人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

初夏の緑と朱と金


初夏の緑と朱と金_d0353489_17061283.jpg
1





初夏の緑と朱と金_d0353489_17065056.jpg
2





初夏の緑と朱と金_d0353489_17060302.jpg
3





初夏の緑と朱と金_d0353489_17061402.jpg
4





初夏の緑と朱と金_d0353489_17061022.jpg
5





初夏の緑と朱と金_d0353489_17241451.jpg
6





初夏の緑と朱と金_d0353489_17063973.jpg
7





初夏の緑と朱と金_d0353489_17242095.jpg
8





初夏の緑と朱と金_d0353489_17064303.jpg
9



先日東岡崎駅を訪問した際、ついでにその南に位置する六所神社にも行って来ました。
ここは松平氏発祥の地である松平郷の六所神社より祭神の勧請を受けて、徳川家康の祖父松平清康が創建したものなんだとか。
徳川家康の産土神として江戸幕府の厚い保護を受けました。

初夏の日差しを受けた青紅葉が美しかったですね。
また、国指定の重文の本殿と楼門の朱色と金色も、日陰でさえ華やかな雰囲気を醸し出していました。
家康ゆかりの場所って、日光の東照宮もそうですが、緑・朱色・金がお約束ですね♪



初夏の緑と朱と金_d0353489_17060792.jpg
10



愛知県岡崎市明大寺町耳取44 六所神社にて
SONY α7 III ILCE-7M3
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
Adobe Lightroom Classic



初夏の緑と朱と金_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by voyagers-x at 2021-06-09 05:45
おはようございます ‼️
見事ですね。作り込まれた手の込んだ芸術ですね。遊び心もチラッとある感じがするし。あー色が綺麗ですね。この様な建築物はやっぱり色褪せた状態で見たくないですね。綺麗な色の状態を保つのは大変そうですけど。
Commented by harupita at 2021-06-09 06:01
おはようございます。
東岡崎駅南に位置しているのですか?
行ったことないですが
豪華絢爛な六所神社ですね。
徳川家康の産土神として
江戸幕府の厚い保護を受けて
今もこのように美しい姿なのですね。
確かに青紅葉に朱色が映えていますね。
大きな権力を感じます。
東岡崎・・・知らぬ事ばかりです。
Commented by j-garden-hirasato at 2021-06-09 06:26
派手派手な神社だなあ、と思ったら、
家康縁の神社でしたか。
納得です。
屋根を支える鬼もいますね。
彫り物も凝っていて、撮り甲斐があります。
これも岡崎市ですか。
コロナが少し治まったら、岡崎行きは決まりかな。
Commented by getteng at 2021-06-09 06:43
blackfacesheep2さん
「徳川色」って直ぐわかりますね。
当時は徳川に、ゴマをすっていたかが分かるというものです。
当地にも広島東照宮というのがありますが、まさにゴマすりの典型ですよ。
Commented by houbow at 2021-06-09 08:37
今、各地に残っている古めかしい神社や寺は
もともとこういう色だったんですねぇ
Commented by iwamoto at 2021-06-09 12:28 x
家康三原色、と言えば良いのでしょうか。
朱色は、現代ならば、蛍光色が良いかも。

朱と金は水銀から作った?、緑は銅でしょうか。
水銀鉱脈を繋いでゆくと、空海の歩いた道と重なるそうです。
Commented by 北の旅人 at 2021-06-09 12:53 x
徳川幕府、300年も続きましたね、いろんな工夫があったようですね・・・
地方の大名が力を持たないように、お金を使わせた参勤交代
いろんな普請の命令、箱根の関所、大井川に橋を作らせない、
西の国を警戒していたようですね・・・
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 16:35
voyagers-x さん、こんにちは。^^
この神社、数年前に大規模修繕工事が終わりましたので、今はとても美しくて見栄えがします。
古いものではありますが、オリジナルにこだわらずに、定期的修繕することでその美しさが長く保存されますよね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 16:37
葉流さん、こんにちは。^^
東岡崎駅は、北側が飲食店やオフィスビルが多くて賑やかですが、南には六所神社以外は普通の住宅街ですね。
東岡崎駅は岡ビル百貨店が閉店してしまったので、今後どうなっていくのか、ちょっと心配です。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 16:40
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
家康縁の神社はどこも緑・オレンジ・金色が溢れかえっていますね、ここは重文だけあって、見ごたえがあります。
東岡崎駅から歩いて行けますので、ぜひ岡崎に来ることがあったらご訪問なさってみてくださいな、紅葉の季節も美しいですよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 16:53
getteng さん、こんにちは。^^
あはは、緑・朱・金は「徳川色」なんですかね、東照宮は確かにこの色彩で埋め尽くされています。
おお、広島にも東照宮があるのですか、色彩も家康好みのギンギラギンなんですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 16:54
houbow さん、こんにちは。^^
日本の神社は、古来からこんな色だったのでしょうね。
派手ではありますが、和風の葉では、落ち着く派手さだと思います。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 16:56
iwamoto師匠、こんにちは。^^
なるほど、家康三原色、言い得て妙ですね、東照宮を始めとして、家康ゆかりの場所ならどこでも見かけます。
へえ、水銀鉱脈を繋いでゆくと、空海の歩いた道と重なる・・・空海も錬金術師だった、なんてオチでしょうか。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 16:58
北の旅人さん、こんにちは。^^
徳川幕府が300年も続いたことで、世の中は安定しましたが、日本は国際化に後れを取りましたね。
もし織田信長が暗殺されずに天下を取っていたら・・・ずいぶんと日本の歴史が変わったでしょうねえ。^^
Commented by yattokamedagaya at 2021-06-09 18:39
さっすが、東照宮系のキンキラキンですね。
芝公園の東照宮はそれほどでもないけど
こういうのもたまにはいいかも。
個人的には色のない、味のある木肌の
神社仏閣が好きなんですが。
狛犬も量産系の岡崎型なんですか。
そういえばここ岡崎だ。地元でしたね(笑)。

Commented by iwamoto at 2021-06-09 21:28 x
彼は、錬金術ではなく、練丹術師と言うべきでしょう。
義理の妹、弟の奥さんですが、高野山大学密教科卒なので、
わたくし、空海については、大変気を遣います。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 21:42
yattokamedagaya さん、こんにちは。^^
数年前に修復作業が完了したところなので、元気いっぱいのキンキラキンでしたね。
狛犬の量産系に岡崎型ってのがあるんですか・・・あとで調べて見てみようっと♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-09 21:43
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
なるほど・・・錬金術ではなく、練丹術師なんですか。
義妹さん、高野山大学密教科卒とは、すごいところをでていらっしゃるのですね。
by blackfacesheep2 | 2021-06-09 05:00 | Colors | Comments(18)