ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

Impressions In Blue And Slight Green

d0353489_15083362.jpg




d0353489_14461895.jpg




d0353489_15081734.jpg



あまりの暑さで外出する根性がなく、自宅で涼し気な写真を撮ることにしました。
題して『青とわずかな緑の印象』です・・・自宅にある各種の青いガラス器を使って撮影してみました。

Ai Nikkor 35mm/F1.4Sを絞り開放にセットし、ヘリコイドアダプターを最長に伸ばしてしてマクロ撮影してみました。
広角のマクロレンズってあまりないので、ヘリコイドアダプターは偉大なり、です。

さて、「印象」を英語で言えば"Impression"です。
"Impressions"と言えば、JAZZファンならJohn Coltraneの名前を想いだすと思います。

実は本日はコルトレーンの命日です・・・1967年7月17日に肝臓がんで逝去してから51年経ちました。
と言うわけで、BGMはJohn Coltraneの名曲、"Impressions"です。。






この"Impressions"、スタジオ録音です。
しかもピアノレスで、ベースとドラムスだけを従えたトリオ編成です。

実はこの演奏、最近発売された新譜、"Both Directions at Once: The Lost Album"での演奏です。
コルトレーンの絶頂期1963年に吹き込んだ音源が、録音の55年後の2018年6月29日に世界同時に発売されました。

発売と同時に世界のヒットチャートに食い込み、ビルボードのJAZZアルバムチャートで第1位、UKのアルバムチャートでは15位だとか。
コルトレーン、その影響はJAZZのみならずあらゆる音楽に及んでます。
亡くなった後にファンになった人も、きっと多いんでしょうね。

なお、この作品は関係者の間では、「奇跡」と呼ばれていたそうです。
なぜなら・・・一つには、これは実際に“ロスト=失われた”作品だからです。
コルトレーンが当時在籍していた米国インパルス・レーベルに録音の記録には残っていたものの、マスターテープがどこにも存在しなかったからです。

実は録音終了後に、録音技師のルディ・ヴァン・ゲルダ―がモノラルバージョンのテープをチェック用としてコルトレーンに渡したのだそうです。
その後トレーンは当時の奥さんネイマにそのテープを渡し、さらにネイマの遺族がこのテープを発見・・・
録音から55年のときを経て、コルトレーンが当時在籍していたインパルス・レーベルより発表されることとなったのだそうです。

また、もう一つの奇跡の理由は、「完全な新作」だから、ということもあります。
この作品は過去に海賊盤などでも一切世に出たことがありません・・また未発表の“ライヴ”音源でもありません。
今回初登場となる新曲も2曲入っており、完全にリリースを前提に録音されたスタジオ録音作品だからです。

さらにこのアルバムのもう一つの「奇跡」は、「コルトレーンの絶頂期」を捉えた録音だからです。
メンバーは、John Coltrane (ts), McCoy Tyner (p), Jimmy Garrison (b), Elvin Jones (ds)、いわゆるクラシック・カルテットです。
録音されたのは、名盤"John Coltrane & Johnny Hartman"の録音前日だそうです。
あのくつろぎと優しさに満ちた名演、"My one and only love"の直前だったのか・・・とても感慨深いです。


d0353489_14475890.jpg

私も大のコルトレーン信者です・・・ブログのタイトル”Soul Eyes"もコルトレーンの演奏からいただいたほどです。
もちろんアマゾンに予約を入れて、早速手に入れました。
未発表でまったくの新曲も入っているということで、初めて聴くときには興奮しましたねえ♪

演奏内容は・・・5点満点で4点かな。(;・∀・)
ずっとお蔵入りしていた理由もなんとなくわかります・・・悪くないけど、鳥肌が立つほどすごくもないって感じです。
やはりImpulseレーベルでのコルトレーンの名作と言えば、私としては"Crescent", "Coltrane", "Transition"の3枚が別格だと思います。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Ai Nikkor 35mm/F1.4S with "Nikon F / Sony E" Helicoid Adapter

☆ブログランキングに参加しています。
この青とわずかな緑の印象をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

[PR]
Commented by yuta at 2018-07-17 06:06 x
おはようございます
東京も毎日暑いですが、
名古屋はそれ以上の暑さだとか
外に出る気力がなくなりますよね。
ブルー&グリーンは涼しげです。写真を見ながら冷たい飲み物を飲みたいですね。

コルトレーンの幻の名盤ですね。♪
噂では聞いてました。
この頃がベストメンバーですね。
”John Coltrane & Johnny Hartman"のCD持ってます。
夜聴くのがいいですね。♪
Commented by j-garden-hirasato at 2018-07-17 06:46
ご自宅で、
涼し気な写真を撮れるとは、
羨ましい限りです。
自宅にいても、
暑くて暑くて、
そんな気分になれません。
Commented by getteng at 2018-07-17 06:50
blackfacesheep2さん
今日の朝刊では、黒面羊さんちのテディベアにお会いしましたので惑わずupしました。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 07:37
yutaさん、こんにちは。^^
今年の東海地方の暑さは異常ですね、お隣の岐阜県では連日、記録的な高温が続いています。
おお、コルトレーン&ハートマン、お持ちですか、そうそう、あれは夜に聴くと最高ですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 07:38
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ダイニングテーブルの上に青いガラス器を置いて、涼みながら撮っていました。^^;
今年の7月はエアコンの稼働率がとっても高いですね~、扇風機じゃ手に負えない暑さです。(´;ω;`)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 07:39
gettengさん、こんにちは。^^
うちのテディベアは、ほとんど相方の手作りです。
同じ型紙から起こされたベアがいるのですか・・・後で見に行きますね♪
Commented by iwamoto at 2018-07-17 08:15 x
黒熊さんの前の2行のこと、初めて知りました。
「感慨深い:という言葉も納得です。
説明されてる状況はよく分かります。

昔美味しいと思っていたものを、今食べて・・・。

その理由はふたつありますよね、
自分が経験を積んだから。
自分の感覚が鈍くなったから。

でも、愛するって、それを越えたところにあるから、関係無いのですけど。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 08:26
iwamotoさん、こんにちは。^^
もちろん水準はしっかりと満たした作品にはなっているんですが、アルバムとしてのまとまりや主張が弱いのですよね。
この時期のバラードもの、いろいろ言われてますが、アルバムとしての完成度は高いし、まとまった作品だと思います。
今回のこの新アルバムは、希少性は抜群ですが、あとになって繰り返して何回も聴くアルバムにはならなさそうです。
Commented by taekamede at 2018-07-17 09:18
一枚目、ヴェネチアングラスみたいでキレ~、って思って見たら、やっぱりガラスを撮ったんですね。年月が経ってできたような自然の美しさを感じました♪
3枚目の極太の黒いラインも好き。こんな綺麗な色にを黒で切りつけるなんて勇気ある~(^^♪
 ジャズも素敵ですね、奇跡のレコードのお話も興味深いです。今度、ゆっくり聞いてみたくなりました。
Commented by magnifika-2 at 2018-07-17 09:24
おお、なんと素敵な「緑青」に混じり合う寸前の二色‼︎
黒顔羊さんの遊びの「妙」、、、いいですね!

1日の終わりColtrane & Hartmanに3夕に一度は飲み物片手に包まれています。
永遠の名曲、名盤ですね。おしゃれな投稿、楽しませてもらいました。
チャーミングなブラック・ベアもスパイス役をしっかり演じていて感心です!
Commented by cobag2 at 2018-07-17 09:32
相変わらずの写欲!
シュールな数々に言葉を失う、の巻です(笑)。
Commented by voyagers-x at 2018-07-17 11:13
おはようございます!!
今の時期、写真を撮りたいけど外に出たくない
困ったモノです
外に出てる時間は我慢の限界は30分くらいかな ^^;
青と緑のマクロ的な写真
見た目の印象が涼し気ですね
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-07-17 13:01
涼しげな色合い、まるで水族館か海の中にいるみたいです^^
こんなに暑いと出かけるのも命がけになりそう。
例年暑中お見舞いのはがきを出すのですが、今年はそんな気力もなくメールで済ませることにしました。
旧居留地で5年ぶりにらんぷミュージアムが再開されるとあったり8月にはスヌーピーのピーナッツホテルが神戸にオープンしたりとか写欲を掻き立てる話題があるのはあるのですが、心身ともにすっかり夏休みモードです(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 14:45
たえかちゃん、こんにちは。^^
この青はね、琉球ガラスのボトルと一輪挿しの青なんですよ、深みがあってとっても綺麗、大好きな色です♪
JAZZは守備範囲が広い音楽なので、聴きやすいものからじょじょに聴いて行けばいいんじゃないかな。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 14:47
magnifika-2さん、こんにちは。^^
あはは~、色で遊ぶのは大好きなんですよ、撮った後に微妙にホワイトバランスなどをいじって遊んでます。^^
おお、コルトレーンとハートマンで、素敵な時間をお過ごしになっているんだなあ、羨ましいです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 14:49
cobag2さん、こんにちは。^^
あはは~、こうなるともはや写真じゃないのかもしれません・・・デジタルアート、なのかも。^^;
いじくりまくる素材として写真を撮っている感じですね。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 14:50
voyagers-xさん、こんにちは。^^
真夏と真冬は、写真を撮りに出かけるのに根性や勇気が必要な季節ですね。(;・∀・)
特に夏はダメですね・・・集中力が続きません・・・汗が目に入り始めると、もう駄目です。(´;ω;`)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 14:53
Angelさん、こんにちは。^^
今年の暑さは異常ですね、最高気温が出るのは例年は8月中旬なのに、今年は1ヶ月も早いです・・・(;・∀・)
戸外での撮影は、ゆっくり慎重にやりましょうね、熱中症にならないよう、十分に気をつけてくださいね。^^
Commented by hoshigaoka at 2018-07-17 16:12 x
こんにちは!

今朝から有給とって会社の人間ドックに行ってきまして、早々に帰宅しました^^)

一枚目の青い写真、
宇宙から地球を撮ったような感じですが、マクロ撮影だったのですね!
確かに広角レンズのマクロレンズってあまり無いですね。

先月リリースのコルトレーンの音源がもうyoutubeに落ちているんです!?
マスターテープが行方不明になったまま放置って、担当者もノンビリしてますね^^;
Commented by nobikunJ at 2018-07-17 17:22
こんにちは。
すごく印象的な写真、まさにAfro Blue Impressionですね。

Impressionsとタイトルにあるので、あ、Coltraneだと思いました。
CD、まだ未入手です。
急がねば。

Coltrane、相変わらず吹いてますね。
ピアノレスというと、Don Cherryと演ったAvant-Gardeを思い出しますが、どうしてこちらもかなり骨太ですね。確かにJohonny Hartmanとの録音の前の日にこのような演奏しているとは興味深いです。
ImpulseというとどうしてもLive版が頭をよぎります。私はNew Portでの演奏とかが好きです。
ただ、「至上の愛」はどうも・・・。演奏自体はかっこいいのですが、あまり「至上」とか「愛」といわれても引いてしまう性格なので(笑)
Coltrane、ず~っと、一生聴いていくんだと思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 18:20
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
おお、人間ドックでしたか、まだお若いからさほど問題はなかったでしょうね、とりあえずお疲れさまでした。^^
なるほど、宇宙から撮った地球・・・Blue Earthにも見えますね、マクロとミクロ、どっちもどっちです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 18:28
nobikunJさん、こんにちは。^^
"Impreと言うタイトルの写真を撮ろうと思って、いろいろやってみました・・・涼しいところでできるマクロ系、楽ですね。^^
このころのトレーン、バラード集が多く、一説にはマウスピースが不調でアップテンポが吹けなかったとか言われてました。
でも、ウソですね~、ハートマンとやる前日にこれだけバリバリに吹けてますからねえ。(;・∀・)

New Portのライブと言うとRoy Haynesがdsを叩いているMy Favorite Thingsが凄いですね、私も大好きです。

至上の愛、私もあの「お経」さえなければ・・・って思います。
演奏自体は良いのですが、あの"A Love Supreme"と繰り返すマントラが辛いです。(´;ω;`)
Commented by hikaridokei at 2018-07-17 19:17
素敵なテーブルフォトですね!
濃淡ある青の色彩に引き込まれそうです。
光源も使われたのでしょうか^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-17 20:31
光時計さん、こんにちは。^^
この写真を撮っているところをご覧になったら、たぶん驚かれると思います、ヘリコイドアダプターで寄れるだけ寄って撮ってます。^^
光はすべて場の光ですね、窓際に被写体を持って行って、レンズの距離は固定で、被写体を手で持ってフォーカシングしてます。
Commented by Desire at 2018-07-18 00:02 x
こんばんは^ ^
酷暑の中、ご自宅にこんな涼しげな被写体があるというのがオシャレですね

17日コルトレーンの命日だったのですね
貼り付けていただいた動画聞かせていただきました
しかし、これは絶頂期の奇跡
確かによい写真に素晴らしい音を頂きました
ありがとうございます
Commented by Penta at 2018-07-18 01:01 x
外は暑過ぎるので家でも何もしないのかなと思ったら、
涼しげな写真を撮るとは、何か写真を撮るために
カメラに手が行くんですね。(笑)

深海の中に財宝がじっと静かに眠っているような
写真に見えてきました。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-18 07:36
Desireさん、こんにちは。^^
マクロ写真だと、余計なものが写り込まないので、ごちゃらけた我家でも写真が撮れます♪
このアルバム、発売されたのはなんとEric Dolphyの命日の6月29日でした・・・トレーンの命日より半月早かったです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-18 07:39
Pentaさん、こんにちは。^^
かつて入院中していたときも、回復期になると暇なので、写真を撮りたくなってました・・・、ほんとに好きなんだなって、思います。
おお、深海の中の財宝ですか、素敵な言葉をいただきました、ありがとうございます。^^
by blackfacesheep2 | 2018-07-17 05:00 | Jazz | Comments(28)