人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

もっぱら青、たまに赤の美術館

もっぱら青、たまに赤の美術館_d0353489_20422356.jpg
1





もっぱら青、たまに赤の美術館_d0353489_20425122.jpg
2





もっぱら青、たまに赤の美術館_d0353489_20441057.jpg
3





もっぱら青、たまに赤の美術館_d0353489_20435181.jpg
4





もっぱら青、たまに赤の美術館_d0353489_20423469.jpg
5




青空の下の豊田市美術館は美しいです。
こういうお天気だと、建築家・谷口吉生氏の設計によるミニマルな直線美が際立つような気がします。

谷口吉生氏の建築物は、お父上の谷口吉郎氏の作品よりさらにモダニズム建築の純度が高いような気がします。
ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、ヴァルター・グロピウス、ミース・ファン・デル・ローエ・・・
無駄のない機能的なラインは、モダンなのにどこか懐かしさも感じます。

青ばかりだと飽きるので、赤も差し色で入れてみました。
この赤は、トヨビの中庭に設置されたダニエル・ビュレン「色の浮遊-3つの破裂した小屋」から借りたものですね。^^




愛知県豊田市 豊田市美術館にて
Commented by j-garden-hirasato at 2020-02-04 06:18
たまには、
直線の世界に、
ドップリ浸かるのもイイですね。
なかなかこういう空間って、
身近にはないものです。
ワンポイントとしての赤が効いていますね。
Commented by yuta at 2020-02-04 08:14 x
おはようございます
あくまでシンプルで、
ワンポイントの赤が生きてますね。 ^~^
Commented by getteng at 2020-02-04 08:44
blackfacesheep2さん
その谷口吉生氏は当市のごみ焼却場を設計しているのですから。。。
言われなければ焼却場には見えませんが、ここ数年行ってませんね。
その内、機を見て行ってみます。
Commented by photofloyd at 2020-02-04 09:10
このような幾何学的世界は好きなんですね、しかもブルー系でクールでいいですね。
日差しの線も生きています。
一枚目、状況判断に時間がかかりました。^^)
Commented by jyuujin at 2020-02-04 09:36
都会の中は垂直、直角の組み合わせで成り立っているようですね
北旅も以前にビル街を撮りまして、タイトルを「矩形の空間」
としました・・・ただ、色彩はこんなに多彩ではありませんでしたがね。
Commented by voyagers-x at 2020-02-04 09:47
おはようございます ! !
目の錯覚を起こしそうですね
何処が本物でどこか写り込みで
迷路みたいな見え方ですね
Commented by iwamoto at 2020-02-04 14:49 x
ウチは、なかなか真っ直ぐなものが出せなくて(笑)
きょうも曲がったものです。 でも、ちょっと凄いヤツですよ。
家なんて直線が多いのですが、それを活かして撮る感じのものは少ないですね。
規模が小さいからでしょうか。 やはり、大きな建物の直線は魅力的です。
Commented by monochrome_2019 at 2020-02-04 18:38
1を彷彿とさせる名画があったような気がして検索したらキリコ『通りの神秘と憂愁』だったのですが、実際見比べると似ているような似ていないようなw
どの写真も素敵だなーと思いました。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-04 20:43
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
曖昧なボケ写真を多く摂るときもあれば、こういう絞り込んだ直線主体の写真を取りたくなるときもありますね。
そのとき目に入ってきたもので、どういうふうに撮るか、直感的に決めているような気がします。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-04 20:44
yutaさん、こんにちは。^^
ここは美術館なので、シンプルかつ美しいラインに事欠きませんね。^^
ワンポイント、黄色もつかえるんですよ、今度はそれをやってみるかな。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-04 20:45
gettengさん、こんにちは。^^
はい、以前にも谷口吉生氏が設計したごみ焼却場のお写真を見せていただきました。
広島市、実にアートに理解のある自治体なんですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-04 20:47
photofloyd さん、こんにちは。^^
お天気の良い日には、こういうストイックな幾何学的世界を切り取りたくなる傾向があります。^^
ここは鏡面がたくさん置いてあるので、状況判断に時間がかかる場所なんですよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-04 20:48
北の旅人さん、こんにちは。^^
こういう直線に満ちた空間、田舎には珍しいですね、豊田市は田舎ですが、稀有な例かも。
なるほど、「矩形の空間」ですか、良いタイトルですね、今度ぱくらせていただきます♪
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-04 20:50
voyagers-xさん、こんにちは。^^
鏡面が多い空間ですが、現物を見ているときには錯覚は起きないんですよね。
写真という二次元の世界に置き換えたときに錯視が発生するのかもしれません。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-04 20:52
iwamoto師匠、こんにちは。^^
豊田市も市の中心部ぐらいしか直線って見つからない場所ですが、ここは例外中の例外ですね。
大きな建物のマッスとしての迫力、これは独特ですね、小さな建物には出したくても出せない味わいです。
Commented by windmark-sakura at 2020-02-04 20:54
やっぱトヨビのこの直線と硬質な構造物の質感の中庭は撮りがいのある場所ですね(^^)
切り取り方次第でどんな風にも変化して奥が深いです。
直線の空間、やっぱ自分は好きですね。
アールの空間構造を好む人もいますが自分は断然直線派です(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-04 20:54
monochrome_2019さん、こんにちは。^^
お~、ジョルジョ・デ・キリコを連想してくださいましたか、ありがとうございます♪
彼は大好きな画家の一人で、彼の形而上絵画は赤外線写真を撮る際、よく参考にしています。
Commented by hoshigaoka at 2020-02-04 22:20 x
こんばんは!
豊田美術館の屋外にある作品ですね♪
アンダー気味でコンラストが高いお写真、
人物が写っていないので非日常感が漂っています!
僕も撮ったことがありますが必ず人が写り込んじゃいます(笑

↓ブータン料理、これは興味津々ですね~!
本場の味はすごく辛いのですか!
ちょっと食べてみたいですね^^)
Commented by jikomannte at 2020-02-05 17:51
やはり晴天の光線が合いますね。
しかし切り取り方が素晴らしいですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-05 20:57
純さん、こんにちは。^^
お天気が良いときは、光と影だけで写真が撮れちゃいますね。
こういう写真を撮るときはズームレンズのほうが良いのでしょうが、たまたま35mmしか持ってませんでした。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2020-02-05 20:59
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
トヨビは意外に人が少なくて、いつも楽しく写真の取れる場所ですね、さすが田舎だけのことはあります♪
ブータン料理、面白いでしょ、めっちゃ辛いのもあるんですよ、ぜひ次回は挑戦してみたいと思っています。^^
by blackfacesheep2 | 2020-02-04 05:00 | Lights & Shadows | Comments(21)