人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

逢魔が時に覚醒する光蜥蜴

逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_00024119.jpg
1





逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_00024688.jpg
2





逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_00031044.jpg
3





逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_00032469.jpg
4





逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_00040172.jpg
5





逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_00064089.jpg
6




逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_11533209.jpg
7





逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_00065731.jpg
8





逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_11504625.jpg
9





逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_00070628.jpg
10



逢魔が時シリーズです。
日没直前から直後の不思議な光に溢れた時間帯、刻々と色が変わる光蜥蜴の捕獲が楽しいです。
ごく普通のものが素敵に見える・・・逢魔が時のマジックですね。

この写真は、すでにドナドナしてしまった純正85mm、SONY FE 85mm F1.8で撮った最後の写真ですね。
APS-CフォーマットのSONY α6500で撮れば、口径食もなくて素敵な描写でした。
でもフルフレームで撮ると、激安中華レンズ、VILTROX AF 85MM F1.8 Mark IIに勝てなかったんですよねえ。(-_-;)

ピコさんから「ドナドナ」についてご質問がありましたので、下にリンクを貼っておきますね。↓






名古屋市中区、東区にて
SONY α6500
SONY FE 85mm F1.8
Adobe Lightroom Classic


逢魔が時に覚醒する光蜥蜴_d0353489_22054560.png



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by 3740s at 2021-01-06 06:58
おはようございます。

どれもブルー色で!

迷います?
Commented by j-garden-hirasato at 2021-01-06 07:39
逢魔が時シリーズ、
怪しげな光蜥蜴が闊歩しています。
なぜか感じるワクワク感、オモシロいですね。
SONYの純正レンズ、負けちゃいましたか。
中華レンズ、そんなにスゴいんですね。
Commented by getteng at 2021-01-06 08:07
blackfacesheep2さん
貴兄はまさに色彩の黒面羊さんです!
Commented by jyuujin at 2021-01-06 09:46
逢魔が時、 数年まえに”マジックアワー”という映画が
ありましたね、 映画関係者の言葉らしいですね、不思議な
魅了的な時間帯ですよね、晴れた日には空の色が刻々と
変化しますね・・・♪
写真を楽しむ者にとっては魅力的な時間帯ですね。
Commented by voyagers-x at 2021-01-06 10:09
おはようございます ‼️
はっきりしない曖昧な光は素敵な味わいがあるのかもしれませんね
はっきりしすぎる原色のカラーは元気にはなりそうだけど気合いを入れて見る必要がありそうですね ^^;
この写真くらいの優しい癒やし系の色がいいですね
Commented by pikorin77jp at 2021-01-06 11:23
すでにドナドナ ?????

羊用語 時々わかりません (笑)

毎回毎回 フレッシュな写材や色  そして タイトル とっても楽しいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-06 16:46
3740s さん、こんにちは。^^
青好きな方へのサービスカットです♪
私も青が好きなんですよね、定期的に青い写真を撮ってます。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-06 16:48
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
この時間帯、時間との勝負ですね、刻一刻と光が変わっていきますから撮り直しが出来ません。
VILTROXはミラーレス用のレンズを精力的に発売していますね、結構どれも評判は良いです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-06 16:52
gettengさん、こんにちは。^^
だはは~、色キチガイ羊と呼んでください。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-06 16:53
北の旅人さん、こんにちは。^^
マジックアワーは、写真および映像関係の人々の間ではとっても人気のある時間帯ですね♪
日没直後30分ぐらいが勝負で、とっても忙しいです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-06 16:56
voyagers-xさん、こんにちは。^^
昼間が夜に切り替わる時間帯は、妖しげな雰囲気が魅力につながってますね。
翳がある人の方が、あっけらかんとした人より魅力的なのと同じなのかもしれません。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-06 16:58
ピコさん、こんにちは。^^
「ドナドナ」ってのはネットスラングの一つで、大切にしたものを売りに出すことを言うのですね。
ジョーン・バエズが歌ったユダヤ民謡が元ネタで、NHKのみんなのうたの邦訳版を貼っておきました。^^
Commented by pikorin77jp at 2021-01-06 17:28
ドナドナ 納得いたしました!!(笑) ありがとうございます(__)
Commented by jikomannte at 2021-01-06 18:41
今回は1,2,7,8枚目にシビレております。
黒顔羊さんは、目の画角に85mmがセットされてるんでしょうね。
切り取り方や光源暈けの使い方が、実に秀逸ですね。
Commented by marucox0326 at 2021-01-06 19:44
こんばんわ。

都会の夜って感じですね。
8番が素敵、パウル・クレーの絵のような。

ドナドナ、中学生の時初めてギターの弾き語りで覚えた曲です。
ジョーン・バエズのを、コード譜はあった気がするけど、歌詞は耳コピ。
もうどちらもすっかり忘れてますけど、懐かしいなあ^^;
当時、関西フォークは反戦的なのが多く、挽かれていく仔牛を
戦地に送られる兵士になぞらえてた気がします。
Commented by iwamoto at 2021-01-06 20:06 x
美しいですね。
特に、1、3、4、5、7、8が好みです。
ドナドナに説明が必要な時代なんですね。
わたしもジョーン・バエズで覚えました。
Commented by windmark-sakura at 2021-01-06 21:16
今日の写真群を見ていると、5枚目の写真が逢魔が時感を強烈に醸し出していますね。
昼間と夜の間、混沌とした時間帯がつくる、怪しげな感じが写真から伝わってきます(^^)

確かに、玉ボケの形といい、ボケ感もVILTROX AF 85MM F1.8 Mark IIの方が滑らかな感じがしますね。
ドナドナ、悲しい歌なんですが、いつの間にやら機材や使っていたものを売り飛ばすことをドナドナというようになりましたね(^_^;)
これもネットスラングの一種なんでしょうか(;・∀・)
Commented by photofloyd at 2021-01-06 21:30
私も今日は勉強しました。そうですか「ドナドナ」ってそうゆう事だったんですね。
実は私はそのドナドナする勇気が無くて、何でも溜まってしまいます。ほんとはただ溜めても何にもならないのですが・・・
そろそろ全てをシマツするぐらいの歳になっていますので・・・
今年は勇気をもって・・と言う気持ちになりました。
Commented by floreta at 2021-01-06 22:43
こんばんゎ(^_-)-☆
ク〜♪ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
私の好きな時間帯
マジックアワー 金色に輝く時ですが ブルーが素敵です‼
ピコさんのご質問に私も乗せていただきます。
ありがとうございます。
(*^。^*)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-07 08:46
ピコさん、毎度どうもです。^^
ネットスラングって、妙な響きの言葉がおおいですもんね。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-07 08:48
純さん、こんにちは。^^
これはAPS-C機で撮っているので、85mmは換算130mmになってますね。
好みの焦点距離は、85mm~135mmぐらいの中望遠が好きなんでしょうね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-07 08:52
marucoxさん、こんにちは。^^
なるほど、8枚目は確かにパウル・クレーっぽいですね、これ、石の壁に写った都会の光です。
ドナドナは、元々はユダヤ民謡で、民族特有の屈折した感情表現でホロコーストの悲劇を歌ったものだとも言われてましたね。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-07 08:54
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
この時は被写体に恵まれて、素敵な逢魔が時を過ごすことができました。
「ドナドナする」はジョーン・バエズを知っている世代のネット民が創り出した表現ですが、なかなか鋭い感性の賜物だと思います。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-07 08:57
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
そうですね、いわゆる「逢魔が時」らしさは、5枚目が典型的かも・・・昼間と夜のはざまって感じです。
ボケに関しては、VILTROX AF 85MM F1.8 Mark IIは良いお仕事ぶりですね、解像もAFも合格点、費用対効果最高です。
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-07 08:58
photofloyd さん、こんにちは。^^
コレクターなら「ドナドナ」する必要はないと思うのですよ、集めることが趣味になってるわけなので。
でも私はコレクターじゃないので、自分が使わない機材は誰かに譲った方が幸せになれると思っているだけなんですよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2021-01-07 09:00
floretaさん、こんにちは。^^
マジックアワーは日没のオレンジ色からパープル、そして深い藍色になっていくグラデーションが魅力ですね♪
ドナドナ、やはりわかりませんでしたか・・・ネット廃人用語ですから、普通の人はわからないのが当たり前です。^^
by blackfacesheep2 | 2021-01-06 05:00 | Lights & Shadows | Comments(26)