ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

A Downtown Where Colors Are Used Lavishly

d0353489_23273380.jpg
1





d0353489_23300629.jpg
2





d0353489_23284951.jpg
3





名古屋駅前には、カラフルな被写体もたくさんあります。

色が多いとけばけばしく下品になりがちなんですが、そうでもないカラフルな被写体もありますね。

センスなんだろうなあ、うん♪


名古屋市中村区名駅にて
LUMIX DMC-GX7MK2
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この色彩が気前よく使われている都心をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]
Commented by j-garden-hirasato at 2018-09-28 06:17
けばけばしいか、カラフルか、
その分かれ目って、
何でしょうか。
その場の雰囲気も大きいのでしょうね。
Commented by getteng at 2018-09-28 07:17
blackfacesheep2さん
この辺りの町内会で申し合わせてカラフルな運動をしているのですか?
落書きさせる前に先手を打つのもいいアィデアですよ。
Commented by London Caller at 2018-09-28 07:20 x
サイケデリックとはまさにこのような光景を言うんでしょうね!
1960年代の感じですね。
私はまだ生まれていませんでした〜
Commented by hasseleica at 2018-09-28 07:59
カラフルなモノについレンズを向けますが、切取り方が難しい... その点何時もながらのセンスの良さでまとめてらっしゃるのは見事だと思いました。
Commented by iwamoto at 2018-09-28 08:34 x
撮り手の品格が厳しく跳ね返ってくる題材だと思います。
あちらのセンス、こちらのセンス。 うまく噛み合えば良いですが。

1枚目は直線と曲線、モノトーンと多色の組み合わせ。
誰が撮ってもソコソコ行くでしょう。

2枚目は前景が利いてますよね。 素晴らしいアイデアだと思います。

3枚目がお気に入りですが、四隅までバッチリ、破綻無く、それでいて力感も存在。 1ミリも動かせない完成度。

どんなものでも、写す側のセンスと品格と技術ですね。
Commented by taekamede at 2018-09-28 09:14
1枚目、大迫力ですね~!アーティストの方、描くの大変だったでしょうね。
3枚目の方、上手い!これは凄い!
お写真、2枚目が好みです(^^♪南の小島から届いた絵葉書みたい。
Commented by sutekinakurashi7 at 2018-09-28 11:36
こんにちは♫
名駅にこんな所があったんですね~(°▽°)
お写真1の、背景との対比が面白いです!
無機質な無限のガラスに サイケデリックなギョロ目!!
出来すぎで スゴいです☆ HIGA
Commented by voyagers-x at 2018-09-28 11:55
おはようございます!!
賑やかな色使いですね
カラフルな物体を見ると元気が出てきますね
この先の季節は特に赤系統が素敵な感じに見えそう
季節の色に波長が合うからなのでしょうか ^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-28 21:09
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
おっしゃる通り、けばけばしいか、カラフルか・・・分かれ目は難しいですね。
しいて言えば、統一感のあるなし、かなあ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-28 21:11
gettengさん、こんにちは。^^
実はこれ、名古屋駅前と言ってもかなり広い範囲でして、私の目に留まったモノをスナップしただけなんです。
カラフルなものは、見つけたら撮ってしまいますもんね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-28 21:20
London Callerさん、こんにちは。^^
一枚目はまさしくサイケデリックですね、「サイケ調」な建物でした。^^
1960年代、生まれていらっしゃいませんでしたか、お若いですねえ、私はローティーンでしたよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-28 21:21
hasseleicaさん、こんにちは。^^
そうなんですよね、色の綺麗なものにはまず目が反応し、指が反応し、撮影してしまいます。
切り取り方は難しいですよねえ、いつも試行錯誤してます。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-28 21:24
iwamotoさん、こんにちは。^^
カラフルなものは誰もが撮るもの・・・それゆえ料理方法が難しいですが、今回はあまりいじらずストレートに撮りました。
3枚の写真それぞれに丁寧にコメントをいただき、ありがとうございます、iwamotoさんのお言葉は格別うれしいです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-28 21:26
たえかちゃん、こんにちは。^^
こういう大きな壁画って、アーティストさん本人が描くのか、それとも図面を元に職人さんが描くのか・・・どっちなんでしょうか。^^
あはは、2枚目、南の小島から届いた絵葉書ですか~、すてきな感性を盛ってらっしゃいますねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-28 21:28
HIGAさん、こんにちは。^^
名駅から柳橋界隈で撮ったもので、このときはカラフルなものを片っ端から撮ってました。^^
1枚目はおっしゃる通り、その無機質さとサイケデリックさのコントラスト狙いですね、意図を汲んでいただきありがとうございます♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-28 21:30
voyagers-x さん、こんにちは。^^
昔、ビタミンカラーと言う言葉が流行りましたよね、ビビッドな赤やオレンジや黄色や緑・・・元気が出ますよね。^^
秋になると、温かみのある色を無意識に探しているかもしれません、寒色はあまり探さないなあ。(;・∀・)
Commented by Desire at 2018-09-28 23:38 x
こんばんは
前回もお書きいただいた通りに名古屋オシャレになってますね
ってその前がわからないのでお写真を拝見するに実にオシャレかと
でもきっと撮り手の才覚でオシャレに切りとってるんですけどね
こういうカラフルな被写体見つけて歩けると楽しいですよね
Commented by Penta at 2018-09-29 02:39 x
名古屋駅から柳橋の間の区間にこんな絵が描かれているんですか。
この前、プラネタリウムからの帰り、見ているかも知れないんですが、記憶にないです、、、(笑)
落書きなら、こんな高い位置に一面塗ることが出来ないので、画家本人か塗装工が原画を再現しているんでしょうね、、、

Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-29 09:24
Desireさん、こんにちは。^^
まあ基本的に名古屋は「偉大なる田舎」で、あまり変わってはいないんですが、外観は少しずつ変わりつつありますね。^^
特に名古屋駅界隈は、2005年の万博以来、大きく変貌しつつあり、なかなかエキサイティングです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-29 09:26
Pentaさん、こんにちは。^^
柳橋のあたりは複雑な道路になっているので、この場所にもう一回行け、と言われても難しいかも知れません。(;・∀・)
この3つはすべてアートディレクションがしっかり行われており、完成度が高いですね♪
by blackfacesheep2 | 2018-09-28 05:00 | Japanese Landscape | Comments(20)