ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

四月は残酷極まる月

d0353489_21502174.jpg




d0353489_21502707.jpg




d0353489_21503757.jpg

友人が水仙が咲いている赤錆物件を教えてくれました。

なかなか現地に行く時間が取れなくて、先日ようやく行ってみました・・・残念ながら、水仙はもう枯れてました。(´;ω;`)

この風景を見ていたら、昔好きだった英国の前衛詩人、T.S.Eliotの"The Waste Land(荒地)"の冒頭の言葉、「四月は最も残酷な月である」を思い出してしまいました。

この詩の第1章はこんな感じになってます。

The Burial of the Dead

April is the cruelest month, breeding
Lilacs out of the dead land, mixing
Memory and desire, stirring
Dull roots with spring rain.
Winter kept us warm, covering
Earth in forgetful snow, feeding
A little life with dried tubers.

和訳は下記のとおり、これも日本が誇るシュルレアリスト詩人、西脇順三郎さんによるものです。

埋葬

四月は残酷極まる月だ
リラの花を死んだ土から生み出し
追憶に欲情をかきまぜたり
春の雨で鈍重な草根をふるい起すのだ。
冬は人を温かくかくまってくれた。
地面を雪で忘却の中に被い
ひからびた球根で短い生命を養い。

4月は、陽光まぶしく華やかに花咲く季節でですが、その元気の良さをうとましく感じる人もいるんだろうなあ・・・

そんなわけで、写真のポストプロセスも、Adobe Lightroomで造ってあるプリセット「錆残し」で仕上げました。

*cranberry* さんのタグ、"枯れ際の美"に相乗りさせていただきます。

愛知県知立市にて
SONY α7 II ILCE-7M2
MMZ BelOMO Helios 44-3 58mm F2.0 MC with "M42 / Sony E" Helicoid Adapter

☆ブログランキングに参加しています。
この四月は残酷極まる月をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]
Commented by j-garden-hirasato at 2018-04-07 06:31
まあ、
いろんな感じ方があるものですね。
自分は、
そこまでへそが曲がった見方はしませんけど(笑)。
四月は、春を謳歌したいです。
Commented by getteng at 2018-04-07 07:49
blackfacesheep2さん
いやあ、素晴らしい「色」合いですね。
こういうことができるって羨ましいですよ!
Commented by voyagers-x at 2018-04-07 11:05
おはようございます!!
詩にすると
素敵ですね
ただの季節も奥深いものに感じますね
素晴らしい
Commented by yuphotobook at 2018-04-07 11:18
枯れた茎のクローズアップもいいですね。バックのボケが寂しい・・・・。
エリオット、よく読んでました。
Commented by iwamoto at 2018-04-07 11:24 x
現代詩はここに始まる、という「荒れ地」ですね。

一気に芽吹き、花を咲かせる。
暫しの時間を謳歌して、枯れゆく姿を見せます。
水仙は我が家でも花の最後の姿を見せながら立っています。
桜が好まれる理由のひとつは、散ってしまうからでしょうか。
枯れ姿が目立たないと言いますか。

明るいことが辛く思われる人もいるでしょうね。
そのことを忘れずに居たいものです。
Commented by li_se at 2018-04-07 11:27
前記事の優しい回想シーンのようなお写真から一転、
これもまた春の風景なのですねー
水仙が寂しげに叫んでいるように見えます。
春の言葉にならない不安感のようなもの、
この詩を読んで何だか納得してしまいました。
Commented by cranberryca at 2018-04-07 11:31
錆残し… 素敵な色合いですね (*´▽`*)
水仙の黄色い部分だけ色を残したのも良い感じ ♪
「枯れ際の美」にも参加していただき
どうもありがとうございました ☆彡
Commented by gaku0107boo at 2018-04-07 20:50
こんばんわ!
うーん、なんだか意味深なのか、そのまんまストレートな詩なのか・・・頭がこんがらがってしまいそうです。(笑)

今日は短いながらも楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。^^

Commented by pikorin77jp at 2018-04-07 20:58
>水仙が咲いている赤錆物件

いかにもマニアぽくて面白いです。^^

水仙の花の色と赤錆が凄くあってますね。
なんだかドラマチックで 舞台をみているようです。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 21:54
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
価値観は人それぞれ、感じ方は違っていてあたりまえでしょうからね。^^
私も四月は、春を謳歌したいクチです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 21:55
gettengさん、こんにちは。^^
ラッパがオレンジ色の枯れた水仙を見たときから、「おお、これは錆残し♪」って感じでした。
最近はその場での撮影より、後処理のほうがウェイトが高いです。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 21:56
voyagers-x さん、こんにちは。^^
英国人ですから、ものの見方が素直じゃないですわね。^^
でも、この屈折したものの言い方、好きだったんですよねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 22:03
yuphotobookさん、こんにちは。^^
セイタカアワダチソウの枯れた茎、無愛想で好きなんですよ。
おお、エリオット、よく読んでましたか、若いのにえらいえらい♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 22:06
iwamotoさん、こんにちは。^^
さすがによくご存じで・・・現代詩の原点と呼ぶ人が多いですね、モダンでありながらエレガントです。
そうそう、桜が好まれる理由のひとつは、散り際の美しさでしょうね、桜吹雪になって舞って去っていく姿は素晴らしいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 22:08
li_seさん、こんにちは。^^
昨日の美しい廃駅の春から一転して不愛想な廃屋の春・・・ジェットコースターみたいですみません。(;・∀・)
春には解放感と同時に物憂さもある・・・人によってそのバランスがさまざまなんだと思います。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 22:10
クランベリーさん、こんにちは。^^
錆残しは、「赤錆の色は残したいけど、他はモノトーンでいい」って言うわがままな世界観です。(;・∀・)
オレンジ以外の彩度を全部ゼロにしますが、水仙のラッパは生き残るんですよね、オレンジ系ですから♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 22:12
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
英国人って屈折した人が多いですから、意味深のようでストレートな言い方をしますよねえ。(;・∀・)
こちらこそ、今日は素敵なお土産をたくさんいただいてしまい、本当にありがとうございました。
明日は天気が良さそうなので、例のブツを試してこようと思ってます♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 22:15
ピコさん、こんにちは。^^
私の友人はみんな、「赤錆を見つけたらご注進」してくださるありがたい人たちばかりです♪
この「錆残し」にすると、現実と非現実が綯交ぜになった不思議な世界になっちゃいますね。(;・∀・)
Commented by hoshigaoka at 2018-04-07 23:02 x
こんばんは!

ブログスキンを黒背景から白へガラっと変えられましたか!
今回もまた渋い写真ですねぇ。
特に2枚目の色合いが好きです。
Heliosも絞るとシャープな絵になるのですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-07 23:33
hoshigaoka さん、こんにちは。^^
ブログ10周年を記念して、スキンを今風のタイルに変え、背景色も変えちゃいましたよ。^^v
ゲリオス44、癖玉ですが、絞り開放からシャープなんですよ、絞るとさらにキリキリと閉まっていきますね♪
Commented by Penta at 2018-04-08 03:24 x
赤錆物件、教えてもらえるんですね。
現在、廃家となっているのが日本には多いらしいですね。
しかも壊れ掛かっている家も相当あるとか、、、

もう水仙、枯れ初めてきましたね。
枯れた葉は、これから新芽が出て、また復活する準備をしている事でしょう。

Lightroom、買い取りではなく、1年ごとの更新をして毎年支払わなくてはならないんですか?
Commented by blackfacesheep2 at 2018-04-12 14:22
Pentaさん、こんにちは。^^
私の友人たちは、私の好みをよく覚えていてくれまして、赤錆物件を見つけると、教えてくださるのですよ♪
Lightroomは、毎月950円ずつ払うフォトグラファープランですね、コーヒー2杯分と思えば高くないです。
by blackfacesheep2 | 2018-04-07 05:00 | Rusty Scene | Comments(22)