人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

色彩豊かな鼠と象が待つ寺院

色彩豊かな鼠と象が待つ寺院_d0353489_23404732.jpg
1





色彩豊かな鼠と象が待つ寺院_d0353489_23400166.jpg
2





色彩豊かな鼠と象が待つ寺院_d0353489_23400942.jpg
3





色彩豊かな鼠と象が待つ寺院_d0353489_23402255.jpg
4





色彩豊かな鼠と象が待つ寺院_d0353489_23402792.jpg
5





色彩豊かな鼠と象が待つ寺院_d0353489_23395702.jpg
6




犬山のリトルワールド・シリーズ、まだ残っていました・・・これが最終回です。
ここはリトルワールドで一番新しいアトラクション、「タイ・ラーチャプルック」です。
新しく施設が作られたのは、2013年「トルコ・イスタンブールの街」以来6年ぶりなんだとか。

ここは「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」という寺院を模したもので、祈祷体験ができる場所です。
現地の寺院には、縦16m、横22mにもなる巨大なショッキングピンクのガネーシャ像がいるんだそうです。

もちろんリトルワールドのガネーシャはもっと小ぶりなレプリカでした。
タイ国内で“もっとも早く願いを叶えてくれるガネーシャ”として知られています。

このお寺では、願い事をする際に直接ガネーシャには言わず、周りに立つ召使いのネズミの像にまず伝える必要があります。
ネズミは全て色が違っており、その色は曜日に対応しているんだとか。

タイの人々は曜日を大切にしており、お祈りの時は自分の生まれた曜日の色をしたネズミに願い事をささやきます。
するとネズミが聞き入れて、ガネーシャに届けてくれるのだとか。^^

ここでは「トムヤムクン」や「パッタイ」、「ガバオ」など、美味しくてお値打ちなタイ飯も食べられます。
でも、残念ながら私が訪問した時は、すでに閉園時間が近づいており、何も食べられませんでした。(涙)




愛知県犬山市今井成沢90-48 野外民族博物館 リトルワールドにて
SONY α7 III ILCE-7M3
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
Adobe Lightroom Classic



色彩豊かな鼠と象が待つ寺院_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by yuta at 2020-12-27 05:18 x
更新したばかりですね。
初めて1番乗りでした。(笑)
カラフルな動物は日本人にとって新鮮ですね。
それにしても色使いが鮮やかです。
Commented by j-garden-hirasato at 2020-12-27 06:54
新しいアトラクション、
順次、造られていたのですか。
このタイのアトラクションも、
何か怪しげで、楽しそうです。
ココでなかったら、
ホントに怪しい世界ですね(笑)。
リトルワールドに、ますます行きたくなりました。
Commented by yattokamedagaya at 2020-12-27 10:01
え、来年子年でしたっけ?というようなサムネール(笑)。
ここのガネーシャ、他より上手く象と人がミックスされているような。
それにしてもカラフルですね。ここは知らなかった。
大須にもそんな雰囲気の場所ありませんでしたっけ?
我が青春の名古屋時代なので
大須スケートリンクにサタデーナイトナンパに行ったり
名古屋メシで鉄板ナポリタン(イタリアン?)はどうなのよ
とか興味ある記事のサムネールは見るんですが
黒顔羊さんはブログは毎日、僕はそうでもないので
あっという間に過去記事になっています(笑)。
Commented by jyuujin at 2020-12-27 10:41
う~ん、楽しそうなところがいろいろありますね・・・
北海道でも一時は、テーマ―パーク的なものがありましたが
何しろ半年間は―10℃、雪の埋もれる屋外ですから、今や
どこも廃屋化してますですね、今年は雪まつりをはじめとした
冬まつりは軒並み中止らしいですね、残念です。
Commented by iwamoto at 2020-12-27 12:35 x
クリスマス直後に、他の宗教にも目を向けさせる。
視野の広さが信頼感を醸成すると思います。

まだまだ暖かいです。 寒波の年越しが本当に来るのでしょうか。
Commented by getteng at 2020-12-27 15:27
blackfacesheep2さん
その国の食もいっしょに楽しめるってのが嬉しいですね。」
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-27 18:31
yutaさん、こんにちは。^^
早起きでいらっしゃいますねえ、毎朝5時に予約更新しているのですよ。
一般的に言って、トロピカルな国々はカラフル、高緯度に位置する国は色使いが地味な傾向がありますね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-27 18:32
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
リトルワールドの新しいアトラクション、5年に一回ぐらい誕生しますね。
リトルワールドは内容が渋すぎて、テーマパークとしては苦戦しているようですが、ぜひ生き残って欲しいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-27 18:35
yattokamedagaya さん、こんにちは。^^
だはは~、ネズミ写真ですからねえ、丑年になる前に片付けておかなくっちゃと思って、慌ててアップしました♪
大須は町全体がごった煮の魅力に溢れてますね、ガネーシャもどっかで見たことがありますよ、それも何体も。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-27 18:37
北の旅人さん、こんにちは。^^
北海道だと屋外のテーマパークは難しいでしょうね、真夏は快適でも真冬が寒すぎて、命の危険が・・・(;・∀・)
冬祭りは外国人観光客にはとても人気ですが、今年は外国人観光客もいませんねえ。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-27 18:40
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
私は典型的な日本人の宗教観で、一応仏壇があって統計上は仏教徒に分類されるんだと思います。
明日ぐらいまでは暖かいらしいですが、年末年始の境目がかなり冷えるようですね、ヒキコモリせざるを得ないでしょうねえ。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-27 18:42
gettengさん、こんにちは。^^
リトルワールドは、様々な国の住宅のみならず、それぞれの国の料理が食べられる施設も多いですね。
さらに民族衣装もコスプレできるアトラクションもとてもで人気です。
Commented by windmark-sakura at 2020-12-27 19:02
黄金の象にカラフルなネズミ、これぞタイって感じがしますね(^^)
日本じゃ絶対に見れない寺院風景です(^_^;)

ガネーシャがやっぱり異国情緒を漂わせてますね。

リトルワールドって各国ごとのグルメを味わえるんですね。
本格的なトムヤンクンやガパオが食べれるんですから凄い。
それにしても、ガパオなのかガバオなのか、名前はどっちが正しいんでしょうか(^_^;)

結構ネットでも調べると表記がどっちもあって、正式にはどう呼ぶのか気になります。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-12-28 15:08
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
同じアジア圏、同じ仏教圏なのに、タイの文化は日本文化と大きく違い、喃語的な楽しさに溢れています。
日本語の音素は24個しかないので、音素が多い他の言語を正確に表記しようと思っても無理なんでしょうね。
by blackfacesheep2 | 2020-12-27 05:00 | Japanese Landscape | Comments(14)