人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

様々な思いが巡る緑色の街角

様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19101528.jpg
1





様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19103093.jpg
2





様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19102140.jpg
3





様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19103650.jpg
4





様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19103993.jpg
5





様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19105435.jpg
6





様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19105861.jpg
7





様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19110758.jpg
8





様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_19104580.jpg
9




緑に染まる写真です。
青く染まる写真はたくさん作ってますが、緑っぽいのはあまりないかも・・・

名古屋駅から白川通にかけて、散歩しながらTamron 28-200mm F/2.8-5.6(A071)で撮った写真です。
便利ズームとはよく言ったもので、思いつくままに様々な写真を撮ってしまいました。

あまり傾向がバラバラなので、散歩写真としてまとめるには無理があるかなあ・・・
おお、そうだ、あまり今までに例のない緑に染めた写真として、統一感を出してみよう♪
かくして、とっても不純な後付け動機によって、緑のお散歩写真が出来上がりましたとさ。(;・∀・)




様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_22190044.jpg
10

それにしてもこのTamron A071、便利ズームのくせに解像が良いです。
Tamron 70-180mm F2.8 (A056)を手に入れたときに、英国陸地測量部の地図を撮影し、その解像力を検証してみました。

で、今回のA071でも、Ordnance SurveryのOxford近辺の1/50,000の地図をガチ撮りしてみましたよ。
いや~、驚きましたね・・・これが『便利ズーム』で撮影した写真か、と腰が抜けそうになりました。
タムロン、いったいどんな魔法を使ってこんな便利ズームを作ってしまったのか・・・

つい、パラダイムシフトって言葉が頭に浮かびました。
このTamron 28-200mm F/2.8-5.6 (A071)の『以前』と『以後』では、『便利ズーム』の認識が変わるでしょうね。

さて、前回は実際に撮影した地図をこのブログに貼りましたが、今回はさすがに面倒なのでパスです。
その代わり、『価格.com』に投稿したページをリンクしておきます・・・それぞれの焦点距離で絞開放で撮影しています。

28mm (F2.8)
35mm (F3.2)
50mm (F3.5)
70mm (F4.0)
100mm (F4.5)
135mm (F5.0)
200mm (F5.6)

『価格.com』のアカウントを持っている方は、ログインしてください。
リンク先の画像の左下にある虫眼鏡アイコン『オリジナル画像(等倍)を表示』をクリックすると、等倍の写真が見られます。

このOS地図撮影実験による解像チェックをダイジェストすると、下記のようになります。

28mmから70mmは、絞開放からかなりシャープに描画します・・・周辺部でさえ、使いものになります。
そして絞るにつれて解像度も上がっていき、F8まで絞れば、画面全体でほぼ問題のないシャープネスとなります。

70mm以降も、望遠端の200mmに至るまで、中心部はシャープさを持続します。
でも135mmを超えると、絞り開放では周辺部が甘くなり、絞っても改善効果が少なくなります。
とは言え、望遠域は中心からAPS-C枠ぐらいまでは十分シャープだし、ボケ写真を撮るにはまったく無問題です。

今までこういう『便利ズーム』って、利便性を最優先して画質が犠牲になっているものが多かったと思います。
でもこのTamron A071はその『便利ズームの常識』を一蹴する、優秀な描写力を持っていますね。
標準ズームレンズは FE 24-105mm F4G OSSを使ってますが、A071は負けていません。

すでにこのレンズのレビューはたくさん出ていますが、どのレビューを見てもべた褒めですね。
デジカメWatchのレビューはこう結論付けていますね。↓
『良いところがこれでもかと詰め合わされた、豪勢な幕の内弁当のような高倍率ズームレンズ』
・・・なるほど納得、って感じでした。



様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_22353020.jpg
11



70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)と、28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)・・・
たまたま今年の初夏、Tamronから魅力的な2本のズームレンズがほぼ同時に発売されました。
どちらも「こんなレンズが欲しかった」と私が思っていたスペックのレンズだったので、つい飛びついてしまいました。

こういう人を、ネットスラングでは『人柱』と呼ぶようですね。
『ひとばしら』じゃなくて、『じんちゅう』って発音するらしいです。(;・∀・)

まだ評価がわからない新製品を、自ら志願して使ってみる向こう見ずな人々のことをこう呼ぶようです。
一歩間違えばドツボにはまる危険性もはらんでおり、『良い子は真似をしてはいけない』世界です。
結果論ですが、今回のタムロンの2本の新レンズは、『人柱』志願をして良かった、と思える新製品でしたね♪




名古屋市中区にて
SONY α7 III ILCE-7M3
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
11枚目のみ、SONY a6500 + SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Art
Adobe Lightroom Classic



様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ




名古屋市中村区 ミッドランドスクエアにて
SONY α7 III ILCE-7M3
Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)
Adobe Lightroom



様々な思いが巡る緑色の街角_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ


Commented by 3740s at 2020-07-08 06:54
おはようございます。

目の覚めるような輝く写真の切り撮り
みどりの中のブルー色

光の取入れを参考にして観ます!(感)
Commented by j-garden-hirasato at 2020-07-08 06:58
緑に染まる風景、
木々の緑だけではないんですね。
神秘的な景色です。
都会ならではかもしれませんね。
Commented at 2020-07-08 08:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pikorin77jp at 2020-07-08 09:18
青染めもいいけど緑染めもすてきです。
新しいレンズの使いこなしや写真編集があって 面白い写真ができるんですね。自分のブログの写真は 緑と青が多いです。けどまだソフトを使いこなせない私の青と緑は自然のままの色です。使いこなして遊んでみたいと思っています。
Commented by voyagers-x at 2020-07-08 10:45
おはようございます ‼️
1本で何でも撮れる、それが一番素敵ですね
重さはどうでしょうか
カメラ本体とレンズのセットで
でもこの様なカメラは本来たすき掛けで持ち歩くのがいいですね
Commented by jyuujin at 2020-07-08 10:47
写真もフイルム時代は、光学技術やフイルムの感光の化学技術の
優劣の世界だったのが、デジタル化になり、電子工学?がものを言う
世界になりつつあるのでしょうかね?
その点、SONYやパナさんがお手の物なので、カメラメーカーの
優劣も変わりつつあるようですね?
そんな世の中の推移ですが、どんな機材の変化があっても
小生の持論の「写心伝心」の心意気は持ちつ受けたいな~と。
「写心伝心」の作品つくりは
Commented by iwamoto at 2020-07-08 11:22 x
4枚目の黄色いラベル、飲んだことはないですが、名声は轟いています。
ダウントン・アビーを見てたら、犯罪の嫌疑をかけられていた身内に無罪が確定。
執事さんが、ヴーヴ・クリコがございます、と領主さまに告げたら、それを持ってきなさい、と。
この黄色いラベルに書かれた、グラン・ダームとはマダム・クリコ様のことですね。

事後連絡ですが、お名前使わせていただきました。
Commented by photofloyd at 2020-07-08 12:21
そうですね、「人柱」と言われるような早い着手にビックリしましたが、私には非常に参考になって助かっています。そこらでみる評価では、この位置でのレンズとしては好評価ですね。
どうも、湾曲と周辺の甘さ位が難点と言えば難点のようですが、この便利さと機能を考えると素晴らしいのでしょうね。私が一番気にしていたのは、手ぶれの問題ですが、α7シリーズで使う分には、カメラ機能でカヴァーされていてOKのお話でしたね。
Commented by 59kisaragi at 2020-07-08 13:28
アガパンサス、私もアップしましたが、また雰囲気が違うなぁ。これだけ緑が深いとまた。
新レンズ次々とゲットされているんですね。
私はα6000にお手頃価格のツアィスの16-70㎜F4がとても重宝しているんですが、欲を言えばもう少し望遠があればってとこですか。
黒顔羊さんもα6400をお持ちなので、もしこのカメラだとどんなレンズがおススメですか?
もしよろしければアドバイスなどよろしくです。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 17:30
3740s さん、こんにちは。^^
青も好きなんですが、緑も好きなんですよ。
其の2色が揃うと妖しげな魅力を放ち始めますね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 17:31
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
木々の緑を撮れば緑に染まるんですが、強制的に他のものまで緑にしてしまいました。(;・∀・)
そうですね、都会の方がこういう冷調な色は似合うのかもしれません。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 17:35
鍵コメ2020-07-08 08:33さん、こんにちは。^^
おお、SONY α6400ダブルトレンズキットをご入手されましたか、おめでとうございます。
このカメラの規格はSONY Eマウントなので、Zeiss T*コーティングのレンズのEマウントバージョンは装着できますが、パナライカ製のレンズはおそらくマイクロフォーサーズマウントなので、物理的に装着できないと思いますよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 17:37
ピコさん、こんにちは。^^
青染めの方が素直に見られますが、屈折した緑染めにはより深みがあるかもしれません。
色温度は一番簡単に変えられるので、私はとりあえずRAWで撮っておいてあとからいじると言う、きわめて横着な撮影方法です。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 17:39
voyagers-xさん、こんにちは。^^
便利ズームですから、標準ズームと望遠ズームの2本のレズを1本でまかなう一番ずぼらなレンズです。
重さは550gぐらい、フルフレーム機のズームレンズとしては軽い方で、機動性抜群です。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 17:42
北の旅人さん、こんにちは。^^
ちょっと前まで、SONYやPanasonicのカメラは『家電屋が作ったカメラ』と言われて馬鹿にされていました。
今は真逆で、Nikon、Pentax、Olympusなどのレンズ屋のカメラが大苦戦する時代になってしまいましたね。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 17:49
iwamoto師匠、こんにちは。^^
おお、ダウントン・アビーを見ていらっしゃいますか・・・ヴーヴ・クリコの1節はジョン・ベイツのエピソードでしょうか。
師匠のブログで、過分なお言葉とともにご紹介いただき、恐縮しております・・・ありがとうございました。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 17:53
photofloyd さん、こんにちは。^^
歪曲と周辺解像もこのレンズは優秀ですよ、上のリンク先の等倍で撮った写真をご覧いただくと、SEL24105に勝るとも劣らないことがお分かりいただけると思います。
SONYのIBISはOLYMPUSのそれに比べて効かないとか言われてますが、フルフレーム機とM4/3のセンサーサイズはまるで違いますもんね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 18:01
Angelさん、こんにちは。^^
あはは、アガパンサスが怒っているかも・・・「おれはこんなに緑じゃない!」ってねえ。(;・∀・)
私はα6400は所有しておりません、旧モデルでIBIS内蔵のa6500ですね。
望遠レンズのお勧めですか・・・IBISのないa6000やa6400なら、手振れ補正の付いたレンズがお勧めですね。
一押しはSONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SEL70350Gかな。
また、ILISはないですが、FE 85mm F1.8がお買い得ですね。
APS-Cだと、フルフレーム機換算130mmになります。
このぐらい明るければほとんどの場合、ISOを上げてぶれないシャッター速度、すなわち1/130秒以上をキープするようにすればぶれずに済みます。
Commented by jikomannte at 2020-07-08 18:27
私ならこの28-200と同じくタムの17-28があれば、
撮りたい写真が殆ど撮れそうです。
レンズの芯ずれの不安や耐久性でも、タムの方が良いかも。(;'∀')
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-08 19:04
純さん、こんにちは。^^
私は広角側は28mmで十分なので、高価な超広角ズームは要らないです。
もし使うとすれば、ハーブマクロとして使え、お値段の安いTamron 20mm F2.8かな。
Commented by windmark-sakura at 2020-07-08 20:17
blackfacesheepさんは価格コムでレビューもやってたんですね(^^)
自分もカメラなどの機材購入の検討は価格コムですが、こうやって検証込みの
レビューしてくれる人の感想はすごく参考になります。

このタムロンの便利ズーム、24-105F4並みの引けをとらない描写って、あのフィルター径でよくこんなすごいレンズが作れたな~と。
ソニー純正のGマスターレンズ、24-70F2.8を持ち出さないとこのタムロン便利ズームの描写を完全には上回れないのかな~と。
広角域が28ミリからということを除けば、F4通しの純正ズームと互角の描写ならほかのズームレンズがいらなくなりますね。

このズームレンズ、こうやって見ていると隙が全くないレンズです。
E-マウントにはまずこの一本の定番レンズになるのは間違いなさそうですね。

自分は人柱の読み方は、ひとばしら、だと思ってましたが、じんちゅう、なんですね。
知らなかったです(^_^;)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-07-09 00:20
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
あはは、暇人だし文章を書くのが好きなので、自分の使った製品はすべからく価格コムでレビューしてます。^^
人柱は「ひとばしら」が正しいのだと思いますよ、でもネットの人たちってわざと間違えることいっぱいありますよね。(;・∀・)
by blackfacesheep2 | 2020-07-08 05:00 | Snap | Comments(22)