人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

赤錆の街角

赤錆の街角_d0353489_00194096.jpg
1





赤錆の街角_d0353489_14055382.jpg
2





赤錆の街角_d0353489_00192213.jpg
3





赤錆の街角_d0353489_00193660.jpg
4





赤錆の街角_d0353489_00195659.jpg
5




瀬戸市の名物、赤錆です。

歴史の古い街ですから、いたるところに味わい深い赤錆がありますね。

錆を撮りたくなったら、瀬戸へ行け・・・この辺りのフォトグラファーの間ではよく聞く言葉です。^^




愛知県瀬戸市にて
SONY α7 III ILCE-7M3
SONY FE 24-105mm F4 G OSS
Adobe Lightroom Classic


赤錆の街角_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by j-garden-hirasato at 2020-03-11 06:38
瀬戸の名物は、
陶器だけではないのですね。
ゆっくり訪れてみたいです。
赤錆の街角、
何か、歌のタイトルみたいで、オモシロいですね。
Commented by ゆりだん at 2020-03-11 06:49 x
赤さび愛が半端なくでてますねー。赤さびと光蜥蜴が気持ちいくらいにマッチしていて、最後の写真なんてアブストラクト感もあるし・・・。
個人的には赤さびに苔ですかね。
Commented by getteng at 2020-03-11 06:58
blackfacesheep2さん
以前から、いろんな方のブログに瀬戸の鉄錆は登場していますね。
一度行きたいところの一つです。
最近は鉄分不足で不機嫌です。
Commented by iwamoto at 2020-03-11 07:18 x
どうして、瀬戸市に赤錆があるのですか?
そもそも、内陸で、瀬戸が無いのに瀬戸市って? というのが長年の疑問です(笑)
科学的な理由があって赤錆が育つのか、そういう話ではないのか。
産業の衰退で町が錆びれて、新しい建物に代謝してゆかないということなのか。
窯業の熱で錆びるわけでもないでしょうしね。
瀬戸の赤錆・・・。
Commented by aitoyuuki13 at 2020-03-11 07:42
たしかに、海も無いのに瀬戸
昔から変だなって思ってました

瀬戸市あたりは濃尾平野の東端
瑞浪あたりは化石が有名だし
太古の昔は入り組んだ海だったのかもしれないですね

道理で塩分により錆が、、、、(^-^;
Commented by photofloyd at 2020-03-11 09:20
日本はまだまだ欧州や米国に比べるとペンキを塗るということは習慣がないように思う、外国では毎年ペンキを塗るという習慣のあるところもあるようです。和風の住宅にはペンキは似合わない。
そんなところからも・・・赤錆天国ですね。楽しみましょう。
Commented by jyuujin at 2020-03-11 10:43
我が家の自転車も夏のあいだは外に放置してますので
見事な赤さびが浮いてきてます、被写体になりそうです(笑)
今年は、車の使用を少なくして、買い物や図書館やその他
お出かけは自転車にする覚悟です。
せっかくの赤さびですが、きれいに手入れして落とさなくては
です・・・残念(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 10:48
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
あはは、瀬戸の名物は、陶器に加えて赤錆と猫もありますね。
赤錆の街角・・・歌にしたら演歌は似合わずハードロックかもしれないですねえ。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 10:49
ゆりさん、こんにちは。^^
わかりますか~、私の赤錆に対する愛情♪
赤錆に苔ですか、赤褐色に濃緑の補色関係になりますね、美しいです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 10:51
getteng さん、こんにちは。^^
そうそう、瀬戸の鉄錆は多くのフォトグラファーの心をつかんでやみませんね。
ぜひこちらにお出かけの際には訪問してみてくださいな、錆び好きな人にはこたえられませんよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 10:53
iwamoto師匠、こんにちは。^^
なぜ瀬戸では赤錆が際立つのか・・・やはり古い工場などが更新されずに残っている、ということが大きいのかも。
同じ陶器の街、常滑は海沿いにあり、あそこも赤錆は豊富ですね、多分潮風の影響もあるかと。^^
Commented by voyagers-x at 2020-03-11 10:54
おはようございます ! !
風化というのは凄いですね
今は形がまだ残っていますが
いずれボロっと崩壊ですね
ふと刑務所からの脱出を思い出しました
本で知っていたのか映画なのかドラマなのかわかりませんが
ある囚人が、毎日配膳される味噌汁を鉄格子に吹きかけ
鉄を腐食させ脱獄
凄く時間が掛かるけど、脱獄は簡単に完了
鉄って、風化には勝てないですね
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 10:56
愛と勇気さん、こんにちは。^^
なるほど~、瀬戸のあたりまで、昔は海だったのかも。
地名って古い時代の地形を反映していることが多いですよね、瀬戸ならやはり海沿いでしょう。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 10:58
photofloydさん、こんにちは。^^
そうですね、日本ではペンキを塗ると言う文化が育たないうちに新建材の時代になってしまいました。
ペンキ屋さんの数も、日本は欧米に比べると少ないんでしょうかねえ。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 11:00
北の旅人さん、こんにちは。^^
おお、ご自宅の自転車、長年の放置により見事な赤錆に覆われてきていますか、素晴らしい♪
でも、それに乗ってお出かけするなら、やはり錆はない方が快適でしょうねえ、もったいないですけど。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 11:14
voyagers-x さん、こんにちは。^^
鉄は頑丈な金属ですが、それをボロボロにしてしまう自然の力にも驚きますね。
うんうん、私もその話はどっかで読みましたよ、みそ汁の塩分で鉄格子を錆びさせて、ついにそれを壊して脱獄、凄いですよね♪
Commented by jikomannte at 2020-03-11 14:57 x
5枚目の中央の下の方、不機嫌そうなフェイスになってますね。
3枚目もサングラスをしたダックように見えたりします。(;'∀')
Commented by movin0 at 2020-03-11 16:24
4枚目大変お気に入りです(^^♪
4枚目の写真、スマホの小さな画面で見ると赤錆自転車に、かごに頭が隠れるように黒猫のしっぽが見えているコラボと思っていましたが、帰ってPCで見ると黒猫ではないようで、これも赤錆ですか?
とても楽しい赤錆写真ですね!
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 16:41
純さん、こんにちは。^^
おお~、確かにそういわれてみると、その通りに見えます。
顔写真に対する感度が優れてるんですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-11 16:42
movin0さん、こんにちは。^^
4枚目の猫ちゃん、もとは他の色が塗られていたようです。
ところが下から錆が湧いてきて塗装面を侵食してしまい、黒猫っぽく見えるようになってしまったようですね。(;・∀・)
Commented by windmark-sakura at 2020-03-11 20:01
凄い錆具合ですね。
一枚目の錆びついた看板がすごく懐かしい(^^)
Hi-C、昔コカ・コーラが出していたジュースですよね。
凄い懐かしい♪

それにしても子の錆具合はもう芸術の域ですね。
これは赤錆の聖地ですわ(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-03-12 08:39
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
胸がすかっとするほどの錆具合ですよね、Hi-C、いつの間にか亡くなっちゃいましたね。
瀬戸の裏通りは、ほんとに赤錆大量発生地帯で、錆フェチにはたまりません♪
by blackfacesheep2 | 2020-03-11 05:00 | Rusty Scene | Comments(22)