人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

チベット寺院に溢れる哀愁の原色

チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14134277.jpg
1





チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14150576.jpg
2





チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14191253.jpg
3





チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14141353.jpg
4





チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14140206.jpg
5





チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14190324.jpg
6





チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14192366.jpg
7





チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14142672.jpg
8





チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_14151397.jpg
9




すでに私のフィルム写真ブログではご紹介済みのチベット寺院、強巴林(チャンバリン)さんです。
と言っても、本当のチベットに行ってきたわけではありません。
今を去ることん十年前には名古屋のチベットと呼ばれた(;・∀・)守山区にあるチベット寺院ですね。

このチャンバリンは2005年、世界遺産でもあるチベット最古の寺院「ジョカン寺」を模して建立されました。
ジョカン寺が正式に認めた日本でただ一つの寺院として話題になり、いまでも多くの国々からの参拝者が訪れています。

同じ仏教寺院でも、日本の寺院建築とまるで違うエキゾチックな建築ですね。
日本の寺院でも色彩が豊かなところはいくつかありますが、チベット寺院の色彩はまた独特です。

原色は原色なんでしょうが、明るさより哀愁を感じる原色でした。
中共の支配下に置かれ、チベット固有の文化が虐殺されつつあるニュースを思い出すからでしょうか。




名古屋市守山区青葉台101番地 『強巴林』(チャンバリン)にて
SONY α7 III ILCE-7M3
SONY FE 70-200mm F4 G OSS
Adobe Lightroom Classic



チベット寺院に溢れる哀愁の原色_d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by j-garden-hirasato at 2019-11-30 07:39
日本に正式なチベット寺院があるのですか。
知りませんでした。
丘の上、景色が良い場所ですね。
2005年の建立でですが、
まだまだ出来立てホヤホヤの感じです。
原色がそう感じさせるのでしょうか。
名古屋行の際は、寄ってみたいですね。
Commented by getteng at 2019-11-30 07:57
blackfacesheep2さん
当地にも山の上にチベット寺院があるのですが、
比較的小規模で、こんなに派手派手じゃなかったですね。
写材としてもあまり面白くなかったので、1回きりで終わりました。
その時はやぶ蚊に追われたものですから。。。
Commented by ruunouta at 2019-11-30 08:09
おはようございます(*´∇`*)
チベット寺院って普通にあるんですね〜
リトルワールドにあるチベット寺院が好きで
行くと必ず立ち寄ります
近くにないか探してみよっと( ̄∇ ̄)
派手すぎない原色っていいですよね♪
Commented by voyagers-x at 2019-11-30 08:51
おはようございます ! !
ド派手だけど.......
色彩感覚が抜群で
デザインに関して自由で発想が凄くて素敵ですね
このようなものをデザインして作った人は人間ではないのかも笑
Commented by jyuujin at 2019-11-30 10:40
仏教でいう極楽とはこんな色彩の世界なのでしょうね
はたして?自分は行けるのかな~ ハハハ
Commented by iwamoto at 2019-11-30 12:31 x
たぶん、現職が望まれる風土なのでしょうね。
どちらかと言えば、荒涼とした感じがしますので、しっかりと目を惹き付けるパワーが必要だとか。
でも、日本の神社も派手な色ですね。
宗教施設というものは異次元性が必要なのでしょう。

わたしが行ってきたカフェは、異空間性が店名になってましたよ。
Commented by jikomannte at 2019-11-30 16:07
このような本格的なチベット寺院があったりするのが、
名古屋の凄さでもありますね。
汚職に塗れた醜い中華に、作り替えようとするなんて
猿に攻められる人類、猿の惑星を想起しますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-11-30 20:13
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
はい、ここは丘の上の景色が良い場所にあり、冬に訪問すると強烈な伊吹おろしに吹かれてとても寒い場所です。
名古屋駅からはちょっと遠いですが、わざわざ訪問する価値がある場所だと思います♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-11-30 20:15
getteng さん、こんにちは。^^
おお、広島にもチベット寺院があるのですか・・・日本ではここだけか、と思っていました。
ここは色が強烈で、写真を趣味にしている人にはたまらない被写体ですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-11-30 20:16
ruunoutaさん、こんにちは。^^
いやいや、チベット寺院は普通にあるものじゃないとおもいますよ。(;・∀・)
私もリトルワールドのチベット寺院が大好きで、行くと撮影時間の長くなる場所ですねえ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-11-30 20:17
voyagers-x さん、こんにちは。^^
派手は派手なんですが、統一感があって素敵なんですよね、チベット寺院って。^^
生きているうちに本当のチベット寺院を見てみたいのですが、いつまであるか、とっても不安です。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-11-30 20:38
北の旅人さん、こんにちは。^^
あはは、仏教の極楽、チベットではこんな色彩の世界なんでしょうね。^^
犬山のリトルワールドにあるチベット寺院の色彩もすごいですよぉ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-11-30 20:39
iwamoto師匠、こんにちは。^^
チベット・・・自然環境が厳しく色彩に乏しい場所なのでしょうね、それゆえ原色は貴重なのかも。
おお、師匠がお出かけになったカフェは異空間性が店名になってましたか・・・ブラックホールとか?(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-11-30 20:42
純さん、こんにちは。^^
名古屋にチベット寺院があるのに、なぜ東京や大阪にないのか、不思議です。
チベットにしてもウイグルにしても、中共による文化的ジェノサイドですよね、その親分を国賓として呼ぶとは・・・(-_-;)
Commented by windmark-sakura at 2019-11-30 21:55
どこか建築様式にオリエンタルな雰囲気も感じますね。
建物施された文様なんかは中東っぽいですし(^^)
シルクロードで繋がっている為か文化の伝播を感じ取る事が出来る文化遺産としての価値も高いと思います。
奈良の法隆寺なんかも遠くギリシャ様式の影響も受けてるようですし。

文化と人の命が紙切れよりも軽い国ですからね、中共は。
いずれ本場チベットの文化も消滅してしまうのでしょうか。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-11-30 23:08
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
なるほど、シルクロードですか、確かに東洋的要素と西洋世界やメソポタミア的なモチーフもありますね。
共産化された中国は自国の文化さえ失ってしまいましたからね、他国の文化や人の命なんてどうでもよいのでしょう。
by blackfacesheep2 | 2019-11-30 05:00 | Japanese Landscape | Comments(16)