ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

The Real McCoys On Back Street

d0353489_20092968.jpg




d0353489_20095922.jpg




d0353489_20102915.jpg


名古屋の繁華街の裏通りで見つけたお店です。
名前はThe Real McCoys・・・英語で「ホンモノ」って意味ですね。
アメリカのヘビーデューティー系のファッションを扱っているようですが、ググってみて驚きました。
私が学生の頃に付き合いがあったイラストレーターさんが関係しているようです。^^

ところで、JazzピアニストのMcCoy Tynerも、”The Real McCoy"というのアルバムを吹き込んでます。
彼はJohn Coltrane Quartetのピアニストとして有名になりましたが、トレーンがアヴァンギャルドな方向に行き過ぎて、ついていけなくなりました。

そしてコルトレーン・カルテットを辞めて最初に録音したのがこのアルバムです。
ドラムスは同じくコルトレーン・カルテットを卒業したエルビン・ジョーンズ、ベースにはマイルス・デヴィス・クインテットのロン・カーター、テナーサックスは新進気鋭のジョー・ヘンダーソンです。

アルバム全体を通じて、「もしコルトレーンがフリージャズに向かわなかったら・・・」って感じの演奏が繰り広げられています。
つまり・・・典型的な体育会系JAZZですね。

それではこのアルバムの冒頭の曲、”Passion Dance”をどうぞ。
ミクソリディアンスケールで時々スケールアウトしながら繰り広げられるアドリブ、疾走感があって大好きです。^^






名古屋市中区栄にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Ai Nikkor 85mm/F1.4S with "Nikon F / Sony E" Helicoid Adapter

☆ブログランキングに参加しています。
この裏通りのホンモノをご覧になって何かをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

[PR]
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-25 06:32
名古屋くらいの都会になれば、
繁華街の裏通りにも、
撮り甲斐のあるオモシロいお店が多いのでしょうね。
「付き合いがあった」
男女の仲ではないですよね(笑)。
Commented by getteng at 2018-06-25 06:48
blackfacesheep2さん
貴兄はJAZZにもお詳しいようですね。
最近はたまにしか聴きませんが、学生時代はジャズ喫茶に入り浸りでした。
当時は誰が好きだとか、まだ確たるものがなかった頃です。
Commented by iwamoto at 2018-06-25 06:50 x
慣用句なのですか、マッコイだけでホンマモンと思えますが、それにリアルが付くと、ホンモノ中のホンモノ?
リアルマッコイズは、そういう意味を掛けていたのですね。 知りませんでした。
マイルストーンって、最高にオシャレな言葉と思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-25 08:14
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ここはメインストリートの一本奥の通りになるんですが、それなりに賑やかな場所なんですよ。
あはは、このイラストレーターさん、岡本博さんと言いまして、ひところ雑誌ポパイの表紙を描いてました。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-25 08:17
gettengさん、こんにちは。^^
あはは、大学は外国語学部英米科でしたが、ほとんど軽音楽部JAZZ科状態でしたね、クラブハウスには行っても授業には出ないという。^^;
今は写真の方が面白いんですが、当時はJAZZにどっぷりとはまってましたよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-25 08:24
iwamotoさん、こんにちは。^^
The Real McCoyの語源にはいろいろな説がありますが、どうやらボクサーの名前からとったようですね。^^
マイルストーンと聞くと、あのCDEDCDEDCDECDのシンプルなイオニアンスケールのリフが頭の中にこだまします。^^
Commented by voyagers-x at 2018-06-25 10:41
おはようございます!!
本物を楽しみたいですね
上っ面だけ気にしても仕方がない様な気もするし
本当に自分が必要なものは何か見極めたいですね
Commented by taekamede at 2018-06-25 13:07
点灯している文字が消えそうに細いところがあるのがイイ感じですね~。裏道りな感じがします(^^♪

昔、お付き合いのある方とカメラの被写体を通して繋がれるのって素敵ですね~!そういうの憧れます。
Commented by Penta at 2018-06-25 13:34 x
本通りから一歩入った裏通りを歩くのも、何か発見があって面白いですよね。

入った店が知り合いと関係していたとは、急に親しみが沸いてきますね。

雑誌「ポパイ」、創刊号を買って今でも持っています。(笑)
当時は毎号のように買っていたんですが、調べてみると1976年創刊で今でもまだあるんですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-25 15:52
voyagers-x さん、こんにちは。^^
そうですよね、何事もホンモノが一番です♪
ちょっと安いから、という理由でフェイクを使うと、あとで後悔しますよね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-25 15:53
たえかちゃん、こんにちは。^^
古い映画に出てくるようなネオン管でしたね、ときどき暗くなるやつね。^^
自分の青春時代、ついこないだのことだと思っていたら、もう40年も前のことだとは・・・驚きです。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-25 15:58
Pentaさん、こんにちは。^^
表通りには誰もが知っている有名なお店や、昔からそこで営業している老舗が出ていますが、一本入るとそこには個性的なお店がありますね。^^
ポパイは1970年代後半から80年代にかけてのカタログ文化の担い手で、私も愛読者でした。
Commented by nobikunJ at 2018-06-25 17:38
かっこいい写真ですね。
Jazzのジャケットになりそうです。

マッコイ・タイナーは私も大好きなピアニストです。
コルトレーンのMy Favorite Thingsで前人未踏の信じられないピアノを弾いて突き抜けた感がありますが、その後Atlantisといったすごいアルバムも残したりして。
ただ、リーダー作には結構つまらないものもあります。不思議なピアニストです。

Passion Dance、結局こういうJazzが一番肌に合います。エルビンのドラムもすごいです。コルトレーンのAscentionのジャケットで、あまりのフリーさに悩みながら煙草を吸う写真が載ってしまったエルビン、「俺がやりたいのはこれよ!」といったところでしょうか(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-25 18:20
nobikunJさん、こんにちは。^^
おお、マッコイ・タイナー、お好きですか、私も大好物ですよ。
John Coltrane Quartetでの左手ガンガンな演奏はカタルシスを感じますね。
でも、同時期にImpulseに残したReaching FourthやInceptionの洒落た雰囲気も好きです。
Elvin Jonesも完全なフリーだと相性が悪かったんでしょうね。
モーダル時々フリーだと無問題で、Joe HendersonやWayne Shorterとやっているときの破壊力は抜群ですもんね。
Commented by Desire at 2018-06-25 20:40 x
ガレの前回に魅了され、今回のこのコルトレーンのPlayに良いながらコメントです
いい感じのGroove
またピアノが好みです
オシャレな写真とオシャレなBGMで気持ちよくお酒も進みます(^_-)
Commented by golden_giraffe at 2018-06-25 21:45
アメリカンテイストな意匠ですね^ ^
センスを感じますねー。
1枚目の読み取りきれない絶妙さがいいです^ ^
見る側を惑わす良いお写真ですね^ ^
Commented by belcantaro at 2018-06-25 22:47
黒顔羊さん、こんばんは〜❣️
エミールガレのランプがあったと思えば、次はマッコイタイナーとは、、(≧∇≦)
んも〜ほんとツボを心得ておられるお方❣️
アタシの体調もpiano pianoで良くなっておりますが、、この風邪なかなかしつこいです。
っま、そう言いながらも夜遊び復活しました。💦
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-26 07:47
Desireさん、こんにちは。^^
昔からこのアルバムは大好きだったのですが、まさしくそれに合う被写体を見つけてしまったので、コラボりました。^^
マッコイのパーカッシブなピアノとジョーヘンのうねるテナーをさかなにして飲むお酒、美味しいでしょうねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-26 07:55
金の麒麟さん、こんにちは。^^
はい、とってもアメリカンですよね、欧州にはこういうDown To Earthな雰囲気はないですよね。
一枚目は、照明がLEDらしくフリッカー気味です・・・シャッター速度が速過ぎて、不思議な感じになりました。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-26 07:57
ベルちゃん、こんにちは。^^
あはは、何でも食いつく「ダボハゼ系フォトグラファー」なんですわ、毎日写真の傾向が変わります。^^
夏の風邪は辛いよね、エアコンが強すぎると私もすぐにアレルギー性鼻炎になり、ティシュペーパー使いまくります。(´;ω;`)
by blackfacesheep2 | 2018-06-25 05:00 | Jazz | Comments(20)