ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

Colors in An Aggressive Music Festival

d0353489_15590845.jpg




d0353489_16001863.jpg




d0353489_15591506.jpg




d0353489_15592021.jpg




d0353489_16001472.jpg




d0353489_18232970.jpg



d0353489_18222984.jpg




d0353489_18243149.jpg




d0353489_15593485.jpg




d0353489_16000172.jpg




d0353489_18250114.jpg




d0353489_16002956.jpg

先日の「橋の下世界音楽祭 - SOUL BEAT ASIA 2018」のカラーバージョンです。
アングラ的と言うのかサイケデリックと言うのか、懐かしき1960年代後半の雰囲気が横溢してました。
そこに集まる人々は、その時代にはまだ生まれていなかった若い方が多かったんですが、とても「濃い」人が多かったですね。

135mmと言う望遠レンズは、こういう広い場所だととても楽しく使えます。
今回は特に「前ボケ」に注力して撮ったカットが多くなりました。

「前ボケ」って、「後ボケ」よりもさらに非現実感と言うか不思議感が高まるような気がします。
何が写っているのかわからない・・・見つめるうちに「ああ、そうか」とわかって来る・・・前ボケ写真はそんな写真になりがちです。

わかりやすい写真よりわかりにくい写真、親切な写真より不親切な写真の方が面白い・・・私も人が悪くなってきましたよ。
最近は、フィルム写真ブログでも「わかりにくくて不親切な写真」が増えてきました。
ストリートスナップの名手、ソール・ライターさんはわかりにくい写真を意図的に撮ってたようですね。↓

"I like it when one is not certain what one sees.
When we do not know why the photographer has taken a picture and when we do not know why we are looking at it, all of a sudden we discover something that we start seeing.
I like this confusion."
- Saul Leiter

『何を見ているのか確信が持てない・・・そんな瞬間が好きなんだよ。
なぜフォトグラファーが撮影したのか、なぜ自分がそれを見ているのか、よくわからない・・・でも突然に見えはじめた何かを発見する。
こんな混乱が好きなのさ。』
―ソール・ライター

愛知県豊田市 豊田大橋にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Porst Tele 135mm F1.8 MC with "M42 / Sony E" Helicoid Adapter

☆ブログランキングに参加しています。
この過激な音楽祭の色彩をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ


[PR]
Commented by j-garden-hirasato at 2018-06-08 05:40
確かに、前ボケ写真って、
何かを発見したような不思議な感じがありますね。
あと、見てはいけないものを見ているような、
ちょっとしたドキドキ感。
オモシロいです。
Commented by taekamede at 2018-06-08 06:18
どこの国か想像するのが楽しいですね。
このチョコレート色の人は日本人じゃなさそうだけど,団子たべてるなー。トゥクトゥクがある!インドからどうやって運んだのかな~。とか。
ところどころ溶け込んだ虹色がサイケな印象ですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 09:25
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
後ボケと前ボケ、印象がずいぶん違うんですよね、後ボケは自然に目に入りますが、前ボケは違和感があります。
それを意図的にやってみると・・・これが面白くて、はまってます♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 09:26
たえかちゃん、こんにちは。^^
このフェスティバル、名前にASIAを使っているだけあって、国籍不明なアジアっぽさがあって楽しかったですよ。^^
演奏しているバンドもアナーキーでサイケデリック、楽しかったです♪
Commented by voyagers-x at 2018-06-08 11:18
おはようございます!!
素敵な色調とほどよい絞まり方
あー、この写真をモノクロにしたらと頭の中で変換しながら見ました
いい感じになりそうですね
ソニーのカメラ、実は凄く気になっています
アダプター付けて来カレンズをこのボディで使うのも良さそうだと思ったりして
うーん.......

Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 11:22
voyagers-xさん、こんにちは。^^
モノクロームにしても、このアナーキーな雰囲気はあまり変わらないかもしれませんねえ。^^
SONY α系は、ライカレンズのサブボディとしても便利かもしれませんね、AFアダプターも売ってますし。^^
Commented by Penta at 2018-06-08 12:48 x
前ボケの写真はジオラマ風写真ではよく見るんですが、自分で意識して前ボケの写真を撮るということがなかったですね。
まだ、カメラを使いこなしていなので、そこまで行きません。(笑)

2枚目の写真、シンプルでいいです。

会場は、すごい人手でしたね。
Commented by いちご at 2018-06-08 14:14 x
こんにちは。
カラーだと全く違った印象になりますね!
9枚目、何の動物かなぁ~!角がすごいなぁ~・・・
宝探しのようなイベント♪こういうの行ってみたいなぁ~
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 16:50
Pentaさん、こんにちは。^^
前ボケ写真はある意味、邪魔なものを避けるという人間の本能に背く撮影方法なので、意図的にやらないと難しいかも・・・(;・∀・)
こういうイベント、しかも豊田市と言う田舎にこれだけ人が集まるって言うのは、驚きですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 16:51
いちごさん、こんにちは。^^
カラーだと一段と不思議さが全開になりますよね、時代と場所を超越してます。(;・∀・)
9枚目、角が付いているので、鹿さんかなあ・・・って思ってました。^^
Commented by hikaridokei at 2018-06-08 20:00
アングル、ピントの位置、色使い・・・
見ているだけでも楽しいので、撮影するときは病みつきになりそうですね♪
壁のないマーケットが楽しそうです^^
Commented by liebekatzen at 2018-06-08 20:05
こんにちは!
今日のお写真はどれもワクワク感満載でとても楽しいです♪
いつも思うのですが、ピントがピタッと決まってますね☆
カッコイイです!!
いつもブレブレ写真ばかりなので、とても刺激になりました(笑)
Commented by jikomannte at 2018-06-08 20:08
2枚目、11枚目、分かり難くて不親切な感じが程良くて素敵ですね。
この程良さが難しそうですね。(笑)
Commented by naozoom at 2018-06-08 21:02
おっ、バンコクナンバーのトゥクトゥクがあるじゃないですか!
日本ではこちらのタクシー票灯をそのまま付けると違反になるそうで、
やはりTUKTUKに変えてありますね。
我家のセカンドカーに欲しいと長年考えていますが、妻の冷たい
視線が気になるのと、バンコクでは登録台数が多過ぎるので
ずいぶん前から登録制限があり、自家用登録はほぼ無理な状況なので
我慢しています。(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 21:06
光時計さん、こんにちは。^^
こういう広い場所で大口径の望遠レンズを振り回すのって、楽しいですね♪
そうそう、まさしく壁のないマーケット、ぜひ来年は見に来てくださいな。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 21:08
liebekatzenさん、こんにちは。^^
お祭りの写真は撮っている人も楽しんでますが、見る人も楽しんでくれてありがたいです♪
このカメラは手振れ補正機能を内蔵しているし、光量のたっぷりある中で撮っているので、まず手振れはしないですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 21:09
純さん、こんにちは。^^
あはは~、2枚目は通行人が来たのを見ながら撮りましたよ。
11枚目は何だったか思い出せません・・・F1.8の大口径、おそろしや。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-08 21:11
naozoomさん、こんにちは。^^
おお、このTUKTUKはバンコクナンバーなのですか、タイ文字、さすがにお読みになれるのですねえ、尊敬します。^^
さすがに日本でTUKTUKが走っているのは見たことがありません・・・これも看板代わりなんじゃないでしょうか。
Commented by naozoom at 2018-06-08 21:50
続きコメントしたします。

日本でもTUKTUKは走っています。それも各地で。
レンタカーとして貸し出している会社もあるんですよ。
素は日本から輸入されてきたミゼットが原型ですが、
こちらで独自の進化を遂げて世界各国へ輸出されるように
なりました。その中の一部は日本です。
日本人のひとりとして、とても嬉しく思っています。
Commented by gaku0107boo at 2018-06-08 21:51
こんばんわ!
先日お聞きした音楽祭ですね。^^
にしてはフォトジェニックなものがいっぱいですね。
ボケを生かした切り取り方、さすがですね~。^^
ワタクシもますます135mmを使わねばと自分にプレッシャーがかかってしまいました。(笑)
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-06-08 22:46
こんばんは。
なんだかごちゃごちゃした感じもしますが、切り取りによっては面白そうなものが撮れそうな雰囲気ですね~!
ところでソールライターさんに傾倒している黒顔羊さんですが(もちろん私もファンです)、今日アマゾンでフレッド・ヘルツォークというカナダのバンクバーに住んでいる写真家が紹介されていてサンプルを見て気に入ってしまい思わず購入です(笑)なんでもシリアス・カラー写真の先駆者の一人だといわれている人だそうで、ソールライターさんとも共通点がありそうですが、また若干違うような感じです。
写真集が到着するのが楽しみなんです^^
Commented by rem_m700pss at 2018-06-08 22:59
こんばんは。

前ボケは、ともすれば意味不明な写真になりがちで、邪魔に感じる事が多く、ワタクシは中々使いこなせずにいますが、黒顔羊さんは見事に使いこなしていらっしゃいますね。

特に、一枚目の写真と、ピクルスの写真はハッとさせられました。

ピクルスの方の写真は、被写界深度の調整が上手くて素晴らしいですね。
余りボケ過ぎてもハンバーガーが分からなくなってしまいますし、パンフォーカスじゃ面白みが無い。絶妙なボケ方ですね。

構図を煩くさせない、邪魔しない前ボケは、ワタクシはまだまだ修行中です。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-09 08:36
naozoom さん、こんにちは。^^
お~、日本でもTUKTUKは走っているんですか、知らなかったです、私が見なかっただけなのですね。^^
そっかあ、あれはミゼットが原型なんだ・・・道理でどっかで見たことがあるような気がしてました♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-09 08:37
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
そうそう、これが豊田名物の「橋の下国際音楽祭」です、ユニークでしょ。^^
135mmって、微妙な焦点距離で昨今はあまり人気がないんですが、私は使いやすくて好きですよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-09 08:40
jiyuujinkeikoさん、こんにちは。^^
おお、Fred Herzog♪もちろん好きです、ソール・ライターさん同様、リバーサルカラーのごく初期の使い手ですよね。^^
フレッドさんはより映画的な雰囲気がします・・・ソールさんは絵画的ですけね・・・彼は広角系で絞って撮りますもんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-09 08:43
rem_m700pssさん、こんにちは。^^
前ボケって、人間の本能に逆行しますから、練習が必要だなあって思い、いろいろやってるところなんですよ。
色がはっきりした被写体や、色の数が豊富な被写体を前ボケに使うのがマイブームです♪
by blackfacesheep2 | 2018-06-08 05:00 | Snap | Comments(26)