人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

陶磁器商が建てた西洋館にて

d0353489_11264892.jpg
1





d0353489_11272669.jpg
2





d0353489_11273621.jpg
3





d0353489_11270806.jpg
4





d0353489_11272268.jpg
5





d0353489_11274371.jpg
6





d0353489_11283649.jpg
7





d0353489_11273141.jpg
8





d0353489_11280930.jpg
9





d0353489_11332716.jpg
10




「文化のみち橦木館」は、大正末期から昭和初期に陶磁器商として活躍した井元為三郎氏が建てた邸宅です。

内部には井元商店が取り扱った陶磁器も展示されています。

橦木館の洋館部分には、ステンドグラスが贅沢に使われており、柔らかな光で満たされていました。




名古屋市東区橦木町2-18 文化のみち橦木館にて
SONY α7 III ILCE-7M3
SONY FE 24-105mm F4 G OSS



d0353489_22054560.png



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by getteng at 2019-07-28 06:22
blackfacesheep2さん
当時、ステンドグラスを取り入れた建物を建設する人って、
よほど高貴な方に限られていたのでしょうね。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-07-28 06:39
個人の邸宅で、ふんだんにステンドグラスとは、
何と贅沢な空間でしょう。
あちらこちらに、光蜥蜴が潜んでいるのですね。
以前、この界隈をウロウロしたときは、
記憶にないので、寄らなかったかなあ。
今度行くときは、ぜひ!
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-28 11:20
gettengさん、こんにちは。^^
ステンドグラスを取り入れた建物を建設する人・・・間違いなくお金持ちでしょうね。
手間とお金を惜しげもなく投入できる身分の人だったのでしょうねえ。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-28 11:21
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
名古屋の「文化のみち」はステンドグラスが素敵に使われているところが多いですね。
ぜひ次回来名される時には、「文化のみち」めぐりをルートにいれておいてください・・・一日かかりますよ。(;・∀・)
Commented by gaku0107boo at 2019-07-28 12:12
こんにちわ!
ワタクシ的に、靴を脱がない西洋の建物はどこか落ち着かない気がしてましたが、じつに落ち着いてくつろげそうなお写真ですね。
こういったところを表現される感性、さすがです。^^
Commented by iwamoto at 2019-07-28 15:50 x
ショールームでもあり、迎賓館でもあったのでしょうか。
セラミックスを見せるとなれば、相当しっかりした建物が必要ですよね。
負けないパワーが求められるでしょうから。

こちらのステインドガラスは、幾何形態が主流のようですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-28 19:58
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
ここは日本の西洋館なので、玄関で靴を脱いであがります。(;・∀・)
昔の建物は、時間とお金をたっぷり使って建ててありますから、写真映えしますね♪
Commented by small-talk at 2019-07-28 20:01
中京の陶磁は、世界的なものになりましたからね。
ノリタケなどの陶磁器だけではなく、送電線の碍子、エンジンのスーパープラグ、半導体パッケージの基盤、トイレなどの衛生陶磁と、幅広い応用製品を育てました。
流石ですよね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-28 20:03
iwamoto師匠、こんにちは。^^
そうですね、海外のバイヤーさん来訪時のショールーム兼迎賓館ですよね。
日本のステンドグラスは、”Stained"と言う焼付技法はほぼ使われず、幾何学的に色ガラスをつなぎ合わせたものがほとんどですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-28 20:09
small-talk さん、こんにちは。^^
おお、よくご存じですね、中京地区の陶磁器は食器類だけでなく、おっしゃるような工業製品や実用品も多いですよね。
ノリタケ、TOTO、NGKなどの森村財閥系は、どこも優良企業として、日本の産業界で活躍しています。^^
Commented by 59kisaragi at 2019-07-28 20:38
黒顔羊さんが撮られるとなんとも爽やかで見ている人をいい気分にさせてくれます。
お洒落なステンドグラスが涼し気に見えますね。
Commented by toshukuuken at 2019-07-28 22:19
この頃に建てられた建造物が持っている雰囲気は良いですね^ ^
いい具合に和洋のテイストが混ざっているように思います。
意匠にも細やかさがあって、見ていて心が豊かになるようです^ ^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-28 22:56
Angelさん、こんにちは。^^
実際には、爽やかじゃない暗い雨降りの日だったのですよ。(;・∀・)
そんな日は外で撮影できないので、室内撮影ばかりですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-28 22:58
徒手空拳さん、こんにちは。^^
戦前に建てられた西洋館は、造りが丁寧ですよね。
和洋折衷と言うのは、日本人の生活の知恵なのかも・・・洋食屋さんと同じ発想ですね。^^
by blackfacesheep2 | 2019-07-28 05:00 | Old Buildings | Comments(14)