人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

青く染まる街

d0353489_21050160.jpg
1





d0353489_21054027.jpg
2





d0353489_21054453.jpg
3





d0353489_21063375.jpg
4





d0353489_21062532.jpg
5





d0353489_21054887.jpg
6





d0353489_21063923.jpg
7




先日の岐阜市での撮影会での街撮りスナップです。

これも"Kind of Blue"トリビュート、ホワイトバランスを青方向にふってやりました。

いろんな色を撮っていますが、どれも青く染まってしました。



さて、”Blue"と言う言葉を含む曲は、JAZZにはたくさんありすぎて選ぶのが難しいぐらいです。

今回はSonny Rollinsの名盤中の名盤、"Saxophone Colossus"の中から”Blue Seven"をどうぞ。









この曲のイントロ、Doug Watkinsによるウォーキング・ベースがとても渋いです。
この時代のベーシストと言えば、Paul Chambersが有名ですが、Doug Watkinsも勝るとも劣らない美しいベース・ラインです。

この二人、背格好や演奏スタイルも似ており仲も良かったので、「DNAの一部を共有する従兄弟」だと言われていました。
でもJAZZ評論家の Scott Yanowは、"cousin by marriage"(結婚して従兄弟になった)と言ってます・・・血縁はないのですね。

さらにWikipediaの”Doug Watkins"を読むと、下記のように記述されています。
「ダグとポールは高校時代からの親友で、ダグは隣人で子供時代からの女友達、アニーをポールに紹介した。
ポールとアニーの結婚式で、ダグはポールの花婿付添人を務めた。
彼らは顔も服装も背の高さもよく似ていたので、「俺たちはイトコなんだ」という噂をジョークとして流し始めた。
まわりの人々は、この二人をよく混同していた。」
なるほど、ダグとポールが従兄弟だというのは、彼らがでっち上げたジョークだったのですね。(;・∀・)

いずれにせよダグもポールも、堅実で趣味の良いベースラニング、イマジネイティブでよく歌うソロ、よく似ていました。
さらにどちらも早世が惜しまれるベーシストでもあります・・・そういやスコット・ラファロも短命でしたね。
私の好きなこの時代のベーシストがもっと長生きしていたら、と思わずにはいられません。




岐阜県岐阜市にて
SONY α7 III ILCE-7M3

Commented by getteng at 2019-07-06 06:38
blackfacesheep2さん
この場合、blueもgloomyな気分ってとこですかね。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-07-06 06:57
ムシムシしたこの時期、
青い街撮りスナップに、
ジャズの音色、
ピッタリですね。
本日は休日なので、
しばし見入り、聞き入りました。
Commented by small-talk at 2019-07-06 07:41
ブルーな街並み、良いですね。
3と4が特に良いなと思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 08:42
gettengさん、こんにちは。^^
Blueは日本語に入っちゃいましたよね。
「今日はブルーな気分だ」とか、普通に使いますもんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 08:44
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
7月に入って気温があがり、雨が降ると蒸し暑さがつのるようになってきましたね。
こういうお天気は、どこへもでかけず、うちに居て好きな音楽を聴いているのも良いですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 08:45
small-talk さん、こんにちは。^^
ここのところ、寒色系にホワイトバランスをシフトするのに凝ってます。^^
見慣れた風景も青く染めると印象が変わりますね。
Commented by hoshigaoka at 2019-07-06 09:27 x
こんにちは!

青の写真シリーズ良いですね♪
被写体の色の関係か少し紫っぽくも感じます。
僕もWBで印象的な写真を撮ってみたいなぁ。
青系ですと昼に撮っても早朝のような雰囲気になりますもんね。

コーヒーを飲みながら黒顔羊さんセレクトのjazzを聞いてますと
スタバかお洒落なカフェにいるような気分になりました^^)
Commented by photofloyd at 2019-07-06 09:33
街撮り・・・でもこうゆう世界が描けるんですね。
全体にはやはりブルー系が基調で美しいです。
Commented by 北の旅人 at 2019-07-06 10:31 x
いいですね~写真とJAZZの曲がピッツタリ
ですね・・・♪

ベースのソロから始まり、テナーの歯切れのいい低音が絡んできて、ベースの刻むリズム感が
心地よいですね。
Commented by nobikunJ at 2019-07-06 10:33
同じ青でも、イマジネーションによって様々な写真になるのですね。素敵です。

サキコロ!^^
ご多分にもれず、私もJazz初心者の頃愛聴していました(もちろん今でも好きですが)。
誰だか忘れましたが、日本のある作家が「私はウォーキングベースを聴くためにJazzを聴く」と書いてました。
その気持ち、よくわかります。
Commented by voyagers-x at 2019-07-06 11:00
おはようございます ! !
何かを撮る時に、意識しないと前ボケを入れようと思いつかないですね
前ボケを入れた写真はとても柔らかい雰囲気になりますね
前ボケをソフトに見せるためには、やっぱり明るいレンズの方がいいのでしょうね
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 14:09
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
梅雨の時期は、青い写真が撮りたくなる・・・今年は集中的に撮ってますね。^^
この時代のJAZZは、良い意味で聴きやすいので、蕎麦屋さんとかでも流れていることがありますね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 14:10
photofloydさん、こんにちは。^^
街撮りは、ある程度被写体とディスタンスが撮れた方がやりやすいので、中望遠が活躍しますね。
135mmと85mm、どちらも面白いので、状況に合わせて使い分けています。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 14:12
北の旅人 さん、こんにちは。^^
Sonny RollinsのBlue Seven、都会的なブルーズでお洒落ですよね。^^
昔から名盤と呼ばれている理由がよくわかります、何回聴いても飽きません♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 14:17
nobikunJさん、こんにちは。^^
サキコロは"Kind of Blue"のような革命的な名盤ではありませんが、JAZZ史上に残るオーソドックスな名演ですね。
ウォーキングの名手たち・・・チェンバース、ワトキンス、ラファロ、レイ・ブラウン・・・あとはヴィトウスにロン・カーターかな。^^
Commented by taekamede at 2019-07-06 14:17
ドウシテコンナニステキナノ・・・(*_*)
特に好きなのは1枚目と二枚目です。どこがどう素敵かって、そんなの言う必要ないでしょって言うくらいです。まだ世の中が目を覚ます前と闇の間の一瞬、もし出会えたら、疲れもいいと感じる風景みたい。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 14:19
voyagers-x さん、こんにちは。^^
前ボケは人間の本能に反する撮影方法なので、確信犯的に入れようとしないとうまくいかないですね。
明るいレンズは正義ですね、絞りのコントロールでボケを調整できますから♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 14:41
たえかちゃん、こんにちは。^^
おお~、そんなに気に入ってもらって光栄です・・・実を言うと、撮っている本人も何に惹かれてるのかよくわかってません。
頭の中にナニカがひらめくんだよねえ、「これを撮れ!」ってね。(;・∀・)
Commented by maquiho at 2019-07-06 16:22
全体的にブルー系で、すべてにウットリします。
はじめの一枚目から惹きつけられました。
それぞれが美しいですね〜☆ミ
Commented by windmark-sakura at 2019-07-06 20:12
こんばんは。

こうやって見ると、寒色調に仕上げた写真はどこかスタイリッシュで
涼やかに感じるので、このムシムシする梅雨の季節には見ている者にスッと入ってきますね。
まさに見る清涼剤という感じです(^^)

Commented by 59kisaragi at 2019-07-06 20:56
ブルーシリーズ、このジメジメした季節に実に爽やかでいいですね~
今日はレンタルしていたスーツケーズが届き(大きなスーツケーズを持ち合わせていないので)荷造りも本格的に始めて今はちょっと一休みして、ジャズを聞きながらコメントしています。
傘祭りのある街にもいくのですが、昨日説明会があって一時間くらいで回れる小さな街らしくて他にもアートがあるらしく写真写りしますよと話されていました。
年齢層も20~70代までと幅広く参加されるみたいでどんな旅になるのか楽しみです^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 22:24
maquihoさん、こんにちは。^^
ブルーは理性に訴える色、鎮静効果のある色って言われてますが、感情にも訴えてくるものがあると思います。^^
さまざまな色も、ホワイトバランスを冷調にしてやると違和感なく青に染まりますね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 22:26
windmark-sakuraさん、こんにちは。^^
この1ヶ月ぐらい、「青く染めるぞ」と考えながら街を歩いているんですが、そういう被写体が結構見つかるもんですね。
青は涼し気なので、蒸し暑い季節にはちょうど良いのかもしれません・・・冬だと辛いかも。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-07-06 22:29
Angelさん、こんにちは。^^
ポルトガル旅行の準備、いよいよ最終段階ですね、と言ってもパッケージツアーなので準備も楽でしょうね。^^
訪れる街の撮影ポイントをあらかじめネットでチェックしておくと、現地についてから楽ですよ♪
by blackfacesheep2 | 2019-07-06 05:00 | Jazz | Comments(24)