人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

黄昏の白木蓮

d0353489_23292116.jpg
1





d0353489_23292555.jpg
2





白木蓮さん、そろそろお仕事完了かな。
今年も一生懸命咲いてくれたね。

君のおかげで、今年も早春らしさが味わえたよ。
本当にありがとう。

真っ白だった花弁にもちょっと傷みが見えるけど、なんの問題もないよ。
黄昏時の光の中なら、目立たないさ。




d0353489_23291720.jpg
3




黄昏の光の中で、健気に最後の白さを見せる白木蓮・・・

こういう滅びの美学には、アイルランド民謡の"Danny Boy"がよく似合うように感じます。

戦場に赴く息子との別れを歌う母親もしくは父親の歌です。

ケルティック・ウーマンの歌唱でどうぞ。







"Danny Boy"

Oh Danny boy, the pipes, the pipes are calling
From glen to glen, and down the mountain side
The summer's gone, and all the roses falling
It's you, it's you must go and I must bide.

But come ye back when summer's in the meadow
Or when the valley's hushed and white with snow
It's I'll be here in sunshine or in shadow
Oh Danny boy, oh Danny boy, I love you so.

But when ye come, and all the flow'rs are dying
If I am dead, as dead I well may be
You'll come and find the place where I am lying
And kneel and say an ave there for me.

And I shall hear, though soft you tread above me
And all my grave will warmer, sweeter be
For you will bend and tell me that you love me
And I shall sleep in peace until you come to me.

ああダニー,バグパイプが呼んでいるよ
谷間から谷間へ、山肌の道を下りながら
夏が終わって,バラもみんな枯れちゃったね
行かなきゃならないんだね、私は待たなきゃならないんだね

でも、どうか帰って来て欲しい、草地に夏が来る頃に
谷が白い雪で覆われて音のない世界になる頃に
晴れていても翳っていても、いつでも私はここで待ってるから
ああダニー,大好きだよ

お前が帰って来た時、花もみんな枯れているかもしれない
私ももう死んでいるかもしれない
もしそうだったら、私のお墓を探してそこに来て欲しい
お墓の前でひざまずき、最後のお祈りをして欲しい

私はお前の足音ならきっと聞こえる、どんなにそれがひそやかだったとしても
私のお墓は、ずっと暖かで優しい場所になるだろう
お前が「大好きだよ」と言ってくれるから
だからお前がやって来るまでここで眠っているよ、やすらかに




愛知県みよし市にて
SONY α7 III ILCE-7M3
SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS




d0353489_22054560.png



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by j-garden-hirasato at 2019-03-24 06:32
黄昏のモクレンですか。
咲き始めは、
ほんと本格的な春の訪れを感じさせてくれますが、
終盤はダラっと…。
最後のスポットライト、
輝いていますね。
Commented by NullPointer09 at 2019-03-24 07:06 x
おはようございます。
近所のモクレンも萎れ始めました。
私は、どんな花でも、堅い蕾の頃から最高の瞬間を経て萎れ朽ちてゆくまでを見つめ続けます。
最高の瞬間だけが花じゃないと思うのです。むしろ萎れ朽ちてゆく姿にこそ滅びの美学を感じます。
"Danny Boy"は、"Celtic Woman"も好きですが"Diana Krall"(THE CHIEFTAINS / tears of stone)や
"Bill Evans"でも聴いています。
"Bill Evans"の方は録音時期の背景を知ると辛い気がしますし、コンディションが良いとは言えない
かもしれません。でも、これも彼の通過してきた人生の一部なのですよね。最高の演奏だけを求める
人には理解していただけないかも知れませんが。
Commented by getteng at 2019-03-24 07:15
blackfacesheep2さん
ハクモクレンとコブシの区別がつかず、kisaragiさんに教えてもらい、
両方を撮ってみましたが、来年になるともう忘れているでしょうね(´;ω;`)ウッ…
Commented by luxannews at 2019-03-24 07:54
優しい子守歌だと思っていたのに
・・・こんなに悲しい歌だったんですね(ノ_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 08:51
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
白木蓮は愛知県では「春告花リレー」の三番手ですね、梅から河津桜、そして白木蓮です。
今、白木蓮からリレーのバトンはソメイヨシノに渡りつつあります・・・お役目ご苦労さんと言いたいですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 08:55
NullPointer09 さん、こんにちは。^^
花は萎れるからこそ愛おしい・・・そんな気持ちになります。^^
Danny Boy、おっしゃる通りBill Evansのソロも最高で、どっちを貼ろうか、悩みました。
あれはKeith Jarrettの"Melody At Night, With You"に強い影響を与えたと思います。
Scott LaFaroと言う最高の相方を失った喪失感が切々とエコーしてきますよね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 08:56
gettengさん、こんにちは。^^
ハクモクレンとコブシ・・・よく似ていますが、大きさと咲き方違いますね。
どちらも春告花で、春が来たことを実感させられます。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 08:59
luxannewsさん、こんにちは。^^
昔聞いた洋楽の歌詞って、今聴くと愕然とすることがあります。
Tom Jonesの"Green Green Grass Of Home"も、死刑執行を待つ死刑囚の歌ですもん。(´;ω;`)
Commented by golden_giraffe at 2019-03-24 11:13
夕日を浴びるモクレンのお花、心に染み入るようで良いですねぇ。
みずみずしいお花も勿論綺麗なのですが、個人的には少し枯れかかっているお花の方が魅力的に感じます^ ^
今年もそこかしこでモクレンのお花を楽しませてもらいました。
また来年にお会いしたいですね^ ^
タイトル、最高にかっこいいです^ ^。
Commented by iwamoto at 2019-03-24 13:43 x
傷みの出始めた花、枯れ初め、それが進んでも違う美しさですよね。
生物として、人も動物も同じですし。
わたしたちは枯れた花をもっと撮るべきだと思います。
撮る瞬間には心が通じ合うものだから。

NullPointer09さんお勧めのダイアナ・クラールも素敵なんですが、
チーフタンズと音階のピッチが違うようで、興味深い演奏ですね。
音程が違うのは当然で、楽しみたいところでもあります。
Commented by taekamede at 2019-03-24 14:53
悲しすぎます(´;ω;`)
こんな綺麗なメロディーでこんな悲しいこと歌われちゃったら結構ききますね~。メソポタミア(´;ω;`)
1枚目、すごく素敵ですね。この曲を聴いた後だと、祈りを込めて灯したオイルランプの炎のようです。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 14:58
金の麒麟さん、こんにちは。^^
これが開花したての白木蓮だったら、午前中の光で、青空を背景にして撮ったでしょうね。
春の花リレーの大役をこなして、ひっそりと萎れていく姿、心に刺さりますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 15:01
iwamoto さん、こんにちは。^^
おっしゃる通り、花も動物も人間も、命が果てる直前まで毅然として生きているときは美しいです。
ケルトの音階はバグパイプが典型的ですが、西洋的な平均率とは異なる音階で、地域によっても微妙に違うようですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 15:05
たえかちゃん、こんにちは。^^
ケルトの五音音階は日本人のDNAにもよく共鳴してくれます・・・一般的な西洋音楽とは別種の響き方だよね。
1枚目を撮った時に、その輝きにちょっと心が動かされてしまい、「BGMはDanny Boyにしよう」と思いました。^^
Commented by gaku0107boo at 2019-03-24 17:08
こんにちわ!
ハクモクレン、あちこちで花びらが落ちているのを見かけるようになりましたね。
ワタクシも昨日、数ショット撮って、「ああこれが今年の見納めかな」とひとり感傷にひたっておりました。
これから桜が華々しく咲く時期、そんな影に隠れてしまうように桜にバトンを渡しているようにも思えます。
Commented by nobs_soliloquy at 2019-03-24 18:42
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
ハクモクレン、満開になってからそろそろ2週間・・・お役目ご苦労さまですよね。
さて、染井吉野か・・・と思いきや、急に昨日から寒くなり、今日見たら、まだ蕾が堅そうでしたよ。(-_-;)
Commented by jikomannte at 2019-03-24 18:59
ハクモクレンは椿と同じく、タイミング的に難い花という思いがありまして、
私はなかなかカメラを向けれません。
1枚めの撮り方、非常に印象的ですね。
Commented by photofloyd at 2019-03-24 20:53
私の家にも木蓮があるのですが・・・まだまだ咲くのは先の話です。
Danny Boy そうですね、昔コニー・フランシスが好きでした。近年はエヴァ・キャシディが良かったですね。
Commented by 北の旅人 at 2019-03-24 22:02 x
ほう、 こういう花写真も撮られますか?

一枚目、小生もこの撮り方大好きですね
少し前まで、お隣の国から黄砂が飛んで
きた日は、太陽光が沈む時こんな色で沈んで
いきましたね(笑)土筆やタンポポを撮りましたね(笑)
写真を撮るにはいいのですが、黄砂は迷惑な
ことですよね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 23:17
純さん、こんにちは。^^
ハクモクレン、確かに開花のタイミングで撮るのは難しいかも・・・
でも、少なくとも開花して1週間ぐらいはきれいですよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 23:19
photofloydさん、こんにちは。^^
木蓮が早く咲く地域ばかりじゃないですよね、仙台に居たとき、梅と木蓮と桜がいっぺんに咲いてとまどいました。
Danny Boyは古今東西、いろんな人が歌い、演奏してきている名曲ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-24 23:21
北の旅人さん、こんにちは。^^
あはは、一応カテゴリの中には「花と植物」もありますよ、最近はこの70-300mmが花撮りレンズになってます。^^
黄砂、こちらでもひどいときは大変です・・・外に洗濯物が干せません。(-_-;)
Commented by ruunouta at 2019-03-24 23:28
そうなんですよね~
木蓮は私も毎年真っ先に春を感じる花で
木蓮の蕾が出てくると、お日様に透けてキレイで~♪
咲くとあの真っ白な花びらが可愛くてね(´∀`*)ウフフ
枯れ始めるとどうしても茶色い所が目立っちゃうけど
十分春を楽しませてくれましたよね(*´ω`*)

私もアイルランド民謡好きです♪
たまにブログで使う
Orla Fallon の 『 Down By Sally Gardens 』は最高です(≧▽≦)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-25 07:53
ruunoutaさん、こんにちは。^^
梅はまだ春を感じるには早すぎる感じですが、木蓮だと確実に春ですよね。^^
アイルランド音楽のペンタトニックスケールは日本の五音音階と同じなので、日本人にはDNAレベルで響いちゃうんですよね♪
by blackfacesheep2 | 2019-03-24 05:00 | Flowers & Plants | Comments(24)