人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

40mmと戯れるテディベアたち

40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_15515038.jpg
1

ベアさんが見つめている小さなカメラは、35mm判フィルムカメラとしては世界最小だったRollei 35です。
バウハウスの流れを汲んだドイツの合理主義的設計を堪能できる凝縮感の高いカメラで、1967年に発売されました。

沈胴レンズを採用した超小型カメラで、幅が97mm、高さが60mm、奥行きは32mmしかありません。
胸ポケットに収まる小さな筐体に、ツァイスのレンズ、ゴッセンの露出計、コンパーシャッターが詰め込まれています。

「サイズ命」で設計されたため、露出は手動設定、連動距離計は搭載されておらず目測です。
レンズは極めてシャープな「鷹の目テッサー」ことZeiss Tessar 40mm F3.5で、プロユースにも耐えました。

Rollei 35については、私の初代デジタル写真ブログの"Blackface Sheep Photolog"に詳しいポストを書いています。
またこのRollei 35は、私のフィルム写真ブログでは3番目に登場頻度の高いカメラとして、いまだ現役続行中です。

40mmは一般的な焦点距離ではありませんが、「35mmほど広すぎず、50mmほど狭くもない」絶妙な焦点距離です。
ストリートスナップや観光地での記念撮影には、実に使いやすい焦点距離だと思います。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_21305668.jpg
2

さて、なぜRollei 35を撮ったのか・・・実は、SONYの新レンズ、"FE 40mm F2.5 G"を手に入れました。^^
もうすでに何回か、このブログでもこの新レンズで撮った写真を載せていますね。

1枚目の写真は、2枚目のSONY a7IIIに装着された小ぶりな40mmレンズで撮りました。
先輩40mmを後輩40mmで撮影した写真なんですね。^^



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_13011386.jpg
3

この"SONY FE 40mm F2.5 G"、2021年 4月23日に発売された新鋭レンズです。
6月末にようやく値段がこなれてきたのを見て、持病のポチリヌス菌感染による右手人差し指の痙攣発作を発症しました。^^

横から見ると小さなレンズですが、"G"の刻印が付いています・・・松竹梅で言えば「竹」に相当するレンズですね。
「松」に相当する"GM"やZeiss銘のレンズほどのプレミアム性はないけれど、無印レンズよりは上の立ち位置です。

一応"G"レンズとして開発されたので、操作系も豪華にしなくちゃ、とSONYは考えたのでしょうか。
小さな鏡胴にもかかわらず、ボタンやスイッチがてんこ盛りについています。
フォーカスホールドボタン、AF/MFフォーカスモードスイッチ、絞りリング、絞りリングクリック切り換えスイッチ・・・

これらをよく使う方には便利なデザインだと思いますが、私はどれ一つとして必要ではありません。
こんなスイッチ類なしで、もっと安価、もっと小型軽量なレンズにして欲しかったです。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_13011686.jpg
4

絞リングはこんな感じです・・・私は動画を撮らないので、自動絞のAポジションでしか使いません。
何故ならファインダーを見ながら絞値を調整する際、レンズの絞環よりダイヤルの方が使いやすいからです。

絞環とシャッターダイヤルによる、フィルムカメラ的操作体系を採用した、擬古的デジタルカメラが人気です。
確かにメカニカルな操作方法にはロマンを感じますが、私は今風のエルゴノミクスの方が撮影しやすいと思います。

フィルムカメラに対するノスタルジー、ときどきびょーきみたいなモデルを作り出しますね。
背面液晶モニターを撤去したデジタルカメラを見た時には、思わず「気は確かか?」と呟いてしまいました。

せっかくのデジタルの利点を放棄するなんて、酔狂を通り越して狂気の沙汰です。
集中力を高めて撮影したいと言う気持ちはわかりますが、フルマニュアルのフィルム機で撮る方が潔いです。

閑話休題、この40mmレンズのフードは、いわゆる「フジツボ」フードですね。
SONYの文字がエングレーブされた金属製です・・・プラでも良いのに、Gレンズらしく高級にしたいのでしょうか。

まあ、私も昔は某米国企業のマーケティング部長だったので、SONYのマーケティング戦略も理解はできます。
レンズ交換式カメラの市場はどんどん小さくなっているので、高級化することで客単価を上げたいのでしょう。(-_-;)



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20585488.jpg
5

さて、私がこの40mm F2.5のレンズを入手したのは、35mm F1.8が使いにくかったからです。
私は標準画角から中望遠画角が一番使いやすいと感じるフォトグラファーで、広角レンズがが苦手です。
上の写真は35mmで撮っていますが、私にとってはちょっと広すぎるんです。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20585719.jpg
6

こちらが新しい40mm F2.5Gで撮った写真です。
三脚にカメラを乗せて撮ってますので、画角の違いがよくわかると思います。
5枚目と比較して、5mmの差は、広さも違いますが、パースが違い、40mmの方が自然に見えます。

かつて、マイクロフォーサーズを使っていたころ、Lumix 20mm F1.7は愛用レンズのひとつでした。
35mmフルフレーム機換算で40mmになるこのレンズの画角、スナップには万能でした。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20590399.jpg
7

さて、レンズをSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAに付け替えてみました。
40mmと比べると、明らかに狭いですね。
この3枚の比較写真、すべて絞開放で撮ってますので、それぞのれ被写界深度もわかると思います。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_15134078.jpg
8

こちらのベアさんが眺めているレンズは、Carl Zeiss Jena Biotar 2/58です・・・焦点距離58mmと、長めの標準レンズです。
このBiotar、かつてe-Bayでとても安く落札したものですが、訳ありでした。
「ヘリコイドと絞りは固いよ」と書いてありましたが、ほとんど回せないほど固いNGレンズでした。(´;ω;`)



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_21312419.jpg
9

そして8枚目の写真を撮ったのが、右側のSONY a6500 + FE 40mm F2.5Gのコンビです。
このFE 40mm F2.5GをAPS-C機に装着すると、フルフレーム換算で61mmになり、Biotar 2/58に近い焦点距離になります。
これも「似た焦点距離の後輩レンズが先輩レンズを撮る」って写真なんですね。^^

この40mm F2.5G、コンパクトですから、a6500にもよく似合います。
次は、APS-C機のa6500での画角比較を35mm、40mm、55mmでやってみましょう。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20590963.jpg
10

まずは35mm F1.8です・・・APS-C機に装着すると、換算52mmの標準レンズの画角になります。
この画角が使いやすくて、この35mm F1.8は、a6500で使うことの方が多いですね。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20591426.jpg
11

こちらが40mm F2.5Gを装着して撮った写真です・・・換算61mmの「狭めの標準画角」ですね。
35mmに比べると、やや狭いですが、それほど違和感のない画角です。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20591872.jpg
12

55mm F1.8を装着して撮りました。
換算84mmですから、中望遠の画角です。

このSonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、a6500に装着して撮るのが気持ち良いです・・・ボケがきれいなんですよね。
a7III+Viltrox 85mm F1.8 IIの方が被写界深度が浅いんですが、やや重いです。
軽快に撮るんだったら、a6500でSONNAR 55mmを中望遠として使うのもアリだな、って思いました。^^



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20593250.jpg
13

さて、35mm、40mm、55mmのレンズ比較はまだ続きます。
今回は、「最短撮影距離」(Minimum Object Distance, M.O.D.)の比較です。

上の写真は、FE 35mm F1.8の最短撮影距離で撮ったものですが、このレンズは鬼のように寄りが効きます。
最短撮影距離は22cm、最大撮影倍率は0.24倍、ほぼクォーターマクロですね。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20593720.jpg
14

こちらはFE 40mm F2.5Gで、AFで28mcmまで寄って撮ったものです・・・MFにすると25cmまで寄れます。
最大撮影倍率はAFで0.2倍、MFで0.23倍、FE 35mm F1.8の0.24倍には負けますが、そこそこ寄れます。

この40mm、テーブルフォト最強レンズかも、って思いましたよ。
画角的には広からず狭からずの手ごろな画角、近接撮影も得意、レストランで使っていても威圧感の無いサイズです。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_20594093.jpg
15

こちらはSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAの最短撮影距離での写真です。
このレンズは「寄れない」ことが唯一の弱点のレンズですね、シャープでボケも美しいし、小型軽量で良いレンズなんですが・・・
でもSONYのミラーレスのクロップ機能を使うと、寄れたように感じる写真は撮れます・・・画素数減りますが。(;・∀・)



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_16252907.jpg
16

それでは、この40mmレンズで撮った他の作例をば・・・
これは先日のトヨハクで撮ったT型フォードです。

ちなみに、本日の私のフィルム写真ブログで、Rollei 35で撮ったこのT型フォードの写真を上げてあります。
Rollei 35のレンズはTessar 40mm F3.5、同じ40mmの画角なので、パースの印象などまったく同じですね♪

室内での撮影の際、50mmじゃ厳しいけれど、40mmなら入る、って被写体が多いですね。
記録写真や記念写真を撮る際にも重宝な画角です。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_16253964.jpg
17

40mmは、実際に目で見るより、ほんの少しだけ広めに写る画角ですね。
F2.5の開放で撮っていますが、後ボケはそれほどうるさくはありませんし、中心部の点光源も丸いです。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_16254552.jpg
18

こちらはF3.5まで絞っています。
周辺部の玉ボケは欠けがありますが、中心部の玉ボケは丸いです。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_16401232.jpg
19

絞り込んで太陽に向けると、14本の鋭い光条が出現します。
コーティングが良いせいか、嫌なゴーストとかフレアは出ませんね。
このレンズの他の作例は、ここをクリックしてもらえば、他にもたくさん見ていただけます。



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_15134579.jpg
20

このコンパクトな40mmレンズ、なかなか気に入りました。
心置きなくFE 35mm F1.8を某オークションで出品したら、まずまずの価格で落札されました。
追い金約11,000円で、約2年間使ってきた35mmレンズが、新鋭の40mmに代わったことになります。^^

FE 40mm F2.5G、こんなサイズですからa7IIIよりa7cに装着した方が似合いそうです・・・って、ヲイ。(;・∀・)
でも、この秋に発表されるa7IVへの予算確保が優先なので、a7cは我慢ですね。^^




愛知県みよし市三好ヶ丘にて
SONY α7 III ILCE-7M3
SONY α6500
SONY FE 40mm F2.5 G
Zeiss Sonnar FE 55mm f1.8 ZA
Adobe Lightroom Classic



40mmと戯れるテディベアたち_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ


Commented by voyagers-x at 2021-07-13 06:03
おはようございます ‼️
素敵な描写ですね。どの描写も素敵で、どのレンズ選んだらいいのか迷いそうですね。優柔不断な僕としては一本に決められそうにありません。クラシカルな操作の楽しめるローライのこのカメラの手にさっぱりと収まるサイズ感は、今の時代でも圧倒的な個性であり大きなポイントですね。このままの状態でデジタルカメラができたら、おそらくすごく欲しく感じます。^^;
Commented by nakajimaakira1948 at 2021-07-13 06:22
黒顔羊さん、おはようございます!

Biotar 58mm F2 の ヘリコイド固くなるでしょ。
わたしのも 一時は非常に固くなりました。

ヘリコイドに潤滑油を極少量注射することで改善できました。
興味があれば 次をご覧下さい。
https://nakajimaak.exblog.jp/29275057/
Commented by j-garden-hirasato at 2021-07-13 06:47
40mmとは、
マニア好みのレンズですね。
そんなmm数のレンズの存在すら、
知りませんでした。
Commented by NullPointer09 at 2021-07-13 09:11 x
私はかつて某メーカー(カメラとは無関係)に勤務していました。
ときとしてマーケティング部門と開発部門は対立することがありますね。
前者は「市場の要求はこうだ」とあれもこれも盛り込みたがる。
後者は技術屋としての信念が独りよがりになりがち。

マーケティング部門が自信満々で決定した仕様の製品がさっぱり売れず、
開発部門が独自に企画した製品が大ヒットしたことがありました。
その反対のケースもあります。
時代性やターゲットとなるお客さんの嗜好があり、仕様決定というのは
本当に難しいです。

個人的には、ダイヤルを多用したカメラが「懐古的」だとは思いません。
私のカメラには、ダイヤルを多用した機種とそうではない機種があって
用途や気分に応じて使い分けています。
ひとつの考え方に凝り固まるのは好きじゃないので。^^
Commented by floreta at 2021-07-13 09:57
おはようございます(^^)/
長文記事お疲れさまです( ´艸`)
私はまだオークションの経験がありません
ドキドキしますよね‼
40mmレンズそんなに活用されてクマちゃんも喜んでいますね
それにしても綺麗な光条ですね☆見せて頂いてありがとうございます。
Commented by getteng at 2021-07-13 13:39
blackfacesheep2さん
以前、中古カメラ店でRollei35を手に取ったことがありました。
有名なカメラですし、可愛いと思いましたが、老生には難しそうなので諦めました。
とにかく、老生はメカ音痴で困ったものです。
Commented by jyuujin at 2021-07-13 15:15
さすが、羊さんですね、 作品つくりは単焦点レンズ使用で
もちろん、トリミングもあまりしないのでしょうね
 
我々は、安易にズームレンズで構図を決め、それでも不満な時は
トリミングで絵作りをしすぎているのかも? 反省ですね。
Commented by iwamoto at 2021-07-13 15:31 x
次期主力戦闘機選択会議でははα7Ⅳが決まっているのですね。
健康に留意して、益々のご活躍を期待しております。
ホント、健康であればこそ、ですので。
Commented by jikomannte at 2021-07-13 19:42
ローライ35が距離計連動だったら、凄いことになってたでしょうね。(;'∀')
左手巻き上げの、巻き戻しは底だったですね。
新しいレンズも、楽しい仲間が増えましたね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 22:06
voyagers-x さん、こんにちは。^^
Rollei 35は、自動でできることが一つもなく、機械を操作する喜びが味わえるカメラですね。
このカメラのセンサーをデジタルに変えたものができたら・・・あまりの歩留まりの悪さのため、初心者から文句が出るかも。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 22:08
nakajimaakira1948 さん、こんにちは。^^
おお、Biotar 58mm F2 の ヘリコイドって、固くなりがちなものなんですか、知らなかったです。(;・∀・)
なるほど、ヘリコイドに潤滑油を極少量注射することで改善するのですね、あとで詠みにお伺いします♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 22:13
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
かつての「一家に一台」のカメラの焦点距離は、35~45mmのレンズが多かったと思いますよ。
私がひところ使っていたNew Canonet QL17にも、40mm F1.7のレンズが装着されていました。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 22:17
NullPointer09さん、こんにちは。^^
そうそう、いずこのメーカーもマーケティング部門と開発部門は対立することが多かったですね。
どちらの言い分もわかりますが、総花的な製品よりもとんがった製品が受ける事は往々にしてありますよね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 22:55
floreta さん、こんにちは。^^
私はギャンブルは一切しないのですが、ネットオークションは売る方も買う方も大好きです。
SONYで40mmレンズが使える日が来るとは思っていなかったので、このレンズを使うのがとっても楽しみでしたよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 22:57
getteng さん、こんにちは。^^
Rollei35はとっても可愛いカメラですが、すべてがマニュアルなので、使うのには慣れが必要ですね。
とは言え、F値とシャッター速度の関係が分かれば、さほど難しくもないですよ、すぐ慣れてしまうと思います♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 22:59
北の旅人さん、こんにちは。^^
単焦点レンズは大好きですが、ズームレンズもよく使うし、トリミングもいっぱいしてますよ。
ズームレンズには単焦点レンズにな美点がたくさんありますから、積極的に使うことも多いです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 23:01
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
α7Ⅳが秋に出ると言う噂が濃厚ですが、まだ何も決まってません・・・スペックも未定ですよね。
でも、もしa7IVのスペックが私の期待値ほど高くなかったら、a7cになる可能性も高いですね、小型軽量だし。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-07-13 23:15
純さん、こんにちは。^^
Rollei 35は「サイズありき」の設計だったので、連動距離計の搭載は早々に諦めたらしいですね。
Rolleiは連動距離計を組み込んだXF35を発表しましたが、Konica C35のOEMだという噂があり、もっさりしたカメラでした。
Commented by tonookamakoto at 2021-07-15 11:22
突然のメッセージにて失礼いたします。
PCソフト販売店の「ラクIT」を運営しております、
合同会社ラクITの外岡誠と申します。

この度、ぜひ弊社のお得キャンペーンをご案内させていただけないかと思い、ご連絡いたしました。

こちらが主に販売しているマイクロソフトのOfficeやWindows製品がお得価格に
https://store.shopping.yahoo.co.jp/rakuit-store/

さらにクーポンの取得が可能
(a. 300円のクーポンで、制限なし)
https://shopping.yahoo.co.jp/coupon/kaden/ZmJjNzdjOTBmNGY1YWI0YTdiZDZkZWMxNWNm
(b. 商品の合計金額が 6,000 円以上の場合は500円のクーポンで)
https://shopping.yahoo.co.jp/coupon/kaden/ZWYxMmIwZjdlZjA1MWExZmZlZWNmMGQ4MDM5
(c. 商品の合計金額が 10,000 円以上の場合は800円のクーポンをお使いください)
https://shopping.yahoo.co.jp/coupon/kaden/YmYxY2MyNjgyZTUzNjZiMzFmOWFkMTFiYTk5
上記クーポンは10月3日までに有効ですが、期限が過ぎた場合は店舗のお問い合わせページからご連絡ください。
こちらの商品は確実に国内正規品で、オンライン認証保証です。
商品についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

少しでもご興味がございましたら、お気軽にご連絡いただければ幸いです。
お忙しい中、最後までお目通しをいただきまして、
誠にありがとうございました。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
────────────────────
合同会社ラクIT 外岡誠

〒850-0003 長崎県長崎市片淵1-18-23
…………………………………………………

E-mail:oka@rakuit.com
URL: https://store.shopping.yahoo.co.jp/rakuit-store/
by blackfacesheep2 | 2021-07-13 05:00 | Hardware | Comments(19)