人気ブログランキング |
ブログトップ

Soul Eyes

黒顔羊のデジタルフォトギャラリー#2です。光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)や錆びたもの・滅びゆくものが大好きです。 自分の魂の目に感光したものは何でも撮ります。


by Black Face Sheep
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

文久の庄屋屋敷はモダンアートの夢を見るか?

d0353489_2043724.jpg




d0353489_2027799.jpg




d0353489_2064640.jpg




d0353489_207240.jpg




d0353489_2073083.jpg




d0353489_2081880.jpg




d0353489_2084532.jpg




d0353489_20938.jpg




d0353489_2095769.jpg




d0353489_2010920.jpg




d0353489_2048286.jpg




d0353489_2043017.jpg




d0353489_20283221.jpg




d0353489_20144555.jpg

ユニークな会場選びで楽しませてくれるあいちトリエンナーレ、岡崎市六供地区に残る古民家も会場に使っておりました。
この路地が入り組む住宅地の中に建つ古民家の石原邸は、文久2(1862)年に三河国総持寺の石原東十郎によって建てられた国の有形文化財だそうです。
この昔の人々の暮らしのぬくもりが伝わる建物の中で、7組のアーティストが展示を行っていらっしゃいました。

石原家は米穀業・金融業を本業とする商家で、六供杉本村の庄屋を務め、明治維新後は当村の戸長を務めていたんだとか。
主屋・土蔵・庭門が国登録有形文化財になっています。

江戸時代の古民家でモダンアートの展示を見る・・・なかなかシュールで楽しい体験でした♪
なお、タイトルはSF小説家、フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のリーパクですね。^^;

愛知県岡崎市六供町字杉本70 旧石原家住宅にて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
このモダンアートが展示された文久の庄屋屋敷をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
Commented by getteng at 2016-09-05 06:00
blackfacesheep2さん
古民家でア-トの展示とはうまいことを考え付いたものです。
でも、新旧が混在してもぴったり合うものですね。
いや、こちらの目が合わせられているのかな?
Commented by j-garden-hirasato at 2016-09-05 06:38
こんな古民家も会場になっていますか。
オモシロいですねえ。
純和風な空間とアート、
なかなか刺激的な組み合わせだと思います。
Commented by yuta at 2016-09-05 06:49 x
おはようございます
古民家を使ってアート展興味がありますね
古民家は古民家として当時のの部屋や農具の展示などが主題になっていて
古民家をつかってなにかをするというのは見たことがないです
Commented by iwamoto at 2016-09-05 07:02 x
三年に一度と言わずに、毎年見たいものですね。
マーズパスファインダーの写真、壁紙にしてました。
Commented by pikorin77jp at 2016-09-05 08:29
古い古民家をギャラリーとして開放してもいいですね。。。
こんな風にモダンに。。。。
我が田舎の母屋  築80年 主人の実家なのですが 今 使っていません。隣に蔵もあります。立派な造りなのですが 義母の介護には使い勝手が悪過ぎて。いつももったいないな~~~と思いながら 離れに住んでいます。維持管理するのも大変で 外の野菜作りどころではなくなりました。こんなふうにどなたかが 利用してくださればいいのに、、とふと思いました。
Commented by voyagers-x at 2016-09-05 11:11
おはようございます ! !
素敵ですね
純粋な古い日本家屋が.......
モダンアートと融合すると独特な素敵な空間が生まれますね
よく外国人が日本家屋の中にお洒落な洋室を作るのと似ていますね笑

Commented by hoshinamiho at 2016-09-05 12:51 x
いつも素敵な写真、参考になります。
そして身近なところのイベントの話題も☆
同じような機材なのに
撮る人によって出来栄えが
これほど違うものなのかと..
撮れば撮るほど感じる毎日です。
何が違うのでしょうか☆彡(*^^*
Commented by いちご at 2016-09-05 14:30 x
素敵な古民家ですね!
全てがアートですねぇ(*^_^*)
このランプがとっても可愛くて、こんなの欲しい~って思っちゃいました。
でも、こういうのが似合う家でないと、持っててもダメですね^_^;
Commented by sternenlied at 2016-09-05 14:34
トリエンナーレ、本当に会場選びのセンスがいいですね!
古民家の中のモダンアート!西欧人にも受けそうです。
近くだったら私も行ってみたくなるようなアートのイベントですね。
Commented by jikomannte at 2016-09-05 19:40
1、3、8、9、13の切り取り方、お洒落ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:28
gettengさん、こんにちは。^^
あいちトリエンナーレはいろんなイレモノを使いますが、古民家は初めてじゃないかな?
お寺でやったのも見たことがありますが、意外にマッチするもんです、素敵でした♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:30
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
江戸時代の庄屋屋敷を会場に使うとは・・・あいちトリエンナーレ、懐が深いです。^^
企画する人も楽しみながらやってるっぽいですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:32
yutaさん、こんにちは。^^
この古民家にも古い農具の展示などもあったんですが、モダンアートとのコラボの方が刺激的でしたね。^^
こういう場所を使うという発想自体がアートなのかもしれません♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:33
iwamotoさん、こんにちは。^^
そうですね、3年に一回は待ち遠しすぎます・・・せめてビエンナーレかな。^^;
火星の写真と陶器の破片の組み合わせ、かなりシュールでしたね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:37
ピコさん、こんにちは。^^
おお~、ご主人のご実家、築80年ですか・・・そりゃ素晴らしいですね。
確かに維持管理は大変ですが、貴重な資産ですから、なんとか保存できると良いですねえ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:39
voyagers-xさん、こんにちは。^^
この古民家、かつてはカフェや日本料理屋としても活用されたようですね。
今回はモダンアートとのコラボ・・・意外にマッチしていて新鮮でしたねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:40
hoshinamihoさん、こんにちは。^^
う~ん、それほどたいした写真は撮ってないんですが、お高く評価していただきありがとうございます♪
被写体が良いと、やはり気合が入りますね・・・でも、良い被写体探しが一番大変ではありますが。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:42
いちごさん、こんにちは。^^
古民家にモダンアートを組み合わせるという発想が実に良いですよね♪
いろいろ調度品はステキなものが多かったんですが・・・やはり普通の家に持って来たら浮くだろうなあ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:44
星の歌さん、こんにちは。^^
そうなんですよ、毎度のことながら「よくぞこういう面白い会場を探してくるなあ・・・」と感心します。
これに比べると愛知県美術館や名古屋市美術館の展示は、ありきたりですね・・・ま、作品がインパクトあるのでOKなんですが。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-05 20:45
純さん、こんにちは。^^
あはは、純さんの20㎜の切り取りに刺激を受けて、久しぶりに20㎜で撮ってきましたよ。
この画角、すこぶる使いやすくて、45mmも持って行ったのに、結局20㎜だけで終わってしまいました。^^;
Commented by 皐月の樹 at 2016-09-05 21:15 x
古民家とモダンアートのコラボレーションですか~!
これは新鮮です!
それでも、実に自然でおしゃれな内装のようにも演出されているのが、素敵ですね~!
古新聞も、こうやって使えばアートになるのですね^^;
古民家は、未来に残したい物件ですので、様々な再利用が提案されるのはとてもありがたいですね。
我が家の近くにも、茅葺の古民家があるのですが・・・廃屋となって久しく。
誰か、使ってくれないかな~と、通りがかるたびにいつも眺めております^^;
Commented by takusachihiro2 at 2016-09-05 21:53
写真撮影は自由なんですね。
こういうところに行きたいです。
没頭して撮れそうですね。
時間を忘れることができる。
一番のストレス発散かもしれません。
Commented by hoshigaoka at 2016-09-06 01:49 x
こんばんは!

こちらが、あいちトリエンナーレの岡崎会場なんですか!
地図で調べてみたら、岡崎シビコから近い場所なんですね。
古民家の古風な佇まいと個性的な作品のギャップが面白いです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-06 11:10
皐月の樹さん、こんにちは。^^
古民家の佇まい、新しいものには絶対に出せない素敵な雰囲気ですよね。^^
あいちトリエンナーレではいろいろな会場を使うんですが、古民家はこれからも使って欲しいですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-06 11:12
Takuさん、こんにちは。^^
あいちトリエンナーレは初回からずっと、写真撮影はOKですね♪
開催期間も長く、会場も多岐にわたるので、3年に一回のお祭りを楽しみにしておりますよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-06 11:14
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
あいちトリエンナーレの岡崎会場、どこの会場も面白いです・・・一癖も二癖もありますからねえ♪
東岡崎駅のレトロな雰囲気も凄いですから、ぜひ開催期間中に岡崎をご訪問くださいな。^^
by blackfacesheep2 | 2016-09-05 05:00 | Art | Comments(26)