ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

I Shall Sleep In Peace Until You Come To Me

d0353489_14401811.jpg




d0353489_14251769.jpg




d0353489_18025882.jpg




d0353489_18051088.jpg




d0353489_14401092.jpg




d0353489_14234744.jpg


篠島は島だけあって、赤錆は島内のいたるところにありました。
錆逝くものたち・・・ゆっくりと使命を終えて自然に帰りつつあるものたち・・・哀しくも愛しいです。

BGMに、Keith Jarrettの"Danny Boy"を貼っておきます。
Keithの演奏はピアノソロですが、歌の最後は"I shall sleep in peace until you come to me"で終わります。
「あなたが帰ってくるまで私は安らぎの中で眠ります」・・・と赤錆に言わせてみました。






愛知県知多郡南知多町篠島にて
SONY α7 II ILCE-7M2
SONY FE 50mm F1.8

☆ブログランキングに参加しています。
このまた会える日まで眠りについた赤錆をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ



[PR]
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-16 05:55
民宿・旅館のご案内錆、
篠島でしたか。
キリンレモン・立喰錆も惹かれます。
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-06-16 06:15
おはようございます。
どの物件も気持ちいいくらい錆ていますね~
ここまでくると惚れ惚れするくらいです(笑)
Commented by gaku0107boo at 2018-06-16 06:30
おはようございます!
なるで島全体がタイムカプセルのような、なんとも懐かしいというか・・・。
なにしろワタクシが篠島を訪ねたのが40数年前、高校生の時でした。
変わってないんでしょうね。
いつかは撮りまくってみたいところです。
Commented by hasseleica at 2018-06-16 07:09
アジのある錆さん達ですね!
今年瀬戸内の島々を巡りましたが、ここまでの錆さんには巡り会えませんでした。
Commented by jikomannte at 2018-06-16 08:26
やはり島の錆はパワーがありますね。(笑)
1、2枚目の錆のある風景、という感じに強く惹かれました。
Commented by getteng at 2018-06-16 08:42
blackfacesheep2さん
この建物は明治期のものの見えますが、貴重なものではないでしょうか?
当地には一棟ありますが、現在は使用しておらっず、よって傷みが激しいように見えます。
Commented by iwamoto at 2018-06-16 09:16 x
1枚目、バスケットの影、効いてますよね。
この背景に新しそうなママチャリ。 強烈。
2枚目は、想像ですが、少し悩みましたか?
構図を決めるまでに数秒掛かったように見えます。
それぞれの角度が微妙だからです。 一瞬で決まらないような。
Commented by hoshigaoka at 2018-06-16 10:11 x
こんにちは!

なんてシャープな写りの作品なんでしょう!
浮きたつような赤錆ですね♪
民宿旅館の看板、篠島ならではの光景ですね。

「あなたが帰ってくるまで私は安らぎの中で眠ります」
そういう内容の曲だったのですね。
優しいメロディーだなとは思ってましたが、こんな切ない詩だったとは…。

↓円頓寺のイタリアンと言えば…アランチャさんでしょうか?
西区押切にあった頃に食べに行ったことがあります^^)
Commented by voyagers-x at 2018-06-16 10:42
おはようございます!!
そのままの感じでさび付いて時間が止まってしまった感じ
よく映画で驚愕的な寒気がやって来て街が凍り付くという映画がありますが
そのサビバージョンみたいな雰囲気ですね
Commented by luxannews at 2018-06-16 11:04
錆びたものは味わい深く美しい
と感じさせてくれるのが黒顔羊さんの写真ですね

K.Jarrett は確か1度だけライブに行ったような・・My back pagesが大好きで
ソロだとすっごく緊張しそうで行きたくありません 笑
Commented by sutekinakurashi7 at 2018-06-16 12:41
こんにちは♫
民宿案内の看板の錆っぷりに、、グッと来ました。
って、あれ? 私、いつの間に感化された?

ピアノ、いいですね┄。
この方はジャズの方でしょうか?(無知でスミマセン) HIGA
Commented by mrxnoshyashinkan at 2018-06-16 13:08
ペンキの剥がれ方、看板の錆び方
晴天の光の中で綺麗にシブく見えます。

Keith Jarrettさんも年齢を積み重ねてシブくなっていますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:27
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
この民宿・旅館の看板、迫力がありましたね。
キリンレモンじゃなくてバヤリースあたりだったら、さらに郷愁を誘ったかも♪
Commented by Penta at 2018-06-16 21:27 x
これはまた相当な錆具合ですね。
当然、もう使われていないんですよね。
その間も固定資産税がかかると思うんですが、
解体するにも資金がいるので、放置している家も
多いらしいですね。
相続人も、登記をしていないと、次から次へと
相続人が出てきて、面倒なことになるので、
今、国がその制度を改定しようとしていますね、
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:28
jiyuujinkeikoさん、こんにちは。^^
さすが島ですね、内陸部では見たことのないほどの錆び方でした。^^
一朝一夕に錆びたわけじゃないでしょうが、それにしても見事でした。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:29
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
あはは~、まさしくタイムカプセル・・・昭和がぎっちりと詰まってましたよ。^^
名古屋から公共交通機関で行くのがめんどくさい場所ですから、なかなか出かけられないですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:30
hasseleicaさん、こんにちは。^^
おお、瀬戸内の島々にはこんな錆はなかったのですか。
篠島、やるなあ・・・今度は日間賀島に行ってこようと思ってます♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:31
純さん、こんにちは。^^
そうそう、内陸部ではここまで気合の入った錆は見られませんね。
錆を撮るなら、やはり島が一番のようです。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:33
gettengさん、こんにちは。^^
おそらく明治・大正期の建物もあるのでしょうね・・・でも、特に文化遺産にはなっていないようです。
海辺は潮風と紫外線で痛めつけられるので、劣化が激しいですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:35
iwamotoさん、こんにちは。^^
2枚目、図星です・・・5枚ぐらい構図を変えて撮ってましたよ、傾きをどのぐらいにするか、考えてたんですね。(;・∀・)
やはり写真の上手な方には、そういう迷いって見透かされてしまうんだよなあ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:37
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
このレンズ、撒き餌とか言われてますが、なかなかどうして切れ味の良い銘玉です・・・AFがとろいだけです♪
この曲はいろいろな方がとりあげてますが、歌詞がなくても直接心の中に入ってきますね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:39
voyagers-xさん、こんにちは。^^
あはは~、驚愕的な赤錆ウェーブがやってきて街が錆びたままになる・・・いいなあ、そういう想像力♪
建て替えるのにもお金がかかりますから、ずっとこのままなのでしょうねえ。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:42
luxannewsさん、こんにちは。^^
おお、My back pages・・・Somewhere Beforeですね、実は私も大好きです。
今回もDanny Boyとどっちを貼ろうか、悩みました。
「今はあの頃よりも若い」ってフレーズが錆にはどうかな、と思って落としてしまいました。(´;ω;`)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:44
HIGAさん、こんにちは。^^
だはは~、赤錆嗜好症候群にいつの間にか感染し、ついに発症しちゃったのかも♪
はい、Keith JarrettはJAZZピアニストです・・・ソロは聴きやすい作品が多いですよ、Melody At Night With Youなんか最高。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:47
mrxnoshyashinkan さん、こんにちは。^^
海辺は紫外線や潮風がきついですから、建物や鉄製品の劣化は早いですね。^^
Keith Jarrett、唸り声が聴こえない時は不調だとか言いますが、私は唸らないKeithが好きです。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-16 21:51
Pentaさん、こんにちは。^^
おっしゃる通り、解体するにもなかなかお金がかかるのでしょうね。
2枚目は観光ホテルだったようですが、ロビーなどはかなり荒れ果てた状態になっていました。
by blackfacesheep2 | 2018-06-16 05:00 | Rusty Scene | Comments(26)