タグ:SONY α7 II ILCE-7M2 ( 86 ) タグの人気記事


2017年 11月 18日

ポチリヌス菌が里帰りさせた富岡家の兄弟

d0353489_9405742.jpg

「お~、久しぶりだねえ、元気にしてた~?」
「ずーっとアメリカだったんだってねえ、まだ日本語はわかる?」
「まずはお寿司食べたいよねえ、あ、すき焼きかな、てんぷらかな、それとも親子丼?」

などなどと、ベアさんたちが一つのレンズの周りに集まって、賑やかに話しております。
実はこのレンズ、約50年前にアメリカに向けて旅立ち、久しぶりに日本に帰って来た”Made in Japan"のレンズなんです。
最近、私のブログで活躍するようになりました♪


d0353489_17381062.jpgこのレンズは、AUTO SEARS 55mm/f1.4と言い、1960年代末期に作られたM42マウントのレンズです。

”SEARS"と言うのは、米国の百貨店ですが、かつてはカタログによる通信販売会社シアーズ・ローバック(Sears, Roebuck and Company )として有名でした。

シアーズのカタログには、衣料品から時計やアクセサリー、日用品から自動車、住宅なども網羅されており、「消費者の聖書」と呼ばれたそうです。

もちろんカメラやレンズもラインアップされており、いろいろなメーカーからOEMで調達していたようです。

このAUTO SEARS 55mm/f1.4には、”Made in Japan"の刻印がありますが、日本のどこのメーカーが作っていたのかと言えば・・・富岡光学なんだそうです。

富岡光学とは、日本光学(Nikon)に勤務していた富岡正重氏が戦前にニコンから独立して作り上げた光学機器会社で、1960年頃より35mm一眼レフ用レンズを手掛け始めました。

1968年にはレンズ供給先のヤシカ資本傘下へ入り、1972年にはCONTAXブランド一眼レフ用のCarl Zeiss銘のレンズ群、通称「ヤシコン(Yashica Contax)を製造したことで有名になりました。

さて、AUTO SEARS 55mm/f1.4の富岡光学でのオリジナルは、AUTO TOMINON 55mm/f1.4です。

このAUTO TOMINONは、リコーにもAUTO RIKENON 55mm/F1.4として供給されました。

リコーはRICOH SINGLEXを米国のシアーズにOEM輸出しましたが、その際には上記のAUTO RKENONがAUTO SEARS 55mm/F1.4として装着されました。




d0353489_17384588.jpgAUTO SEARS 55mm/F1.4、外観はAUTO RIKENONとそっくりです・・・同じ富岡光学製ですもんね。

この富岡光学製55mm/F1.4は世界中の様々なカメラ販売会社にOEMで提供され、世界中に兄弟がたくさんいるようです。
代表的なものだけでも、下記のとおりです。

・AUTO TOMINON 55mm/f1.4(原型)

・AUTO CHINON 55mm/f1.4

・COSINON AUTO 55mm/f1.4

・AUTO RIKENON 55mm/f1.4

・AUTO SEKOR 55mm/f1.4

・AUTO REVUENON 55mm/f1.4

・AUTO SEARS 55mm/f1.4

・PORST COLOR-REFLEX AUTO 55mm/f1.4

・SUPER CERENAR 55mm/f1.4

富岡光学製かどうかを判断する基準の一つに、「右インフの右開放」と呼ばれる構造があります。

カメラを構えて、ヘリコイドの右側に無限大、絞環の右側に絞開放、というレンズの回転方向のことですね。

そういや、うちにある実母不明のOEMレンズ、Porst Tele 135mm F1.8 MCも「右インフの右開放」ですねえ(^^♪

Hanimex 28mm / F2.8 MCも「「右インフの右開放」ですが、どうやらこれはSMC Pentax-M 28mm/F2.8のOEMの可能性もありそうです。


d0353489_1744594.jpg

さて、55mmのレンズが3本になったので、比較をやってみました。
左がAUTO SEARS 55mm/f1.4、右が以前から所有しているAi Nikkor 55mm/f1.2です。
う~ん・・・違うような違わないような・・・^^;

でもボケ玉の大きさをしっかりチェックしてみると、F値の1/3段の違いは確かにあるように見えます。
やはりF1.2はそれなりに大ボケする、と言えそうです。
コントラストは、AUTO SEARSの方が軟調系でしょうか。

d0353489_17451023.jpg

私の初恋レンズ、SMC Takumar 55mm/F1.8とも比較してみました。
う~ん、同じ55mmでも、若干画角が違いますね・・・SMC Takumarの方が狭い感じです。
やや望遠よりで、焦点距離は60mmに近い感じです。

ボケ玉はAUTO SEARSの方がハードエッジで、ちょっとうるさい感じかな。
SMC Takumarの方が望遠寄りなので、F1.8とF1.4の2/3段の違いにもかかわらず、ボケの大きさはどちらのレンズも同じぐらいに見えます。

d0353489_19153015.jpg

SMC Takumar 55mmの方が画角が狭いので、少々三脚を引き、同じ範囲が写るようにして比較してみました。
こうしてみると・・・F値なりかな、2/3段の差は感じられますね。
やはりF1.8のSMC Takumarの方が、F1.4のAUTO SEARSよりボケ玉が小さめに見えます。

d0353489_10222611.jpg

この3つのレンズ、F値に比例してサイズが異なります。
左上のコンパクトなレンズが、SMC Takumar 55mm/F1.8、真ん中がAUTO SEARS 55mm/F1.4、右上の大きなレンズがAi Nikkor 55mm/F1.2です。
やはり大口径レンズって、大きくなっちゃうんですね。
ボケを優先するか、機動性を優勢するか・・・そのときの気分でレンズ選択をしようと思っています。^^

d0353489_19194928.jpg

さて、上の写真はAi Nikkor 50mm/F1.8SとAi Nikkor 55mm/F1.2のボケ方の違いです。
F1.8とF1.2・・・やはり一段違うと、ボケの大きさもはっきり違って見えます。

もちろん画角で5mm違うので、望遠寄りの55mm/F1.2の方がボケでは有利なんですけどね。
でもNikonの場合、55mmと50mmの画角はあまり変わりませんね。

やはりボケの大きさがはっきりと違うとわかるためには、絞一段分ぐらいの違いが必要なのかも。
F1.8とF1.4・・・2/3段の違いでは、ボケの大きさの違いはあまりよくわかりません。^^;
これ、かつてマイクロフォーサーズ機の標準レンズ、F1.8とF1.4の比較テストでも検証しましたけどね。^^

絞2/3段の違い・・・これはAPS-C機とマイクロフォーサーズ機の違いでもありますね。^^
センサーサイズの差から、「マイクロフォーサーズ機はAPS-C機よりボケない」とよく言われていますが、この程度なんですよ。

実際に検証してみたこともあります。
マイクロフォーサーズ機とAPS-C機、ボケの大きさに関してはほとんど差異がありませんでした。
それゆえ、カメラもレンズも軽量コンパクトなマイクロフォーサーズ・システムの方が私は好きなんであります♪

d0353489_193498.jpg

さて、AUTO SEARS 55mm/F1.4で撮った写真を、もう少し貼っておきます。
F1.4の絞り開放で撮ると、時としてこんな感じの不思議なボケになるときがあります。
まるでペインティングナイフで描いた油絵のような感じ・・・これが富岡製レンズの魔性なんでしょうか。^^

d0353489_19431060.jpg

こちらは真っ赤なテディベアさんと薔薇のコラボレーション・・・寒くなって来たので、こういう色味が心地よいです♪
AUTO SEARS 55mm/F1.4、トーンがレトロで柔らかいので、こういう室内写真には向くような気がします。

d0353489_21152253.jpg

シングルコーティングですから逆光には強いとは言えません・・・太陽に向けると、しっかりとゴーストが出ますね。^^;
でも、こういう昔ながらのゴーストって、作画に活かしやすいので、嫌いじゃありません。
また6枚絞りのレンズなので、六角形のサンスターが出ますね。

d0353489_19502721.jpg

このAUTO SEARS 55mm/f1.4も、eBayに巣食っているポチリヌス菌が、米国のフロリダから運んで来てくれました。
落札価格は89.95USDでした・・・富岡光学製の55mm/F1.4兄弟の中でも、あまり有名じゃないからこその格安値段ですね。
ほとんど未使用状態の”NEAR MINT"ですから、運賃を入れてもお値打ちだったと思います。

今までM42マウント用の標準レンズはF1.8までしか持っていませんでしたが、F1.4もやってきてしまいました。
もうレンズを集めるのは止めようと思っています・・・止められるかなあ。^^;
すべてポチリヌス菌の思し召し次第です・・・(;'∀')

愛知県豊田市 鞍ヶ池公園にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS MC Volna-9 50 mm f/ 2.8
AUTO SEARS (TOMIOKA) 55mm/f1.4

☆ブログランキングに参加しています。
このポチリヌス菌が里帰りさせた富岡家の兄弟をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-18 05:00 | Hardware | Comments(2)
2017年 11月 16日

色づく七州城

d0353489_22194344.jpg





d0353489_22202743.jpg





d0353489_2221927.jpg





d0353489_22124190.jpg





d0353489_22125487.jpg





d0353489_2213936.jpg

七州城(しちしゅうじょう)とは、豊田市にあったお城です。
正式名称は挙母城(ころもじょう)と言いますが、高さ65メートルほどの丘である童子山にあって、「三河国」「尾張国」「美濃国」「信濃国」「伊賀国」「伊勢国」「近江国」の7つの国が見えることから、「七州城」と言われたんだそうです。

豊田市美術館敷地内に櫓台の石垣が残り、1977年に隅櫓が復興されました。
その石垣や白い城壁に、紅葉した桜の葉が映えていました。

また、同じ美術館の敷地の西側に「童子苑」と呼ばれる茶室があります。
ここは靴を脱がずにテーブルでお茶を楽しめる茶席になっており、今の季節はカエデが見事に色づいていました。
今年の秋は、10月の多雨で紅葉がどうなるか気をもみましたが、どうやら無問題のようですね。
むしろ、紅葉の進み方が例年より早いような気もします。

愛知県豊田市小坂本町8-5-1 豊田市美術館 七州城にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Pentax SMC Takumar 55mm/F1.8

☆ブログランキングに参加しています。
この色づく七州城をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-16 05:00 | Seasonal Image | Comments(10)
2017年 11月 15日

廃校慕情#20 - 中藁科小学校小布杉分校

d0353489_2059318.jpg





d0353489_20592686.jpg





d0353489_20595593.jpg





d0353489_2102199.jpg





d0353489_210511.jpg





d0353489_2111020.jpg





d0353489_2113145.jpg

ほぼ一年ぶりの「廃校慕情シリーズ」です。
旧ブログで#1~#18まで連載した後、新ブログになってからは、昨年の11月に妻籠小学校を更新しました。
今回は静岡県の廃分校です。

ここは私の写真友達のKさんが、昔から写真を撮り続けている静岡市内の限界集落にある廃分校です。
と言っても、まだ本当の廃校にはなっておらず、正式には「休校」のままのようです。
でも、再度開校されるかどうかは、極めて難しい状況のようです。

Kさんの説明は下記のとおりです。

「5〜6年前に分校が事実上廃校になり、校舎、体育館は、本校が管理をして、ほぼ当時のままの姿を保っています。
現在集落には、40戸ほど、ほとんどが60以上の人たちで、選挙権のない人はいません。
集落には、水道がなく、全て沢の水で生活が営まれており、お店は一軒もなく自販機すらありません。
春には桜が咲き、梅雨はホタル、夏は川遊び、鮎取り、、、晴れれば峠から富士山を眺めることもできます。」

日本の過疎の村の一つの典型とも言うべき場所なのかもしれません。
今回は、Kさんの他に、私の所属する写真グループ、「全日本味噌煮込写真家協会」の仲間たちと出かけてきました。

d0353489_21151100.jpg

廃校と言っても、ときどきは街の子供たちが遊びにやってきて、山の生活を楽しんでいきます。
この日も、街の子供たちが来て、校庭で遊んでいましたね。

d0353489_2121310.jpg

子供たちの遊び相手になってくれたのは、この分校を卒業し、この地域に残って頑張ってお茶づくりを続けているSちゃん。
彼にはお茶づくりの話も聞きました・・・なかなか厳しい現実のようでした。

旧・小布杉分校とその集落で一日過ごしましたが、今の日本が失くしてしまった素晴らしいものがたくさんある地域でした。
夥しい数の写真を撮らせてもらいました。
春や夏にも、ぜひ訪問してみたい・・・心からそう思いました。

静岡市葵区小布杉1756番地の1 中藁科小学校 小布杉分校にて
SONY α7 II ILCE-7M2
AUTO SEARS (TOMIOKA) 55mm/f1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この廃校慕情#20 - 中藁科小学校小布杉分校をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-15 05:00 | Old Buildings | Comments(14)
2017年 11月 14日

猫が多めな地下連絡道

d0353489_10271845.jpg





d0353489_10273822.jpg





d0353489_10281011.jpg





d0353489_10283398.jpg





d0353489_1029339.jpg





d0353489_10292616.jpg





d0353489_10295075.jpg

名古屋駅とルーセントタワーを結ぶ地下通路には、さまざまな動物が棲んでいます。
と言っても、実際の動物じゃなくて、2次元のアートなんですけどね。
さまざまな動物が描かれていますが、なかでも猫ちゃんが一番多いんじゃないでしょうか。
最後の巨大猫ちゃん、最初はまるで気がつきませんでした。^^

名古屋市西区にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Hanimex 28mm / F2.8 MC

☆ブログランキングに参加しています。
この猫が多めな地下連絡道をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-14 05:00 | Lights & Shadows | Comments(14)
2017年 11月 13日

秋色に包まれた赤煉瓦の森

d0353489_19192262.jpg





d0353489_19195633.jpg





d0353489_19201270.jpg





d0353489_19205789.jpg





d0353489_19214746.jpg





d0353489_192238.jpg





d0353489_1924996.jpg

先日の「色づく森の蚤の市」を撮ったノリタケの森です。
ここは古い赤煉瓦工場の建物がいまだに残されており、色づいた秋の木々と素敵なコラボレーションを演じておりました。
一年中、いつ来ても素敵な場所ですが、やはり晩秋から初冬にかけてが一番好きですね。

名古屋市西区則武新町3-1-36 ノリタケの森にて
SONY α7 II ILCE-7M2
AUTO SEARS (TOMIOKA) 55mm/f1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この秋色に包まれた赤煉瓦の森をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-13 05:00 | Seasonal Image | Comments(12)
2017年 11月 12日

朽ち逝く消火ポンプ

d0353489_85138.jpg





d0353489_87254.jpg





d0353489_874934.jpg





d0353489_810681.jpg





d0353489_8105128.jpg





d0353489_8112390.jpg





d0353489_812764.jpg





d0353489_8345742.jpg

古い消火ポンプを見つけました。
おそらく手押しで駆動するタイプなのでしょう。

鉄でできたところは赤錆が浮き、木材でできたところは朽ちつつありました。
ううむ・・・滅びの美学に満ちているなあ・・・つい、にじり寄って撮ってしまいました。^^;

ポストプロセスは「錆残し」です。
Adobe Lightroomで赤とオレンジ以外の彩度スライダーをOFFにすると、モノクロームの中に赤錆だけ残ります。
緑や青い空が黒くなり、非日常感がバリバリ漂い始めるのが楽しいです。

愛知県豊田市にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS MC Volna-9 50 mm f/ 2.8

☆ブログランキングに参加しています。
この朽ち逝く消火ポンプをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-12 05:00 | Rusty Scene | Comments(12)
2017年 11月 11日

ショーウィンドーの中の黄昏

d0353489_1014138.jpg





d0353489_10143314.jpg





d0353489_10145192.jpg





d0353489_10152778.jpg

立冬を過ぎると、どんどん日の落ちるのが早くなっていきます。
黄昏時に撮る街のショーウィンドー、反射する街の風景が柔らかな黄色からミステリアスなパープルへどんどん変わっていきます。
見ていて飽きません・・・だから撮影しちゃうんですけどね。^^

名古屋市中区にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS Jupiter-9 85 mm f/ 2.0

☆ブログランキングに参加しています。
このショーウィンドーの中の黄昏をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-11 05:00 | Lights & Shadows | Comments(14)
2017年 11月 10日

晩秋のケヤキと戯れる光蜥蜴

d0353489_10431352.jpg





d0353489_10534059.jpg





d0353489_10473221.jpg





d0353489_10521992.jpg





d0353489_10482898.jpg





d0353489_10494365.jpg

ケヤキのある公園って、大好きです。
この季節はオレンジ色に紅葉して、どんどんと葉を落としていきます。
短くなった午後の日差しで生まれた光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)を受けて、とっても綺麗です。

さらに季節が進んで初冬になれば、枯れ枝が鋭く天を突くようになります。
あのミニマルな姿も、大好きな風景ですね。

もちろん新緑が芽吹く季節や、真夏の青々とした葉も魅力的です・・・
でも、ケヤキの美しさは晩秋から初冬に頂点に達するんじゃないかなあ、って思うのですよ。
滅びゆくものは美しい・・・そう思えてなりません。

名古屋市中区 白川公園にて
☆ブログランキングに参加しています。
この晩秋のケヤキと戯れる光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-10 05:00 | Seasonal Image | Comments(16)
2017年 11月 09日

三原色が誘う地下階段

d0353489_9222910.jpg


d0353489_9231162.jpg


d0353489_9242062.jpg


d0353489_9245293.jpg


d0353489_9254530.jpg




d0353489_9272619.jpg

名古屋駅の北をルーセントタワーに向かって歩いて行くと、三原色の地下出入り口が目につきます。
お天気の良い日にはとてもフォトジェニックに輝きます。
今までにも何回も撮っているんですが、ついついここを通ると撮らされてしまいますねえ。^^;

と言うか、カメラを持っているときにここを歩いていて何も写さなかったら・・・
びょーいんへ行った方がいいかも。^^;
こんな素晴らしい被写体、無視したら罰があたりますよねえ♪

名古屋市西区牛島町にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Hanimex 28mm / F2.8 MC

☆ブログランキングに参加しています。
この三原色が誘う地下階段をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-09 05:00 | Lights & Shadows | Comments(16)
2017年 11月 08日

色づく森の蚤の市

d0353489_8414131.jpg





d0353489_8421729.jpg





d0353489_8514266.jpg





d0353489_8423876.jpg





d0353489_8555694.jpg





d0353489_843103.jpg





d0353489_8433862.jpg





d0353489_844195.jpg





d0353489_8443025.jpg





d0353489_8445553.jpg





d0353489_8574194.jpg





d0353489_8451712.jpg





d0353489_8453883.jpg





d0353489_846159.jpg





d0353489_8462169.jpg





d0353489_847066.jpg





d0353489_8472685.jpg





d0353489_853578.jpg





d0353489_8484189.jpg





d0353489_8491653.jpg

先週の週末、名古屋駅の北にある「ノリタケの森」で行われた"Go Green Market"です。
いわゆる「マルシェ」と呼ばれる「蚤の市」ですね。

このGo Green Marketは2010年からスタートし、東京と名古屋の二箇所で開催されています。
この『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味なんだとか。

美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案、素晴らしかったです。
どこも素晴らしいデコレーションなので、ついつい写真の枚数が増えてしまいますね。

今週の週末は、豊田市美術館の庭園でも"MUSEUM MARKET"が行われます。
あそこも秋になると木々が色づいて素敵な場所なので、きっと素敵な蚤の市になるんじゃないでしょうか。
私も11/12(日)に出かけようと思っております♪

名古屋市西区則武新町3-1-36 ノリタケの森にて
SONY α7 II ILCE-7M2
AUTO SEARS (TOMIOKA) 55mm/f1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この色づく森の蚤の市をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-08 05:00 | Still Life | Comments(20)