ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

ポチリヌス菌がベラルーシから連れてきたグルグルボケするレンズ

d0353489_17072669.jpg
相方謹製手作りベアさんがしげしげと眺めているこのレンズ・・・キリル文字で名前が書いてあります。
"Гелиос 44-3"・・・ラテン文字に直すと、"Gjelios 44-3"です。

Google翻訳で発音させてみると「ぎぇりおす」もしくは「げりおす」って感じに聞こえました。^^;
シリアルナンバーから判断すると、製造されたのは旧ソ連邦最後の年、1991年ですね。

このレンズ、西側では"Helios 44"、日本では「へりおす44」と呼ばれているレンズです。
ソ連製のレンズの中では、一番有名なレンズではないでしょうか。

最近、私のデジタル写真ブログとフィルム写真ブログの両方に、このレンズは頻繁に登場しています。
と言うわけで、久しぶりのポチリヌス菌シリーズ、ハードウェアネタです。

d0353489_18024521.jpg
Pentax SPIIに装着された「げりおす44」です・・・そう、本来はM42マウントのオールドレンズです。
このHelios 44、ベラルーシのミンスクからeBayに棲むポチリヌス菌が運んで来ました。
eBayで送料込みで49.99ドルと、超お買い得でした。

さて、このレンズ、いわゆる「グルグルボケ」が出るレンズです。

d0353489_11222780.jpg

このHelios 44を絞り開放で撮ると・・・ごらんの通り、桜の背景のボケが豪快に回ります。

d0353489_11223100.jpg

こちらのパンジーの寄せ植えの周りも、ぐるぐるとしたボケが取り巻いておりますね。

d0353489_11223519.jpg
こちらのチューリップも、背景のボケがなんとなくグルグルしてます。
このグルグルボケは「非点収差」という現象によるものだそうです。

レンズは周囲からいろいろな角度で入ってくる光を焦点に集めています。
光が斜めに入ってくると、レンズの端のほうのわずかな歪みにより、焦点が上下方向と左右方向にずれてしまいます。
これで発生するのが非点収差だそうで、大口径オールドレンズでよく見かけます。

まっすぐ光が入ってくる中心付近では発生しませんが、周辺では形が歪んだボケ玉が円を描いて連なります。
ボケなので、絞り開放で一番グルグルし、絞るにつれて消えていきます。

さて、このグルグルボケ、被写体や背景との距離の兼ね合いで、出やすかったり出にくかったりします。
どういう状況だとグルグルボケが出やすいのか、ちょっと実験してみました。

d0353489_11225135.jpg
被写体との距離を変えて撮ってみました。
どちらも回っていますが、右側の方が豪快に回っているように見えます。
このぐらいの距離感で、良いグルグルボケが出るようです。


d0353489_11225529.jpg


さらに寄ってみました・・・右の近接だとあまりグルグルしてません。
やはり被写体との距離が大切なようで、ある程度離れて撮った方がグルグルを出しやすいようです。

ちなみに、マイクロフォーサーズ機やAPS-C機に装着しても、あまりHelios-44らしいグルグルボケが出ない時があります。
これは、イメージサークルが小さいと、派手なグルグルが出る外周部分がカットされちゃうからでしょうね。

d0353489_18104918.jpg
それぞれのイメージサークルをわかりやすくするためのポンチ絵を作ってみました。
赤いラインはフルフレーム、青いラインがAPS-C、黄色いラインはマイクロフォーサーズのイメージサークルです。
Helios-44らしいグルグルボケを味わおうとすると、やはりフルフレーム機が必要になるようです。

d0353489_11230666.jpg
今度は似た焦点距離のレンズの比較です。
Helios 44をSMC Takumar 55mm F1.8と比較してみました。
以前、55mmレンズの画角・ボケチェックをやった時に、このSMC Takumarはちょっと画角が狭めでした。
でも、さすがに58mmのヘリオス44、そのTakumarよりさらに狭い・・・3mmの差はあります。

ボケの大きさは似たり寄ったりですね。
F2.0 とF1.8の差は58mmと55mmの差で帳消しになってしまっているようです。
でも、ボケの質が違います・・・Takumarの方が丸くて整っています。

d0353489_18062296.jpg
今度はヘリオスと富岡製のAuto Sears 55mm F1.4の比較です。
画角は明らかにHelios 44が狭く見えます。

Auto SearsはF1.4とHelios 44より一段明るいので、ボケはより大きいですね。
また被写体の大きさをそろえるために近づけば、さらにボケの大きさの差も大きくなります。

このAuto Searsもグルグルが出やすい傾向がありますが、それでもHelios 44ほどではありません。
ボケの質を見ると、Helios 44は「ねえ、グルグルしてもいい?」って言いたそうに見えます。(;・∀・)

d0353489_11231682.jpg
最後はモダンレンズのSONY FE 50mm F1.8との比較です。
ううむ、画角はかなり違いますね。

ボケもF値の差より焦点距離の差が効いて、Helios 44の方が大きいです。
でも、被写体の大きさをそろえるために、FE 50mm/F1.8で近づけば、似たような大きさになりそうです。

d0353489_17081056.jpg

さて、このHelios 44、さまざまなバリエーションがあることで有名です。
うちに来たHelios 44にはアクロマートレンズ・マークが付いており、MMZことミンスク機械工場で造られたものです。
正式名称は、MMZ BelOMO Helios 44-3 58mm F2.0 MCですね。

モダンなHelios 44はHelios 44Mと呼ばれ、自動絞化されており、44M-4から44M-7まであるようです。
MMZ製のHelios 44-3は、Helios-44やHelios 44-2同様、古臭いプリセット絞りです。
MCと書いてありますが、あまりマルチコートは効いていないようで、フレアは出やすいです。

デザインはあまたあるHelios 44シリーズの中で最もダサく、いかにも親方カマトンカチでござい、って風情です。
でも、その不細工さとは裏腹に、Helios 44ファミリーの中でもトップクラスの解像力を持っているようです。

このHelios 44のプリセット絞りのご先祖様は、上の写真の右側の銀色鏡胴のレンズ、Carl Zeiss Jena Biotar 2/58です。
このBiotar、かつてe-Bayでとても安く落札したものですが、訳ありでした。
「ヘリコイドと絞りは固いよ」と書いてありましたが、ほとんど回せないほど固いNGレンズでした。(´;ω;`)

d0353489_18340366.jpg
このHelios 44-3 58mm/F2.0、最短撮影距離が50㎝と寄れないレンズです。
でも、ミラーレス一眼カメラで使う際には、ヘリコイドアダプターと言う秘密兵器があります。

上の写真のように、本来のマウントアダプターの倍ぐらいの長さに伸びます。
このアダプターをかませると、遠景からハーフマクロ以上の近接撮影まで、無段階で写せるようになります。

なお、このレンズで撮った写真は、デジタル写真編がこちら、フィルム写真編がこちらに置いてあります。
ご興味がありましたら、のぞいてみてください。


愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GX7MK2 & Lumix G 42.5mm/F1.7 ASPH (1~2枚目、12~13枚目)
SONY α7 II ILCE-7M2 & MMZ BelOMO Helios 44-3 58mm F2.0 MC (3~11枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
このポチリヌス菌がベラルーシから連れてきたグルグルボケするレンズをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

[PR]
Commented by Penta at 2018-04-19 06:38 x
黒顔羊さんのブログに来るまで、レンズはドイツと日本でしか造っていないとばかり思っていました。(笑)
やはり旧ソビエトの国なら、東西冷戦当時は西側の国とは限られた物質しか貿易も出来ないし、カメラも独自に発達していったんでしょうね、、、

僕はよく星空写真を撮るんですが、やはり四隅の端になると中心の方に向けて星の光線がやや伸びて見えることがあるんですが、黒顔羊さんのこのレンズのような楽しみ方があるのを初めて知りました。(笑)
Commented by moco-mo-coco at 2018-04-19 06:47
黒顔羊さん おはようございます♪

HeliosをAPS-Cで使っているので
フルサイズよりもぐるぐるボケが出ないんだろうなぁ‥。
と思っていましたが
お写真と詳しいお話がわかりやすくすごくお勉強になりました^^
買った時にいろいろ検索してみたけど
こんなに詳しく説明してくれてるところに出会えなかったので
お話を聞かせてもらえて嬉しかったです♪
ぐるぐるボケを出したいとは言え
新しくカメラやレンズの購入は無理なので
今のHeliosでなかなか出ない少しのぐるぐるボケを
楽しもうと思います^^
Commented by j-garden-hirasato at 2018-04-19 07:01
違うものですね。
カメラ雑誌の記事みたいです(笑)。
Commented by iwamoto at 2018-04-19 07:33 x
この内容を、このようなタッチで仕上げるところが凄いですね。
たぶん、そのようなお仕事だったのかなぁ、と思っています。
話を通じさせるってことの、方法というのかな、粘り強い。

業務連絡ですが、
クリムゾンの赤いシートは、色がイマイチということでしたが・・・。
我が家、そのクルマに買い替えます。 外板はグレーです。
一か月後くらいにやって来るでしょう。 納車されましたら報告いたします。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 07:58
Pentaさん、こんにちは。^^
共産圏のカメラはロクなものがありませんが、レンズは安くて優秀なものが多いですね。
オールドレンズの好きな方は、あばたもえくぼの方が多いでしょうね、私も特に開放の描写が好きです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 08:01
moco-mo-cocoさん、こんにちは。^^
あはは、実験が好きなので、新たにうちにやってきた機材はいろいろと試させてもらうことにしてます。^^
SONY α7系は値段が下がってきているし、中古なら10万円以下なので、オールドレンズ遊び用に確保してもいいかも、ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 08:02
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
普通、メンドクサイことは嫌いなんですがね。
でも、このときは好奇心が勝ちました♪
Commented by getteng at 2018-04-19 08:03
blackfacesheep2さん
話についてゆけませんが、ここまでの知識がないと「写真」は語れないのでしょうね(´;ω;`)ウゥゥ
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 08:06
iwamotoさん、こんにちは。^^
前職は外資系企業の営業マーケティングでしたから、パワポを使ってプレゼンするのは慣れてますよ。
おお、ビアンコちゃん、クリムゾンの赤いシートのグレーにリプレイスですか・・・ずいぶん早いリプレイスですねえ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 08:08
gettengさん、こんにちは。^^
いやいや、こんなオタクっぽい話、付いてこれない人の方が普通です。^^
写真を語るには、まるで不必要です・・・単なる機材ネタですからね♪
Commented by yuphotobook at 2018-04-19 09:45
この前、8万以上出して新しいレンズ買ったからなぁ(爆)
でもぐるぐるボケがいいですねぇ。油絵タッチみたい。でも、私は新しいレンズを極めるまで我慢ですなぁ
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-04-19 09:52
いいないいないいないいなオールドレンズ♡
私もオールドレンズが使いたいためにα7Ⅱを新たに購入したのですが、なにせ最短距離が1mというのがどうもネックで。。
私のJupiter8が手持ち無沙汰そうにしています(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 09:59
yuphotobook さん、こんにちは。^^
うん、こないだ買ったレンズを使いこなすのが第一、あれ、良いレンズだもんね♪
ゲリオス44はフルフレームじゃないと面白くないので、まずはお金貯めて、それからですよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 10:01
jiyuujinkeikoさん、こんにちは。^^
フルフレーム機のレンズって、寄れないものばかりですが、オールドレンズなら寄れますよ、ヘリコイドアダプターで。^^
ヘリコイドアダプターは5000円程度で買えますから、Jupiter8もしっかり活用してやってくださいな♪
Commented by nobikunJ at 2018-04-19 10:08
おはようございます!
Blogにご訪問いただき、ありがとうございました。
愛犬のことを皆さんに知っていただきたくて立ち上げたBlogですが、愛犬は昨年1月に天国にいってしまいました。
それからは細々と大好きな本とか音楽のことを綴っています。
よろしければ、また是非お立ち寄りください。

それにしても素敵な写真ばかりですね。
どれもこれも気落ちの良い音楽が聴こえてきそうです♪
私はなかなか写真の腕前があがりません。
ぜひこちらで勉強させていただきます。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 10:53
nobikunJさん、こんにちは&いらっしゃいませ。^^
おお、最愛のわんちゃんをなくされたのですか・・・心からお悔やみ申し上げます。
犬や猫は人間より寿命が短い・・・辛いですよね。
私の写真は「質より量」、とりあえず毎日更新しております。
たいして勉強になると思えないんですが、ぜひまた遊びに来てくださいね♪
Commented by voyagers-x at 2018-04-19 11:07
おはようございます ! !
程よいぐるぐる像はとろけるようなボケに感じますが
あるレベルと超えるとめまい写真になりますね笑
得体の知れない外国語表記 ^^;
ソニーのカメラボディ、ボケの中で見るとニコンのボディの世に見えました


Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 12:15
voyagers-xさん、こんにちは。^^
旧ソ連のレンズは武骨でグリスが臭いですが、写りは面白いものが多いですね・・・あ、面白すぎるものが。^^;
α7系はミラーレスなのにペンタプリズムがありますから、昔ながらの一眼レフにも見えないこともないですね。
Commented by mrxnoshyashinkan at 2018-04-19 12:47
こんにちは。
グルグルボケ面白いですよね。
和製グルグルボケレンズの「Canon FL 50mm F1.8」持ってますが、まだ出たことがないです。
距離条件があるのですね。
試してみますが、フィルムでしか試せないのが難点です。
Commented by taekamede at 2018-04-19 16:15
こんにちは
カワイイくまちゃんがカメラの説明をしてくれるのを面白く拝見させて頂きました!
カメラのレンズのお話は私には難しいですが、すごくオシャレでキュートなくまちゃんのおかげで頑張れました(^_-)-☆
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 18:06
mrxnoshyashinkanさん、こんにちは。^^
昔の高解像度レンズは、どれもグルグルボケで有名ですよね・・・発生させるにはコツが要るようです。^^
Nikon機はレンズ遊びをするには向かないですよねえ、フランジバックが長すぎて・・・それで私はSONYに行きました。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-19 18:08
taekamedeさん、こんにちは。^^
このくまちゃんたちは、全部相方が手縫いで作ったものでして、この手のブツ撮りのお手伝いをさせてます。^^
大きいのはモヘア製ですが、小さいのは布でできています・・・うちには全部で100匹ぐらいいるんじゃないかなあ♪
Commented by cranberryca at 2018-04-19 23:53
ヘリオス、年代によって写りやデザインが違うんですか!?
ぐるぐるボケは被写体と背景の距離がポイントと知り
あれこれ撮ってみたんですが、難しくて…
ぐるぐるボケを追及するために買った
ペンタックスのフィルムカメラなんですが
M42タクマ―のレンズが気になりだしてきた今日この頃
レンズ沼は怖いです (;´▽`A``
オールドレンズをアダプターで使うとしたら
ソニーのフルサイズミラーレスが一番かも???
と思いましたが、気安く買える値段ではなく(汗)
レンジファインダーも気になるし
ハッセルブラッドにも憧れるし。。。
日々、物欲との闘いです(笑)
宝くじでも買おうかな(爆)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-20 14:46
クランベリーさん、こんにちは。^^
Helios 44は、年代でも違うし、製造した工場でも違いますね、うちのはMMZですが、KMZ、Valdai製もあります。
M42のTakumarは名玉揃いですよ、特に55mm/F1.8は安くて写りも極上です♪
ハッセルブラードはレンズ交換するなら面白いんですが、標準の80mmしか使わないのであれば、Rolleiflexの方が軽量コンパクト、機動性が高いですよ。
Commented by nikojisan at 2018-04-20 21:33
何度か見せて頂いた・・グルグル暈け・・・
どうしても目が回るような錯覚に陥ります!
病気の後遺症で少し目眩の気があるんですよ・・・。

どうしてもワタシには使いこなす地震波でそうもありません!!
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-20 22:01
るーちゃん、こんにちは。^^
Helios-44、めまいが時々ある人にはお勧めできないレンズですね。^^
私もこれを常用レンズにしようとは思いません・・・時々使うと面白いレンズ、って位置づけですね♪
by blackfacesheep2 | 2018-04-19 05:00 | Hardware | Comments(26)