人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

森のアート展「紫乃-murasakino」

森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19134632.jpg
1





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19145252.jpg
2





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19172315.jpg
3





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19150130.jpg
4





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19150832.jpg
5





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19203300.jpg
6





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19151666.jpg
7





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19152295.jpg
8





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19152706.jpg
9





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19153876.jpg
10





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19153392.jpg
11





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19154960.jpg
12





森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_19183808.jpg

13




豊田市の平戸橋の近くに『民芸の森』と呼ばれる施設があります。
ここは豊田市民芸館の設立をはじめとした民藝の普及や猿投古窯の研究に尽力された本多静雄氏の屋敷跡なんだそうです。
広い森の中に昔懐かしい和風建築などが建っています。

この『民芸の森』では時々『森のアート展』が実施されています。
10月24日(土曜日)から、「紫乃-murasakino」と言うアート展が開催されていました。
12月6日(日曜日)までの開催なので、慌てて見に行ってきました。

豊田市出身のアクリル画作家の「紫乃-murasakino-(しの)」さんによる作品が展示されていました。
この作家さんは山の中に自身で手作りした木の家に暮らしているのだとか。

自然の中で感じた目に見えないものを色に変換するような感覚で、様々な素材に自由に描いていました。
懐かしいような里山の森の中で開催されたアート展、癒されました♪




森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_10052492.jpg
14



さて今回の写真は、新たに手に入れたレンズで撮影してみました。
VILTROX AF 85MM F1.8 Mark IIと言う名前の、中国製の中望遠レンズです。
このレンズ、Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーで、32,130円と特価販売されていたのですね。

85mmは同じF値のSONY純正レンズ、FE 85mm F1.8も持っております。
このレンズは純正だけあってシャープだし、AFも爆速だし、何より371gと小型軽量で機動性抜群のレンズでした。
でも唯一、欠点があります・・・アーモンド形の口径食が目立ち、ボケが美しくないのです。

そのためこのレンズは、最近ではほぼAPS-C機のSONY α6500で使うことが多くなりました。
APS-Cエッジまでなら、癖のある口径食も発生せず、使い物になるからですね。
でも、フルフレーム機のα7IIIでは、ほぼ使わなくなってしまいました。

ある日、トキナーから新しい85mmレンズ、Tokina atx-m 85mm F1.8 FEが発売されました。
レビューによれば、このトキナーの新レンズはボケが美しい、とのこと。
確かにネット上の画像を見る限り、SONY FE 85mm F1.8より上質なボケでした。

そして、このレンズは中国のVILTROX社のOEMであることも知りました。
欧米のレビューサイトを見ると、安価ながらも解像もボケも評価の高いレンズでした。
ZEISS Batis 1.8/85のレンズ構成をパクった参考にしたようで、費用対効果の高い高性能レンズと見なされていました。

eBayで380USDぐらいで売ってますが、保証の問題もあるし、625gと言う重量も辛いなあと思ってパスしました。
でも今年、重量が484gと大幅に軽量化され描写はそのまま、と言う二代目が登場しました。
今回アマゾンに登場したのはその二代目で、しかもVILTROX社の日本法人からの直販です。

ううむ、久しぶりにポチリヌス菌感染による右手人差指の痙攣発作が起きてしまいましたよ。(;・∀・)
木曜日に到着したばかりですが、その印象はすこぶる良いですね。
a7IIIで久しぶりに85mmのレンズを使いましたが、ボケがきれいで解像も優秀、AFも無問題・・・後日、詳しくレビューします♪




愛知県豊田市平戸橋町石平60-1 豊田市民芸の森にて
SONY α7 III ILCE-7M3
VILTROX AF 85MM F1.8 Mark II
Adobe Lightroom Classic



森のアート展「紫乃-murasakino」_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ


Commented by getteng at 2020-12-05 07:36
blackfacesheep2さん
最近、中共製のレンズが注目されていますが、
カメラ本体の話題は少ないですね。
Commented by NullPointer09 at 2020-12-05 07:37 x
お写真に写っている作品、もしかしたら共感できる人と
そうでない人に別れるかも知れませんが、私は好きです。
コンセプトを立てて描くのではなく、
まず何かの上に絵具を置く。
するとそこからの反響を感じて心の中に細波が立つ。
それを切っ掛けとしてまた絵具を置く。
そのような描き方をすることがあります。
実際は同じではないでしょうが、何処か共通する感覚を
こちらの作者さんの作品に感じます。
Commented by j-garden-hirasato at 2020-12-05 07:55
美術館の中ではなく、
こういう森の中でのアート、新鮮ですよね。
GoToで行った十日町、そんなアートばかりでした。
といっても、
もともと屋外用のアートなので、
ココとは、少し雰囲気が異なりますが。
こういうのも、好みです。
Commented by jikomannte at 2020-12-05 08:28
ZEISS Batis 1.8/85のレンズ構成をパクった、費用対効果の高い高性能レンズですか、しかもAFと云うのが良いですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 09:42
getteng さん、こんにちは。^^
私は中共製のレンズ、MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95を以前にも愛用しておりました。
カメラ本体の話題は少ないですが、スマホ搭載のカメラは、Huawei, Xiaomi, Oppo, Vivo,どれも優秀ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 09:44
NullPointer09 さん、こんにちは。^^
私も今回の展示の作品は気に入りましたよ、おっしゃるように描き始めるとスポンテニアスなリアクションが起きているのかも。
JAZZのアドリブにも似た感性を感じました。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 09:46
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
アクリル絵の具なので、雨にぬれても無問題のようでしたね、森の中でのアートは新鮮でした。
最近は屋外でのアート展も増えてますが、周りの環境とコラボして写真が撮れるので楽しいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 09:48
純さん、こんにちは。^^
中国製のレンズではありますが、造りは手堅い印象ですよ。
今日も撮影に持ちだして、いろいろと試してみようと思っています。^^
Commented by voyagers-x at 2020-12-05 10:55
おはようございます ‼️
糸のような細い線に産毛のように毛羽立って........
塗った食った絵の具も、見てるとArtに感じます
Artに見せるセンス・技術というものがあるんでしょうね
Commented by iwamoto at 2020-12-05 12:12 x
今や、ギターも中国製が多いですもんね。

ところで、ギターが売れてるらしいです、コロナ関係でしょう。
フェンダー社が過去最高の売り上げと聞きました。
何をどう計算したものか知りませんが。

カメラ本体も中国製になってゆくのでしょうか。
Commented by photofloyd at 2020-12-05 14:29
VILTROX AF 85MM F1.8 Mark IIですか・・・・興味ありますね。
このところ使っている9mmも中国製ですが、85mmというのも面白い。ご紹介の作品を拝見すると、なお欲しくなりました。^^ ・・・・私にはこのように撮れるかどうか、解りませんが。
Commented by movin0 at 2020-12-05 14:53
1枚目の糸?に色がついているアート作品がおもしろいですね!
森の中にこんな美術館があるんですね。
85mm/f1.8の新レンズ良さそうな映りですね。レビューお待ちしております。
私も85mm/f1.8持っていますが最近使っていないので久しぶりにイルミネーションでも撮りに行こうと思います。
黒顔羊さんは過去にいろんなメーカーの85mm/f1.8を所有されていたようですが何代目ですか(笑)
Commented by windmark-sakura at 2020-12-05 19:36
秋の残り香がまだ残ってる森に射し込む冬の光、
そして、残秋の森に溶け込む様に点在するアート作品が
渋いですね~(^^♪

中華製の新レンズを購入されましたか。
3万円でこの性能は破格ですね。
最近の中華製のレンズは侮れなくなりました。

コスパ最強で、値段以上の写りをしますからメーカー純正レンズはなかなか売れなくなりますよね(^_^;)
Commented by harupita at 2020-12-05 20:43
平戸橋の民芸館には何度か行っていますが
このような企画展が森の中で実施されていたなんて
知るのが遅かった
明日は終日用事があるので
もう明日までなのですね。
平戸橋へは自力走行出来る範囲なのに
残念です。10月24日からなら
紅葉も綺麗だったかな。。
と、後の祭りですね。
癒されるアート展なのですね。

レンズのことは良くわかりませんが
理想に近いレンズ入手出来て
さらに日々のカメラライフが充実しますね。

重量も選ぶポイントには大きいですね。
レビュー楽しみにしていますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 21:32
voyagers-x さん、こんにちは。^^
糸をほぐして着色する・・・それだけで立派なアートになってましたね、逆光で撮るときれいでした♪
シンプルなものでも、発想が自由だと、なんでもアートになりますね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 21:34
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
へえ、ギターも中国製が多いんですか・・・サックスも昨今は中国製が増えてますね、驚くほど安いです。
カメラはすでにスマホのカメラに飲み込まれましたね、中国製のスマホのカメラは侮れない性能ですよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 21:36
photofloyd さん、こんにちは。^^
VILTROX AF 85MM F1.8 Mark II、ネット上での評判が良いので買ってみましたが、大正解でした。
Zeiss Batis 1.8/85の光学系をパクったと言われているだけあって、正統派の写りで驚きました。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 21:39
movin0 さん、こんにちは。^^
ここは常設の美術館ではないのですが、ときどきインスタレーションっぽい作品展示をやるので面白いです。
85mmは、AF-S Nikkor 85mm F1.8から始まって、ソ連製のJupiter 9 85mm F2.0、Ai Nikkor 85mm F1.4S、FE 85mm F1.8と、5本目です。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 21:40
windmark-sakura さん、こんにちは。^^
アマゾンのセール、時々とんでもなく安いものが出てくるので要注意ですね、今回はうまく行きました。
このレンズはコスパが異常に高いですね、SONY純正より描写が良いとは恐れ入りました。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-05 21:44
葉流さん、こんにちは。^^
この『民芸の森』は、平戸橋の民芸館のやや手前にあり、いつ行っても空いていて静かな場所ですね。
私もギリギリになって高橋に住む知り合い経由でこのアート展の開催を知りましたよ、今後も民芸の森は要チェックです。
by blackfacesheep2 | 2020-12-05 05:00 | Art | Comments(20)