ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

White Meadow in Early Summer

d0353489_00221831.jpg


白い植物と白い雲、そして暗い空・・・赤外線撮影です。
ここは豊田市の郊外にある鞍ヶ池公園、空気が澄んでいるせいか、赤外線写真らしい特徴がしっかりと出ます。
初夏なのに、まるで雪が降ったような不思議な風景になります。

モノクローム写真は白黒フィルムで撮ることがほとんどで、フィルム写真ブログでご紹介してきました。
でも、赤外線撮影ができるデジタルカメラを手に入れてから、デジタル写真ブログでもモノクローム写真のエントリが増えてきました。

モノクローム写真は、色に頼れないので、カラー写真とは違う撮り方が必要だ、と実感しています。
私が最近はまっているフォトグラファー、ソール・ライターさんの次の言葉、モノクローム写真を撮るときには、特に大切にしたいと感じています。

"Seeing is a neglected enterprise."
- Saul Leiter

『見ることは、おろそかにされている活動だ』
- ソール・ライター

ソール・ライターさんが言いたいことは、多くの人々は深く見ようとしない、ってことなのかもしれません。
被写体をもっとしっかりと観察して、モノクロームが活きる写真を撮ってみたいのですが・・・
なんせ、元々の性格が雑ですから。(;・∀・)


愛知県豊田市 鞍ヶ池公園にて
CANON IXY DIGITAL 910 IS (IR Modified)

☆ブログランキングに参加しています。
この初夏の白い牧草地をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ



[PR]
Commented by BBpinevalley at 2018-05-30 05:56
えー、これ、雪景色じゃないんですね。
そう言われて、よく見てみると、なるほど雪じゃない。
先月末、アメリカの東海岸で雪に降られてから、いや、5月でもこんな場所はあるんだ、なんて思って見ました。
私も、見ることをneglectしてましたね(笑)
Commented by iwamoto at 2018-05-30 06:28 x
今更の質問で、申し訳ありませんが。
撮影時も、このようにモニターされているのですよね。
ファインディングは光学式ですか、
要するに、このように見えて撮るのと、結果がこうなると想像だけで撮るのかという質問です。
見えてないと、相当難しいと思われるので。

誰しも、しっかり見るのは難しいですよね。
チコちゃん(nhkの少女キャラクター)から怒られそうです。
「ボーッと見てんじゃねぇよ」って。
チコちゃんのことご存知なかったら、空振りの話題ですが。
Commented by taekamede at 2018-05-30 07:52
木陰が気持ち良さそうですね。
真っ白なエリアはUV対策が必要そうですね。
もし、本当にこんな世界に迷いこんじゃたらどうしよう・・30分くらいで慣れちゃったりして・・
Commented by getteng at 2018-05-30 08:09
blackfacesheep2さん
これが雪が積もった冬に撮ったらいったいどうなるのだろうと想像しております。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 08:18
BBpinevalleyさん、こんにちは。^^
赤外線写真って、トーンの再現が普段見慣れている世界と違っちゃうのが楽しいですね。
日本でも、ちょっと山の方に行くと雪が降りますよ・・・何年か前、蓼科でGWに雪に降られて往生しました。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 08:20
iwamotoさん、こんにちは。^^
はい、これはデジタルですから背面液晶にこのように見えています・・・フィルムで赤外線写真を撮るのに比べると、はるかに楽です♪
あはは、チコちゃん知らなかったのでググりました・・・面白そうなので、今度番組を見てみようと思います。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 08:22
たえかちゃん、こんにちは。^^
鞍ヶ池公園の観光牧場、真夏でも緑陰は気持ちが良い場所ですね、日向はおっしゃる通り紫外線に満ちてます。(;・∀・)
あはは、人間の対応能力は凄いですからねえ、私も30分ぐらいで鳴れちゃうような気がします。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 08:24
gettengさん、こんにちは。^^
私も、雪が降った時に赤外線写真を撮るとどうなるか、興味津々でした。
それで、今年の冬に雪が降った時に赤外線フィルムで試してみました・・・予測通りの風景になりました。↓
https://noblivion1.exblog.jp/28049639/
Commented by voyagers-x at 2018-05-30 09:44
おはようございます ! !
他の方も赤外写真を今日掲載していました
たまには楽しいですね
夏なのに冬の気分を味わえますね
Commented by Penta at 2018-05-30 10:30 x
本当に雪景色みたいですよね。
ちょっとジオラマ風にも見えます。

ある物を知る事は、自分でそれを絵に描いてみると、より細部が分かると言いますが、写真でもレンズを変えたり、露 出を変えたりして撮ると、思ってみなかった新しい発見があるかも知れませんね。
Commented by marucox0326 at 2018-05-30 11:42
こんにちわ。

ここのところテーマを絞ってのポストが多いですね。
ずぶの素人はマヌケなコメントしかできませんが^^;
雪景色であるなら木々はこんな風に造形されないように思います。
手前の大木の枝のレースのような葉っぱも少し違う・・・・
私なりに、深く観察した結果ですが(汗)
むしろ今回のお写真、整列した木々の円錐形がとても可愛らしくて
まるで童話の挿絵のようでもあり、詩的な雰囲気に溢れているように感じました。
Commented by jikomannte at 2018-05-30 12:30 x
これはまたすごい一枚ですね。
デジタルの赤外写真と云う新しいジャンルに加えて、フレーミングが隙なしですね。
Commented by mrxnoshyashinkan at 2018-05-30 12:38
こんにちは。
手前の木陰?の暗い場所のグレーのコントラストと、抜けた部分から見える向こうの日照りの真っ白になった木々と暗い空と白い雲のコントラストで、じっと見てると色(カラー)を感じるのは私だけでしょうか・・・
Commented by aitoyuuki13 at 2018-05-30 12:45
これは特にインフラ映えしますね

まるでスキー場にいるようです(^^)v
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-05-30 18:58
ソールライターのあの美しいモノクロを見た衝撃は今も忘れられません。
ただモノクロのコーナーを観終わって次にカラーへと移動したブースで、”誰もがモノクロ(写真)のみが重要であると信じていることが不思議でならない。まったく馬鹿げている。美術の歴史は色彩の歴史だ。洞窟の壁画さえ色彩が施されているというのに…”という文章を見た時、ええっ、あんなに素晴らしいモノクロを撮られているのにそれはないでしょう!って思わず心の中で叫んでいました。確かにカラーも素敵ですが。
いや~ぜひ黒顔羊さんにオリジナルプリントを観ていただきたいなぁ。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 19:21
voyagers-xさん、こんにちは。^^
はい、私もその方の赤外線写真を見てきました・・・やはり独特の世界ですね♪
特殊なカメラが必要になりますが、「非日常の美しさ」を捉えるためには、一台持っていてもいいな、って思います♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 19:23
Pentaさん、こんにちは。^^
赤外線写真を知らない方が見たら、頭からクエスチョンマークが飛び出すでしょうねえ♪
本当は自分でデッサンしてみると、一番光と影のせめぎあいがわかると思うのですが、めんどくさいです・・・(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 19:25
marucox0326さん、こんにちは。^^
以前からテーマは絞ってるんですが、今は貼る枚数を少なくしているので、余計にテーマが際立つのでしょうね♪
そうそう、見て欲しいのはこのメルヘンな雰囲気の牧草地の風景です・・・あとは単なる説明なんですわ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 19:27
純さん、こんにちは。^^
他にも何枚か撮っているんですが、これが一番完成度が高いんですね。
こういう写真は一枚だけポンと出す方が、インパクトがあるなあ、と最近思うようになりました♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 19:28
mrxnoshyashinkanさん、こんにちは。^^
このグレーだけの階調、普通のカメラのモノクロモードで撮ったら絶対に出なかったでしょうね。
アンセル・アダムズのゾーンシステムみたいなきれいなグラデーションが出ました・・・それで色も感じられるのかも♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 19:29
愛と勇気さん、こんにちは。^^
だはは~、スキー場ね♪
痛い記憶がよみがえってきましたか・・・ごめんね。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 19:33
jiyuujinkeikoさん、こんにちは。^^
ソールライターさん、モノクロも十分以上に素敵なんだけど、やはりカラーのインパクトが強烈ですからね。^^
カラー時代になる前のラチンシルバープリントは本当に美しく、Lee FriedlanderとかRober Frankも素敵ですよ。
Saul Leiter展、名古屋にも来ないかなあ・・・(´;ω;`)
Commented by hikaridokei at 2018-05-30 20:00
今日も気合の入った一枚ですね♪
後ろに並んだメタセコイヤの木でしょうか、
雪原の中のクリスマスツリーのようでメルヘンですね。
赤外線撮影をチャレンジしたくなってきました^^
Commented by gaku0107boo at 2018-05-30 21:29
こんばんわ!
遠くの木がまるで樹氷のようですね~。

「モノクロを撮る時は、作品を見る人が勝手に色を想像したら大成功」と、どこかの本で読んだことがあります。
それにはやはりじっくりと被写体を観察することが大事なんですね。
・・・ワタクシも雑なのであります。(笑)

ワタクシの赤外IXY、どうやらフォーカスが死んだようなので、本日またまたジャンク910isをポチりました。・・・わっはは。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 21:36
光時計さん、こんにちは。^^
はい、背景に並んでいるのはメタセコイアですね、新緑も紅葉もきれいで、とても絵になります♪
赤外線改造カメラ、オークションには常時何点か出ていると思いますよ、コンデジでも十分楽しめますので、おひとつどうぞ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-30 21:38
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
そうそう、液晶モニターを見ながら「こりゃ樹氷に見えるかもなあ」と思いながら撮ってましたよ。
お~、ついにAFが死にましたか・・・それにしてもIXY910って、オークションには良く出品されるのですねえ♪
by blackfacesheep2 | 2018-05-30 05:00 | Infra Red | Comments(26)