タグ:LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5. ( 116 ) タグの人気記事


2017年 01月 20日

黄金のマリア像が建つ広場 (写真部門)

d0353489_19343357.jpg

ミュンヘンの碧空に映える黄金の母子像・・・
もちろん幼子はイエス・キリスト、母親はマリア様ですね。

d0353489_19345230.jpg

ここはミュンヘンの中心部にあるにぎやかな広場、マリエンプラッツ、「マリア広場」です。
中世以来ずっと市場が開かれ、時には決闘もこの広場で行われたんだそうです。
マリエン広場の北側にそびえ建っているのは、新市庁舎(Neues Rathaus)です。
新市庁舎と言っても19世紀にできたものですから、日本だったら旧市庁舎であっても不思議はないんですけどね。^^;

d0353489_19373148.jpg

こちらは新市庁舎のタワーに設けられた仕掛け時計「グロッケンシュピール」です。
ドイツ国内では最大、ヨーロッパ全体では5番目に大きい仕掛け時計で、毎日11時、12時、17時から約10分間、仕掛けが動きます。
人間とほぼ同じ大きさの32体の人形が、1568年のバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲンの公女レナーテとの結婚式の様子を演じているんだそうです。

私たちも待ち構えて、じっくりと鑑賞させてもらいましたが、あまりドラマチックじゃなかったかも。^^;
また、ハト除けなんでしょうか、ネットがちょっと邪魔だったなあ。

d0353489_19385517.jpg

広場にはいろいろな彫刻もあり、被写体がいっぱい、って感じでした。

d0353489_20192275.jpg

さすが環境大国ドイツ、人力タクシーもたくさん待機してましたね。

d0353489_19402548.jpg

こんな大道芸人さんも、観光客の人気を集めていました。

d0353489_19423953.jpg

この日はとても暑い日で、ついついアイスクリームに手が伸びました。

d0353489_19432296.jpg

上のアイスクリームのブランドは、Leysieffer・・・そう、デュッセルドルフでも入ったお菓子屋さんですね。
この「ライジーファー」は、1909年にドイツ北部の街オスナブリュックで創業した老舗で、バウムクーヘンが有名だそうです。

d0353489_19434960.jpg

ミュンヘンと言えばビール・・・冷たそうなビールの絵葉書も誘惑しておりました。

d0353489_19445990.jpg

この黄金のマリア像は、スウェーデンの占領が終わったのを祝い、1638年に広場の中心に建造されたものだそうです。
それにしても・・・高倍率ズームレンズって、時間がタイトな旅行の際には最強ですねえ。^^
少々描写が甘くても、280㎜相当の望遠から28㎜相当の広角までカバーするズームレンジは、実に便利でした♪

Marienplatz, Munich, Bavaria, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この黄金のマリア像が建つ広場をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-01-20 05:00 | Overseas Trip | Comments(20)
2017年 01月 15日

凍てつく田園 (写真部門)

d0353489_17321941.jpg




d0353489_1737093.jpg




d0353489_17334355.jpg




d0353489_17371162.jpg




d0353489_17395682.jpg




d0353489_1735283.jpg




d0353489_17461328.jpg




d0353489_17355350.jpg

最強クラスの寒波が日本列島を襲っており、記録的な豪雪となっている場所もあるようですね。
私が住んでいる西三河地方も、昨日は雪が降りました。

と言っても、うっすら・・・ですけどね。
雪がめったに降らない地域なので、午前中に近所の散歩コースの田園地帯を撮影に行ってきました。

雪景色を強調したかったので、「錆残し」同様、赤の彩度のみ残して他の色の彩度はゼロにしました。
う~む、こうしてみるとほとんど白黒写真です・・・冬の田園地帯、赤いものってほとんどないことが、よくわかりました。

愛知県みよし市にて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この凍てつく田園をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-01-15 05:00 | Seasonal Image | Comments(20)
2017年 01月 14日

名前の読めない美しきレストラン (写真部門)

d0353489_1051650.jpg




d0353489_10515647.jpg




d0353489_10522746.jpg




d0353489_10524566.jpg




d0353489_1053105.jpg




d0353489_10533589.jpg




d0353489_10535231.jpg




d0353489_10541855.jpg




d0353489_10544429.jpg

先日ご紹介したミュンヘンの現代美術館ピナコテーク・デア・モデルネ、到着したときはちょうどお昼時になっていました。
なので、まずは腹ごしらえをすることにしました。
向かったのは、ピナコテーク・デア・モデルネの通りを挟んで東側にある、こんなレストランです。

ここ、インテリアが素敵でしたね。
いかにもミュンヘン分離派っぽい雰囲気に溢れていました・・・さすが美術館の近くだけのことはあります。^^

また、料理も良かったです。
ブラッスリーを名乗るだけあって、フランス・イタリア系料理で、味も盛り付けも素敵、お値段もリーズナブルでした。

ただ・・・お店の名前が読めません。
Brasserie Tresznjewski・・・ブラッスリー・トゥレスズンジェヴスキー?^^;

日本人は、こういう子音が連続する文字、発音不能ですね。
スキーと言う語尾と、強烈な子音連続から判断するに、チェコ系のお名前なんでしょうか・・・

チェコ語には母音が一つも含まれていない単語がたくさんあるそうです。
例えば"Strč prst skrz krk"・・・ぐわ~、ストゥルチュ・プルスト・スクルス・クルク?^^;
これ、はチェコ語の早口言葉的な言葉遊びの一種で、「指をノドに突っ込め」という意味だそうです。

日本人に発音できないお名前をもつブラッスリーでしたが、ピナコテーク・デア・モデルネ近くでランチをしようと考えている方には、お勧めのお店でした♪

Brasserie Tresznjewski, Theresienstr. 72, 80333 Munich, Bavaria, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この名前の読めない美しきレストランをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-01-14 05:00 | Overseas Trip | Comments(12)
2017年 01月 07日

逢魔が時のナンキンハゼ (写真部門)

d0353489_2164945.jpg





d0353489_217883.jpg





d0353489_2183752.jpg





d0353489_21252459.jpg

11月には美しい紅葉を見せてくれたわが町のナンキンハゼ・・・
一月ともなると、すべて落葉して尖った枝を天に突き上げる姿が目に付くようになります。
この冬ならではの姿、寂しげではありますが結構気に入ってます。

それにしても、1月の太陽はあっという間に沈んじゃいますね。
例によって、手持ち長時間露光の実験をやってみました・・・3枚目は1秒の露出です。
他のナンキンハゼに背をあずけながら、カメラをしっかり保持して撮りました。

さすがに等倍で見ると甘いんですが、このブログに貼るぐらいのサイズなら特に問題なさそうです。
GX8のボディ内レぶれ補正と、Lumix便利ズームのレンズ内補正の両方を使う"Dual I.S."、なかなか侮れません。^^

また、こういう逢魔が時と呼ばれる時間帯は、刻一刻と空の色が変わっていき、レンズ交換をしている余裕がありません。
この4枚の焦点距離は、1枚目から14㎜、17㎜、14㎜、140㎜です。
高倍率の便利ズームって画質は少々アレですが、「時間が勝負」となるときには頼りになります♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この逢魔が時のナンキンハゼをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-01-07 05:00 | Lights & Shadows | Comments(16)
2017年 01月 05日

光蜥蜴が闊歩する一番新しいピナコテーク (写真部門)

d0353489_20125934.jpg

2017年になって最初のドイツ旅行シリーズです。
ミュンヘンのヴィラ・シュトゥックを出たあと、100番のバスに乗ってPinakothekenへ・・・
そこにはこんな光蜥蜴が住む建築物がありました。

ここはピナコテーク・デア・モデルネ (Pinakothek der Moderne) と呼ばれる現代美術館です。
20世紀から21世紀のアートを展示する美術館で、近現代美術の展示館としては、ヨーロッパ最大規模を誇ります。

ちなみに「ピナコテーク」とはギリシア語に由来し、「絵画館」を意味するそうです。
ミュンヘンには、バイエルン王家のコレクションを展示するアルテ・ピナコテーク(旧絵画館、古典巨匠から18世紀までの絵画)、19世紀に当時の「現代美術」を展示するために建てられたノイエ・ピナコテーク(新絵画館、18世紀から19世紀の絵画を展示)がすでに存在しており、ピナコテーク・デア・モデルネはこれらに続く第3のピナコテークとして、2002年に開館しました。

d0353489_20153490.jpg

現代美術の美術館だけあって、内部はシャープでモダンな陰影が素敵でした。

d0353489_20161338.jpg

工業製品もアート・・・バウハウスを生み出した国ならではですね。

d0353489_2017829.jpg

館内には素敵な光と影がそこら中にありました。

d0353489_20184877.jpg

これは英国のアール・ヌーボー作家、Charles Rennie Mackintoshの家具ですね♪

d0353489_20191980.jpg

モダンな家具もいっぱい展示されてました。

d0353489_20194512.jpg

ここまで来るともはや家具と言うより、オブジェかも。

d0353489_2020868.jpg

こちらはバウハウスゆかりの画家、Lyonel Feiningerの作品です。
こういう作品がさりげなく置いてあって、しかも撮影可能ってあたりがドイツの美術館です。

d0353489_20203411.jpg

ドイツ表現主義、新即物主義の画家、Max Beckmannの作品です。
新即物主義はノイエザッハリヒカイトって物々しい語感が好きでしたが、この作品はあまり即物的でもない感じでした。^^

d0353489_20214825.jpg

こちらは・・・作品ではなくお手洗いです。
しかし徹底的にデザインされており、つい撮らされてしまいました。^^;

d0353489_202657100.jpg

こちらはレストラン・・・うむ~、テーブルと椅子の無駄のないデザイン、ステキです。
いや、レイアウトさえも美しい♪

d0353489_20271941.jpg

収蔵されている作品も素晴らしいですが、建物自体もアートと呼べる素晴らしい建築でした。

d0353489_20274613.jpg

アルテ・ピナコテークとノイエ・ピナコテークも見てみたかったんですが、時間がなくて泣く泣くパスしました。
これらの3つの美術館はほぼ同じ地区にあったんですが、現代美術を最優先しました。
残りはまたミュンヘンに来る時の楽しみにとっておきましょう♪

Pinakothek der Moderne, Barer Str. 40, 80333 München, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この光蜥蜴が闊歩する一番新しいピナコテークをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-01-05 05:00 | Overseas Trip | Comments(12)
2016年 12月 31日

沈みゆく冬日 (写真部門)

d0353489_22285786.jpg




d0353489_22291486.jpg




d0353489_22293483.jpg




d0353489_2230069.jpg

赤々と沈みゆく冬の太陽、そしてその光を受けて鈍く輝く赤錆・・・
結局今年も、光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光)と赤錆をたくさん撮った一年になってしまいました。
好きなものは変わらない、ってことなんでしょうね。

さて2016年もいよいよあとわずか・・・
還暦を迎えた今年、春には胆嚢摘出術を含めて3回の入院を経験してしまいました。
でも、6月下旬には無事にドイツ旅行にも出かけることができ、まずまずの一年だったんじゃないか、と思います。

今年も一年間、このブログをご訪問いただき、本当にありがとうございました。
おそらく来年も、進歩の無い写真が続くと思いますが、ぜひまたご訪問いただければ幸い、と存じております。
それではみなさま、良いお年をお過ごしください♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この沈みゆく冬日をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-31 05:00 | Lights & Shadows | Comments(24)
2016年 12月 27日

世紀末の分離した青春様式の邸宅 (写真部門)

d0353489_223533100.jpg

さて、ミュンヘンのドイツ博物館を出た後、"Deutsches Museum"の電停から16番の”St. Emmeram"行きのトラムに乗りました。
やってきたのはここ・・・なにやら立派なお屋敷なんであります♪

d0353489_2236337.jpg

建物の銘盤には、"Villa Stuck"とあります。
ここはドイツの画家、フランツ・フォン・シュトゥックの旧住居で、19世紀末にシュトゥック自身により設計・建設されました。
現在はミュンヘン市による管理で、美術館として運営されています。

d0353489_22364024.jpg

フランツ・フォン・シュトゥックはミュンヘン分離派の創始者の一人です。
分離派・・・ゼツェシオン(Sezession)と言う名前でも知られておりますね。
保守的な芸術家組合から分離する形で誕生したため、この名がついているんだそうです。

この運動はその後ベルリンやオーストリアにも波及し、ベルリン分離派やウィーン分離派の活動につながり、さらにはドイツ版アール・ヌーボーである「ユーゲント・シュティール」(青春様式)につながりました。

ユーゲントシュティール様式と言えば、ダルムシュタットの芸術家村「マチルダの丘」が有名です。
アール・ヌーボーふぇちの私は2011年のドイツ旅行の際に訪問しました。
そして、ミュンヘンのヴィラ・シュトゥックもぜひ行ってみたい場所だったんであります。

d0353489_22365883.jpg

中に入ると・・・おお、フランツ・フォン・シュトゥックらしいほの暗い妖しい雰囲気で満たされておりました。

d0353489_22382166.jpg

ウィリアム・モリスやエドワード・バーン=ジョーンズなどの英国アーツ・アンド・クラフツ系のアールヌーボーとも共通する何かがありましたねえ♪

d0353489_223955.jpg

うねうねと曲線を描くデザイン・・・やはりユーゲントシュティールもアール・ヌーボーなんであります♪

d0353489_22392594.jpg

館内に飾ってあったVilla Stuckのミニチュアモデルです。

d0353489_22403365.jpg

こんなティールームもありました。

d0353489_22405217.jpg

外部のバルコニーの天井にもびっしりとユーゲントシュティールななデザインがほどこされておりましたねえ♪

d0353489_22411493.jpg

さて、ヴィラ・シュトゥックを出て100番のバスに乗って、次の目的地へ向かいます。
バスもトラムもバイエルンチケットでまかなえますから、便利なんであります♪
次のドイツ旅行記は・・・年明けですね。^^

Museum Villa Stuck, Prinzregentenstraße 60, 81675 München, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この世紀末の分離した青春様式の邸宅をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-27 05:00 | Overseas Trip | Comments(12)
2016年 12月 23日

ドイツの科学力は世界一 (写真部門)

d0353489_8254926.jpg

機能美に溢れる計測機器・・・そのストイックなフォルム、痺れる被写体ですね~♪

d0353489_8261589.jpg

ここはミュンヘンで訪れた博物館です。
メカメカしい展示物がいっぱいあるんですねえ♪

d0353489_8264396.jpg

その博物館の名前はDeutsches Museum・・・ドイツ博物館と言います。
1925年から一般に開館された博物館で、農業、鉱業、航空工学から、鉄道、機械、宇宙に至るまで、ドイツの科学技術を若い世代に引き継ぎ、学ばせるための博物館だそうです。

d0353489_8271365.jpg

館内には、大きな航空機なども展示されています。
敷地面積5万km2。展示品目は約1万7千点以上、体験型の博物館展示をしています。
そのため、訪問者がそのすべてを充分に体験しようとすれば、少なくとも数日を要する大規模なものです。

d0353489_8273545.jpg

展示物のすぐ近くまで寄れるのが楽しいですね。

d0353489_828520.jpg

ドイツ博物館のダイレクトリは、こんなアイコン表示になっております。
ドイツ語が分からなくても無問題でした♪

d0353489_8294564.jpg

いにしえの天文観測機器などもたくさんあり、ドイツの科学力の伝統をかんじさせますね。

d0353489_830538.jpg

昔の機械の機能美を心行くまで堪能できました。

d0353489_8322723.jpg

ガラス細工の鳥たちは、お土産用の作品のようでした・・・我家も買ってきましたよ。

d0353489_22341658.jpg

売店に置いてあるミュージアムグッズも、科学的情緒に溢れたものが選ばれておりました。^^

d0353489_833536.jpg

ドイツ博物館はミュンヘン旧市街の東側、イーザル門を出てすぐのイーザル川の中州にあり、トラムの停留所があります。
地下鉄だとIsartor駅が至近ですね。
ドイツの科学力を間近で味わいたい方には、ぜひおすすめの博物館でした♪

Deutsches Museum, Munich, Bavaria, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このドイツの科学力は世界一を証明するドイツ博物館をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-23 05:00 | Overseas Trip | Comments(10)
2016年 12月 13日

灼熱のアウクスブルク

d0353489_20134140.jpg





d0353489_20144693.jpg





d0353489_20152153.jpg





d0353489_2017220.jpg





d0353489_20193219.jpg





d0353489_20202330.jpg





d0353489_2021712.jpg





d0353489_2031192.jpg

ドイツ旅行シリーズ、まだ終わりません・・・^^;
この日のアウクスブルクは摂氏30度を超える暑い日で、街を行く人たちも露出度の多い服装でした。

もう師走だというのに、季節外れな写真ですみません・・・在庫がまだいっぱいあるのですよ。
でも寒さが本格的になりつつある今だからこそ、こういう暑さがみなぎる夏写真であったまるのもも悪くないかもしれません。^^

Augsburg, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 (1,3枚目)
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 (2, 4~8枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
この灼熱のアウクスブルクをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-13 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)
2016年 12月 08日

黄金の市庁舎

d0353489_20294355.jpg




d0353489_2030398.jpg




d0353489_20302546.jpg




d0353489_20314047.jpg




d0353489_2032649.jpg




d0353489_20323479.jpg

ドイツ・バイエルンの都市、アウクスブルクの市庁舎です。
エクステリアは修復中でクロスに覆われており、撮影意欲がわきませんでした・・・フィルムでは撮ったんですけどね。^^;

でも、内部はデジタルカメラで撮ってきました。
2.5オイロ払って、市庁舎内部の最大の見ものを見てきました・・・この「黄金の間」(Goldener Saal)です。

いや~、どこを見渡してもキンキラキンでした。
まさしく金だらけ・・・いや~、贅沢と言うか、派手と言うか、悪趣味と言うか・・・^^;

この市庁舎、1615年から1620年にかけて建設されたドイツルネサンス建築の最高傑作だそうです。
当時のアウクスブルクの繁栄ぶり、いやがうえにも見せつけられました。

Augsburg, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この黄金の市庁舎をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-08 05:00 | Overseas Trip | Comments(14)