人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

古き良き時計屋さん

古き良き時計屋さん_d0353489_10435742.jpg
1





古き良き時計屋さん_d0353489_10411898.jpg
2





古き良き時計屋さん_d0353489_10412435.jpg
3





古き良き時計屋さん_d0353489_10413268.jpg
4





古き良き時計屋さん_d0353489_10405873.jpg
5

先日、岐阜県の八百津を訪問した際、昔懐かしい雰囲気の眼鏡時計屋さんを見つけました。
明治40年創業の老舗、古田時計店さんです。

この日、一緒に出掛けたプロ写真家のKさん、ここの夕方風景をぜひ取りたいと言うことで、日が落ちるまで待ちました。
やがて日が暮れて、店主さんが店を締めに登場・・・今、閉店された困る・・・
Kさん、猛ダッシュして撮影交渉に入りました。

店主さん、快く中に入れてくださり、撮影許可もくださいました。
店内には、古いアメリカ製の花柱時計や珍しい24時間時計などが並び、圧倒されました。



古き良き時計屋さん_d0353489_10414130.jpg
6

ここの店主さんは、80歳を超えているのにどんな古い時計も修理できる貴重な腕を持つ時計屋さんです。
全国から修理依頼が来るんだとか。^^



古き良き時計屋さん_d0353489_10413645.jpg
7

いわゆる鉄道時計と呼ばれる懐中時計ですね。



古き良き時計屋さん_d0353489_10420988.jpg
8

SPレコードの針も扱っていたそうです。
奥様がお嫁にいらした頃は、まだ需要があったそうです。



古き良き時計屋さん_d0353489_10415505.jpg
9

この時計屋さんに置いてあった古い白黒写真で、昔、八百津で撮られたものだそうです。
写っているのは、「命のビザ」で有名な杉原千畝氏とその最初の奥さんだったクラウディア・セミョーノヴナ・アポロノワさんです。

千畝さんは、日本の外交官として、第二次世界大戦中のリトアニアの領事館に赴任しました。
そしてそこでナチス・ドイツに迫害され欧州各地から逃れてきたユダヤ人等に日本を通過するためのヴィザを発給しました。
約6千人の避難民を救ったことで、「東洋のシンドラー」とも呼ばれています。

クラウディアさんは白系ロシア人で、一説によればユダヤ系だった可能性もあるとのことです。
クラウディアさんと結婚していたのは1924~35年なので、この写真はそのころ、里帰りした八百津で撮られたものなのでしょう。
6枚目の写真の左下にこの写真の裏側が写っていますが、それによると昭和7(1932)年5月3日に撮られた写真のようです。

杉原千畝氏の出生地は、八百津ではなく美濃市だったということで、ユネスコ「世界の記憶」登録申請がとん挫しているようです。
でも、八百津は杉原氏の両親の出身地であり、千畝さん自身も故郷として何度も訪れていたようでした。



古き良き時計屋さん_d0353489_10414724.jpg
10

暮れなずむ八百津の街で、偶然知り合った古い時計屋さん・・・
現代ではすでに失われてしまったゆるやかで慈しみ深い時間が流れていました。




岐阜県加茂郡八百津町八百津3917 古田時計店にて
SONY α7 III ILCE-7M3
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
Adobe Lightroom Classic



古き良き時計屋さん_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by voyagers-x at 2021-08-23 05:29
おはようございます ‼️
古き良きものを大切にしたい気持ちはありますが......
あ、懐中時計いい感じですね
こんなのでシルバーで出来たものだったりしたら
多分欲しくなりそう^^;
もう随分、時計のブランドはほとんど拘らなくなっています
最近ずっと腕にはめているのは、G-SHOCK
しかも、丸い大きなタイプじゃなくて、四角っぽいやつ
ミッションインポシブルタイプの文字盤が真っ黒になったものを愛用しています
ソーラーで電池不要で電波時計、1秒たりとも狂いません
うーん......味わいのある都会は素敵ですけど......
Commented by j-garden-hirasato at 2021-08-23 06:27
スゴい時計屋さんですね。
ご主人も、まだ現役。
こんなお店が、まだあるとは、
驚きです。
貴重な写真も残されているのですね。
こちらにも、驚きです。
Commented by houbow at 2021-08-23 08:05
いい店ですねぇ
やめられないんでしょうね。
こちらにも、らしき、店があったので
入ってみたんですが、いまだに電池を交換にくる客がいて、メーカーからの圧力もあり閉められないと言ってました。
古時計の修理はと聞いたら、もう業者へ出すと、部品がないのだそうです。
Commented by getteng at 2021-08-23 08:58
blackfacesheep2さん
此処は時計の博物館のようなところですね。
男の子はこういうのに弱いんですよね。
Commented by floreta at 2021-08-23 10:02
おはようございます。
わぁ〜いい感じですね お友達もとっても趣味がいいですね
フレームの木彫りの時計は探してもなかなか見つからないと。。
昔古時計を骨董屋で購入しましたが 音がゴーン‼
出ない。。。あの時計どこいったかな?

80歳、いつまでもお元気で。。。
Commented by iwamoto at 2021-08-23 11:56 x
時計って、初めて各家庭に行き渡った「メカもの」ですよね。
ゼンマイを巻くのは大変ですが、根源的に正しい作業に思われます。
時の流れを紡ぎ出すような。

我が家も、仕事場はこんなもんですよ。
70歳を過ぎたオジイサンが独りでやってるわけですし。
Commented by NullPointer09 at 2021-08-23 12:40 x
6枚目、右下方に「SHARP ULTRASONIC CLEANER MODEL U-3」が
写っていますね。(時計部品など精密機器の洗浄用、1962年発売)
興味無い人にとってはナンノコッチャですが、私、こういうのを見ると
ワクワクするんです♪
Commented by pikorin77jp at 2021-08-23 15:44
よかったですね、お店が閉まる前に撮影できて。それにしても 掛け時計 懐中時計 そして凄い歴史的な人物が写っている写真、、興味深いです。良いものを見せていただきました。ありがとうございます。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 16:50
voyagers-xさん、こんにちは。^^
私も昔はROLEXやIWC、ルクルトやブライトリングなど、メカニカルウォッチをたくさん所有していました。
でも、私も今常用しているのはG-SHOCKのソーラー電波時計ですね、防水20気圧だし、実用性抜群です♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 16:51
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
田舎に行くと、こういう立派な時計屋さんがまだ現役で頑張っていて感動しますね。
八百津は杉原千畝さんの生まれた場所ではないと言われていますが、いまだに千畝さんと縁のある人は多いようですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 16:53
houbow さん、こんにちは。^^
地元のお客さんがまだしっかりと付いているようですし、働くのがお好きなんだと思います。
古い時計や自動車は、技術があれば部品がなくても新たに制作して直してしまう技術者さんもいらっしゃるようですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 16:55
getteng さん、こんにちは。^^
表から見るとごく普通の時計屋さんなんですが、中に入って魂消ました。
おっしゃるように、男子はこういうメカメカしいものを見ると目が輝き始めます♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 16:57
floretaさん、こんにちは。^^
ここにある時計はすべてほんもののアンティーク、しかもちゃんと作動するアンティークですね。
骨董屋で売っている古い時計は、古いメカニズムは外して、今風のムーブメントに変更してあるものも多いらしいですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 17:00
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
時計と自転車は庶民の身近にあった精密機械、ゼンマイ仕掛けでもちゃんと精度が出るって凄いです。
おお、仕事場の雰囲気、似てますか・・・職人が手仕事をする空間って、大同小異なのかもしれませんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 17:02
NullPointer09 さん、こんにちは。^^
へえ、「SHARP ULTRASONIC CLEANER MODEL U-3」ですか・・・専門家が見るとわかるんですね♪
1962年発売の機械なんだ・・・いよいよ来年は還暦を迎える機材なんですね、長持ちしてるんですねえ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 17:04
pikoさん、こんにちは。^^
古い街の古いお店には、歴史がいっぱい詰まっていますよね。
そういう歴史の詰まったお店、ピコさんがお住まいの街にも、たくさんありそうな気がします♪
Commented by jikomannte at 2021-08-23 17:48
今回は5枚目に惹かれました。
私が思う町の時計屋さんよりも、もっと時代が古いですね。
私が思う町の時計屋さんは、中学の学校帰りにショーウインドゥ
を覗いて、セイコーやシチズン、オリエントの腕時計を羨ましそうに
見ていた時計屋さんなんです。
Commented by aitoyuuki13 at 2021-08-23 18:57
鉄道時計、懐かしいな~

昭和40年代、オンダ時計店は国鉄の購買部に店を出していて
鉄道時計のオーバーホールも引き受けていました
Commented by harupita at 2021-08-23 20:35

こんばんは(^^♪
明治40年創業の老舗、古田時計店
このような懐かしい時計屋さん
今も現存して、お店営業されて
いるのですね。
撮影に快く応じて頂けて
貴重な時の記録、記憶を
見る事、撮る事出来て
良かったですね。
店主の方の魔法のような技術で
蘇る時計の数々、
物語のワンシーンのようで
杉原千畝氏とその最初の奥さんの写真まで
見ることが出来て、私まで時間旅行
したような気持になります。
暮れなずむ八百津の街での出会い
貴重な体験になりましたね。
こちらも見せて頂きありがとうございます。葉流
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 20:54
純さん、こんにちは。^^
5枚目は、友人のKさんが狙っていたカットなんですよ、暮れていく街並みの中に灯る時計屋の灯ですね♪
そうそう、私の時計屋さんのイメージも純さんのとほぼ同じですね、国産の自動巻きの時計が元気だったころです。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 20:56
愛と勇気さん、こんにちは。^^
さすが時計屋さんのご子息、鉄道時計もよくご存じでしたねえ。
国鉄の鉄道時計のオーバーホールも引き受けていたんですか、御父上の技術も大したものだったのでしょうね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-08-23 20:58
葉流さん、こんにちは。^^
八百津のこの時計屋さん、古時計修理では全国的に有名だそうですが、いたって謙虚で優しいご夫婦でした。^^
杉原千畝氏は私の高校の先輩ですが、最初の奥さんとの生活についてはほぼ聞いたことがなく、そのお写真を見て感動しました。
Commented by hoshigaoka at 2021-08-23 21:57 x
こんばんは!

八百津に貴重な時計屋さんがあるとは初めて知りました!
全国から機械時計の修理依頼があるのですね。
自分も壊れた懐中時計を持ってるのですが直してもらおうかな、なんて思ってみたり。
杉原千畝さんの写真も貴重ですね!
それみしても写真家Kさんの交渉力凄いです。
Kさんが撮られた夕景写真も機会あれば拝見してみたいものです♪

↓IKEAのフードフォトもとっても綺麗です!
真っ白ではない温かみのあるWBが良いですね♪
味もオススメとのこと、今度行った時に是非食べてみねば^^)
by blackfacesheep2 | 2021-08-23 05:00 | Old Buildings | Comments(23)