人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

晩夏の美術館に潜む光蜥蜴

d0353489_21222086.jpg
1





d0353489_20513645.jpg
2





d0353489_20595090.jpg
3





d0353489_20524295.jpg
4





d0353489_20533106.jpg
5





d0353489_20530780.jpg
6





d0353489_20533431.jpg
7





d0353489_20553602.jpg
8




愛知県が生んだ世界的な建築家、黒川紀章・・・彼の代表的な建築の一つが、名古屋市美術館です。
この美術館には、シャープなラインから生み出される魅力的な光と影が、たくさん存在します。

ここで開催中の『あいちトリエンナーレ』はすでに見学・撮影済みなので、今回は『光と影 = 光蜥蜴』撮影に専念してきました。
『あいとり』はフリーパスを買いましたから、10月中旬まではケンビもナゴビもトヨビも入りたい放題です。
もっともトヨビは、来年5月末まで有効な年パスも持ってますけどね。^^

それにしても、今年の9月はいつまでも晩夏が居座ってますね。
「小さい秋」、どこに行ったら出逢えるのでしょう・・・
いい加減に「晩夏」ではなく「初秋」と言う言葉の入ったエントリをあげてみたいものです。(-_-;)



d0353489_20552956.jpg
9





名古屋市中区 名古屋市美術館にて
SONY α7 III ILCE-7M3
SONY FE 24-105mm F4 G OSS, (With Variable ND Filter:1,9枚目)



d0353489_22054560.png


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by j-garden-hirasato at 2019-09-26 06:03
名古屋市美術館も黒川紀章ですか。
愛知県の出身だったのですね。
出身までは知りませんでした。
スローシャッターで、
何とも気だるい晩夏の雰囲気が出ていますね。
さすがです。
Commented by getteng at 2019-09-26 07:25
blackfacesheep2さん
今時は晩夏と初秋が混ざり合った季節で紛らわしいですね。
でも、空を見上げれば”高い秋の空”にはなっております。
室内とはいえ、今朝もランニングシャツに素足です。
明日から数日雨模様です。
これにて、いよいよ秋らしくなるのかも?
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-26 08:32
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
黒川紀章さんの御父上も名古屋の人で、覚王山の昭和塾堂の設計にもかかわっていたらしいです。
可変NDフィルターがあると、明るい日中でもスローシャッターのブレ写真が撮れるのがありがたいですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-26 08:33
gettengさん、こんにちは。^^
毎年この時期は晩夏と呼ぼうか初秋と呼ぼうか、悩ましい時期ですね。
愛知県はまだ夏が居座ってますね、小さな秋なんてどこにも見つかりません。(-_-;)
Commented by iwamoto at 2019-09-26 09:27 x
今回は色んな技が使われてるのかなぁ。
1枚目を見て気が付いたのですが、歩く人をブラすときに、ついつい横から撮りますが、進行方向からの視点も大事にしなくてはいけませんね。
走り去った車の後ろに出て、それを遅いシャッターで追い掛けるなんて、やったことがなかったと思いました。
参考になりました。
Commented by 北の旅人 at 2019-09-26 09:52 x
なるほどな~1,9枚目は秀作ですね・・・♪
0.3秒くらいのSスピードで、人物を流して
影もしっかりと入れて、潰れも、飛びも無く?
なるほどNDフイルターを使うんですね。
小生もこんな写真が好きでよく狙いますが、ほとんどが
建物の中とか、地下街で撮ってましたので
メリハリがイマイチでした。
今度、屋外を狙ってみますよ・・・♪
Commented by photofloyd at 2019-09-26 10:15
幾何学的被写体の中に、微妙なブレの人影・・・なかなか味わい深いです。
NDは私は昔、滝などを撮るに使いましたけど・・・このような使い方は皆無でした。街中撮影にも有効であることの典型例ですね。
Commented by pikorin77jp at 2019-09-26 12:33
シャープな光蜥蜴と ぼかされた 人がまるで影に見えて 、、不思議、と思いながらみています。美術館入り放題パス いいですね、我が家も 徒歩10分のところに美術館あるんですが、、、 いってみたくなりました。めったにいかないので。 汗
Commented by voyagers-x at 2019-09-26 13:05
こんにちは ! !
すごく明るいだけでは物足りなく感じますけど
影があると写真が楽しく感じます
昔は暗いと撮りにくくて大変に感じたけど
今は影が大好きです
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-26 15:41
iwamoto師匠、こんにちは。^^
技というほどのものでもなく、スローシャッター写真ですね・・・戸外のものだけは可変NDを使ってますけどね。
そうなんですよ、この時も横から撮った方がブラしやすかったんですが、影を生かそうとすると構図的に無理でした。(´;ω;`)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-26 15:44
北の旅人さん、こんにちは。^^
今回は1/8秒で統一してますね、いろいろやってみて、1/8秒がブレ感と歩留まりのバランスが良い感じでした。^^
NDフィルターはかつて、白昼のボケ写真撮影に使うことが多かったですが、最近はブレ写真の方が多くなりました。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-26 15:46
photofloydさん、こんにちは。^^
こういう幾何学的被写体の中に、ブレた人影が入ると写真が生き生きしてくるような気がするんですよ。^^
NDは風景写真家御用達でしたね、おっしゃるように水流をスローシャッターで流したいときの必需品でした。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-26 15:48
ピコさん、こんにちは。^^
被写体がシャープなだけに、不明瞭な人物を入れるとコントラストのあるドラマになりますよね。^^
おお、徒歩10分のところに美術館ですか・・・素晴らしい環境ですねえ、ぜひご訪問くださいな。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-26 15:49
voyagers-x さん、こんにちは。^^
影、陰、翳・・・「かげ」と言ってもいろんな要素がありますよね。
でも、どれもが写真をドラマチックに見せてくれる大切な要素ですよね♪
Commented by jikomannte at 2019-09-26 18:50
今回は1、9枚目に強く惹かれております。
被写体ブレの動感表現が、絶妙ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-26 19:37
純さん、こんにちは。^^
1,9枚目は可変NDフィルター使用、白昼のスローシャッターですね。^^
人間の視覚は優秀すぎてこうは見えない・・・性能が劣るカメラならではの写真って面白いです♪
Commented by taekamede at 2019-09-26 20:57
2枚目にとっても惹かれます(#^.^#)
蝶の羽が透けているような繊細で神々しい光。有機的に見えるから不思議です(^^♪
Commented by windmark-sakura at 2019-09-26 21:42
9月も終わりだというのにまだ晩夏って感じが写真を見ても伝わってきますね。
いつまでも居座る夏の暑さ。
まだ浜松でも秋を感じるような光景は少ないですね。
昨日はまだセミが鳴いてるくらいですから(^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-27 08:29
たえかちゃん、こんにちは。^^
2枚目は、ナゴビに入ってすぐの部屋の光蜥蜴ですね。
蝶の羽かぁ、さすがの表現力です・・・いかにもそんな感じのはかなくも優し気な光でしたよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-09-27 08:31
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
例年だと、9月も終わりになると撮る写真が秋らしくなってくるのですが・・・今年はまだ夏ですね。(;・∀・)
セミも鳴いてるし、蚊にも食われるし、体感的には完全に夏ですよねえ。(-_-;)
by blackfacesheep2 | 2019-09-26 05:00 | Lights & Shadows | Comments(20)