ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

インフラ映えする白い橋

d0353489_21140529.jpg




d0353489_21152704.jpg




d0353489_21143582.jpg




d0353489_21155730.jpg




d0353489_21150634.jpg

ポストモダン建築の巨匠、黒川紀章氏の代表作の一つ、豊田大橋です。

この橋は真っ白なので、赤外線(Infrared)写真で白くなる樹木と組み合わせてみるとどうなるか、試してみました。

う~ん、まさしく予定調和です・・・インフラ映えすることおびただしいものがありました。(;・∀・)



さて、橋を使ったジャケットデザインのJAZZアルバムと言うと、Kenny Burrellの”All Day Long"を思い出します。↓



ニューヨーク市のスタテンアイランドとブルックリンを結ぶヴェラザノ=ナローズ橋の昼間と夜の写真ですね。
このデザインがオリジナルだと思っていたら、どうやら違うようです。

というのは、このアルバムが録音されたのは1957年なのに、この橋が完成したのは1964年ですから。(;・∀・)
オリジナルのアルバムデザインをチェックしてみたら、初期のPrestige特有の冴えないデザインでした。

一応、Kenny Burrellがリーダーとしてクレジットされてますが、これは一連の"Prestige All Stars"ものですね。

tp: Donald Byrd
ts: Frank Foster
g: Kenny Burrell
p:Tommy Flanagan
b: Doug Watkins
ds: Art Taylor

「おい、ケニー、オールスターアルバムつくるからよぉ、おめえ、知り合い集めてくれよ」
「合点承知、デトロイト時代の仲間に声かけてみるわ」
「パツラとスーベは同じ学校のドンとダグだな、ヤノピは一緒にNYに出てきたトミーに頼むか」
「あ、そーそー、ナーテはフランクの兄貴を誘ってやらんと、最近フルバンばっか、って愚痴ってたからなあ」
「タイコは・・・んん~、ま、プレスティッジのハコのアートでいいか」

ってな感じで、デトロイトゆかりのメンバーが揃ってしまったんじゃないでしょうか。^^
いずれにせよ、ミディアム・スローのブルースをストップ・タイムで代わる代わるソロをとるジャムセッションです。
シンプルですが、実にレイドバックした良い雰囲気です。

同じ12小節のブルースでも、JAZZにはいろんな演奏があります。
それぞれ聴きごたえがありますが、この”All Day Long”のようなリラックスしたブルースは、いつ聴いても楽しいです。


"BW Challenge 2018"タグに相乗りしております。


愛知県豊田市 豊田大橋にて
CANON IXY DIGITAL 910 IS (IR Modified)

☆ブログランキングに参加しています。
このインフラ映えする白い橋をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ



[PR]
Commented by j-garden-hirasato at 2018-05-11 06:51
いやいや、
これまた、ショッキングな写真です。
橋と樹木がともに白く、
あたかも同じ色であるかのように映るというのは、
実に不思議な感覚ですね。
この世のものとは思えません。
Commented by hasseleica at 2018-05-11 07:15
赤外写真は未だかつて経験したことなく、拝見してる写真を見ますとこれからの季節、とても興味が湧いてきました。
Commented by getteng at 2018-05-11 07:32
blackfacesheep2さん
いつ見ても、この橋梁は絵になります。
黒川記章が橋梁まで設計するとは知らなんだ!
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 08:20
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
普通に見ると、白い橋と濃緑の樹木のコントラストが目立つんですが、赤外線で撮るとこんな感じです。
予想した通りとは言え、異様な雰囲気ですよね。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 08:22
hasseleicaさん、こんにちは。^^
赤外写真は昨年、フィルム写真から始め手以来、はまっています。
空が暗くなるのはともかく、樹木が真っ白になるのが不思議ですよね。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 08:23
gettengさん、こんにちは。^^
豊田大橋とそこにつながる豊田スタジアム、黒川紀章さんならではのモダニズムに溢れてますね。
シャープな赤外線写真にことのほかよく似合うような気がします♪
Commented by voyagers-x at 2018-05-11 10:00
おはようございます ! !
モノクロの写真を撮り始めた時
カラーの写真に慣れていたので、色のない写真を新鮮に感じましたが
赤外写真は不思議な空間を提供してくれますね
カラー写真とのギャップがとんでもなく大きく
まるで地球ではない他の星のように見えてきますね
Commented by magnifika-2 at 2018-05-11 10:47
大西洋からニューヨークに向かう客船でヴェラザノ=ナローズ橋下をくぐりました。
それとなく写真など撮っていましたが、このリズムを知っていればもっと感慨深い通過ができたかも、、、
と残念です。あの日=https://magnifika.exblog.jp/13391370/ を思い出しました。Thank U!
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 10:55
voyagers-x さん、こんにちは。^^
赤外線写真、カラーのもあるんですが、私のカメラはちゃちなので、モノクロ専用にしてあります。
赤外線でなければ撮れない不思議な写真、これははまりますねえ。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 10:57
magnifika-2さん、こんにちは。^^
ASUKA IIでのNYC訪問記、読ませていただきました・・・昔のアメリカへの移民の気分が味わえたのじゃないでしょうか。^^
NYC、いまだに行ったことがありません・・・行きたいんですが、いつも他の場所の優先順位が上になっちゃうんですよ。(´;ω;`)
Commented by marucox0326 at 2018-05-11 11:19
こんにちわ~♪

黒川紀章氏は確か愛知県のご出身でしたよね。
この橋は初めて見ました(豊田市殆ど未訪の地)
流線型のデザインが当時は斬新だったのでしょうね。

jazz小咄、
プレスティッジレーベル初期のジャケ写との比較とか
だんだんと本格的になってきましたね。ムフフフ♪
私、大学生時代に大阪の大手広告代理店でバイトしていたことがあるのですが、
そこのゲーハーの営業部長さんに、結婚後すぐ名古屋のとある場所でばったり会って
「シーメ―行くか」とナンパされそうになりました^^;
30年以上も前の話です^^;
Commented by yuphotobook at 2018-05-11 11:46
面白い効果ですね。普通のモノクロでは撮れない写真。黒川紀章氏の作品が気になり始めました。あまり建築には詳しくないので・・・。でもモダン建築は写真撮るのにそそられるってことが最近分かりました
Commented by mrxnoshyashinkan at 2018-05-11 12:37
こんにちは。
なかなかいかしたブルースですね。
お酒が欲しくなります。

橋もなかなかいかしたデザイン。
流石、黒川紀章です。
対抗するわけではないですが、
大阪にも建築家デザインの橋があります。
桜ノ宮にある銀橋。安藤忠雄デザイン。
写真映えしない凄くオーソドックスなデザインです。
Commented by mrxnoshyashinkan at 2018-05-11 12:55
すみません。訂正です。
安藤忠雄氏デザインは、銀橋の横に増設された、新桜ノ宮橋でした。
Commented by いちご at 2018-05-11 13:24 x
満月の夜、外がとっても明るい真夜中に外に出ていると
このお写真のように見える時あります。
月の光で影が出来て、まるで昼の世界から色をなくしたように・・・
何となくそんなことを思って写真を拝見しました。
Commented by taekamede at 2018-05-11 15:40
橋をデザインして建築するなんてドラマがあって素敵ですね。真白な樹木に曲線の建築物が未来っぽくって面白いですね~ 
橋とジャズの組み合わせカッコいいですね!主人はトンネルを作っていますが、トンネルとジャズの組み合わせって合うと思います?
Commented by iwamoto at 2018-05-11 16:27 x
きょうは赤外線写真かぁ。
防御率の低い先発投手がズラッと並んでる感じですね。
緻密なローテーションではないですが、そろそろあいつ出しとこか~、みたいな。
赤外線は、そうですね、下手投げとか(笑)

12小節は、問答歌ですよね。 8小節の問いかけに、4小節で応える。
そして、その連歌とも言えるようです。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 17:47
marucox0326さん、こんにちは。^^
そうそう、黒川紀章氏は愛知県海部郡蟹江町のご出身ですね、この豊田大橋と豊田スタジアムを設計してます。^^
広告代理店の営業部長さんですかぁ、そりゃ危なかったかも・・・ベーケスなチャンジーが多いですからねえ。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 17:50
yuphotobookさん、こんにちは。^^
ポストモダンな建築はどれも見ごたえがありますよ、ラインに無駄がなく光蜥蜴が活きます。^^
豊田市美術館は谷口吉生氏の大意表策のひとつで、これも何回撮っても飽きません。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 17:51
mrxnoshyashinkanさん、こんにちは。^^
典型的なジャムセッション用のブルースですね、このテンポだと、夜お酒を飲むのに理想的かも♪
安藤忠雄さんのデザインも、武骨ですが大好きですよ、これぞコンクリの塊って、感じですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 17:52
いちごさん、こんにちは。^^
お~、なるほど・・・満月の夜の写真にも似てますよねえ。
明るさはずっと暗いはずなのに、同じような印象を受ける・・・不思議ですよね、IR写真って。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 17:55
たえかちゃん、こんにちは。^^
そうですね、こういう大きな建築物を作り上げるのはたくさんの人間ドラマが必要ですよねえ。^^
ご主人はトンネル関係ですか、もちろんJAZZに合います、なんせ、”DIG"とか”DUG"ってJAZZスポットがあるぐらいですから。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 17:58
iwamotoさん、こんにちは。^^
だはは~、しっかりと見抜かれている感じですねえ、そうそう、赤外線もローテーションの一角にはいるんですよ。
さしずめ変則のアンダースロー、まさしくその通り。
左右のエースは赤錆と光蜥蜴、荒れ球だけど剛速球はアレ、七色の変化球はコレ・・・
なんか遊んでみたくなりますね。(´▽`*)
Commented by jikomannte at 2018-05-11 19:25
被写体の形と赤外の描写がマッチして面白いですね。
特に1枚目は添景人物も効いてますね。
Commented by bluejet2_999 at 2018-05-11 20:36
IR映えする構図ですね~~~

Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 21:30
純さん、こんにちは。^^
この橋は真っ白なので、いつか撮ってやろうと狙っていました。
ここ、ジョギングしている人が多いので、簡単に添景になっていただけました♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 21:31
bluejet2_999 さん、こんにちは。^^
こういう被写体と、真っ青な空を見ていたら・・・
IRで撮りたくなりますよねえ♪
Commented by hikaridokei at 2018-05-11 21:36
カラーでも青空の下に新緑と橋のコラボが素敵でしょうが
IRの異空間は斬新なものに感じました♪
豊田大橋のデザインや特徴が強調され見ごたえのあるシーンになってますね。
いつも通り過ぎるだけなので機会があればじっくりと見てみたくなりました^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-05-11 22:30
hikaridokeiさん、こんにちは。^^
カラーで撮っても、真っ青な空の下の白い橋と新緑は爽やかで見ごたえ十分ですが、IRの異次元空間的表現には負けますね。(;・∀・)
豊田市は豊田大橋の他にも豊田スタジアムとか豊田市美術館とか、見応えのある建物がたくさんありますよ♪
by blackfacesheep2 | 2018-05-11 05:00 | Infra Red | Comments(29)