人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

青と緑に染まる夏の街角

青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20132750.jpg
1





青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20143046.jpg
2





青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20352506.jpg
3





青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20353258.jpg
4





青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20141240.jpg
5





青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20141727.jpg
6





青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20352972.jpg
7





青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20142345.jpg
8





青と緑に染まる夏の街角_d0353489_20144157.jpg
9




久しぶりに1.2Kgを超える重厚長大なレンズ、SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Artを持ちだして撮影に行ってきました。
最近はおニューのTamron 70-180mm F2.8 (Model A056)ばかり使っていました・・・
なんせこのタムロンの望遠ズーム、810gと軽いですから。^^

でも、重いレンズには重い理由があるんですねえ。
このSIGMA 135mm F1.8 DG HSM Artは、何を撮っても妖しく写る魔性のレンズなのですよ。

そのF1.8の浅い被写界深度からもたらされる写真には麻薬性があり、使ってないと禁断症状が出ます。(;・∀・)
なので、本格的に暑くなる前に持ちだしてみましたよ。^^
重かったですが、楽しかったです♪

このSigma 135mm F1.8は、線が細くて寒色系の表現に長けたレンズと言う印象があります。
と言うわけで、例によって青と緑が映える写真に仕上げてみました。
そう言えば去年の今頃も、このレンズで『青い写真』を大量生産してましたねえ♪

こういう色の写真にはJAZZが似合います・・・それも新主流派あたりがふさわしく感じます。
例えば・・・Herbie Hancock / Maiden Voyageあたりかな。^^




名古屋市中区にて
SONY α7 III ILCE-7M3
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art
Adobe Lightroom Classic



青と緑に染まる夏の街角_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ


Commented by j-garden-hirasato at 2020-06-26 06:51
涼し気な作品群、望遠ですか。
妖しく写る魔性のレンズ、
それを使いこなされているとは、
さすがです。
重いレンズでの街撮りでは、
一脚とかはお使いですか?
Commented by getteng at 2020-06-26 06:58
blackfacesheep2さん
こっちら、同窓のジミ-・時田のカントリ-を見付け、
懐かしく聴いておりました。
Commented by Yuko_PHL at 2020-06-26 08:07
4の睡蓮が青い世界とあってて素敵です~。
ジャズ聞きながら眺めたいです^^
Commented by photofloyd at 2020-06-26 10:09
さすが、単焦点の切れ味ですかね。
この繊細さのある表現も・・・魅力ですね。深度の浅さがビビっとえぐってきます。
Commented by pikorin77jp at 2020-06-26 10:15
妖しく写る魔性のレンズ

素敵ですね。黒顔羊さんだからそう写るんではないですか?
玉ボケもとっても綺麗です。
Commented by voyagers-x at 2020-06-26 11:20
おはようございます ‼️
荷物をどういう風に軽くするかをいつも考えています。
別に今日はスナップする日というわけではなくても、いつもカメラを持ち歩きたいので。
結局カメラを一回も取り出すことなく終わる日もありますが
何となく外出の時はカメラを持ってが習慣というか、いつも肌身離さないお守り的な存在かも
Sigma、結構重いのですね
でもある程度の重みのある方がブレにくかったりしますね
そして魔性の写りとなれば、頑張ってしまいますね
夏というとつい灼熱を連想し、色は赤系統ですが.......
静かなひっそりした青白い光のなか強烈な暑さが同居みたいな写真ですね
Commented by 北の旅人 at 2020-06-26 11:42 x
一枚目、北旅の大好きな構図、光の扱いですね
でもこの雰囲気(色調)は出せないな~(汗)
Commented by iwamoto at 2020-06-26 12:18 x
イチオシは4枚目です、これは撮れないな、と思われました。
1枚目は、形の良い脚と歩き方、ふたり撮れるのは素晴らしいです。
さて、3枚目なんですが、この木に花は咲いていましたか。
当方、似たような葉の植物を特集しています。
世紀の大失敗なんですけど。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 16:24
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
重厚長大で大汗発生装置みたいなレンズですが、撮れる写真は涼し気・・・魔性ですよねえ。
街撮りでは一脚も三脚も使いませんね、最近のカメラは手振れ補正機能が優秀なので、それにおんぶにだっこです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 16:25
getteng さん、こんにちは。^^
ジミ-・時田さん・・・名前だけは聞いたことがあるような。
同時代を生きた人の音楽って、忘れていた記憶を呼び出しますよね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 16:27
Yuko_PHLさん、こんにちは。^^
4の睡蓮は都市公園の池に浮いていたものですね、135mmだと適度に望遠圧縮が効いて良い感じです。^^
そうそう、青はJAZZの色ですよね~、リンク先のMaiden Voyage、お勧めします♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 16:29
photofloydさん、こんにちは。^^
SigmaのArtシリーズのレンズは、どれも切れ味が抜群ですね。
ズームレンズに比べると利便性は落ちますが、ツボにはまった時の切れ味は快感ですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 16:34
ピコさん、こんにちは。^^
あはは、このレンズはポテンシャルがあるので撮っていて楽しいです。
そうなんです、ちょっと絞るとまん丸の玉ボケになって、これにもやられちゃうのですよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 16:36
voyagers-xさん、こんにちは。^^
軽さ・小型さも性能の一つですよね、常に持ちだせないと、写真も撮れませんからね。
SigmaのArtラインのレンズは、描画性能命の重厚長大系ばかりですが、その迷いの無さもアリですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 16:37
北の旅人さん、こんにちは。^^
あはは、どの写真もRAWで撮っておいて、後からAdobe Lightroomで盛りまくるんです。(;・∀・)
JPG一発でこれを撮れと言われたら、絶対に無理です。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 16:39
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
4枚目はうまい具合に望遠圧縮できました、都市公園フラリエの池の睡蓮ですね。
3枚目はよく見かける観葉植物ですね、ハカランダではないですね。(;・∀・)
Commented by jikomannte at 2020-06-26 19:06
今回は1枚目にシビレまくっております。
黒と赤の日傘の女性、背中と正面、スキニージーンズとミニスカート
ツインイメージも入って、日傘に当たる木漏れ日も効いてますね。
参りました。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-26 20:08
純さん、こんにちは。^^
一枚目は、写真の神様がお恵みくださったんだと思います。^^
おっしゃるように、こんな見事なコントラストでフレーミングできる機会は奇跡としか言いようがありません♪
Commented by windmark-sakura at 2020-06-26 21:18
今日の街中を切り取ったスタイリッシュな青の写真群は
見ているだけで一服の清涼剤的なさわやかさも感じる、この季節に合った写真ですね(^^♪

確かにこのレンズ、タムロンレンズと違って描写が繊細ですね。
4枚目の睡蓮写真は、寒色系の色彩と相まって、まさに印象派の世界って感じですね(^^)
Commented by hoshigaoka at 2020-06-26 22:16 x
こんばんは!

さすがSIGMA 135mm F1.8の描写は凄いですね!
立体感や空気感も他のレンズとは違うものを感じます!
重量はありますが、ここぞという時には良い仕事をするレンズですねぇ。
4枚目のお写真はフラリエでしょうか?モネの池みたいです^^)
Commented by 3740s at 2020-06-27 07:25
おはようございます。
ブルーシリーズと勝手に命名しています。

ゾクゾクする空間+空気感。
お気に入りを迷いながら1枚目に。

シャープな切れ味!
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-27 08:40
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
蒸し暑さが募る季節になってきましたので、せめて仕上げは涼し気に・・・って思いました。
Tamron 70-180mm F2.8 (A056)は優秀な万能レンズですが、Sigma 135mm F1.8 Artほどの際立った個性はないですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-27 08:42
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
SIGMAのArtシリーズは画質命で重量サイズは度外視のレンズばかりですが、この 135mm F1.8の描写も凄いです。^^
4枚目の睡蓮はフラリエですね、モネの池を意識してみましたが、この135mmならではの描写になりましたね。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-27 08:44
3740sさん、こんにちは。^^
そうなんですよ、ときどき登場するブルーシリーズなんですよ。^^
このレンズはファインダーを覗いているだけで感動がもらえる稀有な特性を持ったレンズですね♪
by blackfacesheep2 | 2020-06-26 05:00 | Colors | Comments(24)