人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

古物商がある街角

古物商がある街角_d0353489_11311351.jpg
1





古物商がある街角_d0353489_11312722.jpg
2





古物商がある街角_d0353489_11312142.jpg
3





古物商がある街角_d0353489_11311707.jpg
4





古物商がある街角_d0353489_11320269.jpg
5





古物商がある街角_d0353489_11313290.jpg
6





古物商がある街角_d0353489_11293141.jpg
7




多治見のオリベストリートです。
ここは名前の通り、陶器を扱う古物商が多いですね。
お店の外にも、ショーウィンドーの中にも、面白そうなものがたくさんあります。

こういう街角でスナップを撮る際、APS-C機のSONY α6500+FE 85mm F1.8と言う組み合わせが多くなりました。
フルフレーム機に換算すると、130mm/F2.8ぐらいの中望遠です。

α7III+Sigma 135mm F1.8 Artと重厚長大コンビとほぼ同じ画角ですが、はるかに小型軽量です。
被写界深度が、重厚長大コンビに比べると約1段半深くなりますが、ほぼ似たような写真ができあがります。
フットワークを優先する際には、このコンビはなかなかありがたいです。




岐阜県多治見市本町 オリベストリートにて
SONY α6500
SONY FE 85mm F1.8


古物商がある街角_d0353489_22054560.png



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by iwamoto at 2020-04-02 10:31 x
オリベストリートって、織部が中心ではないのですね。
あのオリーブ色、好きです。
昔、楽器屋のご主人から「古物商の免許取りなさいよ」と誘われたことが。
セリに連れて行ってあげるからと。

被写界深度は、特には気になりませんね。
小型軽量も性能のうちですから、使い分けがセンスってものでしょう。
Commented by voyagers-x at 2020-04-02 11:44
おはようございます ! !
焼き物の街......結構ひっそりとしてる人が多いですね
何かサービスの期間になると、少しだけ人が増えます
そんな時期に買い付けに来る人、生活がお洒落なのでしょうね^_^;

Commented by photofloyd at 2020-04-02 11:55
七枚目は黒顔羊さんとしては、珍しく前ボケ等が試みられていませんが、これは構図で迫ってますね。
こうしてみて気がついたのですが・・見るに付けこの方が楽だと言うことに気がつきました。
ボケ味の面白さは、特にここでの黒顔羊さんのテクニックを拝見していつも勉強していますが、やっぱり目的でちゃんと区別している様を拝見させていただきました。
Commented by getteng at 2020-04-02 12:57
blackfacesheep2さん
今日の写真もいいですね。
このストリ-トは写材の宝庫みたいなところだと想像しております。
こういうところなら、一日いても飽きないでしょうね(●^o^●)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-04-02 14:56
iwamoto師匠、こんにちは。^^
オリベストリートは織部焼だけに特化しているわけではなく、いろいろな焼物がありますね。
そうそう、小型軽量も性能のうちですよね、重厚長大じゃ撮れないものだってあるように感じています。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-04-02 14:58
voyagers-xさん、こんにちは。^^
そうですね、焼き物の産地って、一般的な観光地に比べると、ひっそりとしてますね。
今年は特に人が少ないと感じます・・・新コロの影響、やはり大きいようです。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-04-02 15:00
photofloydさん、こんにちは。^^
前ボケを意図的に入れるのは大好きで、後ボケも入れて被写体をサンドイッチするのがお気に入りです。
でもやりすぎると飽きてしまい、違うことをやりたくなってきます。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-04-02 15:02
gettengさん、こんにちは。^^
そうなんですよ、多治見のオリベストリ-トは被写体がたくさんありますね。
しかも、ここから歩いて行ける範囲には、多種多様な商店街もあって、一日いても飽きない街です。^^
Commented by windmark-sakura at 2020-04-02 21:18
そうか、岐阜には織部焼の産地がありますね(^^)
古田織部が開いた窯ですがグリーンの釉薬が特徴的ですよね。

やはり焼き物の産地の街は古いものも多くて味わいがあります♪
オリベストリート、なるほど、もともとはオリーブが語源なので織部になったので
カタカナ表記のこのネーミングは原点回帰って感じですね。
織部焼のグリーンもオリーブオイルのグリーンにあこがれて作ったらしいですから(^^)
Commented by こんばんは! at 2020-04-02 22:29 x
こんばんは!

そういえば、オリベストリートの中にアンティーク店がありましたね!
食器や人形など雑多なイメージでちょっと入りにくそうなお店でした。
少し離れた場所から撮るには中望遠のレンズが便利ですね。
ソニーのシステムならAPS-C機で2度美味しい使い方もできますもんね。

そうそう、京都で開催予定だった
ソールライター展が中止になったようですよ…Orz
Commented by blackfacesheep2 at 2020-04-02 23:16
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
岐阜県の東濃から愛知県の瀬戸市にかけては、織部焼の産地として有名ですね。
Olve=織部なんですか、そりゃ初耳です、今から400年も前にそんなハイカラなことを考えていた人がいたとは♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-04-02 23:18
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
オリベストリート、昔からアンティークショップがいくつもあり、最近はまた増えたような気がします。
SONYのAPS-C機、小型軽量なレンズもあるし、フルフレーム用の明るいレンズもあるし、汎用性が高いですね。^^
Commented by j-garden-hirasato at 2020-04-03 05:50
イイですねえ。
自分は広角で撮ることが多いですが、
望遠もイイですね。
写真を拝見していて、
望遠レンズ、ほしくなってきました。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-04-03 17:21
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
都会の風景はさすがに広角で撮ることも多いんですが、望遠レンズの方がバリエーションが増やせるんですよね。
写真の撮り方はいろいろですが、自分の撮りやすい写真が増えていくのはしょうがないですねえ。
by blackfacesheep2 | 2020-04-02 10:13 | Still Life | Comments(14)