タグ:LUMIX DMC-GM5 ( 156 ) タグの人気記事


2016年 11月 06日

毛糸が巻かれた街角

d0353489_2256761.jpg

ネルトリンゲンの旧市街を歩いていたら、こんな風景に遭遇・・・
これ、街灯にニットが巻いてあるもののようです。

d0353489_22563766.jpg

ここにもカラフルなニットを巻かれた街灯があります。

d0353489_22583085.jpg

これはもう少しダイナミックな作品でしたねえ。^^;

d0353489_2259279.jpg

街灯だけじゃありません・・・木の幹にも巻かれておりました。

d0353489_231101.jpg

こちらの樹にもきっちりと巻かれております・・・
うむ~、この毛糸が巻かれた街角、なんの意味があるのでしょう。
頭からクエスチョンマークを1ダースほど出しながら撮影しておりました。

ちなみに、この日のネルトリンゲンは30度を超える暑い一日でした。
残暑が続いていた間は暑苦しくてアップする気になれませんでしたが、ようやく冷え込んで来ました。
今なら、暖かそうでいいんじゃないでしょうか♪

Nördlingen, Germany
LUMIX DMC-GM5
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

☆ブログランキングに参加しています。
この毛糸が巻かれた街角をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-11-06 05:00 | Overseas Trip | Comments(13)
2016年 10月 28日

初夏を謳歌する中世都市

d0353489_2014422.jpg




d0353489_2016251.jpg




d0353489_20165641.jpg




d0353489_20175543.jpg




d0353489_20192896.jpg




d0353489_20211724.jpg




d0353489_20215317.jpg




d0353489_20223829.jpg




d0353489_20231125.jpg

日本ではもうすでに秋に大きく舵を切ったというのに、私のドイツ旅行シリーズはまだ6月下旬で止まったままです。^^;
いまだに中世の城郭都市、ネルトリンゲンです・・・いつになったらミュンヘンに行くのでしょうか。

この日、とても暑い一日でした。
ネルトリンゲン駅の駅裏にあるバイエルン鉄道博物館で、炎天下の下で写真を撮っていたら、バテバテになってしまいました。
ホテルに戻って休憩し、夕方近くになってから、初夏のネルトリンゲンの街並みを撮りに行ってきました。

相方はホテルで休むというので、彼女専用レンズとなっていたM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を借りてスナップしてみました。
Lumix GM5は1/16000の電子シャッターとISO100のおかげで、この45㎜中望遠をF1.8の絞り開放で使えます。
35㎜判に換算すると、90㎜/F3.6ですから、絞開放ならそれなりにボケますね♪

Nördlingen, Germany
Olympus Pen Lite E-PL6LUMIX DMC-GM5
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

☆ブログランキングに参加しています。
この初夏を謳歌する中世都市をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-10-28 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)
2016年 10月 26日

抽出された秋

d0353489_14302382.jpg





d0353489_14303912.jpg





d0353489_14311630.jpg





d0353489_14313648.jpg





d0353489_14321416.jpg





d0353489_14323414.jpg

先週末、私の所属する「全日本味噌煮込写真家協会」の関東支部のオフ会で横浜に行ってきました。
こちらは土曜日の朝、センター南から仲町台の駅まで続く緑道を、全味協関東支部の友人たちと歩いた際のスナップです。
愛知県はまだ夏の名残が目立つ森の中ですが、横浜はかなり秋が目立つようになってきました。

その秋色を抽出するために、Adobe Lightroomで赤・オレンジの彩度だけ残し、後の色の彩度は全部落とし、モノトーンにしてみました。
例によって、周辺減光もたっぷりと盛ってあります。
「錆残し」と同じ感じですが、あそこまで明瞭度はあげていません・・・これは「秋残し」として、プリセット登録しておこうかな。^^

この都筑区、私があざみ野に住んでいたときにはまだ存在していませんでした。
緑区と港北区に分かれていた造成中の丘陵地でした・・・地下鉄もあざみ野まで来てませんでした。
あれから25年以上経ち、住宅も増えて街らしくなってきましたが、この緑道には昔の雰囲気が残っていました。
ちょっと懐かしかったですねえ。^^

横浜市都筑区 茅ケ崎公園にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 42.5mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
この抽出された秋をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-10-26 05:00 | Seasonal Image | Comments(20)
2016年 10月 19日

鉄分補給に最高な駅裏博物館

d0353489_20235873.jpg

ネルトリンゲンの駅前食堂でランチを食べた後、再びネルトリンゲン駅に向かいます。
なぜなら・・・実はですね。^^;

d0353489_20242595.jpg

ネルトリンゲンの駅裏には・・・
Bayerisches Eisenbahnmuseum、つまりバイエルン鉄道博物館があるからなんですね。^^v

d0353489_2025325.jpg

駅前から跨線橋を渡って駅裏に向かいます。
跨線橋の上から下を見ると、赤錆ふぇちなら思わず舌なめずりしたくなるような光景が広がっておりました。^^;

d0353489_20252849.jpg

こちらがバイエルン鉄道博物館の入り口です。
右側の入り口から中に入ります。

d0353489_20261787.jpg

これがバイエルン鉄道博物館の入場券です。
昔ながらの硬券ですね、芸が細かいんであります♪
そしてその向こうにいるのは・・・

d0353489_20264519.jpg

うぉぉぉぉ、かつてのTEE、ラインゴルト急行なんであります♪

d0353489_20272455.jpg

転車台にはずらりと、いにしえのドイツ鉄道の車両が並んでおりました。

d0353489_20274752.jpg

もちろん蒸気機関車もおりました。

d0353489_20283398.jpg

このバイエルン鉄道博物館、ネルトリンゲンに隣接しております。
なので、古い車両と新しい車両の対比も楽しめるようになっていました。^^

d0353489_20291593.jpg

色あせた凸型機関車、たまらない味わいですねえ(^^♪

d0353489_2030242.jpg

これは何なんでしょうか・・・好奇心を刺激するものがいっぱい転がっておりました。

d0353489_20392581.jpg

ドイツの場合、気候が涼しいのか、こういう草も上品な生え方ですね。^^;

d0353489_20312857.jpg

機関庫の中を覗くと、おびただしい数の蒸気機関車が、良い状態で保管されておりました。

d0353489_21422359.jpg

でも、私はこういう戸外で錆びるままになっている個体の方が好きなんだよなあ。

d0353489_21434849.jpg

私は本格的な鉄ちゃんではなく、赤錆ふぇちなので、こういうシーンの方がぐっと来ます。

d0353489_20333522.jpg

ネルトリンゲンの駅の裏にあるバイエルン鉄道博物館、鉄分補給にはぴったりの場所なんでありました。

d0353489_21183860.jpg

帰りに再び跨線橋の上から・・・見事な眺めなんであります。
ネルトリンゲンへ来た理由は、テディベアの街ギーンゲンに近かったのと、このバイエルン鉄道博物館の存在が大きかったですね。

ちなみに、ギーンゲンで買ったテディベアたちは荷物になるので、駅前食堂の"Hotel Am Ring"で預かってもらいました。
2ユーロと、リーズナブルなお値段でした。^^

Bayerisches Eisenbahnmuseum, Nördlingen, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この鉄分補給に最高な駅裏博物館をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-10-19 05:00 | Overseas Trip | Comments(13)
2016年 09月 28日

テディベアが跳梁跋扈する街角

d0353489_19402548.jpg

薔薇の咲く街並み・・・ドイツの初夏にはよく見かける風景です。
でも空を歩くテディベアは、ドイツひろしと言えどなかなか見られない風景じゃないでしょうか。

d0353489_19411027.jpg

おお、ここにもカラフルなテディベアちゃん。^^

d0353489_19412879.jpg

これは本家本元、シュタイフの看板付きですね。

d0353489_2061375.jpg

レストランにもテディベアさんはおりました。

d0353489_19414683.jpg

こちらは背中合わせで二匹います。

d0353489_19423218.jpg

このベアさんはジーンズにカラフルなシャツを着ておりますねえ♪

d0353489_2065817.jpg

この街の教会でしょうか・・・
よく見ると、この風景の中にもテディベアさんがいるんですが、おわかりになりますでしょうか。

d0353489_19432749.jpg

はい、こちらがそのベアさんの拡大図・・・ドイツの民族衣装っぽいベストを着ておりました。

d0353489_19435441.jpg

こちらは・・・ブーツを履いておりましたね。

d0353489_19484021.jpg

お~、かなり派手目なテディベアさんです♪

d0353489_1949471.jpg

こちらは青い地球を描かれたエコなベアさんでしょうか。

d0353489_19492327.jpg

ここはシュタイフ社の本社があるギーンゲンの旧市街です。
シュタイフ・ミュージアムがオープンするまでの間、時間があったので、旧市街地で熊狩りをしておりました。^^
ドイツではごく当たり前の雰囲気の街ですが、よく見るとそこら中にテディベアがいるんですね♪

d0353489_19494989.jpg

こちらのソファでくつろぐテディベアさんは、ツーリストインフォメーションセンターの前におりました。

d0353489_19501482.jpg

ギーンゲンのツーリストインフォメーションセンター、やはりシンボルはテディベアでしたね。

Giengen, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このテディベアが跳梁跋扈する街角をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-28 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)
2016年 09月 22日

クマにひかれて聖地巡礼

d0353489_12175389.jpg

ギーンゲンの駅前には、この街一番の名物、シュタイフ社の看板が出ていました。
歓迎メッセージはドイツ語、英語、そして日本語で書かれておりました・・・私たち以外にも、ここを訪れる日本人は多いようです♪

d0353489_12183270.jpg

駅前には、こんなクマの足跡がありました・・・これをたどって歩いていくと・・・

d0353489_12185269.jpg

マルガレーテ・シュタイフ・シュトラッセ・・・
シュタイフ社の創業者さん、シュタイフ女史のお名前のついた通りに出くわすので、それを左折します。

d0353489_12195187.jpg

これもシュタイフ女史のメモリアルのようでしたね。

d0353489_12202556.jpg

左を見ると、有名なシュタイフのロゴ、「耳にボタンはシュタイフのしるし」なんであります♪
お~、ここはシュタイフ社の工場♪
テディベアファンの聖地なんであります・・・我家のシュタイフ製テディベアさんたちの故郷なんであります。^^

d0353489_12212100.jpg

シュタイフ本社のモニュメントです。
テディベアと、シュタイフ女史が最初に作ったゾウさんが模られておりましたね。

d0353489_1221291.jpg

シュタイフ社のファクトリーアウトレットです・・・到着が早すぎてまだオープンしてませんでした。

d0353489_12221863.jpg

左が工場、そしてこの建物がファクトリーアウトレットですね。

d0353489_12224336.jpg

そして目の前の建物からは、かわいらしいテディベアさんが手招きしております。
おお、これはシュタイフ・ミュージアム♪
残念ながら、ここも早すぎてまだオープンしていませんでした。

時間を潰すために、ギーンゲンの旧市街を散策することにしました♪
旧市街、凄かったですよぉ、まさしくクマの街って感じでした・・・次回をお楽しみに~。^^v

Giengen, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このテディベアに案内されてシュタイフ本社へ至る道をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-22 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)
2016年 09月 20日

蒸し暑い9月でも秋桜は咲く

d0353489_185136.jpg

9月も下旬となってきました。
今年の9月は昨年、一昨年に比べると、とても蒸し暑くて不快指数高めです。
それでも近所では徐々に秋の足音が聞こえてきました・・・はい、今年もコスモスの咲く季節となってきました♪

d0353489_1853212.jpg

色とりどりなコスモスが咲き乱れるこの場所は・・・

d0353489_1854736.jpg

豊田スタジアムの南に広がる休耕田なんであります。

d0353489_1863298.jpg

でも、その近くには、こんな凶悪な蔓蔦の皆さまもはびこり、蒸し暑い夏を演出なさっているんでありました。^^;

d0353489_1865534.jpg

空を見上げると・・・う~ん、まだ真夏そのものの雲ですねえ。
早く秋らしい爽やかな気候になってもらえないもんでしょうか・・・今週も雨がちで湿度は多そうですねえ。^^;

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
この蒸し暑さの中に咲く秋桜をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-20 05:00 | Flowers & Plants | Comments(26)
2016年 09月 18日

南ドイツ鈍行列車旅行

d0353489_7464725.jpg

ネルトリンゲン二日目は、荷物を宿に置いたまま、南ドイツの鉄道旅行に行ってきました。
早朝のネルトリンゲンの駅、あまり人がいなかったですね。

d0353489_7481587.jpg

こちらは駅構内から入れる駅前カフェです。
軽い食事やゲームをしながら列車を待つことができるようになっていました。

d0353489_8104553.jpg

このネルトリンゲン駅、古い車両がいっぱいありましたねえ。
こういう古い列車で旅行に出かけると、さぞや旅情が高まるんだろうなあ・・・

d0353489_7503128.jpg

でも、実際に乗ったのは、こんなモダンな列車でした。
これはレギオナル・バーンと呼ばれる各駅停車の鈍行列車でしたね。

d0353489_9551783.jpg

「気をつけて行ってらっしゃいにゃ~」と見送ってくれる、駅の近くの猫さんです。

d0353489_827955.jpg

ドイツ鉄道、各駅停車の鈍行列車でも立派なトイレがついておりました・・・つい、撮らされてしまいました。^^;

d0353489_7533720.jpg

窓の外に明るいドイツ南部の風景が広がっていました。
バイエルン州とバーデン=ヴュルテンベルク州の州堺あたりを進行中です。

d0353489_7555860.jpg

アーレンの駅で列車を乗り換えます。
プラットフォームでは、ビジネスマンと思しき人が、忙し気にスマートフォンを操作してましたねえ。
全世界共通の駅での眺めになりつつあるようです。

d0353489_758227.jpg

プラットフォーム上にある喫煙スペースです。
ドイツ鉄道の駅には、まだ煙草の吸える駅も残っているようですが、亡くなるのは時間の問題でしょうねえ。

d0353489_759980.jpg

アーレンからウルム行きの列車に乗り換え南下中・・・
これは今回の旅行でお世話になったジャーマンレイルパスです。
"Flexi Twin Pass 5 days"で329オイロでした・・・1か月間の任意の5日間、ドイツ鉄道が二人で乗り放題と言う切符です。
すでにこの日までに4日分使ってしまっており、この日の旅行が最後の使い放題でした。
ドイツ鉄道には各種割引があるので、必ずしもGRPが安いとは言えない場合もあるでしょうが、面倒くさくなくて便利なのは事実ですね。

d0353489_802271.jpg

途中駅のオーバーコッヘンです。
ドイツが誇る光学機器メーカー、カール・ツァイスの戦後の本拠地がある街です。
カメラファンには「聖地」して知られる街ですが、実にどってことない普通の田舎町でした。^^;
戦前のツァイスの本拠地だったイェーナには5年前に訪問してますが、オーバーコッヘンでは駅名表示板を撮影したのみでした。

d0353489_8293838.jpg

このちっちゃな駅舎のある駅で下車しました。
ここが本日の目的地です。

d0353489_863816.jpg

地下連絡通路を通って駅正面へ・・・こんなテディベアがお迎えしてくれました。
テディベア・ファンなら誰もが知っているシュタイフ社・・・その本社がある「聖地」ギーンゲンにやってきまたんであります♪

Nördlingen - Aalen - Giengen, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この南ドイツ鈍行列車旅行ををご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-18 05:00 | Overseas Trip | Comments(13)
2016年 09月 17日

45周年は謎肉祭

d0353489_11151116.jpg

「わくわく・・・良かったねえ、なんとか手に入れたねえ♪」
う~ん、テディベアさんたち、楽しそうなんであります・・・なんか盛り上がってます。^^

実はこれ、カップヌードルの誕生45周年を記念して発売された特別製品なんであります。
その名も、「カップヌードルビッグ“謎肉祭(なぞにくまつり)”肉盛りペッパーしょうゆ」・・・ん?謎肉???^^;

d0353489_1115252.jpg

「謎肉」と呼ばれるのはこちら・・・
カップヌードルの中に入っているキューブ状の物体のことですね。
少々しょっぱくて、天然の食品にはないみょ~に柔らかな食感・・・不思議に後を引く麻薬性のある食品です。

その正体については、古来よりいろいろ議論・邪推されてきましたね。
某巨大掲示板などでは、『あの肉』『謎の肉』『謎肉』『ぞぬ肉』などと呼ばれておりましたねえ。^^;

実際にはそんなに面妖な食品ではなく、製造元の日清によれば、豚肉だそうです。
正式名称はダイスミンチと呼ぶんだとか。

それにしても日清、ノリの良い会社ですね♪
ネットで使われていた名称『謎肉』を、そのまま使っちゃうとは・・・やるもんだなあ、日清。^^;

その結果、大好評をもって迎えられ、9月12日に発売したばかりだったのに、もはや売り切れ店続出だそうです。
次のロットは10月下旬に入荷、と聞いたので、慌ててコンビニに買いに行ってきました。

d0353489_1115423.jpg

早速調理してみました・・・と言っても、お湯を加えて3分待つだけですが。^^;
紙カップのままではいかにもアレなので、とりあえずドンブリに入れてはみましたが・・・
う~ん、このチープな見てくれは、やはりカップ麺そのものだなあ。^^;

d0353489_1116281.jpg

謎肉の拡大です。^^;
普通のカップヌードルには数粒しか入ってない謎肉、てんこ盛りですねえ・・・通常の10倍だそうですよ。

若いころには、その数粒の謎肉を惜しむように食べたものですが、それをこんなにたくさん食べられるとは♪
味はもちろん昔ながらのチープなアレです・・・でも、カップヌードルの味はこうじゃなきゃ♪
ただ残念なのは、レギュラーのカップヌードルに入っているエビや卵が皆無なこと・・・ちょっと寂しかったなあ。

さて、今年45周年と言うことは、1971年、私が15歳の時に発売されたってことですね。
1972年の浅間山荘事件の中継で、カップヌードルを美味しそうに食べるお巡りさんたちが放映され、それで一気にブレークしたんだとか。

1970年代後半、私が大学生の頃は、所属する軽音楽部の部室の近くにカップヌードルの自販機が置いてありました。
サックスを練習しながら、小腹が減った時にはよくお世話になったなあ、カップヌードル♪

なお、これはカップ麺ではありますが、即席めんには変わりはありません。
そのため、私のライフワーク「B級即席袋麺シリーズ」のひとつとして、リストには加えておきます♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 42.5mm/F1.7 ASPH (1,2枚目)
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH (3,4枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
この南ドイツ鈍行列車旅行ををご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-17 05:00 | Foods & Dining | Comments(22)
2016年 09月 15日

二通りの色に染められた中世都市

d0353489_1519731.jpg

真っ白な外壁が美しい中世風の建物・・・
これはネルトリンゲンの市庁舎ですね。

d0353489_15285188.jpg

この市庁舎は14世紀からこの場所にあるそうで、そこに刻み込まれたレリーフもなにやら歴史がありそうでした。

d0353489_15551233.jpg

市庁舎の近くのブロート・タンツハウスの屋根には、青空に映える真っ白なコウノトリさんが止まっておりました。

d0353489_15322225.jpg

こちらはオープンカフェですね。
その後ろにあるのは・・・

d0353489_1532497.jpg

通称「ダニエル」と呼ばれる塔を持つ聖ゲオルク教会です。

d0353489_15332562.jpg

このダニエルの塔は、ネルトリンゲンの街の真ん中に聳えており、街のどこからも見ることができます。
そう、こんな感じですね。
上に登れば眺望も良かったと思うのですが、疲れていてパス・・・今思えば、もったいなかったかも。^^;

d0353489_15341287.jpg

ネルトリンゲンの街は、ほぼ円形の城壁に囲まれた中世都市なんであります。^^

d0353489_15422675.jpg

このネルトリンゲン、かつて隕石が衝突してできたリース・クレーターの真ん中にできた街でした。
これはそのクレーターの博物館ですが、残念ながら私が行ったときは時間が遅くて閉まっていました。

d0353489_15425541.jpg

リース・クレーターはこんな感じです・・・まさしくまあるい隕石口なんであります。

d0353489_15355836.jpg

ネルトリンゲンのシンボルはでんでんむしなんだそうです。

d0353489_15364952.jpg

こちらは古いクレステルレ・・・かつてのフランシスコ会修道院です。
修道院は宗教改革の時代に衰退し、市は1536年にこの建物を買い取り、穀物庫として使われていたそうです。

d0353489_1537913.jpg

今はこの穀物庫はホテルになっております・・・私たちが二泊したNH Kloesterle Noerdlingenですね。

d0353489_15384882.jpg

違う角度から見たクレステルレ・ホテルです。
なんとなく修道院の雰囲気が残っておりますね。

d0353489_1540542.jpg

我々の止まった部屋からの眺めです。
ここに来るまでのホテルはシャワーだけだったんですが、ここはバスタブが付いてました・・・すこぶるご機嫌でした♪

ちなみに今回の写真、レンズは同じですが、カメラは2台使いました。
パナソニックのLumix GM5とオリンパスのOlympus Pen E-PL6、それぞれ個性が違います。
RAWで撮って、同じパラメータのポストプロセスで仕上げてみましたが、同じマイクロフォーサーズ規格のカメラでも、違いが出ますね。

GM5の方が渋くてかつてのKodachrome 64っぽく、E-PL6の方が華やかでFujichrome Provia RDPIIって感じでしょうか。
特に空の色が違います・・・GM5は哀愁を帯びた深い紺碧で、E-PL6は明るく爽やかな瑠璃色です。

パナソニックの色とオリンパスの色、結構違いますね。
で・・・どちらかと言えば、パナソニックの方が好みかな・・・オリンパスは女子向き、パナソニックはおっさん向きなのかも。(爆^^;)

Nördlingen, Germany
LUMIX DMC-GM5 (1,7,9,10,14,15枚目)
Olympus Pen Lite E-PL6 (2,3,4,5,6,8,11,12,13枚目)
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この二通りの色に染められた中世都市ををご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-15 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)