人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

アルザスのコロンバージュな農家にて

d0353489_20313330.jpg
1





d0353489_20313843.jpg
2





d0353489_20321018.jpg
3






d0353489_20314456.jpg
4





d0353489_20321501.jpg
5





d0353489_20314124.jpg
6





d0353489_20314812.jpg
7





リトルワールドシリーズ、今回はフランス東北部、ドイツとの国境を接するアルザス地方です。
ここはムギ、トウモロコシなどの耕作、ウシの飼育のほか、ブドウ栽培もおこなっている農家だそうです。

母屋は1582年に建てられたものだそうです。
白いしっくいの壁に柱や筋かいなどが浮き出す木骨構造(コロンバージュ)となっています。

2006年にフランスのアルザスとロレーヌを訪問しました。
主な目的はナンシーでアール・ヌーボーを見みることでしたが、そのときもこんな家をたくさん見ましたね。





愛知県犬山市今井成沢90-48 野外民族博物館・リトルワールドにて
SONY α7 III ILCE-7M3
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art




d0353489_22054560.png



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by getteng at 2019-05-28 06:50
blackfacesheep2さん
437年前の建物が残っているとは、建て替えたとはいえ凄いものですね。
寒い地方なので壁厚もかなりの物ではないかと想像しております。
Commented by iwamoto at 2019-05-28 07:28 x
フランス語ではコロンバージュなんですか。
ティンバーフレイミングって、人気がありますよね。
別荘地では、よく見かけます。
鍛冶屋さんが作った鉄の細工って、工業製品とはかなり違う様子ですね。
錆を与えると、その差を小さく出来るように思われます。
Commented by zbjsower at 2019-05-28 07:55
お写真だけ拝見していると、日本ではないように思えてしまいますね。
とてもノスタルジックな雰囲気です。
そして、黒顔羊さんは実際にフランスに行かれていた事があるのですね!
さぞかし今回の博物館は感慨深かった事でしょう。
私も行ってみたくなりました^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-28 08:57
gettengさん、こんにちは。^^
リトルワールドは、世界各地の古民家を買い付け、この犬山で再設置してるそうですよ。
古い建築はしっかりしてますね、いまだに使い物になってますもんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-28 09:01
iwamoto師匠、こんにちは。^^
そうそう、英語ではティンバーフレームって言いますよね、世界中に存在しており、日本語だと木骨造だそうです。
頂いたシャックルも、鍛冶屋さんが鍛造した雰囲気が濃厚でしたね、赤錆より黒錆が似合う風情です。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-28 09:03
Hideさん、こんにちは。^^
リトルワールドの世界各地の住宅はすべて本物なので、日本でないように見えても不思議はないです。^^
アルザス・ロレーヌだけじゃなく、フランスの田舎は大好物です、パリは一番苦手です。(;・∀・)
Commented by voyagers-x at 2019-05-28 11:34
おはようございます ! !
わー、素朴な感じですね
古い中にも温かみがありますね
古く見えるけど、しっかりした安全な家、そういのに憧れます
できれば石床で裸足でペタペタ歩けたりしたらいいな ^^;
すごく年月の経過した家なのですね
すごいです
Commented by photofloyd at 2019-05-28 12:01
「2」「3」「4」「7」と微妙な傾斜(非水平)の画角が生きていて素晴らしい構図です。
今日も私は勉強させていただきました。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-28 16:38
voyagers-x さん、こんにちは。^^
昔の家は、安全係数は過大にかけて作ってたようで、いまだに使用可能な頑丈さですね。
一朝一夕には作れない風雪を乗り越えてきた表情、本当に味わい深いです。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-28 16:39
photofloydさん、こんにちは。^^
この微妙な傾きをご評価いただき、ありがとうございます。
10度ぐらいを理想としているんですが、周りの状況でさじ加減が必要で、なかなかうまくいきませんね。
Commented by jikomannte at 2019-05-28 19:25
最初と最後の画像の暈けに惹かれております。
シャープさが際立つ暈けですね。
Commented by gaku0107boo at 2019-05-28 19:50
こんばんわ!
最後にリトルワールドに行ったのが約25年前です。
どんな風になったのかなと興味深々ですが、お写真でその雰囲気を見させて頂いてありがとうございます。^^
ワタクシも近々行ってみたいと思います。^^
Commented by 10max at 2019-05-28 19:57 x
こんばんは。
リトルワールドにはいろいろな国や地域の展示が一度に見られるのですね。
ますます興味がわいてきました。
しかし16世紀の建物を移設したのでしょうか?
しかも調理器具や農具まで・・・
リトルワールドは趣味のコレクターの感覚で運営されているのかも知れませんね(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-29 09:15
純さん、こんにちは。^^
このSigma 50mm/F1.4 Artの開放は気持ちが良いですね。
重厚長大なレンズですが、存在価値が高いレンズです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-29 09:16
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
リトルワールドは大人の方が楽しめる場所かもしれませんね。
アトラクションもいろいろやっていて、一日居ても飽きませんよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-05-29 09:17
10maxさん、こんにちは。^^
基本的には外国の古い民家を移築した、と聞いています。
調理器具や家具調度も、おそらく現地調達してきたモノが多いんじゃないでしょうか♪
Commented by maruna0616 at 2019-05-29 10:52
ここは凄くフォトジェニックですね。
大好きな雰囲気です。
明るい単焦点レンズで撮りたくなりますね。
2枚目の切り取りが素敵です。(^^)
Commented by golden_giraffe at 2019-05-29 21:41
ドイツのお写真も素敵でしたが、こちらの雰囲気も素敵ですね^ ^
アルザス地方ですか。興味が湧いてきました^ ^
Commented by j-garden-hirasato at 2019-05-29 22:21
ボカシの効果って、
人を引き込む魅力がありますね。
こういう写真、
撮ってみたいです。
by blackfacesheep2 | 2019-05-28 05:00 | Snap | Comments(19)