人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

哀愁のオズモール

哀愁のオズモール_d0353489_21064699.jpg
1

ワンコを連れたお下げ髪の少女が、商店街に立ち尽くしています。



哀愁のオズモール_d0353489_21084831.jpg
2

こちらには案山子さんがいました。



哀愁のオズモール_d0353489_21085225.jpg
3

お下げ髪の少女は、ブリキの木こりに油を射してあげています。



哀愁のオズモール_d0353489_21085934.jpg
4

今度はライオンが出て来ました。
少女とワンコ、案山子、ブリキの木こり、ライオン・・・おお、これは「オズの魔法使い」の世界なのか♪



哀愁のオズモール_d0353489_21122736.jpg
5

ん?右と左で色の違うキメラ配色の女性・・・
オズの魔法使いには、こんな女性は出てこなかったように思うのですが・・・(;・∀・)



哀愁のオズモール_d0353489_21092541.jpg
6

オズの魔法使いなら、この少女はドロシーですね。
水の入ったバケツを抱え、西の魔女に水をぶっかけて溶かしてしまうシーンのようです。




哀愁のオズモール_d0353489_21093328.jpg
7

羽根の生えたお猿さんに乗るドロシー・・・
"Over The Rainbow"で有名な映画バージョンの"The Wizard of Oz"にはこのシーンは出て来ません。
空飛ぶ猿が活躍するライマン・フランク・ボームのオリジナル、"The Wonderful Wizard of Oz"、絵本バージョンのようです。



哀愁のオズモール_d0353489_21121264.jpg
8

「あらよぉっと♪」
う~ん、逆立ちするキメラ人間は、「オズの魔法使い」の映画バージョンにも絵本バージョンにも登場しませんねえ。(-_-;)



哀愁のオズモール_d0353489_21114778.jpg
9

ドロシーはエメラルドシティに到着し、ついに「オズの魔法使い」に出会いました。
このオズの魔法使い、実際には平凡な老人の詐欺師で、だいぶ前にネブラスカ州オマハから気球でオズにやってきた人だとか。
彼は、案山子に脳を、ブリキの木こりには心を、臆病なライオンには勇気が出る薬を与えました。



哀愁のオズモール_d0353489_21123059.jpg
10

「ほーきゃほーきゃ、ほんでどーなった」
ううむ、態度の悪いキメラ人間、ここにも登場です。(-_-;)



哀愁のオズモール_d0353489_21093689.jpg
11

いよいよ最後のシーン、ドロシーは南の魔女に出会います。
銀の靴の踵を3回打ち鳴らして、キャンザスに帰るところですね。^^



哀愁のオズモール_d0353489_21122234.jpg
12

「ほーきゃ、それはめでたしめだしだがね」
と、4番目のキメラ人間が言っておりました・・・でも、このキメラ人間、何者?



哀愁のオズモール_d0353489_21094412.jpg
13

実はここ、名古屋市北区にある大曾根(おおぞね)にある、「オズモール」”OZ MALL"と言う商店街なんですよ。
OZONEだからOZ、ってことのようです。
この門は名古屋弁で「どえりゃあ門」と名付けられており、「凄い門」と言う意味です。

大曾根は金山と並んで、名古屋の副都心と呼ばれることが多い街です。
昔、国鉄・名鉄の大曽根駅と市電大曽根電停との間に、アーケードを持つ「大曽根商店街」と「大曽根本通商店街」がありました。

その西半分の「大曽根商店街」の地域を再開発して、1989年に誕生したのがこのオズモールです。
地区内の建物を一斉に取り壊し、建築協定で決めた三角屋根の3階建ての建物に一斉に新築しなおして作られました。

かつての大曾根のアーケード商店街は、大須と円頓寺と並んで名古屋の3大アーケード街の一つと言われていました。
でも、再開発後は屋根のないオープンモール形式の商店街として整備され、開放感溢れる商店街として生まれ変わりました。



哀愁のオズモール_d0353489_21100143.jpg
14

このOZ MALLと書かれた球体、反対側には時計が付いています・・・なんとなく昭和っぽい発想です。
三角屋根のほか、地区内の標識のデザインや点在するオブジェや地区をブロック分けする門なども制作されました。
なるほど、4体のキメラ人間もその一環なのでしょうね。
その画期的な街づくりで、1993年度には第1回愛知まちなみ建築賞を受賞している・・・んだそうですよ。(;・∀・)



哀愁のオズモール_d0353489_21095016.jpg
15

上の球形オブジェの反対側には、鳩がとまり、男女が手をつなぐオブジェがありました。



哀愁のオズモール_d0353489_21120205.jpg
16

全体図はこんな感じ・・・「とうりゃんせ門」と言うんだそうです。
その下を、手をつないだカップルが、門の存在を気にするそぶりもなく通り過ぎていきました。

1989年、つまり平成元年にできたオズモールですが、極めて昭和っぽい香りのするショッピングモールです。
OZONEだからオズの魔法使いって発想も、平成のセンスじゃないような気がします。
オズモール、できた時からすでに時代遅れだったっぽい印象がぬぐえないなあ。(-_-;)

さらに悪いことに、大曽根地下街オズガーデンと一体的に整備された駅前広場で商店街と駅が離れてしまいました。
また商店街の東側部分との間に交通渋滞の緩和を狙って建設された名古屋市道赤萩町線が建設され、人の流れが分断さてしまいました。

「大曽根のOZモールは新しい道路で駅前から遮断され、完全に孤立してしまい、見るも無残に衰退してしまっている。」
結果的にオズモールは名古屋市の開発計画の失敗例として認識されることが多いようです。
いっそアーケードを残して、大須や円頓寺みたいなレトロな雰囲気の街として生き残った方が良かったのかも。

とは言うものの、毎年秋には「NAGOYA JAZZ STREET」も開催されています。
栄地区に近くて便利が良いので、付近には新しいマンションがどんどんと建っています。
伝統ある商店街なだけに、これで終わって欲しくはなく、金山同様に副都心と言う名前に相応しい地区になってほしいと思いました。




名古屋市北区大曽根 OZ MALL (オズモール)にて
SONY α7 III ILCE-7M3
Zeiss Sonnar FE 55mm f1.8 ZA
Adobe Lightroom Classic



哀愁のオズモール_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ


Commented by getteng at 2021-05-15 06:16
blackfacesheep2さん
面白い企画の商店街ですね。
商店街といえば、建設省のように「こうあらねばならぬ」式ばかりで面白みがありません。
ヨ-ロッパの小さな村のように建物の形状や屋根の色などを統一できればなおいいですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2021-05-15 06:17
これだけお金をかけたのに…。
バブル期らしい発想と整備の仕方ですね。
商店街とは思えない人の数。
まさに、「哀愁」です。
Commented by houbow at 2021-05-15 08:05
こんな町があることを私は知らないのですから
写真の力とはすごいものです。
Commented by jyuujin at 2021-05-15 08:59
この商店街の街宣放送にオーバーザレインボウが流れていれば
まさにメルヘンの世界ですね、サイコーですね・・・♪
人間、いつでも夢を、いつまでも夢を、ですね。
Commented by 3740s at 2021-05-15 10:05
愉しい街散歩が出来る

コロナ禍が終息すれば
なおのこと、のんびり散歩が。
Commented by voyagers-x at 2021-05-15 10:28
おはようございます ‼️
このようなオブジェがたくさんあると楽しそうですね
楽しみながら写真を撮りながら散策ができそうですね
素敵な場所ですね
うーん、色付きのものも楽しそうです
Commented by movin0 at 2021-05-15 10:31
これは楽しい商店街ですね(^^♪
街おこしには素晴らしい企画で考えた人に脱帽です^^
小さな子供がここに来ればとても喜ぶでしょうね!
Commented by pikorin77jp at 2021-05-15 10:50
「ほーきゃほーきゃ、ほんでどーなった」

名古屋弁 いいですね!^^
毎回 撮影されるものが 面白くて 黒顔羊さん 天才!といつも感じます。
Commented by NullPointer09 at 2021-05-15 11:29 x
人影より彫像のほうが多いような。
ある紹介記事に完成直後には全国から多くの視察が訪れた
と書いてありました。
今の状態になるにはそれなりの経緯があったのでしょう。
でも、地図を眺めただけでも、その特異性が際立ちますね。
地下道や歩道橋もなく突っ切っていく分断道路が凄いなあ。
近くの横断歩道まで迂回するには結構な距離が・・・。
Commented by jikomannte at 2021-05-15 12:09
オズの魔法使いのオブジェも楽しいですが、キメラ人間の
5,8,10枚目の標識と絡めた三部作も良いですね。
Commented by yattokamedagaya at 2021-05-15 13:05
こういうでかい人体を使って門や街の構造物を作るのって
古代遺跡にもあるけど、何かいかがわしい感じがして
でら素敵です(笑)。『どえりゃあ門』って凄い+ドラえもん?
巨人像で思い出した。ナナちゃんはお元気ですか?

Commented by iwamoto at 2021-05-15 16:32 x
曇っていて、表情がよくわかります。
もし、偶然雨上がりに遭遇したら、虹を探すでしょうね。

西新宿だったか、住宅関連のデザインセンターがあって、コンランショップも入ってます。
そのビルの名は「OZONE」です。 オゾン。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:31
getteng さん、こんにちは。^^
日本の商店街は、建設省による規制があって面白くないのに、欧米のような統一感が皆無なんですよね。
江戸時代の頃の日本は、もっと統一感のあった街並みだったんでしょうね、住みやすいかどうかは別ですが。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:32
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
そうそう、バブル期末期ならではのお金のかけ方に見えましたよ、でも、その割には・・・です。
平日とは言え、人通りは本当に少なくて、「哀愁」漂う眺めでした。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:34
houbow さん、こんにちは。^^
大曾根はかつては活気のある街だったそうです。
でも、今、その時代の写真をネット上で探そうとしても少ないですね、定点観測って重要です。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:36
北の旅人さん、こんにちは。^^
Over The Rainbowは映画バージョンの方、ここのは絵本バージョン・・・ま、細かいことはどうでもいいか。(;・∀・)
そういや、以前ここでJAZZ STREETが行われた時、「虹のかなたに」も演奏されてましたね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:37
3740sさん、こんにちは。^^
そうですね、早くコロナ禍が終息して、マスク無しで散歩できるようになりたいです。
まだあと数年かかるのかなあ。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:39
voyagers-xさん、こんにちは。^^
今までこの商店街をゆっくり撮ったことがなかったのですが、オブジェが方法で驚きました。
色付きのものも楽しそう・・・え、これ、カラー写真ですよ???
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:41
movin0 さん、こんにちは。^^
昭和から平成に変わるころの街おこしなんですが、昭和感がバリバリでしたね。
近所にはどんどんマンションも経っているので、これからさき、小さな子供たちもやってくるのでしょうね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:43
pikoさん、こんにちは。^^
あはは、名古屋弁は全国的にはボロカスに言われてますが、味わい深い言葉だと思ってます♪
同じようなものを撮っていると飽きてしまうので、いろんなものを撮ってしまうのです・・・ダボハゼ体質ですね。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:46
NullPointer09 さん、こんにちは。^^
そうなんですよ、地図を見るととってもよくわかります・・・大曾根駅から完全に分断されてますね。
かつては大曾根駅の東側は何もなかったんですが、名古屋ドームができて以来、あっちの方が活気がある印象です。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:47
純さん、こんにちは。^^
オズの魔法使いのオブジェ、なかなか可愛らしいですよね。^^
キメラ人間は交差点の四つ角にそれぞれ立っているのですが、それぞれポーズが違い、シュールで面白いです。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:50
yattokamedagaya さん、こんにちは。^^
あはは、巨大像はバビロニアとかエジプトにもありますもんね、日本で見るとは思いませんでした。
ナナちゃんは元気にしてますよ、名古屋駅の名鉄百貨店の前で、着替えに余念がありません・・・今は何を着てるのかな。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 19:52
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
こういう彫像を撮るときは、どピーカンの日はNGですね、いやな影が出てしまい、フラットな光の曇天の方が好ましいです。
ちなみにこの商店街の東側は、"OZONE AVENUE"と名付けられており、発音は「オゾン・アヴェニュー」ですよ。^^
Commented by gaku0107boo at 2021-05-15 22:08
こんばんわ!
おぉ~、偶然にもワタクシも今週のエントリーが大曾根でした。
ワタクシは小学校2年生くらいまで大曾根商店街によく遊びに行ってましたから、あのアーケード街は今も瞼に焼き付いてます。
時代の流れとはいえ、当時の賑やかさを知る身には寂しい限りです。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-05-15 23:55
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
おお~、今日はお互いに大曾根特集でしたか、なんたる偶然♪
私は大曾根にアーケードがあったころって、全然記憶にないんですよ、名古屋市内でも訪れる場所は限られてましたね。(-_-;)
by blackfacesheep2 | 2021-05-15 05:00 | Snap | Comments(26)