人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

早春のダウンタウン

d0353489_19394281.jpg
1





d0353489_09563462.jpg
2





d0353489_09564110.jpg
3





d0353489_09564487.jpg
4





d0353489_09563780.jpg
5





d0353489_09565045.jpg
6





d0353489_09563165.jpg
7




明るい春の日差しを見ると、カラフルなものが撮りたくなります。
3月は三寒四温、まだ気温は低い日もありますが、日差しはもはや冬ではありません。
そろそろ、ソメイヨシノも満開を迎えますしね。

ちなみに本日の写真、2枚目から7枚目は、私のお師匠さんにポストプロセスをやりなおしてもらいました。
トリミングで要らない部分をカットする。
傾きツールで写真の傾斜を調整する。
スタンプツールで要らない文字やものを消す。
焼き込みで部分的にアンダーにしたり、覆い焼きでオーバーにしたりする。
実際にモニターを見ながらその場でやってもらったので、使用法と効果がよくわかりました。

もちろん、これはドキュメンタリー系、報道系写真ではご法度です。
でも、個人のアートとしての作品ならOKだと思います。

心行くまで直していただき、ずっと良い雰囲気になりました♪
三浦誠先生、どうもありがとうございました。^^




名古屋市中区にて
SONY α7 III ILCE-7M3


Commented by j-garden-hirasato at 2019-03-29 06:50
デジタルになって、
簡単に加工ができるようになったのは、
写真の楽しみの幅を広げてくれましたね。
自分は、全然活かしていませんけど(笑)。
Commented by getteng at 2019-03-29 07:30
blackfacesheep2さん
そこまでできるんだ!
失敗作と思っても、後刻ある程度はどうにでもなる?
老生は斯様なことに疎く、ただただ消去するのみです。
Commented by NullPointer09 at 2019-03-29 09:58 x
おはようございます。
フィルムと印画紙の時代は、仕上がりに不満があっても諦めるしかないことが多々ありました。
でも、デジタルに移行してからはPhotoshopなどの様々なテクニックを使って仕上げることで、
自分の思い描いているイメージを実現できるようになりました。
あざといやり方は避けますが、表現意図に基づく編集は積極的に行っています。
昨日も、ある写真が納得できないので幾つかの工夫を施した結果、自分が欲しい絵に近づける
ことができました。
せっかく実現手段が存在するんですから使わないのは勿体ないですね。
もちろん高度なテクニックが簡単に会得できるわけではないので、日々精進が欠かせませんが。
Commented by photofloyd at 2019-03-29 10:28
そうですか、ポスト・プロセス・テクニックの効果は私の場合は殆ど取得していませんが、それは老写真愛好家としての許容範囲が狭いためだと思います。
いずれにしても撮影時の工夫に主眼があって、かっての暗室テクニック程度にしか興味がない為かもしれません。
時代は写真そのものにも変化させているんですね。テジタル・アートの世界と言ってよいものなのでしょうか。
Commented by voyagers-x at 2019-03-29 10:49
おはようございます ! !
街中にもたくさん色があふれ出しました
奥さんが出かけるときによく僕にどの服がいいと相談するのですけど
春なので綺麗な淡い色がいいですね
そろそろダークな色はやめて、綺麗な色にするのがいいですね
僕の髪...... 春なので.......ピンク色にしようかな........なーんて冗談 ^^;

Commented by iwamoto at 2019-03-29 13:19 x
多彩な色が鮮やかに踊るようでいながら、どれも捻った色ですね。
この色が出なくて、諦めました(笑)

トリミングシタだけで、それを記載する人もいますよね。
逆に、トリミングしてない写真を他人に見せるのか、と言う人も。
わたしも、仕上げは必要と思っていますけど、範囲の設定は難しいですね。
みんなで悩みながら、進みましょう。
Commented by taekamede at 2019-03-29 15:11
黒顔羊さんの早春ダウンタウンのショット、私のフェイバリットです(^^♪
とても軽やかでリズミカルでイケてます!
1から7まで飾ってあるカフェでドーナツたべたいです(^^♪
Commented by ruunouta at 2019-03-29 17:47
いろんなテクニックがあるんですねぇ~
技術音痴な私にはなかなか難しいですが
写真をアートとして扱うことは大賛成♪
真を写す写真もあれば
芸術作品の一つとして楽しむ写真があってもいいと思います(*´ω`*)
5枚目と7枚目がお気に入り♡
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 19:18
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
フィルム写真のころは、キレイな写真を撮るにはセンスはもちろん、撮影技術が必要でしたね。
デジタルになってからは、センスさえあれば撮影技術はぼちぼちでも後からどうにでもできる範囲が増えました。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 19:19
getteng さん、こんにちは。^^
そうなんですよ、デジタル時代になってからは、失敗はカバーできるようになりました。
フィルム時代からすると、夢のような時代です。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 19:21
NullPointer09さん、こんにちは。^^
そうですね、かつてフィルムと印画紙の時代には、諦めざるを得ないことが多かったです。
ただ、それなりに勉強は必要なので、こういう機会にいろいろな技法を習っておけるのはありがたいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 19:24
photofloydさん、こんにちは。^^
Adobe Lightroomは、Photoshopほど極端なことはできませんが、昔暗室でやっていたことはたいていできますね。
だからアプリの名称が、Dark RoomではなくてLight Roomになっているのでしょうね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 19:25
voyagers-x さん、こんにちは。^^
冬の間はあまり色に注力しなかったのが、春になると同時に敏感になるというのもあるかもしれません。
そうそう、春は綺麗な淡い色が素敵です・・・さすがに髪をピンク色にするのは、ちーと問題がありそうですが。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 19:28
iwamoto 師匠、こんにちは。^^
デジタル時代になって、カメラの中ですでにかなりの加工が行われるようになり、無加工は不可能になりました。
とにかく可能性は無限大、どの程度いじるか、はたまたいじらないか・・・これは撮影者に与えられた試練ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 19:30
たえかちゃん、こんにちは。^^
おお、私の街撮りスナップをそんなに気に入ってもらって、ありがとう~♪
この写真を飾ったカフェはないけど、春色に染まった街角でドーナツ食べたいのは、私も同じだなあ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 19:32
ruunoutaさん、こんにちは。^^
基本的には昔のフィルム写真の時代からあるテクニックばかりなんですが、今はそれが簡単に使えるようになりました。^^
私は、ドキュメンタリー系の写真よりアート系写真の方が好きなので、基本的にどの写真もいじってます。(;・∀・)
Commented by aitoyuuki13 at 2019-03-29 21:00
これはナディアパークあたりでしょうか

アートな作品、大好物なのであります(^_^)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-29 23:44
愛と勇気さん、こんにちは。^^
これは大津通沿いのお店でしたね。
85mmとか135mmとかの大口径中望遠は、アート系の作品撮りに向いてますね。
by blackfacesheep2 | 2019-03-29 05:00 | Snap | Comments(18)