タグ:LZOS Jupiter-9 85mm F2.0 ( 8 ) タグの人気記事


2017年 12月 02日

ポチリヌス菌が連れて来た絞羽根が15枚ある中望遠

d0353489_2034094.jpg

晩秋の空を写すガラスの塊・・・カメラのレンズですね。
中を見ると何やらウズマキのようなものが見えますが、これが絞(しぼり)羽根です。
レンズの中に入ってくる光の量を調節する働きをし、この絞羽根の枚数やカタチによってボケの雰囲気はずいぶん変わります。

絞羽根の枚数が多いほど、また絞羽根のカタチがカーブを描くほど、絞った時のボケのカタチは美しくなると言われています。
一般的に絞羽根の枚数は、5枚~9枚のレンズが多いですね。
ちなみにこのレンズの絞り羽根は、15枚もあります・・・ボケの美しさを予感させます。^^

d0353489_2045987.jpg

このレンズは、最近私のブログで活躍している中望遠レンズで、LZOS Jupiter-9 85mm F2.0と言います。
ソ連製のレンズですから、本来はキリル文字で”ЮПИТЕР-9"と書き、「ユピーチル・ヂェーヴィチ」と読むのでしょう。
うちに来たのは輸出仕様なので、”Jupiter-9"(ジュピター・ナイン)です。

d0353489_20403760.jpg

ソ連製のレンズは、メーカーと言うのはなく、すべて親方カマトンカチ製です・・・
とは言え、作られた工場によって刻印が違います。

このレンズは先日ご紹介したハーフマクロ、"LZOS MC Volna-9 50mm F2.8"同様、LZOS工場製です。
LZOSとは、ロシア語のキリル文字"Лыткаринский Завод Оптического Стекла"をラテン文字表記した"Lytkarinskiy Zavod Opticheskogo Stekla"の頭文字で、リトカリノ光学ガラス工場という意味だそうです。

このレンズキャップに描かれているのが、リトカリノ光学ガラス工場のロゴです。
「三角形や丸形のガラスを生産している工場」と言う意味合いで、それらの形状を組み合わせ、中にキリル文字の「C」を入れた意匠です。

d0353489_2081514.jpg

ちなみに、ソ連製の撮影機器のシリアルナンバーは、最初の二桁が西暦の下二桁となっています。
つまり、85xxxxと書いてあったら、1985年製造ってことです。
このJupiter-9は、1985年生まれ、今年で32歳です。

うちにやってきた個体は、ロシアのモスクワからやってきました。
eBayで見つけたとき、"Near Mint"(ほぼ新品)と言う記述に惹かれてしまい、ついポチリました・・・^^;
”Mint"と言っても、eBayではアテにはならないと言われています・・・でも使用感のないとても綺麗な個体がやってきました。

Jupiter-9 85mm f/ 2.0の歴史は、1948年にCarl ZeissのContax版Sonnarのコピーからスタートしたときに始まったそうです。
当時は使われていたガラスまでゾナーと同じだったようですが、1950年には光学系が最設計され、材料もソ連産のガラスに変更されて、KMZ (クラスノゴルスク機械工廠)で生産され始めました。
そして1958年には、KMZからLZOSに生産が移譲されたそうです。

d0353489_208253.jpg

Jupiter-9は15枚も絞羽根があるので、自動絞が使えません。
古めかしいプリセット絞の仕様になっています。

これはF5.6に合わせたところです・・・先端から一段目の筒がプリセット絞りの設定環になってます。
二段目の筒を回転させると、絞り開放F2.0から設定された絞値(この場合はF5.6)まで回せます。
絞値を再設定するときには、二段目の絞りを絞開放F2.0にしてから、一段目の筒を回して任意のF値に設定します。

撮影するときは、まず明るい絞開放でフォーカシングします。
フォーカスが決まったら、二段目の筒を設定した絞りまで回す、と言う仕掛けですね。

d0353489_8412392.jpg

さて、これで手持ちの85mmのレンズが2本になりました。
Ai Nikkor 85mm F1.4Sと言う良いレンズがあるのに、なぜ一段暗いJupiter-9を手に入れたか・・・

それはボケに対するこだわりですね。
Ai Nikkor のレンズって、絞開放で使えばまあるいボケで気持ちが良いんですが、一段絞ると多角形が目立つボケになっちゃうんですよ。

大きさはご覧のように、かなり違います。
左のAi Nikkor 85mm F1.4Sは620g、真ん中のJupiter-9は360gと、倍近く重さが違います。

右のマイクロフォーサーズのLumix GM5に付いているLumix G 42.5mm/F1.7も、フルフレーム機の85mmと同画角の中望遠です。
重さはめっぽう軽く、Lumix GM5が211g、42.5mm/F1.7が130gですから、合計で341gしかありません。

d0353489_2037299.jpg

例によって、比較撮影をしてみました。
やはり絞で一段違いますから、ボケの大きさの違いははっきりわかり、F1.4のAi Nikkorのボケの方がかなり大きいです。

d0353489_20374242.jpg

じゃあ、Ai Nikkorを一段絞ってF2にしてみると、どうなるか・・・
当たり前のことながら、ボケの大きさもシャッター速度も、JUPITER-9と同じになりますね。
とは言え、ボケのカタチとか色味は若干違います。

d0353489_20375439.jpg

JUPITER-9とマイクロフォーサーズの同画角のレンズ、42.5mm/F1.7を比較してみました。
このLumix G 42.5mm/F1.7をフルフレーム機に換算すると、85mm/F3.4ですから、ボケの大きさはずっと小さいですね。

とは言え、この小っちゃなレンズでも、フルフレーム機の標準ズームの望遠端よりはボケます。
例えば、ニコンのAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR、望遠端の85mmのF値はF4.5ですからねえ。^^;

d0353489_2038870.jpg

さて、今度は最短撮影距離(MFD, Minimum Focusing Distance)の違いを比較してみました。
JUPITER-9は80㎝、Ai Nikkor 85mm/F1.4Sは85cm・・・実際に撮影すると、この程度の違いがありました。

d0353489_2038215.jpg

さて、同画角のマイクロフォーサーズのLumix G 42.5mm/F1.7との比較です。
マイクロフォーサーズのレンズは寄れるものが多いですが、このLumix G 42.5mm/F1.7のMFDは31cmです。
撮影倍率は0.4倍ですからほぼハーフマクロ、寄りたいときにはとても便利です。

こうしてみると、それぞれ85mm画角のレンズの使い分けができそうです。
戸外で被写体をボケの中に浮かび上がらせたいときは、有効径の一番大きなAi Nikkor 85mm F1.4Sを使う・・・
絞っても丸いボケが欲しいときや、小型軽量を優先するときはJUPITER-9を使う・・・
近接で撮りたいときや、室内だったらマイクロフォーサーズのLumix G 42.5mmを使う・・・
ま、こんな感じでしょうかね。

d0353489_2058425.jpg

さて、JUPITER-9の実写例です。
こちらはコスモス・・・背景のボケ玉が、このJUPITER-9らしいハードエッジなボケになってます。

d0353489_22534512.jpg

また、このJUPITER-9は、イルミネーション撮影にも向いています。
ボケ玉が真ん丸になるし、ボケの中もタマネギの皮みたいな同心円状の模様が出ません。

d0353489_2058368.jpg

JUPITER-9の絞り開放は滲んだハロを伴います。
最近のレンズはコーティングが優秀ですから、こういう滲んだハロを伴った描写にはなりにくいです。
後ボケだけでなく、前ボケにもうるうるとした滲んだハロが出ます。
それゆえ、JUPITER-9の絞り開放の描写は、夢見心地な描写になります・・・きょうびのレンズには出せない味わいです。
このうるおいのある味わいに麻薬性があり、ついついJUPITER-9を使いたくなってしまうのです。^^

d0353489_20391838.jpg

季節はいよいよクリスマス・シーズン・・・
このボケの美しいJupiter-9でクリスマス・イルミネーションを撮ってみたいものです。
どうせなら、星ボケ(今日の写真の5枚目^^;)が出る、Volna-9とのソ連コンビで撮りに行きたいものです♪

なお、このLZOS Jupiter-9 85mm F2.0で撮ったデジタル写真は、下記のタグをクリックするかこちらをクリックしてください。
また、フィルムで撮った写真はこちらにあります。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS MC Volna-9 50mm F2.8 (1~6、15枚目)
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0 (12~14枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
このポチリヌス菌が連れて来た絞羽根が15枚ある中望遠をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-12-02 05:00 | Hardware | Comments(14)
2017年 11月 21日

カルジーナの森の赤錆屋さん

d0353489_2114516.jpg

晩秋の青空に映える赤錆・・・私の大好物がたくさんある場所に行ってきました。

d0353489_2115115.jpg

ここは岡崎市の郊外にある「カルジーナ」と言う雑貨屋さんです。

d0353489_21305371.jpg

カルジーナとは"КорзиНа"、ロシア語で「バスケット」と言う意味なんだそうです。
「毎日を旅する雑貨屋」がモットーだそうで、店内には素敵な雑貨がいっぱい置いてありました。
ただ・・・写真撮影は禁止なんですね、残念。

さて、このカルジーナさんの建物にはあと3軒のお店が入っています。
この場所を総称して「カルジーナの森」と呼ぶようです。
私がこの「カルジーナの森」にやって来た理由は、その中の一軒のお店に興味があったからですね。

d0353489_2117476.jpg

興味の対象は、赤錆。

d0353489_2120816.jpg

先日、ノリタケの森の”Go Green Market"を見に行った際に、そこの出展者さんが素晴らしい赤錆物件を出していらっしゃいました。
銀塩フィルム写真ブログでもご紹介した、真っ赤に錆びた三輪車を展示販売されていたお店ですね。^^;

d0353489_21202780.jpg

その出展者さんが、岡崎市の「カルジーナの森」にお店を出している、と教えてくれました。
”F.45"(エフ・フォー・ファイブ)さんとおっしゃいます。

営業日が毎週金曜日+αと限られているので、なかなか行けませんでした。
たまたま先週の金曜日に時間ができました・・・仕事場から45分程度の距離なので、早速行ってきました。

d0353489_212192.jpg

"F.45"さんの店内に入ると・・・お~、ラスティックで素敵な雰囲気に溢れております♪

d0353489_2123951.jpg

古びた雰囲気、ナチュラルなテイスト・・・たまらん♪

d0353489_21232334.jpg

写真撮影の許可をいただき、バリバリ撮らせていただきました。

d0353489_2123581.jpg

いや~、ファインダーを覗いていると、日本にいる感じがしなかったですね。

d0353489_21243390.jpg

その品ぞろえや雰囲気・・・とってもブリティッシュなものを感じました。
9年前に英国HampshireのEversleyの街で入ったアンティーク屋さんを思い出していましたよ。

d0353489_21252371.jpg

てっきり英国から直で仕入れているのかと思ったら、そうでもないんだそうで。

d0353489_2126772.jpg

"F.45"のオーナーさんに、ぜひ英国に仕入れに行くといいですよ、とお勧めしておきました。
英国の田舎町には、アンティークなものがいっぱい転がってますからね。^^

d0353489_21265022.jpg

ちなみに、このあたりの作品はオーナーさんのオリジナルだそうです。
この"Weathered"な雰囲気、素晴らしいセンスだなあ♪

d0353489_21275189.jpg

お店の外観です・・・錆好きな人にはもうたまりません♪

d0353489_2244058.jpg

どこを見ても赤錆だらけ、まさしく「赤錆屋さん」と呼びたくなってしまいました。

d0353489_2252448.jpg

私の所属する銀塩フィルム写真愛好家グループ「錆銀」の構成員に紹介したら盛り上がるだろうなあ。
みんな、こういう雰囲気は大好きですもんね♪

d0353489_21294677.jpg

この赤錆屋さんを筆頭に、「カルジーナの森」は、とっても面白い場所でした。
"КорзиНа"と言うロシア語名に敬意を表して、ソ連製レンズのВолна-9 50mm/F2.8とЮпитер-9 85mm/F2.0 で撮りました♪

愛知県岡崎市竜泉寺町間峯ヶ平52 カルジーナの森 F.45にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS MC Volna-9 50mm F2.8 (1~3,8,10~15, 17枚目)
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0 (4~7, 9, 16, 18枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
このカルジーナの森の赤錆屋さんをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-21 05:00 | Rusty Scene | Comments(16)
2017年 11月 11日

ショーウィンドーの中の黄昏

d0353489_1014138.jpg





d0353489_10143314.jpg





d0353489_10145192.jpg





d0353489_10152778.jpg

立冬を過ぎると、どんどん日の落ちるのが早くなっていきます。
黄昏時に撮る街のショーウィンドー、反射する街の風景が柔らかな黄色からミステリアスなパープルへどんどん変わっていきます。
見ていて飽きません・・・だから撮影しちゃうんですけどね。^^

名古屋市中区にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0

☆ブログランキングに参加しています。
このショーウィンドーの中の黄昏をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-11 05:00 | Lights & Shadows | Comments(14)
2017年 11月 07日

霜月の光蜥蜴がうろつく家

d0353489_18422375.jpg





d0353489_18431749.jpg





d0353489_18454196.jpg





d0353489_18455746.jpg





d0353489_18462384.jpg





d0353489_18465310.jpg





d0353489_184755.jpg





d0353489_18493272.jpg

11月に入って、めっきりと日差しが秋めいてきました。
こういう憂いを帯びた光と影って大好物です。
今の季節ならではのヒカリトカゲですね。
もう1ヶ月で冬・・・そして年末・・・う~ん、時間の経つのは本当に速いです。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0

☆ブログランキングに参加しています。
この霜月の光蜥蜴がうろつく家をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-07 05:00 | Lights & Shadows | Comments(14)
2017年 10月 29日

The Melody At Night, With You

d0353489_14341474.jpg





d0353489_1434329.jpg





d0353489_14345151.jpg





d0353489_14351799.jpg





d0353489_143639.jpg

豊田市駅前の薄暮です。
昨日の『花遊庭』での撮影で使ったのと同じレンズ、LZOS Jupiter-9 85mm F2.0で撮ってます。

このレンズ、丸ボケがとても美しいレンズなんですよね。
私の好きなJazzピアニスト、Keith Jarrettに"The Melody At Night, With You"と言う名アルバムがあります。
その中の収録曲、”Be My Love"を意識して撮っておりました。

秋の夜長には、こんな癒し系のレンズが似合うのかも。
フォーカスがどこにもあっていないような、でもよく見るとどこかにあっているような写真、撮ってみるかなあ♪

d0353489_1446488.jpg


愛知県豊田市 名鉄・豊田市駅にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0

☆ブログランキングに参加しています。
このThe Melody At Night, With Youをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-29 05:00 | Lights & Shadows | Comments(16)
2017年 10月 28日

The Remains of the Day

d0353489_21455249.jpg





d0353489_21463323.jpg





d0353489_22104891.jpg





d0353489_21471328.jpg





d0353489_2159427.jpg





d0353489_21483887.jpg





d0353489_21524934.jpg





d0353489_21533146.jpg





d0353489_2152998.jpg





d0353489_21592227.jpg





d0353489_2272024.jpg

豊田市の花遊庭に行ってきました。
ここは英国風の庭園で、いつ行っても「ここはコッツウォルズかな?」と思わせるような演出が楽しめます。

雨ばかりの10月にしては、珍しく陽の光に恵まれた英国庭園・・・
思わず"The Remains of the Day"と言う英語が頭に浮かんできました。

これは先日ノーベル文学賞を受賞した英国人作家、Kazuo Ishiguroさんの小説のタイトルです。
Kazuo Ishiguroさんの代表作の一つで、英国のカントリーハウスの執事だった主人公の目を通して、変わりゆく英国の貴族社会を描いた小説です。

Ishiguroさんは名前からもわかるように、日系英国人です。
そのせいか、どこから見ても大英帝国な小説なのに、東洋的な無常感が漂う不思議な作風が特徴的です。
昔から大好きな小説家で、いつかノーベル賞ぐらい取るだろうと思ってましたが、こんなに早く取られるとは思いもしませんでした。

このThe Remains of the Day"、邦訳は『日の名残り』です。
映画化もされました・・・アンソニー・ホプキンスやエマ・トンプソン、ヒュー・グラントと言った一流役者が出てました。
全然悪くはなかったんですが、オリジナル小説が良すぎました・・・あの品格や深さはなかったような気がします。

ちなみに、本日の私のフィルム写真ブログでも、この花遊庭を白黒フィルムで紹介しています。

d0353489_21541352.jpg


愛知県豊田市大林町1丁目4−1 花遊庭にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0

☆ブログランキングに参加しています。
この日の名残りをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-28 05:00 | Lights & Shadows | Comments(14)
2017年 10月 20日

青いペデストリアンデッキ

d0353489_22155650.jpg





d0353489_22161615.jpg





d0353489_22163038.jpg





d0353489_22174545.jpg





d0353489_22171323.jpg

今年の10月は本当に雨がよく降ります。
なかなか、秋らしい爽やかな写真が撮れず残念です。

でも、ものは考えようでして・・・雨の日にしか撮れない写真もあるなあ、と。
そんな気分で雨に濡れるペデストリアンデッキを撮ってきました。

雨は水だから色はないはず・・・でも、なぜか雨は「青い」と感じます。
なので、徳永英明さんの”Rainy Blue"が似合いそうな色合いに調色してみました。


愛知県豊田市 名鉄・豊田市駅にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0

☆ブログランキングに参加しています。
この青いペデストリアンデッキをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-20 05:00 | Lights & Shadows | Comments(18)
2017年 10月 16日

秋薔薇の咲く公園にて

d0353489_21272738.jpg





d0353489_21274449.jpg





d0353489_21289100.jpg





d0353489_21283566.jpg





d0353489_2129196.jpg

そろそろ秋薔薇と落葉のコラボが見られるかな、と思って豊田市内の公園に行ってみました。
秋薔薇は春薔薇に比べると、香りも少なく咲き方もまばらですね。
落葉はちょうど始まったばかり、桜の木もまだ紅葉しきっておらず、ちょっと時期尚早って感じでした。

ここで使っているレンズも、ポチリヌス菌中毒による発作で北の大地からやってきました。
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0と言う中望遠レンズです。

先日ご紹介したLZOS MC Volna-9 50mm F2.8同様、旧ソビエト連邦製です。
戦前のCarl Zeiss Sonnar 2/85の末裔だそうで、ハロの多いクラシックで柔らかい描写のレンズですね♪

愛知県豊田市 西山公園にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0

☆ブログランキングに参加しています。
この秋薔薇の咲く公園にてをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-16 05:00 | Seasonal Image | Comments(24)