人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

錆びれゆく花街

d0353489_09485902.jpg
1





d0353489_09492087.jpg
2





d0353489_15592506.jpg
3





d0353489_09492608.jpg
4





d0353489_09491768.jpg
5





d0353489_09485432.jpg
6





d0353489_09491141.jpg
7





名古屋市内にも、いままで訪れたことがない場所がいくつかあります。
先日、そのうちの一つ、中村遊廓の跡地に行って来ました。

ここは、大正時代以降、名古屋市中村区に作られた公許の娼家が集まる遊廓があった地域です。
でも売春防止法が施工されて以来、寂れる一方となってしまいました。
遊郭時代の建物は徐々に減少し、旧遊廓の面影を残す建物や遺物を見つけるのは難しかったです

ただ、私の好きな赤錆物件は豊富にありました。
名古屋駅より西の地域、めったに行きませんが、ディープな名古屋が体験できて楽しかったです。




名古屋市中村区にて
LUMIX DMC-GX7MK2
SIGMA 30mm F1.4 DC DN



d0353489_22054560.png



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by j-garden-hirasato at 2019-06-06 06:55
中村遊廓の跡地、
そんな場所がありますか。
時代がかなり経ってしまっているので、
それを感じられるものも、
ほとんど残っていないのでしょうね。
あえて、残そうとも思われなかったでしょうし。
Commented by getteng at 2019-06-06 06:55
blackfacesheep2さん
有名な街ですね。
いわゆる「遊郭建築」ってのも部分的には独特なものがあり、遺っていれば貴重品です。
「女郎建築」ともいう方がおられ、当地でも一か所残っていますが、全て飲食店になっております。
昔の建築群ですから、今の消防法では許可されないような道路幅だとか問題点も多いですね。
Commented by iwamoto at 2019-06-06 08:45 x
4枚目の青い窓、これはいわゆるブルーシートでしょうか。
錆色との対比が良いですね。

福生市には、アカセンと呼ばれる一角があります。
愛称ではないですね、通称というのでしょうか、昔の名残りなのでしょう。
公は、ここを整理したいのですが、遅々として進みません。

元遊郭の下宿屋って行ったことがあります。
中庭があって、各部屋が個別に賃貸されてるわけです・・・。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 08:54
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
中村遊廓の跡地、もう少し残っているのかと思いきや、ほぼ全滅状態で愕然としました。
ただ、赤錆物件は大量にありましたので、それを撮って帰ってきました。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 08:56
gettengさん、こんにちは。^^
歴史は古くないのですが、名古屋の中村遊郭、かつては有名な街でした。
数年前まではいくつか典型的な妓楼が残っていたはずなんですが、訪問するのが遅すぎました・・・
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 08:58
iwamoto師匠、こんにちは。^^
そうです、4枚目の青い窓はブルーシートですね、おっしゃるように赤錆のとのコントラストが際立っていました。
中村遊郭も中庭を個室が囲むスタイルだったようですね、ある意味、典型的な構造だったのかも。
Commented by 北の旅人 at 2019-06-06 09:46 x
小樽の外れのほうに、古い建物に蔦を這わせた
喫茶店がありました、『海猫屋』といいます
その向かいに、格子つくりの建物が残っていましたが
タクシ―の運転手さんがここは遊郭だったと
教えてくれましたが、どちらも今はもう無い
ようですね?
Commented by voyagers-x at 2019-06-06 09:58
おはようございます ! !
錆色はもしかしたら大好きなのかもしれません
でもサビで現実的に問題なのは、内部構造の問題なのかもしれないですね
サビが表面だけならいいのですが、おそらくは内部に浸潤してることが多くて
よって、錆びてる建物の危惧するところは危険性につながるということでしょうか
Commented by photofloyd at 2019-06-06 13:20
「1」-「7」まで、それぞれ味わいがあっていいですね。
「2」が最も単純ながら見ごたえありますね。
中村区には行ったことがありました。昔の遊郭でなくて結構風俗営業が盛んだったと思いますが・・・それでももう昔の話ですね。
Commented by yuphotobook at 2019-06-06 13:58
趣のある建物ですねー。
黒羊顔さんの大好きな赤錆もさることながら、昔のガラスの扉や木の古さとか歴史を感じます。
住みたいかどうか別ですが・・・。こういう建物は隙間風が多そう・・・。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 15:24
北の旅人 さん、こんにちは。^^
ほぉ、小樽の『海猫屋』ですか・・・名前からして興味深そうな感じ、そのお向かいに遊郭があったんですか。
かつてはニシン漁で栄えた漁港ゆえ、大量のときには遊郭も大繫盛したのでしょうね。

Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 15:25
voyagers-xさん、こんにちは。^^
鉄筋が錆びるとおっかないですよね、建物の強度が損なわれてしまいます。
施工方法がぞんざいだと発生すると聞いたことがあります・・・近隣アジア諸国で多いらしいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 15:31
photofloyd さん、こんにちは。^^
あはは、錆フェチにとっては2枚目は心に刺さる眺めで、単純と思いながらも撮らざるを得ませんでした。
おお、中村区にお出かけになりましたか・・・そう、このあたりは風俗街ではありますが、勢いはないですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 15:34
ゆりさん、こんにちは。^^
古いものはもうあまり残っていないので、必死に探しましたよ。
昔の住宅は、決して住み心地は良くないでしょうね、夏は暑く冬は寒そうです。(-_-;)
Commented by aitoyuuki13 at 2019-06-06 17:19
母の実家が近いので、このあたりは親近感大
しばしば遊びに行っていた頃から
すでに半世紀、時の流れは速いです(^-^;
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 19:17
愛と勇気さん、こんにちは。^^
おお、そうなんですか、私は名古屋駅より西ってめったに行くことがなく、とても新鮮でした。
私の卒業した小学校の近くも、この半世紀で大きく変わってしまい、寂しいです。
Commented by 5ko8ha9ku at 2019-06-06 19:40
blackfacesheep2さん,こんばんわ!

私も、この手の写真にチャレンジしましたが、全然だめでした。
朽ちかけた中にも、当時の華やかさが連想できる写真ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 22:42
ハクさん、こんにちは。^^
赤錆系の被写体は大好物なので、この場所はなかなか楽しめました。
もっと当時の雰囲気が残っているのかと思いきや、まるで残ってない・・・来るのが5年ほど遅かったです。(´;ω;`)
Commented by toto4543 at 2019-06-07 09:06
良い錆ですねぇ、っておかしな表現ですが(笑)
5枚目の写真の細工、雲っていうのか、こういう細工が遊郭として栄えた当時を忍ばせますね。
by blackfacesheep2 | 2019-06-06 05:00 | Japanese Landscape | Comments(19)