人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

クリスマスが今年もやってくる

クリスマスが今年もやってくる_d0353489_21564940.jpg
1





クリスマスが今年もやってくる_d0353489_21571451.jpg
2





クリスマスが今年もやってくる_d0353489_21570887.jpg
3





クリスマスが今年もやってくる_d0353489_21592655.jpg
4



♪クリスマスが今年もやってくる~♪
言わずとしれた竹内まりやさんが歌うケンタッキー・フライドチキンのCMソングですね。

私のデジタルモノクローム写真&英作文練習ブログでも書きましたが、KFCがクリスマスに流行るのは日本だけだそうです。
私の日本語のアメリカ人の生徒たちは、これに違和感を覚えると言っていました。

キリスト教圏では、クリスマスに七面鳥の丸焼きを「ごちそう」として食べます。
でも日本では、「ファストフード」の位置づけのKFCのチキンをクリスマスに食べますね。
彼らにとってクリスマスは家族がそろって家庭料理を食べる特別の日ですから、ファストフードじゃ悲しすぎるんだそうです。

はじめは日本でも、七面鳥でクリスマスを祝おうとしたのかもしれません。
でも、日本では七面鳥のバサバサの肉は人気がなく、どこにでも売ってるようなものじゃありません。
じゃ、手に入りやすいチキンにしょう、ってことになってしまったようです。

歴史や文化的な背景がまるで違いますから、クリスチャン系外国人にしてみれば違和感はあるでしょうね。
日本人だったら、お正月の文化を考えるとわかりやすいのかも。
海外でお正月のお雑煮が有名になり、それをコンビニで買ってきて食べるという話を聞いたら、日本人は愕然としますもんね。^^

でもお祭り好きな日本人ですもん、クリスマスにKFCだっていいじゃないですか♪
私、KFCの圧力鍋で揚げたチキンって、麻薬性があると思ってます・・・年に数回『KFCが食べたいよ』発作が起きます。
まさしく指までなめたくなる味わい、Finger Lickin' Goodです。^^v




さてフライド・チキンとクリスマス言えば・・・今年の春に見たアメリカ映画『グリーンブック』を思い出します。
ガサツなイタリア系運転手が天才黒人ピアニストに雇われて、アメリカ南部を自動車旅行するロードムービーでした。
時代は1962年、アメリカ南部ではまだジム・クロウ法が生きていて、ひどい人種差別があった時代です。

黒人のソウルフードと言えばフライドチキン、でも上流階級育ちの黒人ピアニストはそれを食べたことがない・・・
NYCの下町ブロンクス育ちのイタリア系運転手が、「正しいフライドチキンの食べ方」をレクチャーしてました。^^







人種差別と言う重いテーマを扱った映画ですが、心に暖かいものが広がるヒューマンドラマでした。
アカデミー賞の作品賞を受賞したのもよくわかります。

生れも育ちも価値観も違う二人が、次第にお互いを理解しあっていく・・・
雪の降る中、なんとかNYCでクリスマスを祝えるように、必死になって運転していく二人・・・

無事にNYCに到着し、この映画の最後のシーンはクリスマスパーティでした。
"Merry Christmas"と言う言葉はいつでも、アメリカ映画では魔法の言葉なんですね。




名古屋市中区栄1丁目2−49 ケンタッキーフライドチキンテラッセ納屋橋店にて
SONY α7 III ILCE-7M3
Sony Zeiss Sonnar T* FE 55mm f1.8 ZA



クリスマスが今年もやってくる_d0353489_22054560.png


食べたいものがいっぱい!グルメの季節、冬を満喫しよう!

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by pommemama at 2019-12-20 05:23
こんにちは!
お祭り好きな日本人ですもんね(≧∇≦)。
KFC.最近は食べてないですが、中毒性があるのわかります(笑)。引っ越し間近で、今年はクリスマスどころじゃないので、久しぶりに食べてみようかな〜♡
Akiko
Commented by j-garden-hirasato at 2019-12-20 06:16
アンチ・クリスマス派でも、
竹内まりあの曲を聞くと、
ケンタのチキン、無性に食べたくなりますね。
パブロフの犬に成り下がっています。
Commented by aitoyuuki13 at 2019-12-20 08:08
圧力鍋で揚げたチキン
たしかに麻薬性がありますね
年に一回くらいは無性に食べたくなります

あんかけスパや、味噌煮込みうどんと同類でしょうか(^_^)
Commented by iwamoto at 2019-12-20 10:20 x
七面鳥もニワトリも、日本人には仲間に思えるんですよね。
でも、そこは違うでしょ、と言われれば、そうなのか(笑)
一年の終わりに、好きなことをして、他者にも出来ることをしてあげられたら、幸せですよね。
プレゼントするって、最高に楽しいことですから。
Commented by jyuujin at 2019-12-20 10:20
さすが、グローバルに活躍されてきた方は、博学ですね
というか、情報量が豊富ですね
わが街は、今年は雪のないイブを迎えそうですね。
Commented by voyagers-x at 2019-12-20 10:21
おはようございます ! !
日本のXmasのテーブルには、自宅の場合ケンタッキーのパーティーのセットが並んだりしますね。
全然違和感ないのですけど、あー良く考え見ると......
外国の人の特別な料理とは掛け離れたでりばりーですものね(^_^;
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 11:35
Akikoさん、こんにちは。^^
日本人は多神教だしお祭りが好きなので、なんでも取り入れちゃいますよねえ♪
おお、お引越しですか・・・ロンドンを離れてまた新しい任地へ行かれるのでしょうか、お忙しいですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 11:42
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
あはは、TVで何回も竹内まりやさんのアレを聞くと、フライドチキンが食べたくなりますね。
それにしてもあの夫婦、クリスマスには稼ぎまくりますねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 11:43
愛と勇気さん、こんにちは。^^
そうそう、KFCのフライドチキンは、あんかけスパ並みの麻薬性を誇りますね。
しばらく食べていないと、禁断症状を発症します。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 11:46
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
日本人にとっての七面鳥と鶏の違い、魚をあまり食べないアメリカ人にとって、イワシとサンマの違いとにてるのかも。^^
そうですね、何かをプレゼントして喜ぶ顔が見たい・・・普遍的な願望なんでしょうね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 11:48
北の旅人さん、こんにちは。^^
アメリカ人と話していると、彼らの目から見た日本のイメージってずいぶん違うな、って思います。^^
おお、北海道も今年は雪のないイブですか・・・暖冬なんですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 11:50
voyagers-x さん、こんにちは。^^
日本のクリスマスには、KFCのパーティバーレルは必需品じゃないかと♪
そもそも日本ではオーブンが普及してませんから、ローストチキンもターキーも難しいですよね。
Commented by getteng at 2019-12-20 14:41
blackfacesheepさん
昭和32年~33年頃だったか、大手ホテルのシェフをやっていた叔父が、
クリスマス時期に下宿に七面鳥の切り身を銀紙に包み差し入れしてくれたことがありました。
もちろん初めてでしたが、あの旨さはよく憶えております。
それ以来、七面鳥なんて食ったことないですね。
今だったら、鶏肉の方が旨いのかも?
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 18:08
getteng さん、こんにちは。^^
へえ、昭和32年~33年頃に大手ホテルのシェフをやっていた叔父さまから七面鳥を差し入れされたのですか。
当時としては、きっとかなりハイカラなご経験だったんじゃないでしょうか♪
Commented by small-talk at 2019-12-20 18:15
たまに無性に食べたくなりますよね、フライドチキン。
ケンタッキー(断じて、KFCなどと略していう前)が日本にやってきたとき、あのパーティバーレルはご馳走そのものの雰囲気でしたよね(笑)
バケツみたいな巨大なカップに入ったフライドチキン、日本ではハレの日の食べ物なのです。
Commented by taekamede at 2019-12-20 20:03
ケンチキと美味しいパンとアボガドがあれば25日の朝は幸せですね(^^)♪
グリーンブック見ました!今年一番良かった映画かもしれません。映像のトーンも綺麗でしたし、細かいやり取りも面白く、最後の終わりかたも粋でしたね♪
Commented by windmark-sakura at 2019-12-20 20:16
ケンタッキー、近所にないんですよね・・・。
確かにあの看板を見ると食べたくなります(^^;

日本ではなぜケンタッキーなのか、
カーネルおじさんがサンタのおじいさんを連想する、というのもあるかもしれませんね~。

七面鳥の味がそもそもどんなものなのか、さっぱりわかりませんし(^_^;)
Commented by miimimi at 2019-12-20 20:18
昔、クリスマス=ケンタの時代があって並んで買いましたね。
はじめて食べたときは美味しくて衝撃を受けました(*^^*)
ケンタのチキンには5つほどの部位が確かあるとテレビで見たような。
美味しさが部位によって違うらしくて~
(久々に食べたくなりました(笑))

写真のツリーでしょうか玉ボケに見惚れます☆
「摩天楼に棲息する青丸光蜥蜴」の記事のも、ほんと玉ボケ大好き!
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 21:17
small-talkさん、こんにちは。^^
そうそう、しばらく食べていないと無性に食べたくなる麻薬性がありますよね、ケンタッキーのフライドチキン。
パーティバーレルの存在感は『今日は特別』って感じにあふれてますよね、そう、あれはハレの日の食べ物です♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 21:18
たえかちゃん、こんにちは。^^
なるほど、美味しいパンとアボカドもあればなおさら幸福感はたかまりますよねえ♪
グリーンブック、私も今年映画館で見た中では、一番印象に残ってます、良い映画でした。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 21:20
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
ケンタッキー、昔に比べると店舗数が減っているんでしょうか・・・うちの市にもないのですよ。
クリスマスがKFCってのは、あのカーネルおじさんの風体の影響もありますよねえ、どう見てもサンタクロースです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-12-20 21:23
miimimiさん、こんにちは。^^
フライドチキンっていろんな会社が出してますが、KFCの骨から肉離れの良い柔らかいお肉は他にないですね。
おお、オナカマ~、私もクリスマスツリーのイルミを見ると、玉ボケにしたくなります♪
Commented by hoshigaoka at 2019-12-20 22:02 x
こんばんは!

今回はSony Zeissの55mmで撮られましたか!
一枚目のお写真は鏡のようにも見えますが
穴の開いたボードでしょうか?
丸ボケとケンタッッキーでクリスマスのイメージですが
アメリカ人にしてみれば
七面鳥じゃなければ年は越せないって感じなのでしょうね。

子供の頃に家族と食べた思い出がある日本人は
CMを見てしまうと条件反射で食べたくなってきますね♪
コールスローやビスケットも美味しいんですよね^^)
by blackfacesheep2 | 2019-12-20 05:00 | Foods & Dining | Comments(23)