人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

赤い列車

d0353489_19041247.jpg
1





d0353489_18464407.jpg
2





d0353489_18493274.jpg
3





d0353489_18502469.jpg
4





d0353489_18485839.jpg
5





d0353489_18482405.jpg
6




豊田市北部にある鞍ヶ池公園には、古い名鉄電車が展示されています。
モ805とク2323と言う2台の車両ですね。

先頭車両のモ805は、昭和10年に製造された古い車両だそうです。
後ろのク2313は昭和13年に製造された車両です。

この2両は名鉄豊田線開業前の試運転に使用されました。
「豊田線をはじめて走った電車」ということで廃車後に豊田市に寄贈され、それで鞍ヶ池公園に展示されているのだとか。

露天で味わい深い赤錆に囲まれて静態保存されていますが、先日訪問したら保守工事が始まっていました。
せっかくの美しい赤錆にペンキを塗布されてしまったら、錆ふぇちにとっては一大事・・・
大慌てで写真を撮って帰ってきました。(;・∀・)



d0353489_18510077.jpg
7




愛知県豊田市 鞍ヶ池公園にて
SONY α7 III ILCE-7M3
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art



d0353489_22054560.png



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

Commented by j-garden-hirasato at 2019-03-11 06:29
「保守工事が…」
今頃は、
ペタペタに塗られちゃったでしょうか。
ギリギリセーフ。
今度赤錆が楽しめるのは、
何十年後かになっちゃいますね。
Commented by getteng at 2019-03-11 06:58
blackfacesheep2さん
我々のような錆好きな者にとっては余計な行為ですね。
ペンキを塗ると綺麗に見えるのではなく、
放置することで価値が出るものもあるということを知らないようですね(喝!)
Commented by small-talk at 2019-03-11 09:13
名鉄の赤、ですね。
特に、6番が良いなと思います。

名古屋周辺の地理に疎いと、の名鉄名古屋駅でどの電車に乗れば分からないのですよね。
同じホームから次々に、多方面の電車が来るから、迷っちゃいます。
Commented by sutekinakurashi7 at 2019-03-11 09:29
お早うございます♪
それは一大事でしたね!
間に合って良かったです( *´艸)

それにしても物凄い錆びっぷりですね~。
惚れ惚れします。
・・って、、あれ? 私っていつの間にぃ~ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙
   HIGA
Commented at 2019-03-11 09:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NullPointer09 at 2019-03-11 10:24 x
おはようございます。
補修工事の前に撮影できたのはよかったですね。^^
私も錆愛好家ではありますが、この物件で優先すべきことは、できるだけ良好な状態で
保存して次世代に引き継ぐことですね。
錆をこのまま放置していたら、朽ち果てて最終的に廃棄処分になるでしょう。
それを防ぐため補修するのが正しい判断だと思います。
お写真は、6枚目が好きです。^^
Commented by voyagers-x at 2019-03-11 11:48
おはようございます ! !
赤色が渋みを増してる感じ
人間の皮膚にシワが入るように、赤いボディーにも亀裂というシワが........
味わい深いですね

Commented by iwamoto at 2019-03-11 12:36 x
6枚目ですが、写真も素敵ですけど、
この実物を切り取って帰りたいくらいでは?
それをそのまま額装したいくらいですね。
もしくは油絵の具で描くとか。
そう考えると、写真が妥協点なのかもしれません。
破綻の無い完璧な構図ですね。 光線も良いし。
Commented by pikorin77jp at 2019-03-11 15:35
ペンキ塗り替え、、、黒顔羊さんの一番嫌いな行為ですね^^
多分 塗り替え前は 赤錆も綺麗にと落とされ ピカピカに!

ここまでなるのに また後何級年もかかるのでしょうね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 16:55
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
そうですね、怖くて見に行ってませんが、おそらく今頃はしっかり塗られてしまっているんじゃないかと。(;・∀・)
私が生きている間に、こんな感じの赤錆がまた楽しめるようになるのでしょうか・・・
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 16:56
gettengさん、こんにちは。^^
そうそう、赤錆ファンにとっては「余計なことをするな」と言いたくなります。
でも、曝露しっぱなしだとやはり長い間保存できないので、定期的に保守は必要なのでしょうねえ。(-_-;)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 17:03
small-talk さん、こんにちは。^^
名鉄と言えば「赤い列車」ですよね、特に古い列車は赤錆との愛称が抜群ですね。
名鉄の名古屋駅は、地元の人間でも難解な乗り場です・・・延着しているときなどは、わけがわからなくなります。(@_@)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 17:05
HIGAさん、こんにちは。^^
そーそー、業者さんはすでに入っていて、内装から補修工事を始めているようでしたが、外装は大丈夫でした。^^
おお、赤錆嗜好症候群を発症しましたかねえ、これは一度罹患するとなかなか寛解しないやっかいな業病です。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 17:35
鍵コメ2019-03-11 09:40 さん、こんにちは。^^
もろもろ了解です♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 17:37
NullPointer09さん、こんにちは。^^
そうですね、これを放っておいたらやがては朽ちてしまうでしょう・・・定期的なメンテは必要ですね。
写真を撮るタイミングを考えれば良いだけのことなので、こういう貴重な遺産はしっかりと残してほしいと思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 17:38
voyagers-x さん、こんにちは。^^
名鉄の古い車両の赤は、派手さはあまり感じず、渋さを感じますよね。^^
なるほど、皮膚にシワが入るように、赤いボディーにも亀裂というシワが入る・・・うまい例えです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 18:03
iwamoto師匠、こんにちは。^^
おっしゃる通り6枚目に写った赤錆はアートしてましたね、初期の荒川修作さんの作品のように額装したくなります。^^
意図的に作ろうとしても、絶対に作れない偶然が折り重なった、素晴らしい作品ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-11 18:04
ピコさん、こんにちは。^^
あはは、錆びた風情が好きなのに、それを塗り直しされてしまうと、脱力感が激しいです。
でも、保守管理をしなかったら、すぐに風化してしまうのですよね、定期的なメンテは必要不可欠なのは納得してます。
Commented by 59kisaragi at 2019-03-11 19:35
戦前に作られた古い電車、赤い塗装がこれまた可愛いです^^
もしかしたら内装は木で出来ているのかなぁ。
私外装の錆加減も好きですが、時代を感じさせる車内の内装も興味があるんですよね。
そっちは無理なんかなぁ。
Commented by Desire at 2019-03-11 20:15 x
赤と言えばソール・ライターを思い出しちゃいます
この朱色っぽい赤が50~60年代を彷彿させますね
昔は結構この赤をみた気がするんですが、近年ではみかけなくなりました
懐かしく、美しい色です

前回の最後の一枚もステキです
Commented by hoshigaoka at 2019-03-11 21:47 x
こんばんは!

これはまたすごく錆びてますね~!
塗装が落屑のように剥がれ落ちてるとは、
錆歴何年ものなんでしょうかねぇ?

瀬戸線も昔は趣のある赤い電車が走っていましたが
今は銀色になっちゃってますもんね。
今後は高架になって風景も変わってしまうのでしょうか。
変ってしまうその前に、
瀬戸街道や瀬戸電を写真に撮りたいなぁと思っています^^)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-12 11:27
Angelさん、こんにちは。^^
この赤い列車、内装は懐かしい木造で、シートはえんじ色のモケットでした。
過去に何回か撮ってますが、今回は中に入れませんでした。(´;ω;`)
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-12 11:29
Desireさん、こんにちは。^^
そうそう、ソール・ライターのシグネチャーカラーは赤、ときどき黄色でしたよね。^^
前回の最後の一枚と言うと、去り行く親子とバルーンの玉ボケですね、ありがとうございました。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2019-03-12 11:31
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
なかなかのアートな赤錆ですよね、前回の補修から何年経っているのか・・・良い具合でした。
そうそう、瀬戸線も高架になったら、あの風情はなくなってしまいますね、撮る値打ちがありますよね♪
by blackfacesheep2 | 2019-03-11 05:00 | Rusty Scene | Comments(24)