タグ:LUMIX DMC-GM5 ( 190 ) タグの人気記事


2017年 11月 17日

晩秋から初冬に変わる黄昏

d0353489_22475215.jpg





d0353489_2248852.jpg





d0353489_2249165.jpg





d0353489_22491246.jpg





d0353489_2250685.jpg

秋の陽は釣瓶落とし・・・
本当にうろうろしていると、すぐに真っ暗になってしまいます。

この時も、西の空が焼けているな・・・と思って、裏の公園に行ったら、もうすでにお日様は地平線に沈むところでした。
残照が残っている間に数カット撮ってみました。

オレンジ色が徐々に失われ、紫色から藍色へと変化していく空・・・見ていて飽きませんでした。
ちょうど晩秋が初冬に変わっていく瞬間のように感じられました。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この晩秋から初冬に変わる黄昏をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-17 05:00 | Lights & Shadows | Comments(14)
2017年 11月 06日

色づきはじめた住宅街

d0353489_1819795.jpg





d0353489_1827174.jpg





d0353489_18281525.jpg





d0353489_18283441.jpg





d0353489_18293844.jpg





d0353489_18342316.jpg

私の住む住宅街の街路樹が色づき始めました。
1,3,5枚目が外周道路に植えられたナンキンハゼ、2,4,6枚目が東西を貫くメインストリートに植えられたアメリカフウですね。

今年は10月が雨ばかりだったので、街路樹の紅葉はどうなるか心配でした。
でも、とりあえず例年通り、素敵な景観を見せてくれるようです。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この色づきはじめた住宅街をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-06 05:00 | Seasonal Image | Comments(14)
2017年 11月 02日

黄金の名残り

d0353489_19444795.jpg





d0353489_1945787.jpg





d0353489_1945258.jpg





d0353489_19454016.jpg





d0353489_1946813.jpg





d0353489_19462720.jpg

仕事帰りに藁塚を見つけました。
ただちに車を路肩に寄せて駐車し、撮影に取り掛かりました。

藁塚をよく見ると、稲穂も少しだけ残っていました。
また田んぼの畔には、刈り忘れられた稲穂も残っています・・・これはラッキー。

夢中で撮っていたら、もう周りがよく見えなくなっていました。
秋の日は釣瓶落としとはよく言ったものです。

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この黄金の名残りをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-02 05:00 | Seasonal Image | Comments(14)
2017年 10月 30日

雨の立体駐車場はアンドロイドの夢を見るか

d0353489_1522289.jpg





d0353489_1522392.jpg





d0353489_15225640.jpg

先週末も雨の週末となってしまいました。
一年で一番快適な10月だというのに、これで3週連続の雨の週末です。
秋晴れの日差しの下で写真を撮りたいという願いも叶わず、先週末も雨写真を撮っていました。

ここはわが街のショッピングモールの立体駐車場です。
なぜこんなところにやって来たかと言うと・・・

d0353489_15231271.jpg

映画を見るためですね。
このショッピングモールにはシネマコンプレックスが併設されております。
昨年還暦を迎えた私は、いつでも1,100円のシニア料金で新作が見られ、雨の日にはちょうど良い娯楽になっています。

d0353489_15233825.jpg

見に来たのはコレ・・・
先週の金曜日に封切りとなった『ブレードランナー2049』です。

私が学生の頃、アメリカ映画SF映画『ブレードランナー』が公開されました。
原作はフィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』です。

ちなみにこのタイトル、いろんなパロディにも使われておりますね。
かくいう私も、『マイクロフォーサーズはフルサイズの夢を見るか?』と言うエントリを書いたことがあります。

この『ブレードランナー』、レプリカントと呼ばれる人造人間たちの悲哀を描いた名作でした。
4年間しか生きられないレプリカント・・・最後の雨の中のシーンでのセリフが印象的でした。

"All those moments will be lost in time, like tears in rain. Time to die."
「そんな思い出も時間と共にやがて消える。雨の中の涙のように。死ぬ時が来た。」

『ブレードランナー』は、スターウォーズ的な勧善懲悪なSFではないので、一般受けはしませんでした。
でも、その暗く重い作風はそれまでのSF映画とは違う感動を与え、SFファンの間ではカルト的な人気を誇りました。

d0353489_1524419.jpg

『ブレードランナー』が公開されたのは1982年・・・あれから35年経って新作が見られるとは夢にも思いませんでした。
しかも今回は3時間近い大作です・・・しっかりポップコーンを買い込んで、見てきましたよ。

3時間・・・たっぷりと堪能しました♪
前作でデッカードがレイチェルを連れて逃げて行った後、何が起きたのか・・・
例によって素晴らしい映像美で、『ブレードランナー』の世界観が濃密に描かれておりましたよ。^^

d0353489_15241665.jpg


愛知県みよし市三好町青木91 MOVIX三好にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この雨の立体駐車場はアンドロイドの夢を見るかをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-30 05:00 | Lights & Shadows | Comments(16)
2017年 10月 17日

侘びと錆びの小京都

d0353489_20184038.jpg





d0353489_20191359.jpg





d0353489_20195181.jpg





d0353489_20202476.jpg





d0353489_2021465.jpg





d0353489_20212134.jpg





d0353489_20214240.jpg





d0353489_2022082.jpg





d0353489_20222169.jpg

先日、碧南で地元の祭礼と遭遇した後、さらに東へ走って西尾市まで足を延ばしてみました。

この西尾市、西三河南部の中心として栄えた城下町です。
明和元年(1764年)に大給松平氏が入城し、6万石の城下として発展しました。
いまだに街のそこかしこに古い寺社仏閣の姿が残っており、平成7年度に全国京都会議への加盟が認められ、以来「三河の小京都・西尾」を名乗っています。

古い街だけに、侘びと寂びが残っておりました・・・私の大好きな赤錆もたくさんありましたねえ。
それもかなりの規模の赤錆物件が目につきました。
今回の遠征は「どうせなら、ついでなら」で西尾に来ただけなので、次回はガチで赤錆物件探索西尾ツアーをしてみようと思ってます。

ちなみに、城下町の西尾はお茶どころとしても有名です。
それゆえに、緑色のポストがあるんですねえ・・・全国でも、グリーンポストは西尾だけらしいですよ。^^↓

d0353489_20224844.jpg


愛知県西尾市にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この侘びと錆びの小京都をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-17 05:00 | Japanese Landscape | Comments(20)
2017年 10月 15日

カリテプリな美術館のフレンチ

d0353489_193855.jpg





d0353489_1932997.jpg





d0353489_1935147.jpg





d0353489_194725.jpg





d0353489_1942111.jpg





d0353489_1944069.jpg





d0353489_1945581.jpg





d0353489_1951364.jpg

先日ご紹介した「オトナが楽しめる絵本展」を見たあと、美術館内のレストランでランチをいただきました。
レストラン オミ (restaurant omi)さんですね。

ここ、かなりの穴場じゃないでしょうか。
前菜とスープとサラダにメイン、そしてデザート・コーヒー付きで1,400円でした。
フルコースでも2,200円と、超お値打ちです。

味の方も安っぽさはなく、とっても美味しかったです。
最初は美術館の近くにあるとんかつ屋さんに行こうとしたのですが、予約でいっぱい・・・
しょうがないので、このオミさんに来たのですが、これが大正解でした♪

美術館併設のレストランと侮るなかれ、です。
カリテプリと言うフランス語があります。
qualité prix・・・料理・ワインなどの品質や満足度が、価格に見合うかそれ以上であること、を意味します。
このオミさん、まさしくカリテプリと言う言葉が似合うレストランでした♪

愛知県高浜市青木町9-6-18 高浜市やきものの里かわら美術館 レストラン オミ (restaurant omi)にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
このカリテプリな美術館のフレンチをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-15 05:00 | Foods & Dining | Comments(22)
2017年 10月 12日

祭礼との遭遇

d0353489_21365348.jpg





d0353489_21371177.jpg





d0353489_21373189.jpg





d0353489_21393310.jpg





d0353489_21395035.jpg

先日、高浜市の美術館にボローニャ国際絵本原画展を見に行った際、ちょっと足を延ばして碧南にも寄ってきました。
碧南の大浜地区を散歩していたら、賑やかな声が聞こえてきました・・・おお、これは秋祭りに違いない♪

愛知県には山車のお祭りがたくさんありますね。
この日は対岸の半田市でも5年に一回の「はんだ山車まつり」が開催されていました。
この日は高浜から碧南、西尾に回る予定だったので、半田の山車祭りまで足を延ばす時間はなく、諦めていました。

でも碧南で山車に祭りに遭遇できるとは・・・ラッキーでした。^^
秋の祭礼って、農耕民族の日本人のDNAに響くナニカがあるような・・・気がします♪

愛知県碧南市にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この秋のフェンスに宿る光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-12 05:00 | Snap | Comments(20)
2017年 10月 09日

オトナが楽しめる絵本展

d0353489_214887.jpg





d0353489_215462.jpg





d0353489_2155622.jpg





d0353489_2162443.jpg





d0353489_2164031.jpg





d0353489_219368.jpg





d0353489_2110167.jpg





d0353489_21111453.jpg

高浜市やきものの里かわら美術館に行ってきました。
と言っても瓦を見に行ったわけではなく、「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を見に行ってきたのですね♪

この「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」、2年おきに開催されており、前回は2015年に見に来ています。

前回にも思いましたが、ここの絵本展は実に見ごたえがありますね。
絵本と言っても、大人が鑑賞しても楽しい作品ばかり・・・それも世界中からさまざまな作家の作品が集まっています。

残念ながら、この絵本展、この美術館での開催はこれで最後になるんだそうです。
2年後はどこで見られるのでしょうか・・・東海地方にはやってくるのでしょうか・・・ちょっと心配です。

d0353489_21112967.jpg


愛知県高浜市青木町9丁目6−18 高浜市やきものの里かわら美術館にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
このオトナが楽しめる絵本展をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-09 05:00 | Still Life | Comments(12)
2017年 10月 06日

中秋の名月とポストモダン

d0353489_2215303.jpg





d0353489_2215514.jpg





d0353489_221828.jpg





d0353489_22185110.jpg





d0353489_22194465.jpg





d0353489_2220227.jpg





d0353489_22201932.jpg





d0353489_2220447.jpg

本日は10月6日、月齢15.9の満月です。
でも、ここにあげた写真は月齢13.9の時の写真です・・・一昨日、10月4日ですね。
実は10月4日が、今年の「中秋の名月」だったんです♪

中秋の名月って、満月とは限らないんだそうですね。
撮影していてそれに気が付き、スマホでググってみました・・・解説を読んでなるほど~と思いました♪

いずれにせよ、黄昏時の豊田大橋、豊田スタジアムはとてもフォトジェニックでした。
さすが、ポストモダン建築家の黒川紀章さんの大傑作だけのこともあります。
矢作川沿いには神様の依り代と言われるススキもたくさんあり、中秋の名月らしい雰囲気になっていましたね。^^

d0353489_2221845.jpg


愛知県豊田市 豊田スタジアムにて
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 (最後だけトリミング)

☆ブログランキングに参加しています。
この中秋の名月とポストモダンをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-10-06 05:00 | Lights & Shadows | Comments(14)
2017年 09月 22日

野口英世一枚でやってきたカメラ

d0353489_2217644.jpg

ベアさんがしげしげと眺めているこの物体は・・・艶消しクロムメッキが美しいクラシックカメラですね。
"SP II"と言う刻印が見えますが、これがこのカメラの名前です。

d0353489_2217252.jpg

SPと言うのは、このSPOTMATICの略称ですね。
実際にはスポット測光ではなく、平均測光のカメラです。

d0353489_2217458.jpg

このカメラのフルネームはアサヒ・ペンタックス(Asahi Pentax) SP IIと言います。
高校生の土岐に初めて一眼レフを使いましたが、それはPentax SPFと言って、このSP IIの兄弟機でした。
このSPFとSPIIについての想い出やウンチクについては、双子の弟のXylocopalが詳しく書いています。

私がフィルムカメラでの撮影を再開したとき、懐かしいSPFを再度手に入れました。
最近は出番が少なくなって、使ってませんでした。

久しぶりに使ってみたら、不調になってました・・・この辺の顛末、フィルム写真ブログで書きましたね。
最後に使ったのが2009年・・・8年も放置すればおかしくもなりますよねえ。^^;

どうやらフォーカルプレーンシャッターの幕速が狂ってしまい、1/1000が切れなくなってしまったようです。
しょうがないので、SPFを修理に出すか、それとも他のカメラを買うか、ずっと考えていました。
せっかくM42マウントのレンズを持っていても、1/1000が切れないとボケ写真が撮りにくくてフラストレーションがたまります。

d0353489_2218687.jpg

先日、某巨大オークションサイトを見ていたときのことです。
Pentax SP IIが1,000円で出ていました。

程度が良さそうだったので、1,000円で入札してみました・・・驚くべし、他に入札する人もなく、落ちてしまいましたよ。^^;
昨今、オールドレンズにはそれなりの人気があると思いますが、フィルムカメラの人気ってまるでないんですねえ。^^;

d0353489_221903.jpg

そんなわけで、1,000円で落札したPentax SP IIが我家にやってきました。
とりあえず露出計をチェックしてみます・・・SONY α7IIと比べてみると、一段ほどアンダーを示すようです。
電池がオリジナルの水銀電池だと1.35Vなのに、1.5VのLR41を入れてますから、その電圧差のようです。

一段アンダーなら、フィルム感度を設定するときに、一段感度を低くしてやれば良いわけです。
例えばNeopan 100 AcrosはISO100のフィルムですから、感度設定ダイヤルでISO50に設定すれば、ほぼ正しい露出で撮影できます。

ただ・・・ここで一つ問題があります。
これ、SP系の仕様なんですが、ISO100以下にすると、高速シャッターと露出計が連動しなくなります。

上の写真はISO50に設定したものですが、1/1000にすると左側の窓が赤くなります・・・ISO25だと、1/500から赤くなります。
これが「この速度では測光できませんよ」と言う警告マークですね。
実際にメーターも振れなくなってしまいます。

じゃあ使えないのか・・・そんなことはありません。
他のシャッター速度で測光し、脳内換算すればいいだけのことです。
もし1/250でF8なら、1/500のときにはF5.6だし、1/1000ならF4になります。

ちなみにラチチュードが広いネガフィルムなら、2段オーバーぐらいはなんとかなります。
1/1000でF4が適性露出だったとしても、私は平気で1/1000でF1.8で撮っちゃうことがあります♪

d0353489_22193033.jpg

とりあえず、ネオパン100アクロスを装填してEI100設定で試写し、現像してみました。
初めて使うカメラですから、D-76の1:1希釈、液温20度Cで10.5分と言う、鉄板設定での現像です。

乾燥を待ってネガをチェックしてみましたが、ほぼ濃度の揃ったネガになりました・・・シャッター速度の精度はOKですね。
1/1000の高速シャッターでも、前幕が後幕に追いつかれて真っ黒になったりはしてません。

また漏光も皆無でした・・・モルトはまだ大丈夫みたいです。
コマ間のスペースも安定しているので、フィルム給装にも問題はないようです。
ううむ、たった1000円で手に入れたカメラでしたが、完動品でした・・・感動しました・・・(汗)

d0353489_22205263.jpg

さて、このSPIIは純粋な絞り込み測光のカメラです・・・SMCタクマ―なら開放測光が使えたSPFとは違うカメラですね。
レンズの左側にあるSWと言うのが電源・絞り込みスイッチで、これを押し上げると絞り込まれて測光できます。
測光し終わったら、押し下げ手元の位置に戻しておかないと電池が消耗します。

d0353489_2221125.jpg

絞り込み測光のSPIIではありますが、自動絞のレンズなら、シャッターを押すまでは絞り込まれません。
ファインダーは明るいままでフォーカシングに専念できます。

シャッターを押した瞬間、カメラのマウントの下にあるアーチ形の金属片が前に出てきます。
そして、レンズの後ろに出ている絞り込みピンを押します・・・そして、絞りが所定の絞値まで絞り込まれる、というわけですね。

PentaxのKマウント機やヤシカ・コンタックス・マウント機、キヤノン機でアダプターを経由してM42のレンズを使う方も多いですが、それらのカメラにはこのピンを押す自動絞機構がありませんから、つねに絞り込み測光で使わざるを得ません。

それゆえ、絞るとファインダーが暗くて、フォーカシングしにくくてしょうがないんですね。
こうなると、自動絞のレンズの意味がなくなり、プリセット絞りの古いレンズの方が使いやすくなってしまいます。

d0353489_22213864.jpg

でも、EVFのミラーレスカメラなら、絞り込んでも暗くなることはまったくありません。
SONY α7IIはM42レンズの母艦としてとても使いやすいですね。

ただ、フルフレーム・ミラーレス機には、"ポチリヌス菌"が付着してくるのでご注意を。^^;
M42マウントのレンズって、オークションマーケットではとても安いですから、もう5本まで増殖してしまいましたよ。
SMC Takumar 55mm/F1.8、Carl Zeiss Jena Pancolar 1.8/50 MC, Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35 MC, Porst 135mm/F1.8 MC, Hanimex 28mm/F2.8 MC・・・

そういえば、今日から名古屋の丸栄百貨店で、中古カメラ市が始まりますね。
日曜日あたりに、ジャンクをあさりに行ってこようかなあ♪

なお、このPentax SP IIで撮った写真は、私のフィルム写真ブログに置いてあります。
ご興味があったら、そちらも覗いてやってください。

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro

☆ブログランキングに参加しています。
この野口英世一枚でやってきたカメラをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-09-22 05:00 | Hardware | Comments(12)