人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

謎を呼ぶ鍵付き南京錠

謎を呼ぶ鍵付き南京錠_d0353489_20065909.jpg
1





謎を呼ぶ鍵付き南京錠_d0353489_20065545.jpg
2





謎を呼ぶ鍵付き南京錠_d0353489_20070212.jpg
3





謎を呼ぶ鍵付き南京錠_d0353489_20083713.jpg
4





謎を呼ぶ鍵付き南京錠_d0353489_20070452.jpg
5





謎を呼ぶ鍵付き南京錠_d0353489_20064604.jpg
6



先日、日間賀島へ行った際に、どうせなら・・・ついでなら・・・と言うことで、野間にも行って来ました。
野間は愛知県の海水浴場として有名ですが、フォトグラファー的には野間埼灯台があるのが魅力です。
海辺に建つ白亜の灯台、お天気はイマイチでしたが、相変わらず存在感がありました。

ちなみにこの灯台、「恋する南京錠」の聖地としても有名です。
ドイツのケルンにあるホーエンツォレルン橋ほどではないですが、かつてはたくさんの南京錠がフェンスに付けられていました。
でも、初代のフェンスはその重さに耐えかねて倒れてしまい、今あるのは二代目だそうです。

今回気になったのは、いくつかの南京錠には「鍵」が付いていたことです。
これ、どういう意味なんでしょうか・・・
もし別れちゃったら、南京錠を外せるようにしてあるのかなあ。(;・∀・)




愛知県知多郡美浜町小野浦岩成20-1 野間埼灯台にて
SONY α7 III ILCE-7M3
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
Adobe Lightroom Classic



謎を呼ぶ鍵付き南京錠_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by voyagers-x at 2021-06-17 05:26
おはようございます ‼️
素敵な灯台の風景ですね。
夕日バックのシルエット気味の灯台の写真
うーん......素敵な雰囲気
恋する灯台......聖地なのですね、恋人達の
誰か1人がやり始めたら、いつのまにか聖地に......
Commented by j-garden-hirasato at 2021-06-17 05:45
最近、南京錠がアチコチで見られます。
ココは、聖地と化していますね。
南京錠メーカーの売り上げアップに繋がっているでしょう(笑)。
鍵が付いているということは、
いつでも別れられるのよ、
という意思表示でしょうか。
何か、今っぽいですね。
Commented by houbow at 2021-06-17 08:02
やっぱり異様な光景ですねぇ
Commented by getteng at 2021-06-17 08:13
blackfacesheep2さん
離婚した時には、どちらかが現場に行き取り外す約束になているのかもわかりませんね。
Commented by jyuujin at 2021-06-17 10:01
たしか、江の島の某所? 展望台の上でもこのような南京錠が
たくさんある場所を記憶してますが、なにかの謂れがあるのでしょうね?
Commented by iwamoto at 2021-06-17 10:26 x
アンロック出来なければ鍵ではないと思いますが。
そこに鍵が付いていない場合は、、ふたりがそれぞれに持っているのでしょうか。

1/3以上の夫婦が離婚するそうですね。
それは勝手にすれば良いのですが、誓いを立てるでしょ、あれが気に入りません(笑)
約束を守れなかった人からは罰金を取りたい気分です。
Commented by yattokamedagaya at 2021-06-17 18:20
ああ出た出た、海辺の恋人たちの聖地(笑)。
多分教会のような鐘がどこかにあるんだろうな。
あれ?最後の写真の錠の向こうにあるのがそうなんでしょうか。

世界中にありますよね、南京錠の聖地。
ちなみにこのタイプの錠には、鍵は必要ありません。
角のところを石でコツンとたたくと開きます。

Commented by photofloyd at 2021-06-17 18:20
パリのボン・デ・ザールを思い出しますね。
あそこも私が初めてパリに行った頃は、鍵つけは無く、趣のある手すりでしたが、
その後行ったときにはそれなりに付いていました。
その後は、今度はどっさり付いてビックリしましたが、
そしてその後手すりは崩壊しましたね。
つまらぬ慣行ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-17 18:38
voyagers-x さん、こんにちは。^^
この日は午前中は綺麗に晴れていたんですが、午後遅くなってから雲が増えちゃって、ちょっと残念でした。
恋する南京錠は、橋や灯台など、全世界的に見かける風景ですね、「鍵切った」感覚は世界共通なのかも。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-17 18:40
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
おお、恋する南京錠、再び増殖中なのでしょうか・・・新たな聖地が生れるのかも。^^
昔と違って、三組に一組は離婚する時代ですからね、それにしても鍵を付けておくってのは、ちょっと興醒めです。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-17 18:41
houbow さん、こんにちは。^^
野間灯台の南京錠はまだ可愛い方です。
ドイツのケルンで見た奴は、破壊力抜群でしたねえ。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-17 18:42
getteng さん、こんにちは。^^
あはは、三組に一組は離婚する時代ですからねえ♪
南京錠を取り外す約束になっているって言うのも納得です。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-17 18:43
北の旅人さん、こんにちは。^^
おお、江の島にも恋する南京錠がありますか・・・日本全国に何か所かあるようです。
愛知県だと、この野間灯台が有名ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-17 18:52
iwamoto さん、こんにちは。^^
アンロック出来ない鍵は鍵と呼びませんよね、なるほど、ここにない場合はふたりがそれぞれに持っているのかも。
日本も増えましたが、アメリカでは半数以上が離婚するそうで、複雑極まる家族構成が当たり前になっているようですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-17 18:54
yattokamedagaya さん、こんにちは。^^
そうそう、最後の写真の右下にちらりと見えてるのが、その鐘です、これを二人で鳴らすんだそうで。(;・∀・)
え、このタイプの錠には、鍵は必要ないんですか・・・角のところを石でコツンとたたくと開く・・・試してみようっと♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-17 18:57
photofloyd さん、こんにちは。^^
パリのボン・デ・ザール、行かれましたか、あそこは本家本元の一つですよね。
野間灯台のオリジナルのフェンスも倒壊したそうですよ、ケルンで見たのは頑丈なフェンスで、あれは倒れないかも。
Commented by floreta at 2021-06-17 21:31
こんばんは(^_-)-☆
南京錠を見ると恋人たちのおまじない的な。。。
聖地を想像します。
何処となく怖いですよね 男性はどう感じるのでしょうか
女性的にはしめしめでしょうか(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-06-18 10:26
floreta さん、こんにちは。^^
あはは、南京錠で誓う愛って、確かにちょっと怖いかも・・・もう外れないからね、って感じでしょうか。
実際には、日本はもはや1/3のカップルは離婚する時代になっちゃいましたけどね。(;・∀・)
by blackfacesheep2 | 2021-06-17 05:00 | Japanese Landscape | Comments(18)