人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

都会で暮らす錆たち

d0353489_21857100.jpg





d0353489_2191371.jpg





d0353489_21105176.jpg





d0353489_21125569.jpg





d0353489_21132263.jpg

都会で見かける錆は、田舎で見かける錆に比べると、ちょっとお洒落な印象ですね。
お店のディスプレイや看板などとして、「いなたい雰囲気」を演出し、活躍している錆が多いようです。

でも、時々意味不明なものに出くわしたりすることもあります。
3枚目の錆び、ナニなんでしょうねえ・・・消防署の外壁で見つけたものなんですけどねえ。^^;

名古屋市千種区 覚王山にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm/F1.4S

☆ブログランキングに参加しています。
この都会で暮らす錆たちをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by London Caller at 2017-07-25 06:22 x
田舎と都市ですか?
私のお気に入りの田舎の純朴です。

>3枚目の錆び、ナニなんでしょうねえ

スコットランドの国旗が見えますね。^^
すごいですね〜スコットランド独立運動は!
名古屋まで?!
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-25 06:40
同じ錆でも、
都会と田舎では、
雰囲気が全然違いますね。
3枚目、何でしょう。
プレートでも貼られていたんでしょうか。
でも、✖はなんだろう。
Commented by getteng at 2017-07-25 07:38
blackfacesheep2さん
錆びた人間は写材にもなりませんが、その人間が作った物は役に立つんですね(●^o^●)
Commented by ペンタスキー at 2017-07-25 07:44 x
おはようございます。
黒顔羊さんが撮る錆は、みんなオサレに見えますよ♪
それにタイトルの 「暮らす」 が何とも素敵です。

3枚目の錆は、私も何かのプレートが貼ってあった跡かと。
プレートの縁と×に接着剤を塗って貼ってあって、
接着剤が塗ってなかった部分が錆びた、
そんな感じではないかなと思いました。
んん~、違うかな?(笑)
Commented by iwamoto at 2017-07-25 09:19 x
3枚目が、一番「お作品度」が高いですね。
作り方としては、↑ペンタスキーさんの想像通りだと思います。
いやあ、これは美しい。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 09:39
London Callerさん、こんにちは。^^
英国の田舎は、日本の田舎とは違いますね・・・ずっとお洒落な雰囲気があります♪
あはは、3枚目は、確かにセント・アンドリュースですねえ、でもスコットランド独立運動とは関係なさそうです。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 09:41
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
都会の場合は、錆をファッションとしてとらえ、オシャレに演出してますもんね♪
3枚目、まわりの四角いところと✖に接着剤を塗った、ってことなんでしょうか・・・^^;;;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 09:42
gettengさん、こんにちは。^^
あはは~、錆びた人間・・・耳が痛いです。^^;
そうそう、錆はすべて人間の作ったものにしか出ません、天然モノにはないですよね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 09:44
ペンタスキーさん、こんにちは。^^
あはは、私の「赤錆と暮らしたい」という願望が、タイトルに滲みだしてしまったのかも。^^;
この3枚目の錆への推理、私も同じことを考えましたよ、かなり強固に貼ってあったみたいですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 09:47
iwamotoさん、こんにちは。^^
そうですねえ、3枚目以外は単なるブツドリですからね、作品として見ると、3枚目が一番抽象度が高いです。
生成方法はペンタスキー理論通りですね、しかし面白い具合に錆びるもんですねえ♪
Commented by voyagers-x at 2017-07-25 10:55
おはようございます!!
錆というのはどこか朽ち果てた感がありますが
錆を綺麗に楽しむ事は出来ないものかと時々考える事があります
超都銀の黒くなった状態をいぶし銀として楽しむ文化のように
もしかしたらあの錆の表面のザラザラがいけないのかも
さび色はあのままにして表面がつるつるだったら.......あ、それじゃ、錆じゃ無くなりますね

Commented by auf1028 at 2017-07-25 11:15
三枚目はもうアートの域ですね.素晴らしい.
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 11:15
voyagers-xさん、こんにちは。^^
あはは、鉄に生じる錆には、赤錆と黒錆があるそうです・・・上の三輪車は黒錆っぽいですね。
赤錆は触ると手が真っ赤になりますが、黒錆はつるつるしてますよね、使い込まれた道具のような雰囲気です♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 11:17
auf1028 さん、こんにちは。^^
そうそう、三枚目を見つけたときは、とってもうれしかったですよ。
赤錆もアートになる、ってね♪
Commented by いちご at 2017-07-25 11:51 x
都会と田舎の錆って雰囲気が違いますね!
黒顔羊さんが撮られるとすごくお洒落で素敵な感じです!
アートっぽく、わざと錆びさせてあるのかなって思ってしまいますね!
Commented by ペンタスキー at 2017-07-25 12:51 x
これはこれは、私のチープな想像に、
大御所お二人が賛同して頂けるなんて、
恐縮至極に存じます m(__)m
今日も蒸し暑いのですが、心爽やか~でございます♪
Commented by sternenlied2 at 2017-07-25 14:57
どの錆もムードがありますね。
特に三輪車がお気に入りですね。
3番目は本当意図的じゃなくても、
アートになってますね!
人間の手が加わらない自然にできたアートを
集めてみると面白いかもしれませんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 16:54
いちごさん、こんにちは。^^
はい、田舎の錆は哀愁ちょちょぎれる味わいがありますが、都会の錆はそんなに寂しくないんですよ。
あはは、ときどきアートっぽく、わざと錆びさせてあるのもあるような気がします♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 16:56
ペンタスキーさん、まいどどーも。^^
いやいや、ペンタスキー理論に間違いありません♪
HNがロシア語っぽいせいか、すごく「理論」って言葉に相性が良い感じですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-07-25 16:58
星の歌さん、こんにちは。^^
この三輪車、素敵でしょう?人気のあるお菓子屋さんの前に置いてあるものです。
自然にできた錆アートですか・・・うむ~、それは結構、敷居が高いかも・・・・^^;
by blackfacesheep2 | 2017-07-25 05:00 | Rusty Scene | Comments(20)