ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by blackfacesheep, a.k.a. Nob
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

コンビナートを見つめる赤錆フェンス

d0353489_0422127.jpg





d0353489_0433898.jpg





d0353489_0442578.jpg





d0353489_10105785.jpg





d0353489_0452758.jpg

先日、四日市の第2コンビナートを撮りに大正橋に出かけました。

日が沈むまでまだ時間があったので、時間つぶしに周辺の赤錆探検へ・・・

赤く錆びたフェンスが目に留まったので、いろんなアングルでスナップしてきました。

このフェンスたち、ずーっとここでコンビナートを見つめてきたんでしょうね、いい表情でした。

でも普段写真を撮られたことがないせいか、「え、俺でいいの?」って、緊張しているように見えました。(;・∀・)

なお、一枚目と四枚目は新兵器のヘリコイドアダプターを伸ばして撮ってます・・・怒涛の寄りが楽しいです。^^

三重県四日市市にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Ai Nikkor 35mm/F1.4S with "Nikon F / Sony E" Helicoid Adapter

☆ブログランキングに参加しています。
このコンビナートを見つめる赤錆フェンスをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]
Commented by j-garden-hirasato at 2018-03-28 05:40
陽が傾いて、
赤錆が一層映える時間帯でしたね。
こういうフェンス、
見かけなくなりました。
Commented by getteng at 2018-03-28 06:45
blackfacesheep2さん
今にして思えば、老生の赴任した八幡・三池(大牟田)・徳山は製鉄所や化学工場が多く錆物件が多かったですね。
当時は、そんなことは当然で大して注視していなかったのですが、実にもったいない時代でした。
今、三池炭鉱や四山炭鉱跡地に立つ錆びた炭鉱機械群を撮ってみたい思いです。
Commented by iwamoto at 2018-03-28 09:32 x
北九州にも住んでましたが、山口県の徳山にも住んでたので、
gettengさんと同じものも見ていると思います。
石炭から石油、その歴史を垣間見ていると思ってました。
千葉県の君津に見学に行ったことがありますが、
「炉の火は何があっても消さない」と言ってました。
でも、数年後に・・・。 金属に限らず、全ては錆びゆくものです。
Commented by voyagers-x at 2018-03-28 10:08
おはようございます!!
赤錆と夕日はすごく相性がいいですね
普通の昼間の光だとただの味わいあるサビですが
夕日が射すとなんだかサビが語り始めます
お爺ちゃんの昔を懐かしむ昔話のように

Commented by Penta at 2018-03-28 10:46 x
最初はどれも新品だったのに年月が経って段々と塗料が剥げたり風雨にさらされ、メンテナンスされなくなってくると錆で覆われてくるんですよね。

どこか哀愁が漂う場所も、被写体としては絶好の場所になりますね。(笑)

コンビナートはロシア語らしいですが、ロシア語が使われているのは珍しいですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-28 17:52
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
そうですね、午後の日差しが傾き始めたころ、赤錆って一番ステキに見える時間帯ですね。
最近はお洒落なフェンスが増えて、こういう不愛想なフェンスが少なくなったかも。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-28 17:54
gettengさん、こんにちは。^^
うぉぉぉ、八幡・三池・徳山にいらっしゃったんですか、羨ましすぎます、工場萌えの本場ですねえ♪
その当時は、工場を撮るのが趣味って言うフォトグラファーは少なかったでしょうね。(;・∀・)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-28 17:57
iwamotoさん、こんにちは。^^
かつての重厚長大産業が栄えた北九州、そして徳山にも住んでいらっしゃいましたか、うらやましいです。
こういう産業は、発展途上国に追い抜かれつつありますが、それでも基礎産業として考えれば止められませんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-28 17:58
voyagers-xさん、こんにちは。^^
そうそう、赤錆と夕日はすごく相性がいいです、滅びの美学に共通する何かがありますね♪
「お互い、一生懸命働いてきたよなあ・・・」なんて語りだしそうです。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-28 18:01
Pentaさん、こんにちは。^^
新品にはもちろん魅力がいっぱいありますが、長い年月使われてきたものの味わいにはかなわないんじゃないかと。
へぇ、コンビナートはロシア語でしたか・・・道理でアメリカ人に言ってもわからなかったわけですね。(;・∀・)
Commented by marucox0326 at 2018-03-29 00:48
こんばんわ~♪

オシャレな都会から工場群へ場所を移しての撮影。
それでも何だかやっぱりストーリーを感じるお写真ですね。
↓夜景の彼らにも哀愁を感じましたけど、こちらも負けず劣らず。
一枚目、こんなに真近かで見ると赤錆のざらりとしたテクスチャーって
何かの生き物みたいに見えてくるから不思議です。
Commented by yuphotobook at 2018-03-29 01:28
この前のコンビナートの写真がかっこいいなと思ったら、なんとそこに黒羊顔さんの好きな赤錆がありましたか!!

コンビナートに赤錆が加わると無機質的な写真からブルージーになっちゃいましたね
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-29 07:34
marucox0326さん、こんにちは。^^
赤錆は私の大好物で、時々こうやって工場地帯に鉄分補給に出かけております。(;・∀・)
そうそう一枚目ぐらい間近まで近づくと、赤錆も見ごたえがある存在になってきますね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-29 07:38
yuphotobook さん、こんにちは。^^
基本的にコンビナートのあるあたりは赤錆大量発生地帯ですね♪
うんうん、赤錆が加わるとブルージーになる・・・確かにその通り、人間臭さが漂ってきます。^^v
by blackfacesheep2 | 2018-03-28 05:00 | Rusty Scene | Comments(14)