ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by 黒顔羊
プロフィールを見る

疾駆する大英帝国

d0353489_21333234.jpg





d0353489_22464660.jpg





d0353489_21352481.jpg





d0353489_2254299.jpg





d0353489_21571898.jpg

名古屋市名東区のアウト ガレリア “ルーチェ” さんで、「走る大英帝国」アストンマーティンの特別展示が始まりました。
予告DMをもらったので、英国ふぇちな私は早速見に行ってきました。

展示車両は下記の通り。

●ASTON MARTIN INTERNATIONAL Series1 (1932) 
●ASTON MARTIN DB2 (1950)
●ASTON MARTIN DB2/4 Mk3 (1958)
●ASTON MARTIN DB4 Series5 (1963)
●ASTON MARTIN DB5 (1964)

d0353489_21372593.jpg

なぜトラクター・・・
実は、このトラクターはアストン・マーティンとは縁もゆかりもあるトラクターなんです。

第二次大戦後、アストン・マーティンが経営難に陥った際に、英国の実業家David Brown氏が会社ごと買収しました。
彼はトラクターなどの工業機械などの製造業のグループ「デイヴィッド・ブラウン・リミテッド」の総帥でした。

つまりデイヴィッド・ブラウン氏は、トラクターで儲けたお金でアストン・マーティンを造っていたのです。
それゆえ、アストン・マーティンのクルマは、"DB"と言う名前が付いているのですね♪

ちなみにこのDavid Brownのトラクター、うちの近くの愛知牧場にも置いてあります。
今は白黒の牛模様に塗られ、子供用の観光トラクターとして余生を過ごしております♪

d0353489_2137546.jpg

アストン・マーティンの中でも最も有名なモデルは、このDB-5でしょうね。
この車は、いわゆる「ボンド・カー」なのです♪

d0353489_21381366.jpg

DB-5は、映画007シリーズの3作目『ゴールドフィンガー』、続く4作目『サンダーボール作戦』で有名になりました。
様々なギミックを搭載した改造車として登場し、その後の007映画シリーズでは様々なボンドカーが登場するのがお約束になりました。
そう言えば、日本のTOYOTA 2000GTもボンドカーでしたねえ。

それにしても、この時代の英国車は美しいです。
「効率?なにそれおいしいの?」とでも言いたげな、手間のかかりそうな流麗なライン・・・
古き良き時代の大英帝国のスポーツカーなんでありました♪

名古屋市名東区極楽1丁目-5番  アウト ガレリア "ルーチェ"にて
LUMIX DMC-GX7MK2
Lumix G 42.5mm/F1.7 ASPH
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
この疾駆する大英帝国をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]
Commented by getteng at 2018-03-11 08:37
blackfacesheep2さん
Legend of Britishはいいですよ!
老生は車はやりませんが、英国ブランドはかっこよかったと思います。
その他にもいろいろと・・・。
ただし、食い物はいただけないとか、本当ですか?
Commented by gaku0107boo at 2018-03-11 10:27
こんにちわ!
アメ車とも違う、ドイツ車とも違う、もちろん日本車とも違う、まさにアストンマーチン、英国紳士の雰囲気が漂ってますね。
トヨタ2000GT、英国のイメージを取り入れたんじゃなかと勘ぐってしまいました。
Commented by iwamoto at 2018-03-11 10:33 x
「DB」の意味を教えて頂いて有り難うございました。
そうだったのか、と共に、ただそれだけのことだったのか、
とも思えてしまいました。
DB6、ウィリアム王子が結婚式で乗ってましたよね。
Commented by jikomannte at 2018-03-11 17:44
ショーン・コネリーのジェームズ・ボンドが乗っていたアストンマーチンですね。
リアガラスの更に後ろから、鉄板が出て来たりしてましたね。
ジャガーのボンドカーもあったかな。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-11 19:26
gettengさん、こんにちは。^^
英国製品、特に王室御用達の逸品はどれも魅力的ですね、機能とデザインの両方が優れています。^^
英国は階級社会なので、労働者階級の食べ物はアレですが、アッパーミドル以上が行くレストランは美味しいですよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-11 19:29
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
クルマって国民性が出ますね、大雑把なアメ車、緻密なドイツ車、かっこいいけどすぐ壊れるイタ車、エキセンな仏車・・・
英国車はブサカワ系のクルマもありますが、基本的にエレガントなクルマが多いような気がします。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-11 19:31
iwamotoさん、こんにちは。^^
DBトラクターのオーナーさんたちは、「こいつの親戚はボンドカーなんだぜえ」なんて自慢したんでしょうか。^^;
純粋な英国車は絶滅危惧種ですが、アストン・マーティンはなんとか踏ん張っていますねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-03-11 19:33
純さん、こんにちは。^^
そうそう、ショーン・コネリー時代のボンドカーはこれが一番ですね♪
ボンドカーはいろいろありましたが、やはり英国車らしさならアストン・マーティンがベストでしょうね。
by blackfacesheep2 | 2018-03-11 05:00 | Vehicles | Comments(8)