほどな~
ボキャが豊富ですね・・・♪ 見習いたし。
Commented by yattokamedagaya at 2021-08-28 10:43
3枚目の竹の行燈は以前のお祭りのものと同じ構造ですね。
傘の電気スタンドはどちら向きでも使えるんですか?
僕も竹筒を使ったスタンドを設計したけど、作る暇がないです。
もう仕事をやめて何かを作って生きていこうと
最近よく思います(笑)。

Commented by pikorin77jp at 2021-08-28 10:49
おはようございます。職人芸も素晴らしいですが 写真がアートで凄くステキです。いつかの廃バスを記事にしてみました。写真を撮りながら 黒顔羊さんの廃バスの記事を思い出しました。お時間あれば覗いてください。^^
Commented by iwamoto at 2021-08-28 12:12 x
羊師匠、最後の写真ですが、背景の照明に重なった「飾り」は、暗く潰れそうなものです。
どういう技なのでしょうか(笑)
わたしには、このように撮れないと思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:12
voyagers-x さん、こんにちは。^^
和紙は日本独自の存在ですね、これで作った照明器具はミステリアスな光を楽しめます。
ここは傘張職人の工房になっており、傘張の技術を使った照明器具が人気となっていますね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:14
葉流さん、こんにちは。^^
三州足助屋敷は、懐かしい日本の風景が楽しめる素敵な場所ですよね、あまり混雑しないのもポイントが高いです。
子供たちには、こういう伝統工芸を見てもらいたいですね、そして、彼らの中から次の伝統の担い手が育って行って欲しいですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:16
floreta ちゃん、こんにちは。^^
入館料の300円、笑っちゃうぐらいお値打ちです、しかも時々、無料になるときもありますよ。
足助と書いて「あすけ」、難読地名ですね、ここの早春の「中馬のお雛さん」のイベントでは、餅花が大活躍しますよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:18
houbowさん、こんにちは。^^
餅花は花餅と呼ぶ地域もありますが、信州では稲花と呼ばれているのですか、知りませんでした。
足助では毎年早春にお雛様を飾るお祭りがありますが、そこではこの餅花が大量に飾られて見事です。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:21
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
ここには和傘の職人さんが常駐しており、傘張の実演を見せてくれますね、手際が良くて素晴らしいです。
三州足助屋敷だけでも結構見ごたえがありますし、他にも足助には面白いものがたくさんありますので、ぜひご訪問くださいな。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:24
getteng さん、こんにちは。^^
忙しい現代人は、こういう労力と時間がかかる工芸品を見ると、感動しますね。
展示即売してますが、結構よく売れているようです。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:25
北の旅人さん、こんにちは。^^
あはは、私がタイトルに凝っているときは、写真がしょぼい時が多いです。
「イマイチだなあ・・・お~し、タイトルで幻惑してこまそう♪」と言う貧しい発想です。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:29
yattokamedagaya さん、こんにちは。^^
そうです、3枚目の竹の行燈は「たんころりん」の行燈ですね、傘の電気スタンドは上下どちら向きでも使えそうでした。
おお、僕も竹筒を使ったスタンドを設計されましたか・・・伝統工芸の職人さんになるために仕事を辞める人、いますよねえ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:30
pikoさん、こんにちは。^^
日本の伝統工芸って、写真映えするものが多いですよね、つい熱くなって撮影に没入してしまいます。
おお、廃バスのお写真、お撮りになりましたか、のちほど伺います♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 16:35
iwamoto師匠、こんにちは。^^
最後の写真は、アンダー露出でRAW撮影し、Adobe Lightroomで全体の明度を上げ、ハイライトを落としてます。
SONY a7IIIは、RAWのダイナミックレンジが15段ぐらいあるので、こういう荒業にもしっかり耐えますね。
Commented by hoshigaoka at 2021-08-28 19:37 x
こんばんは!

和紙の行灯がとても綺麗なお写真ですね♪
足助の夏祭りの「たんころりん」の時季に撮られたお写真でしょうか?
毎年は花火で盛り上がる夏祭りでしたが、新型コロナで様変わりしてしまいまね。
来年こそは普段の「たんころりん」で夏の風情を感じたいものです^^)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-28 19:45
hoshigaoka さん、こんにちは。^^
そうそう、「たんころりん」で足助に行った際、ちょっと早めにでかけて三州足助屋敷にも寄ってきました。
去年は開催中止でしたが、今年はお盆の長雨でほとんど開催できなかったみたいで、気の毒でした。
by blackfacesheep2 | 2021-08-28 05:00 | Lights & Shadows | Comments(22)